商標登録取得のお知らせ

【違い】ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiを徹底比較!乗り換えるならどちらが良い?

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とポケットWi-Fi(Pocket WiFi)の違いなどについてお調べですね。

まずはソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの主な違いをまとめた表をご覧ください。

この記事に記載の金額は「税込」です。

SoftBank AirポケットWi-Fi
開通工事不要不要
提供会社SoftBankY!mobile
持ち運び不可可能
契約プランAir 4G/5G共通プランPocket WiFiプラン2
(ベーシック)
契約期間なしなし
月額基本料5,368円4,065円
専用端末AirターミナルPocket WiFi
データ通信量
上限
無制限月間7GBまで
※+752円/月で無制限

料金出典:SoftBankY!mobile

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiは、携帯電話やスマホのように「電波」を受信してインターネットに接続できるサービスで契約後には開通工事が不要である点は共通していますので、どちらのサービスも「契約物件で開通工事ができない」「開通工事が面倒」という方にはおすすめです。

開通工事不要という点で共通しているソフトバンクエアーとポケットWi-Fiですが、上記表にように様々な違いがありますので、違いを理解しないまま契約すると後々後悔することになります。

この記事ではソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの違いを比較しながら徹底解説すると共に、毎月のスマホ代が割引なるセット割、そしてどちらのサービスへ乗り換えた方が良いかも含めて解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\現金30,000円還元中/
SoftBank Airの契約はこちら
正規代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの違いを徹底比較

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とポケットWi-Fiには様々な違いがあります。

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiのどちらが良いかをお悩みの方は、以下の3つの違いを契約前に理解しておきましょう!

知っておくべき3つの違い
  1. 外出先利用が可能・不可能に違いがある
  2. 専用端末(ルーター)に違いがある
  3. 月額料金(契約プラン)に違いがある
  4. 実際の速度(実測)に違いがある

上記の違いについては以下で比較しながら詳しく解説します。

違い①:外出先利用が可能・不可能に違いがある

ソフトバンクエアーもポケットWi-Fiも携帯電話やスマホ同様に「電波」を受信することでインターネットに接続可能となるサービスですので、基本的に電波のエリア内であれば利用可能です。

但し、ソフトバンクエアーは外出先への持ち運び利用は禁止されています。

持ち運び利用
SoftBank Air利用不可!
ポケットWi-Fi利用可能

ソフトバンクエアーの「サービス規約」の(第14条禁止事項)には以下のような文言があります。

第14条(禁止事項)
当社への住所の移転等の連絡なく、本サービスの申し込み時に申告した設置先住所以外の住所にて本サービスを利用する行為。
引用:SoftBank Air サービス規約

ソフトバンクエアーは移動して利用するモバイル通信契約ではなく、自宅で利用する「固定通信契約」のため、契約時に登録した「設置場所住所」のみでの利用に限定されています。

ソフトバンクエアーを登録している設置場所住所以外での利用は禁止行為(規約違反)となります。

一方、ポケットWi-Fiはモバイル通信契約なので外出先へ持ち運んで利用しても問題ありません。

「ポケットWi-Fi」は、名前の通りポケットにも入る小さいな名刺サイズの端末を利用しますので、基本的に「外出先」での利用を前提としているサービスです。

もちろん、ポケットWi-Fiを契約住所の自宅内で利用しても問題ありません。

ソフトバンクエアーは「契約住所(設置場所の住所)」での利用、ポケットWi-Fiは基本的に「外出先」での利用となっており、利用用途によって違いがあることが解ります。

ソフトバンクエアーは「自宅で利用する方」に、ポケットWi-Fiは「外出先での利用が多い方」におすすめのサービスということになります。

ソフトバンクエアー契約前には提供エリア検索もお忘れなく!

