商標登録取得のお知らせ

【明解】ソフトバンクエアー契約時に必要な本人確認書類(身分証明)を徹底解説!提出方法はアップロードと郵送?

この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の契約に必要な本人確認書類についてお調べですね。

ソフトバンクエアーの申し込みには契約者の本人確認書類(身分証明書)の提出が必要です。

主な本人確認書類
ソフトバンクエアー契約時に本人確認書類として主に「運転免許証」や「パスポート」等が利用できます。
(外国籍の方は在留カード+外国パスポートなど)

その他、利用できる本人確認書類を後ほど詳しく解説します。

ソフトバンクショップや家電量販店などの店舗でソフトバンクエアーを申し込む場合には、事前に契約時に利用できる本人確認書類を持って来店し申し込み手続きを行います。

店舗以外(代理店受付サイトやオンラインサイトなど)のWebでソフトバンクエアーを申し込む場合には、申し込み後に本人確認書類を「アップロード」もしくは「郵送」にてSoftBankへ提出します。

この記事ではソフトバンクエアー申込時に提出が必要な本人確認書類(身分証明)の種類、Web申し込みの場合の本人確認書類の提出方法などについて徹底解説します。

\Web申し込みがお得/
SoftBank Airの申込はこちら
申込窓口限定の30,000円還元特典あり!

ソフトバンクエアー契約時に利用できる本人確認書類

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)に限らず他のインターネット契約をはじめ、携帯電話やスマートフォンなどの契約時には必ず本人確認書類(身分証明書)を提出しなければなりません。

ソフトバンクエアーの契約にも提出された本人確認書類でSoftBankが「契約者本人なのか」「虚偽の申し込みではないか」などを審査するために利用されます。

そこでまずは、「日本国籍の方」と「外国籍の方」に分けてソフトバンクエアーの契約時に利用できる(提出できる)本人確認書類について詳しく解説します。

日本国籍の方が利用できる本人確認書類について

ソフトバンクエアーを「日本国籍」の方が申し込む場合に利用できる(提出できる)本人確認書類の種類は以下です。

日本国籍の方の本人確認書類
  • 運転免許証
    又は運転経歴証明書
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード
    (マイナンバーカード)
  • 健康保険証+補助書類(※)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者手帳

上記の本人確認書類として利用できる詳細は以下です。

本人確認書類詳細
運転免許証
運転経歴証明書
顔写真、現住所が記載のもの。
各公安委員会発行で有効期限内のもの。
国際免許証は利用不可。
日本国
パスポート
日本国政府発行の顔写真や氏名、
生年月日、現住所が記載のもの。
有効期限内のもの。
個人番号カード
(マイナンバーカード)
顔写真、氏名、生年月日、
現住所が記載のもの。
有効期限内のもの。
健康保険証氏名、生年月日、住所が記載のもの。
有効期限の記載がある場合、
有効期限内のもの。
国民健康保険証の場合、
保険証発行元の市区町村と
申込住所の市区町村が同一であること。
身体障害者手帳
療育手帳
精神障害者手帳
氏名、生年月日、住所が記載のもの。
有効期限の記載がある場合、
有効期限内のもの。

上記のいずれか1点があればソフトバンクエアー契約時に本人確認書類として利用できます。

(※)「健康保険証」を本人確認書類として利用する場合には「補助書類」も合わせて提出が必要です!

補助書類として下記のいずれか1点が利用可能。
但し、いずれも発行日から3ヶ月以内のものに限る。

  • 住民票記載事項証明書
  • 公共料金領収書
    (電気・ガス・水道・NHK受信料)
  • 官公庁発行の印刷物
  • ソフトバンク発行の請求書や領収書

ワンポイントアドバイス
一般的に本人確認として利用される「運転免許証」や「パスポート」なども、ソフトバンクエアーの契約時にも契約審査の本人確認書類として利用することが可能です。但し、健康保険証を本人確認書類として利用する場合には追加で「補助書類」の提出も必要となりますのでご注意ください。

