ソフトバンクエアーとau 4G LTEが使えるauスマートポート(UQ WiMAX)を比較してみた

ソフトバンクエアー・auスマートポート徹底比較




ソフトバンクエアーに似たものがauスマートポートです。SoftBankが提供する「ソフトバンクエアー」とauの4G LTEが使える「auスマートポート」は似たインターネット接続サービスです。どちらのサービスも自宅で工事をする必要がなく手軽にWiFiでインターネットが出来るようになります。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ソフトバンクエアーとauスマートポートの月額料金や使い方、サービス内容の違いなどを徹底的に比較して比べてみたいと思います。

ソフトバンクエアーとauスマートポートとは

通常、自宅で利用するインターネット接続サービスの場合は、光回線やADSL回線といった線を利用して接続します。

しかし、「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」というサービスは、スマホや携帯電話などと同様に「電波」を使ってインターネットに接続するサービスです。

「電波」を使ってネット接続するサービス

ソフトバンクエアーやauスマートポートの機器を自宅に設置すると、スマホや携帯電話と同じように「電波」を受信します。受信した電波はWi-Fiへ変換されて機器から発信されます。その発信されたWi-Fiをパソコンやスマホ、タブレット端末などと接続する事によりインターネットが利用できるようになります。

どちらも工事不要で簡単に始められる

光回線やADSL回線を使ったインターネットを始める場合、自宅へ回線を引き込むための工事が必要で工事費も自分で負担しなければなりません。

しかし「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」は、専用の機器を自宅に設置するだけなので工事不要です。
左がソフトバンクエアー、右がauスマートポートで使う機器

上記写真の機器をコンセントに差し込むだけで、機器が「電波」を受信して「Wi-Fi」を発信します。その為、面倒な工事や複雑な設定が不要であるため、インターネットの接続に詳しくない人でも簡単に始められるので人気があります。

利用できるエリアがある

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」はスマホや携帯電話と同じように「電波」を利用してインターネットに接続するサービスであるため利用できるエリアがあります。

スマホや携帯電話を契約する際にある程度利用するエリアを確認した記憶があると思います。なぜかエリアを確認したかというと、電波は電波塔から発信されますのでエリア外だった場合は通話もネットも利用できないからです。

スマホや携帯電話と同じように「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」は「電波」を利用するため、電波が届くエリアのみで契約利用が可能です。

ソフトバンクエアー エリア検索

ソフトバンクエアーのエリア検索方法はこちら!

どちらのサービスがおすすめ?

各サービスの違いなどをページ下記で比較しています。しかし結局、「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」とではどちらのサービスがおすすめなのでしょうか?

  • SoftBankスマホ契約者は、
    ソフトバンクエアーがおすすめ!
  • auスマホ契約者は、
    auスマートポートがおすすめ!

SoftBankのスマホを契約中の人がソフトバンクエアーにも契約すると「おうち割光セット」が適用できます。auのスマートフォンを契約中の人がauスマートポートにも契約すると「auスマートバリュー」が適用になります。

それぞれの割引制度「おうち割光セット」「auスマートバリュー」とは、スマホ+自宅回線をセットに契約すると適用される割引で、毎月のスマホ代が割引されます。その為、ソフトバンクの人はソフトバンクエアー、auの人はauスマートポートがおすすめという訳です。

SoftBank Airの詳細はこちら
キャンペーンサイト
30,000円キャッシュバック中
auスマートパスの詳細はこちら
UQ WiMAX公式サイト

徹底比較!ソフトバンクエアーとauスマートポートの違い

上記の説明で「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」が似たようなインターネット接続サービスであることはご理解いただけたと思います。しかし、各サービスとも似ているのですがやはり様々な違いがあります。

そこで、これから「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」の違いを比較しながらご紹介したいと思います。

サービス提供先が違う

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」というインターネットサービス名で既にお解りだと思いますが、それぞれサービス提供している会社が以下のように違います。