違い②:専用端末(ルーター)に違いがある

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiは「電波」を受信することでインターネットに接続できるサービスで共通点はありますが、インターネットに接続する為の専用端末(ルーター)に大きな違いがあります。

見た目でも解るように、ソフトバンクエアーは自宅に設置しておくタイプ、ポケットWi-Fiは持ち運び可能なように手のひらサイズの端末となっています。
SoftBank AirポケットWi-Fi
専用端末
(最新)
Airターミナル5Pocket WiFi 5G
A102ZT
端末価格71,280円28,800円が
現在10,800円
分割購入
(36回)
月々1,980円
(36ヶ月間)
月月割適用で実質無料
月々300円
(36ヶ月間)
通信方式
  • 5G
    (3.7GHz,3.4GHz)
  • FDD-LTE
  • AXGP
  • TDD-LTE
  • 5G
    (3.7GHz,700MHz,1.7GHz,3.4GHz)
  • FDD-LTE
  • AXGP
  • TDD-LTE

2021年12月2日現在、ソフトバンクエアーの最新端末は「Airターミナル5」、ポケットWi-Fiの最新端末は「Pocket WiFi 5GA102ZT」で、それぞれ4G通信に加えて5G提供エリアであれば5G通信も可能な端末です。

ソフトバンクエアーの最新端末「Airターミナル5」の端末本体価格は71,280円と高額で、36回分割購入をすると月々1,980円を36ヶ月間支払いますが「月月割」が適用されて月額料金から36ヶ月間毎月1,980円が割引されるため、端末代は実質無料で利用可能です。

一方、ポケットWi-Fiの最新端末「Pocket WiFi 5GA102ZT」の端末本体価格は28,800円ですが購入時に(契約時に)18,000円割引されるため一括購入の場合は10,800円となります。36回分割購入の場合は月々300円が月額料金と合算されて請求されます。)

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの5G通信可能な最新端末「Airターミナル5」は購入のみですが、5G通信ができない1つ前の端末「Airターミナル4」「Airターミナル4 NEXT」はレンタル契約も可能です。

詳しくは以下の関連記事をお読みください。

違い③:月額料金(契約プラン)に違いがある

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiは月額料金(契約プラン)に違いがあります。

SoftBank AirポケットWi-Fi
契約プランAir 4G/5G共通プランPocket WiFiプラン2
(ベーシック)
契約期間
(縛り)
なしなし
月額基本料5,368円
※無制限
4,065円
データ利用量
上限
無制限上限7GBまで
+752円/月で無制限に

出典:SoftBankY!mobile

ソフトバンクエアーの契約プランは「Air 4G/5G共通プラン」、ポケットWi-Fiの契約プランは「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」で、各プランとも2年間などの契約期間(縛り)はありません。

以下、それぞれの契約プランに分けて解説します。

ソフトバンクエアーの契約プラン解説

まずは、ソフトバンクエアーの契約プラン「Air 4G/5G共通プラン」をまとめた表をご覧ください。

最新端末「Airターミナル5」を36回分割購入した場合の料金です。

契約プランAir 4G/5G共通プラン
月額基本料5,368円
月月割1,980円割引
(36ヶ月間)
SoftBank Air
スタート割プラス
1,188円割引
(24ヶ月間)
端末代
(36回分割)
月々1,980円
(36ヶ月間)
請求額
  • 24ヶ月目まで
    月額4,180円
  • 25ヶ月目以降
    月額5,368円

出典:SoftBank

ソフトバンクエアーの契約プラン「Air 4G/5G共通プラン」の月額基本料は5,368円ですが、専用端末(Airターミナル)を購入契約すると「月月割」が36ヶ月間適用されます。

また、現在は「SoftBank Air スタート割プラス」という割引も24ヶ月間適用されます。

割引適用後の月額基本料は24ヶ月間は月額2,200円、25ヶ月目以降は月額3,388円となります。

この割引された月額基本料に36回分割購入した端末代(月々1,980円)が加算されるため、毎月の請求額は24ヶ月間は月額4,180円、25ヶ月目以降は月額5,368円となります。

ポケットWi-Fiの契約プラン解説

まずは、ポケットWi-Fiの契約プラン「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」をまとめた表をご覧ください。

最新端末「Pocket WiFi 5GA102ZT」を36回分割購入した場合の料金です。

契約プランPocket WiFiプラン2
(ベーシック)
月額基本料4,065円
端末代
(36回分割)
300円
アドバンスモード
任意加入)
752円
請求額
  • 7GBの場合
    36ヶ月間:
    月額4,365円
    37ヶ月目以降:
    月額4,065円
  • 無制限の場合
    36ヶ月間:
    月額5,117円
    37ヶ月目以降:
    月額4,817円

出典:Y!mobile

ポケットWi-Fiの契約プラン「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」の月額基本料は4,065円に、36回分割購入した端末代の月々300円が合算されるため、36ヶ月間は月額4,365円・37ヶ月目以降は月額4,065円となります。