外国籍の方が利用できる本人確認書類について

ソフトバンクエアーを「外国籍」の方が申し込む場合に利用できる(提出できる)本人確認書類の種類は以下です。

外国籍の方の本人確認書類
  • 在留カード+外国パスポート
  • 特別永住者証明書

上記の本人確認書類として利用できる詳細は以下です。

顔写真・氏名・生年月日・現住所が記載のもの。
有効期限の記載があるものは有効期限内であるもの。
在留資格が「資格なし」の場合は契約できません。

また、上記の本人確認書類の現住所と異なる場合は、「住民票」や本人宛の現住所記載の「公共料金領収書」などの提出も必要となります。発行日から3ヶ月以内のものに限る。)

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの専用端末であるAirターミナルを外国籍の方が「分割購入(割賦契約)」する場合、残留期限が分割支払いを完済するまでの期間(割賦契約期間)に満たない場合、Airターミナルを分割購入することが出来ません。

ソフトバンクエアー契約時に必要な本人確認書類の提出方法

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)契約時にはSoftBankへ審査のために本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類の提出方法はソフトバンクエアーの申し込み方法によって異なります。

申込方法本人確認書類
提出方法
店舗
(ショップや量販店など)
申込時に店舗で提出する。
※持参が必要。
Web
(代理店サイトなど)
アップロード、
もしくは郵送

ソフトバンクエアーをソフトバンクショップなど店舗契約する場合には本人確認書類を持参して店舗スタッフに提出します。

ソフトバンクエアーを正規代理店の申込受付サイトなどWeb(オンライン)で申し込む場合は、申し込み後に携帯電話のSMS(ショートメール)に記載のURLへアクセスして本人確認書類の画像をアップロードするか、もしくはSoftBankへ郵送する、いずれかの方法で提出します。

以下では、ソフトバンクエアーをソフトバンクショップや家電量販店などの「店舗契約」ではなく、インターネット上の「オンライン契約」で申し込む場合の本人確認書類の提出方法を解説します。

Web申込の確認書類提出の主な流れ
  1. 代理店の受付サイトなどで申し込みを行う
  2. 代理店より申込内容確認の電話がある
  3. SoftBankからSMSでURLが送信される
  4. 本人確認書類の画像をアップロードする

以下では、Web申し込みから本人確認書類の提出までの流れを詳しく解説します。

提出までの流れ①:代理店の受付サイトなどで申し込みを行う

ソフトバンクエアーをWeb(オンライン)で申し込める申込受付サイトはいくつかありますが、今回はSoftBank正規代理店であるエヌズカンパニーが運営する申込受付サイトでソフトバンクエアーを申し込んだと仮定して解説します。

Web申し込みの場合、SoftBank正規代理店(取次店)が運営している申込受付サイトの申し込みフォームから必要事項を入力・選択します。

お客様情報欄の「お名前(ふりがな)」はソフトバンクエアーを申し込む(契約する)方の名前を入力し、「メールアドレス」には連絡が取れやすいメールアドレスを入力します。

「折り返し電話番号」は申し込み後に申込内容確認の為に、代理店の担当者(今回の場合はエヌズカンパニーの担当者)から電話確認をしてほしい電話番号を入力します。
SoftBankユーザーの方は、SoftBank携帯電話の電話番号を入力しておきます。

「設置先情報」にはソフトバンクエアーを利用する住所の「建物種類」や「郵便番号」などを間違いないように入力してください。

すべての必須項目に入力・選択したら確認画面へ進み、内容に間違いがなければ送信します。

ワンポイントアドバイス
申し込みを送信してから早くて即日に申し込みをした代理店の担当者より電話確認が行われますので、しばらく電話があるまで待っておきましょう!

提出までの流れ②:代理店より申込内容確認の電話がある

ソフトバンクエアーを申し込みした代理店の担当者(今回の場合はエヌズカンパニーの担当者)から電話があります。

代理店担当者よりソフトバンクエアーの「申込内容の確認」や「契約内容の確認」などの確認が電話で行われ、問題なければソフトバンクエアーの正式な申し込みとなります。

電話確認後、ソフトバンクエアーの申し込み内容を代理店からSoftBankへ取り次ぎされます。

提出までの流れ③:SoftBankからSMSでURLが送信される

ソフトバンクエアーの申し込み内容を代理店からSoftBankへ取り次ぎされると、SoftBankから申込時に登録した携帯電話のSMS(ショートメール)に契約審査に必要な情報を登録できる「事前情報登録」が行われるURLが送信されてきます。

