商標登録取得のお知らせ

【確認】ソフトバンクエアーはIPv6接続可能か?IPv6非対応だった場合のおすすめ回線!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)のIPv6接続についてお調べですね。

インターネットに接続する際にIPv6だと速度が速いという認識の方が多くなった影響で、ソフトバンクエアーを契約予定の方の中には「IPv6接続可能なのか」を調べる方も多くなってきています。

この記事では、ソフトバンクエアーの専用端末「Airターミナル」ではIPv6でインターネット接続可能なのか、そもそもIPv6とは何なのかをご紹介したいと思います。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\契約の申し込みはこちら/
現金30,000円還元中
正規代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクエアーでIPv6接続可能なのか

インターネットを契約する前には速度も重要な選ぶポイントの1つです。

IPv6でインターネットに接続すると「速度が速い」という認識の方が増えているため、特にインターネットの速度に対する意識が高い方はIPv6接続可能なのかを調べているようです。

そこでまずは、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)ではIPv6接続可能かを解説します。

Airターミナル4 NEXT以前の端末はIPv6接続不可!

ソフトバンクエアーはIPv6でインターネットに接続出来るのかを調べている人が多くいるようですので、直接SoftBankに問い合わせしてみました。

IPv6接続不可との回答

SoftBankの公式チャットで「ソフトバンクエアーの端末(Airターミナル)ではIPv6接続できないのでしょうか?」と質問したところ「SoftBank AirではIPv6の利用はできません。」との回答でした。

最新端末「Airターミナル5」もAirターミナル4以前の旧端末同様にIPv6接続出来ません!

2021年10月発売のソフトバンクエアー最新端末の「Airターミナル5」は過去の端末と違い唯一5G提供エリア内なら5G通信が可能な端末であり、今までのAirターミナルの製造メーカーは「HUAWEI(ファーウェイ)」でしたが、Airターミナル5の製造メーカーは初めて「OPPO製」となりました。

IPv6だからといって速度が速い訳ではない

ソフトバンクエアーではIPv6接続できません。
最新端末のAirターミナル5については未確認。)

しかし、多くの方々は「IPv6=速度が速い」という間違った認識を持っているようです。

IPv6接続だからといって必ず「速度が速い」という事はありません!

インターネットの接続方式には「PPPoE方式」と「IPoE方式」という2つがあり、2つの接続方式の中で「PPPoE方式」よりも「IPoE方式」が速度が速いです。

接続方式IPv4IPv6
PPPoE方式遅い遅い
IPoE方式×速い

上記の表をご覧いただくとお解りになるかと思いますが、速度が速い接続方式「IPoE方式」はIPv4では利用できません。

IPoE方式はIPv6接続のみ対応。

「IPv6=速度が速い」と思っている人が多いのですが、もっと詳しく説明すれば「IPv6で接続し、尚且つIPoE方式だと速度が速い」という事になります。

IPv6接続であっても「PPPoE方式」であれば速度はあまり期待できません。

IPv6接続したいならソフトバンクエアーよりソフトバンク光

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)はIPv6接続に対応していません。

どうしてもIPv6接続しなければならない方は、ソフトバンクエアーと同じSoftBankのサービスでIPv6接続可能な「ソフトバンク光」での契約をおすすめします。

また、工事ができない方一部のエリアでIPv6接続可能なドコモの「home5G」がおすすめです。

以下で詳しく解説します。(※表示金額は「税込」)

IPv6接続可能なソフトバンク光

ソフトバンクエアーを提供するSoftBankは、光回線でインターネットに接続するサービス「ソフトバンク光」も提供していますが、「ソフトバンク光」であればIPv6接続が可能です。

ソフトバンクエアーを契約検討中でどうしてもIPv6接続を希望しているのであれば、同じSoftBankが提供するソフトバンク光の契約も検討してみてください。
ソフトバンク光SoftBank Air
IPv6接続可能不可
工事有無必要不要
初期費用
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 開通工事費
    最大26,400円
契約事務手数料
3,300円
月額料金
  • 戸建住宅
    5,720円
  • 集合住宅
    4,180円

2年自動更新プランの場合

5,368円
36回分割購入の場合
契約期間24ヶ月間
2年自動更新プランの場合
なし
契約特典37,000円
キャッシュバック
エヌズカンパニーの場合
2022年1月31日終了予定
30,000円
キャッシュバック
エヌズカンパニーの場合
2022年1月31日終了予定

ソフトバンクエアーは「電波」を受信してインターネットに接続するサービスなので工事不要ですが、IPv6接続可能なソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスなので契約後には開通工事が必要となります。

ソフトバンク光は開通工事が必要なものの、ソフトバンク光を「集合住宅」で契約すればソフトバンクエアーよりも月額料金が安い上、光回線でインターネットに接続するので速度が安定しています。

ただし、ソフトバンク光でIPv6接続するには「光BBユニット」と呼ばれる機器のレンタルが必要です。

\新規契約で37,000円還元/
ソフトバンク光の詳細はこちら
正規代理店エヌズカンパニー

工事不可ならドコモhome5G

ソフトバンクエアーを提供するSoftBankが光回線を利用した「ソフトバンク光」も提供しており、ソフトバンク光ならIPv6接続可能です。しかし、ソフトバンク光では開通工事が必要です。

もし、契約住所で開通工事ができない物件の場合はソフトバンクエアー同様に「電波」を利用してインターネットに接続するNTTドコモのサービス「home5G」がおすすめです。