ただし、「Pocket WiFiプラン2(ベーシック)」は月間のデータ利用量が「上限7GBまで」で、7GB以上の通信をすると速度制限が実施されて128Kbpsという低速となってしまいます。

月間のデータ利用量を無制限にしたい場合は「アドバンスモード(752円/月)」に加入する必要があります。
ワンポイントアドバイス
最新端末「Pocket WiFi 5GA102ZT」は5G通信が可能ではありますが、月間のデータ通信量が無制限となる「アドバンスモード(752円/月)」に加入したとしても月間データ通信量が7GBを超えた場合は4G通信のみとなります。

違い④:実際の速度(実測)に違いがある

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの違いとして実際の速度(実測)も比較しておきましょう!

インターネットの速度は非常に大切なポイントとなります。

以下は実際に利用している方々が測定した平均実測です。(2021年12月2日現在)

SoftBank Air
(Airターミナル5)
ポケットWi-Fi
(A102ZT)
平均Ping値36.49ms42.63ms
平均下り速度80.32Mbps26.24Mbps
平均上り速度7.37Mbps9.15Mbps

出典:Airターミナル5A102ZT

ソフトバンクエアーの最新端末「Airターミナル5」の下り平均実測は80.32Mbpsです。

一方、ポケットWi-Fiの最新端末「Pocket WiFi 5G A102ZT」の下り平均実測は26.24Mbpsです。

また、以下は直近3ヶ月の「時間帯別の下り平均速度」を比較した表です。

時間帯SoftBank Air
(Airターミナル5)
ポケットWi-Fi
(A102ZT)
111.91Mbps70.49Mbps
66.54Mbps65.4Mbps
夕方86.35Mbps63.24Mbps
68.33Mbps25.79Mbps
深夜91.43Mbps11.77Mbps

出典:Airターミナル5A102ZT

ソフトバンクエアー(Airターミナル5)とポケットWi-Fi(Pocket WiFi 5G A102ZT)を利用した時間帯別の実際の下り平均速度を比較しても圧倒的にソフトバンクエアー(Airターミナル5)の方が速いことが解ります。

ワンポイントアドバイス
インターネット回線の公式サイトには「最大値」の速度は記載されていますが実際には記載されている最大値の速度は出ませんので、ソフトバンクエアーやポケットWi-Fiに限らずインターネット回線を比較する際は利用者の平均実測を調べるのも大切です。

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの「おうち割光セット」の違い

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とポケットWi-Fiは「おうち割 光セット」が適用可能ですが、適用条件や割引対象に大きな違いがあります。

おうち割 光セット適用条件
  • ソフトバンクエアー(もしくはソフトバンク光)
    +SoftBank/Y!mobileのモバイル契約
  • ソフトバンクエアー(もしくはソフトバンク光)
    +ポケットWi-Fi(Y!mobile)契約

以下で詳しく解説します。

ソフトバンクエアーの「おうち割 光セット」の解説

まずは、ソフトバンクエアーの「おうち割 光セット」について解説します。

適用条件ソフトバンクエアー
(もしくはソフトバンク光)
+SoftBank/Y!mobileのモバイル契約
割引対象SoftBank/Y!mobile
割引額毎月最大1,188円

出典:SoftBank公式サイト

ソフトバンクエアー(もしくはソフトバンク光)の「インターネット契約」とSoftBank(もしくはY!mobile)の「モバイル契約」を両方セットで契約すると「おうち割 光セット」が適用可能です。

「おうち割 光セット」を適用するとSoftBank(もしくはY!mobile)の料金から毎月最大1,188円割引されます。

おうち割光セットはソフトバンクエアーの料金から割引されるのではなく、SoftBank/Y!mobileの料金から割引されます。

おうち割 光セットの毎月の割引額はSoftBank/Y!mobileの契約プランによって異なります。

以下の表は「おうち割 光セット」を適用した際のSoftBank(スマホ等)の毎月の割引額です。

契約プラン割引額/月
  • データプランメリハリ無制限
    /データプランミニフィット+
  • データプランメリハリ
    /データプランミニフィット
  • データプラン50GB+
    /データプランミニ
  • データ定額 50GBプラス
    /ミニモンスター
  • データ定額
    50GB/20GB/5GB
  • パケットし放題フラット for 4G LTE
  • パケットし放題フラット for 4G
  • 4G/LTEデータし放題フラット
  • 4Gデータし放題フラット+
1,100円
  • データ定額
    (おてがるプラン専用)
  • データ定額ミニ2GB/1GB
  • データ定額(3Gケータイ)
  • パケットし放題フラット
    for シンプルスマホ
  • iPad 専用
    ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
  • タブレット専用
    ベーシックデータ定額プラン for 4G
550円