SMSは代理店の確認電話が終了してからSoftBankから送信されてきます。
(電話確認後、即日~2日後にSMSが送信される。)

SoftBankから送信されたSMSに記載のURLをタップして「事前情報登録」画面へアクセスします。

ワンポイントアドバイス
事前情報登録では、「重要事項の同意」やソフトバンクエアーの「料金支払い登録」をはじめ、「本人確認書類」のアップロードを行います。(事前情報登録をSoftBankへ送信して審査が開始されます。)

提出までの流れ④:本人確認書類の画像をアップロードする

「事前情報登録」画面へアクセスして重要事項の同意などを行った後、本人確認書類の送付方法を選択します。

本人確認書類送付方法は「画像アップロード」もしくは「郵送」の2つから選択できます。

 

本人確認書類を「郵送」で行うと郵送時間がかかるため、その分SoftBankの審査も遅れてソフトバンクエアーを利用開始できる日程も延びてしまいます。

その為、ソフトバンクエアーを早く利用開始したいなら「画像アップロード」を選択しましょう!

「画像アップロード」を選択して【次へ】をタップすると以下の画面になります。

国籍を選択した後、SoftBankへ提出する「本人確認書類の種類」を選択します。

次に【ファイルを選択】をタップして、提出する本人確認書類を事前に撮影しておいた写真ファイルを選択して【次へ】ボタンをタップして事前情報登録をすべて完了させます。

運転免許証の裏面に現在の住所記載がある場合は、裏面も送付(提出)します。

アップロードする本人確認書類の画像が「不鮮明」「切れている」などの場合は本人確認書類として認められません!

本人確認書類のアップロードする画像は「名前」「住所」「顔写真」など、提出する本人確認書類がすべて画像の枠内に入り、尚且つハッキリと鮮明な画像を撮影してください。

ワンポイントアドバイス
事前情報登録で本人確認書類のアップロード等を完了させると、それを元にSoftBankがソフトバンクエアーの契約が可能かを審査します。審査完了から最短2日後にSoftBankが専用端末(Airターミナル)の発送手続きに入ります。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)を申し込み時に必要となる「本人確認書類(身分証明書)」を解説しました。

日本国籍と外国籍の方でソフトバンクエアー申込時に利用可能な本人確認書類に違いがあります。

本人確認書類
日本国籍
  • 運転免許証
    又は運転経歴証明書
  • 日本国パスポート
  • 個人番号カード
    (マイナンバーカード)
  • 健康保険証+補助書類(※)
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者手帳
外国籍
  • 在留カード
    +外国パスポート
  • 特別永住者証明書

ソフトバンクエアーを申し込む際、上記いずれか1点の本人確認書類を準備しておきましょう。

但し、健康保険証を利用する場合には「住民票記載事項証明書」等の補助書類も必要です。

ソフトバンクエアーをソフトバンクショップや家電量販店などの店舗契約する場合には、店舗へ本人確認書類を持参して申し込みの際に提出します。

一方、ソフトバンクエアーを代理店申込サイトなどオンライン契約する場合には、申し込み確認後にSoftBankからSMS(ショートメール)で送られてくるURLへアクセスして「事前情報登録」をする際に本人確認書類の画像をアップロード、もしくは郵送にて提出します。

\30,000円還元中/
SoftBank Airの申込はこちら
店舗契約よりもお得な申込窓口!
SoftBank Air申込時に本人確認書類が必要?
はい。ソフトバンクエアーを申し込みする際には契約審査の為に本人確認書類が必要です。
本人確認書類に利用できるものは?
ソフトバンクエアーの申込時に提出する本人確認書類として利用できるものは、一般的に本人確認として利用される「運転免許証」や「パスポート」、「マイナンバーカード」が利用可能です。外国籍の方の場合には「在留カード+外国パスポート」もしくは「特別永住者証明書」が必要です。
本人確認書類の提出方法は?
ソフトバンクエアーを「店舗契約」する場合には店舗へ持参して店舗スタッフへ提出します。代理店受付サイトなど「オンライン契約」の場合には、申し込み後に登録した携帯電話のSMSにSoftBankから送信されてくるURLへアクセスして本人確認書類の画像を「アップロード」するか、もしくは「郵送」で提出します。