ソフトバンクエアーへ乗り換えで解約金負担!?

ソフトバンクエアー 解約金負担




光回線やADSLなどを自宅で利用しようとした場合、自宅に回線を引き込む工事が必要となり面倒と思う人もいます。また、工事費用がもったいないと申し込みをしない人もいるようです。

そこでおすすめなのが工事が必要なく高速なインターネットが利用できるようになるソフトバンクエアー(SoftBank Air)というサービスです。ソフトバンクでは、他社からソフトバンクエアーへ乗り換える際に、他社の解約金(違約金)や撤去工事費をすべて負担してくれるキャッシュバックキャンペーンを行っています。

SoftBank Airの契約で
30,000円キャッシュバックに増額中!
2020年9月30日終了予定
▼詳細はこちら▼
キャンペーンサイトはこちら

ソフトバンクエアー乗り換えで解約金など最大10万円負担!

現在、ソフトバンクグループ以外のブロードバンド回線(SoftBankやY!mobile、ソフトバンク光など)をご利用中の人がソフトバンクエアー(SoftBank Air)へ乗り換える場合に発生する他社の解約金(違約金)や撤去工事費を最大10万円までキャッシュバックして負担くれるキャンペーンを実施しています。

どんな場合にキャッシュバックしてくれるのか?

このソフトバンクのキャッシュバックは、他社からソフトバンクエアーへ乗り換える際に必要な他社の違約金等をキャッシュバックとして還元してくれるキャンペーンです。その為に、現在ソフトバンクが提供しているインターネット回線を解約してソフトバンクエアーへ乗り換えてもキャッシュバックの対象ではありません。

例えば、以下のようなインターネット回線を解約してソフトバンクエアーへ乗り換えてもキャッシュバックはされませんので注意が必要です。
  • ソフトバンク光
  • ソフトバンクのPocket WiFi
  • ソフトバンクグループのワイモバイルのPocket WiFi
  • ソフトバンクグループのYahoo!BB ADSL
  • ソフトバンクグループのYahoo!BB with フレッツ
以上のようなソフトバンクグループのインターネット回線からソフトバンクエアーへ乗り換える際に発生する解約金や撤去工事費は乗り換えキャッシュバックの対象外です。
NTTのフレッツ光、KDDIのauひかり、ドコモ光、ドコモPocket WiFi、ワイマックス、ADSLなどSoftBankが提供していないインターネット回線を解約する際に発生する解約金や撤去工事費がキャシュバックの対象となります。

いくら解約金負担?いくらキャッシュバック?

ソフトバンクエアーへ乗り換える際に発生した他社の解約時に支払った違約金等は最大10万円までキャッシュバックされます。しかし、実際に支払った額によって負担してくれるキャッシュバック額が異なります。

負担額(キャッシュバック額)の詳細はこちら

上記リンク先のように他社の解約時に支払った違約金や撤去費用に応じてキャッシュバック額が細かく決まっています。例えば、他社へ支払った違約金が13,000円だった場合は13,000円キャッシュバックされるということです。最大10万円のキャッシュバックをもらおうとした場合は、違約金や撤去費用の合計が99,001円以上支払った場合ですので、もらえる人はほぼ0でしょう。

ソフトバンクエアー経学後の解約金負担の申請方法

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)へ乗り換えて「解約金が発生したのでキャッシュバックして!」とソフトバンクに口頭で言ってもキャッシュバックしてくれません。もちろん、本当に違約金を支払ったのか、いくら支払ったのかの証明書を提出しなければなりません。

解約時に発生した違約金等の証明書とは

本当に支払った違約金・撤去費用を証明するため証明書のコピーを提出する必要があります。その証明書も契約するあなたの名前、もしくはあなたの苗字が同一のものが記載されている必要があります。

また、その証明書は他社のサービス会社が発行した領収書や請求書のコピーで、解約したインターネット回線のサービス名やプロバイダー名などが明記されている必要があります。

結局のところ、キャッシュバックしてもらうためには不正のない違約金・撤去費用が確認できる領収書や請求書が必要だということです

証明書を郵送する証明書貼付シートとは

以上でご説明したような他社へ支払った解約金等が証明できる領収書や請求書のコピーは、専用の証明書貼付シートに貼り付けて送付する必要があります。

この証明書貼付シートは後日郵送されてきますので安心してください。決して領収書や請求書のコピーを一方的に封筒などに入れてソフトバンクに送らないように注意してくださいね。

キャッシュバックは1回線のみの違約金が対象

ソフトバンクエアーへ乗り換えて解約したインターネット回線サービスが複数あった場合でも1回線のみが対象となっていますので、上記でご紹介した証明書貼付シートに複数サービスの領収書や請求書のコピーを貼って郵送しても1回線のみとなります。

例えば、フレッツ光の違約金が15,000円、ワイマックスの違約金が6,000円だったとします。
合計21,000円の違約金を支払ったので25,000円のキャッシュバックとはなりません。1回線のみが対象となりますので、フレッツ光かワイマックスのどちらか1つを申請することになります。この例の場合は違約金が多いフレッツ光の領収書や請求書のコピーを準備する方が適切でしょう。

まとめ

ソフトバンクグループのインターネット接続サービス以外からソフトバンクエアー(SoftBank Air)へ乗り換えると他社サービス解約時に支払わなくてはならない違約金を最大10万円までキャッシュバックで負担してくれるので安心です。

工事も必要なくコンセントに差すだけで部屋の中がWiFi環境になり、インターネットに接続できるようになるので一人暮らしや引越しや多い人などにおすすめのサービスです。

ソフトバンクエアー キャッシュバックキャンペーン比較

【2020年9月版】ソフトバンクエアーのキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。