上記以外のSoftBank契約プランで契約中の場合は割引対象外です。

以下の表は「おうち割 光セット」を適用した際のY!mobile(スマホ等)の毎月の割引額です。

契約プラン割引額/月
シンプル S/M/L1,188円
スマホプラン L1,100円
スマホプラン M/R770円
  • スマホベーシックプラン
    S/M/R/L
  • スマホプラン S
  • データベーシックプラン L
  • データプラン L
  • Pocket WiFi プラン 2
550円

上記以外のY!mobile契約プランで契約中の場合は割引対象外です。

ソフトバンクエアーは「おうち割 光セット」を適用可能ですが、SoftBank又はY!mobileの対象契約プランとのセット契約の場合にのみ適用できる割引制度です。また、「おうち割 光セット」はソフトバンクエアーが割引されるのではなく、SoftBank又はY!mobileの料金から割引される点を理解しておきましょう。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーは「おうち割 光セット」を適用可能ですが、SoftBank又はY!mobileの対象契約プランとのセット契約の場合にのみ適用できる割引制度です。また、「おうち割 光セット」はソフトバンクエアーが割引されるのではなく、SoftBank又はY!mobileの料金から割引される点を理解しておきましょう。

ポケットWi-Fiの「おうち割 光セット」の解説

続いて、ポケットWi-Fiの「おうち割 光セット」について解説します。

適用条件ソフトバンクエアー
(もしくはソフトバンク光)
+ポケットWi-Fi(Y!mobile)契約
割引対象ポケットWi-Fi(Y!mobile)
割引額毎月550円

出典:SoftBank公式サイト

ソフトバンクエアー(もしくはソフトバンク光)の「インターネット契約」とY!mobileのPocket WiFiプラン「Pocket WiFiプラン2」を両方セットで契約すると「おうち割 光セット」が適用可能です。

おうち割 光セットは、ソフトバンクエアー(もしくはソフトバンク光)を契約中の方が、Y!mobileのPocket WiFiプラン「Pocket WiFiプラン2」も契約することで適用可能となる割引です。

「おうち割 光セット」を適用するとY!mobileの「Pocket WiFiプラン2」の料金から毎月550円割引されます。

最新端末「Pocket WiFi 5GA102ZT」を36回分割購入契約して「おうち割 光セット」を適用した場合のポケットWi-Fiの料金は以下の表のようになります。

契約プランPocket WiFiプラン2
(ベーシック)
月額基本料4,065円
おうち割光セット550円割引
端末代
(36回分割)
300円
請求額
  • 36ヶ月間:
    月額3,815円
  • 37ヶ月目以降:
    月額3,515円

月間データ通信量を無制限にする「アドバンスモード」に加入する場合は、上記の請求額に加えて752円が加算されます。

SoftBank/Y!mobileのスマホ契約とY!mobileのポケットWi-Fi契約とのセット割はありません。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーは「自宅用」として、ポケットWi-Fiは「外出用」として使い分けて契約している方なら「おうち割 光セット」を適用することでY!mobileのポケットWi-Fiの料金が毎月550円割引されることになります。

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの乗り換え方法について

最後にソフトバンクエアー(SoftBank Air)とポケットWi-Fiの乗り換えについて解説します。

「契約中のソフトバンクエアーからポケットWi-Fiへ乗り換えたい方」、その逆で「契約中のポケットWi-Fiからソフトバンクエアーへ乗り換えたい方」の契約を乗り換える方法についてご紹介します。

ソフトバンクエアーからポケットWi-Fiへ乗り換える方法

契約しているソフトバンクエアーからY!mobileのポケットWi-Fiへ乗り換える方法は、乗り換え先であるY!mobileのポケットWi-Fiをまず新規契約してから契約中のソフトバンクエアーを解約するしか方法がありません。

乗り換えの流れ
  1. Y!mobileのポケットWi-Fiを新規契約する
  2. ポケットWi-Fi開通後にソフトバンクエアーを解約する

契約中のソフトバンクエアーを先に解約してしまうとインターネットに接続できない期間が生まれてしまいますので、まずは乗り換え先であるY!mobileのポケットWi-Fiを新規契約の申し込みを行います。

Y!mobileのポケットWi-Fiの申し込みは、ワイモバイルショップの店舗以外にワイモバイルオンラインショップで24時間いつでも申し込みが可能です!