ドコモhome5Gでは一部のエリアはIPv6接続可能です!
ドコモhome5GSoftBank Air
IPv6接続不可不可
工事有無不要不要
初期費用契約事務手数料
3,300円
契約事務手数料
3,300円
月額料金4,950円
※36回分割購入の場合
5,368円
36回分割購入の場合
契約期間なしなし
契約特典15,000円
キャッシュバック
ITXの限定特典
2022年1月31日終了予定
30,000円
キャッシュバック
エヌズカンパニーの場合
2022年1月31日終了予定

ドコモhome5Gというサービスは、ソフトバンクエアー同様に専用端末(ホームルーター)を設置してコンセントに差すだけでインターネットに接続できるサービスです。

ドコモhome5Gは電波を受信してインターネットに接続しますが、電波を発信する契約住所近くの「基地局」がIPv6接続に対応していればhome5GでもIPv6接続可能です。

お近くの基地局はIPv6未対応の場合はIPv4接続となります。

\現金15,000円還元中/
ドコモhome5Gの詳細はこちら
販売代理店アイ・ティー・エックス

ソフトバンクエアー未対応のIPv6について詳しく解説

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)はIPv6接続に対応しておらず、速度が速いとされる接続方式のIPoE方式でインターネットに接続していません。

しかし、IPv6について詳しく理解していない人も多いようです。

そこでここからは、ソフトバンクエアーで未対応のIPv6について解りやすく解説します。

IPv6はIPアドレスの「バージョン6」のこと

IPv6の「IP」とは「IPアドレス」、「v6」とは「バージョン6」の事です。

IPアドレスはインターネットに接続する機器(パソコンやスマホなど)に振り分けられた「認識番号」の事で、1つとして同じ番号はありません。

IPv6以前から利用されてきたIPv4では約43億個のIPアドレスしか利用出来ません。

IPv6が登場した経緯
以前はインターネットに接続する機器といえばパソコンくらいでした。

しかし、今ではパソコン以外でもスマホやタブレット、ゲーム機など多くの機器でインターネットに接続可能です。その為、IPv4で利用できる約43憶個のIPアドレスでは足りない事態となっています。

そこで、登場したのがIPアドレスのバージョン6「IPv6」なのです。

このIPv6接続では約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)ものIPアドレスが利用可能です。

ワンポイントアドバイス
340潤個ものIPアドレスが利用できるIPv6の登場により「IPアドレスが足りない!」という問題が解説されたことになります。

IPv6で利用可能な接続方式「IPoE」

IPv6接続する際には今まで利用できなかった新しい接続方式「IPoE」が利用可能です。

「IPoE方式」と呼ばれる接続方式は従来の「PPPoE方式」より速度が速いとされています。

接続方式「IPoE方式」と「PPPoE方式」のイメージは以下です。
(接続方式をトンネル、データ量を車で例えたイメージです。)

「PPPoE方式」という接続方式は1車線のトンネルと似ており、通行量(車)が多いと渋滞して速度が低下します。

PPPoE方式の場合はデータ通信量が多いとその分インターネットの速度も低下します。

一方、「IPoE方式」という接続方式は複数ある車線のトンネルと似ており、通行量(車)が多くても車線が複数あるので渋滞することないので速度を保ったままスムーズに通行できます。

IPoE方式の場合はデータ通信量多くても速度が低下しにくい接続方式です。

この「IPoE方式」はIPv6接続のみで利用できる接続方式のため、「IPv6接続が速い」と言われる理由はIPoE方式で接続した場合に限ることが解りますよね!

ワンポイントアドバイス
IPv6接続であっても「PPPoE方式」の場合は、IPv6接続であっても速い速度を期待できません。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)でIPv6接続について解説しました。

速度が速いとされているIPv6接続はソフトバンクエアーでは利用できません。
最新端末「Airターミナル5」でIPv6接続可能かは確認中です。

もし、どうしてもIPv6接続によるインターネットを希望している方はソフトバンクエアーではなく開通工事が必要なものの「ソフトバンク光」での契約を検討してみましょう。

ソフトバンク光でIPv6接続するには「光BBユニット」のレンタルが必須です。

また、どうしても開通工事ができない物件の場合は一部地域でIPv6接続可能でソフトバンクエアー同様に開通工事不要のドコモのサービス「home5G」を検討しましょう。

そもそもIPv6の速度が速いではなく、IPv6で利用可能はインターネット接続方式「IPoE方式」が速いという事もご理解頂けたと思います。ソフトバンクエアーはIPv6に未対応とはいえ、工事不要で簡単に始められる点は否めません。それぞれのメリットやデメリットもよく理解した上で申込してくださいね。

\30,000円キャッシュバック/
SoftBank Airの申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー
IPv6接続に対応していますか?
ソフトバンクエアーの専用端末「Airターミナル」はIPv6接続に未対応です。
IPv6接続可能なおすすめ回線はありますか?
ソフトバンクエアーを提供しているSoftBank社のソフトバンク光ならIPv6接続に対応しています。ただし、光BBユニットのレンタルが必要で、契約後には開通工事の実施も必要となります。
IPv6が速いと言われる理由はなぜ?
IPv6では「IPoE方式」と「PPPoE方式」という2つの接続方式が利用可能ですが、IPoE方式の場合のみデータをやり取りする通信にゆとりがある設計となっているため多くのデータ通信をしても安定した通信が利用できます。