ワイモバイルオンラインショップはこちら

Y!mobileのポケットWi-Fiの申し込み後に審査に通過して無事に利用できるようになったら、次に契約していたソフトバンクエアーの解約手続きを行いましょう。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの解約時には契約内容によっては契約解除料(解約金や違約金とも言う)や端末代の分割残債(残金)がある場合がありますので、ポケットWi-Fiを契約する前に事前にソフトバンクエアーを解約した際の解約費用を把握しておくことをおすすめします!
ソフトバンクエアーの解約方法や解約費用については以下の記事が参考になります。

ポケットWi-Fiからソフトバンクエアーへ乗り換える方法

契約しているY!mobileのポケットWi-Fiからソフトバンクエアーへ乗り換える方法は、乗り換え先であるソフトバンクエアーをまず新規契約してから契約中のY!mobileのポケットWi-Fiを解約するしか方法がありません。

乗り換えの流れ
  1. ソフトバンクエアーを新規契約する
  2. ソフトバンクエアー開通後にポケットWi-Fiを解約する

ポケットWi-Fiの利用がまったくない方はすぐに解約しても良いのですが、インターネット環境が必要という方はソフトバンクエアーが開通してからポケットWi-Fiを契約すると良いでしょう。

ソフトバンクエアーの新規契約申し込みはソフトバンクショップなどの店舗、SoftBank公式サイトでも可能です。

しかし、SoftBank正規代理店であるエヌズカンパニーでソフトバンクエアーを申し込みして新規契約すると正規代理店エヌスカンパニーから30,000円がキャッシュバックされる限定特典があるのでお得です!

\30,000円還元中/
SoftBank Airの申込はこちら
有料オプション加入不要で還元中!

ソフトバンクエアーが無事に開通したら契約していたポケットWi-Fiの解約手続きを行います。

ワンポイントアドバイス
もし、ソフトバンクエアーを新規契約後に「インターネットにまったく繋がらない」「速度が遅すぎて使い物にならない」などの問題がある場合は、クーリングオフ制度に似ている「初期契約解除制度」を利用して契約を解除(キャンセル)可能です。
ソフトバンクエアーの解約方法や解約費用については以下の記事が参考になります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)とポケットWi-Fiの違いを中心に解説しました。

ソフトバンクエアーは契約時に登録した設置場所の住所以外では利用が禁止されていますので「自宅用」、ポケットWi-Fiは小型の端末を持ち運べる「外出用」の大きな違いがあります。

また、インターネットに接続する専用端末代にも違いがあり、ソフトバンクエアーで利用する端末代(Airターミナル5の場合)は71,280円、ポケットWi-Fiで利用する端末代(Pocket WiFi 5G A102ZTの場合)は28,800円(割引後は10,800円)で、ソフトバンクエアーの端末の方が高額です。

ただし、ソフトバンクエアーは月月割が適用されて契約中の端末代は実質無料。

ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiは月額料金(毎月の請求額)や実際の速度(実測)にも違いがあるため、利用用途以外にも料金の仕組みや速度もよく比較して理解した上でどちらと契約した方が合っているかを検討してください。

\30,000円キャッシュバック/
SoftBank Airの契約はこちら
正規代理店の限定特典でお得
ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの違いは?
ソフトバンクエアーとポケットWi-Fiの利用用途に大きな違いがあります。ソフトバンクエアーは設置場所住所以外の利用ができない「自宅用」、ポケットWi-Fiは契約住所以外でも持ち運べる「外出用」とお考えください。
月間のデータ通信量に上限はありますか?
ソフトバンクエアーはデータ通信量に上限はなく無制限です。ワイモバイルのポケットWi-Fiは月間データ利用量の上限は7GBまでとなっていますが、7GB以上利用しても無制限となる「アドバンスモード(752円/月)」というオプションがあります。
どちらと契約すれば良いでしょうか?
自宅のみでWi-Fi環境が必要な方はソフトバンクエアーの契約が良いでしょう。外出先でWi-Fi環境が必要なビジネスマンや学生などは持ち運び可能なポケットWi-Fiの契約が良いでしょう。