サービス名提供会社
 ソフトバンクエアーSoftBank
 auスマートポートKDDI

各サービス名から解るように「ソフトバンクエアー」というサービスを提供しているのはSoftBankです。一方、「auスマートポート」というサービスを提供しているのはKDDIです。

似ているようなインターネット接続サービスですが、それぞれ提供している会社が異なるという訳ですね。

使用するネットワーク(電波)が違う

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」は提供会社が違うことでも解るように、使用する電波(ネットワーク)に違いがあります。

スマホや携帯電話でも、「ソフトバンクは繋がるのにauは繋がらない」「auは繋がるのにソフトバンクは繋がらない」なんて経験をした人もいると思いますが、それは電波(ネットワーク)に違いがあるためです。

サービス名ネットワーク
(通信方式)
 ソフトバンクエアー4G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE(3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
 auスマートポートWiMAX 2+
au 4G LTE

出典:Airターミナル4の仕様Speed Wi-Fi HOME L02

ソフトバンクエアーは、SoftBankの「4G」「4G LTE」という電波を利用してインターネットに接続します。

一方、auスマートポートは、auと同じKDDIグループであるUQ WiMAX(UQモバイルの会社)の電波である「WiMAX 2+」と、auのスマホなどでも利用される「au 4G LTE」という電波を利用してインターネットに接続します。

下り通信速度が違う

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」とでは下り通信速度に違いがあります。

「下り」とは、インターネットでホームページや動画を見たり、音楽をダウンロードする速度の事です。
サービス名下り通信速度
 ソフトバンクエアー最大962Mbps
 auスマートポート最大440Mbps

出典:Airターミナル4の仕様WiMAX HOME 02

※インターネットの速度を表す「Mbps」という単位は数字が大きいほど速度が速いことを表しています。

ソフトバンクエアーは下り最大962Mbps、auスマートポートは下り最大440Mbpsの速度が出ます。ソフトバンクエアーよりもauスマートポートの方が若干速度が速いように見えます。しかし、そちらのサービスも最大速度が出るエリアはまだ少なく、都心部のようなエリアに限定されています。

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」も利用する端末によって下り最大通信速度に違いがあります。

設置する機器が違う

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」を使用する際に自宅に設置する機器に違いがあります。

設置する機器が異なる

上記でも機器の写真をご紹介しましたが、
ソフトバンクエアーで使用する機器は角ばった形をした「Airターミナル」と呼ばれる機器を使用します。auスマートポートで使用する機器は丸っこい形をした「WiMAX HOME 02」と呼ばれる機器を使用します。

現在、最新の機器はソフトバンクエアーが「Airターミナル4」、auスマートポートが「WiMAX HOME 02」という機種です。(2020年7月現在)
サービス名設置機器同時接続数
 ソフトバンクエアーAirターミナル464台まで
 auスマートポートWiMAX HOME 0220台まで

ソフトバンクエアーで使用する「Airターミナル4」は最大64台まで、auスマートポートで使用する「WiMAX HOME 02」は最大20台まで同時にインターネットをすることが出来ます。でも、そんなに同時接続することはまずないでしょう(笑)。

ソフトバンクエアーとauスマートポートの料金比較

「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」は上記でご紹介したようにサービス内容などに違いがあります。それと同様に初期費用や機器代金、月額料金など気になる料金面にも違いがあります。

そこで、以下で「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」の料金の違いを確認して比較してみました。参考になれば幸いです。

※以下の「auスマートポート」の料金はUQ WiMAXで契約した場合の料金となります。

機器代金の支払いに違いがある

ソフトバンクエアーの「Airターミナル」とauスマートポートの「WiMAX HOME 02」の機器代の支払い方法が以下の表のように違いがあります。

サービス名機器代の支払い方法
 ソフトバンクエアー「分割払い」
もしくは
「レンタル」
 auスマートポート「一括払い」
のみ

ソフトバンクエアーで使用する「Airターミナル」の機器代金は「分割払い」か「レンタル」の2種類から選択することが出来ます。

一方、auスマートポートで使用する「WiMAX HOME 02」の機器代金は「一括払い」のみとなり、機器代を分割で支払ったりレンタルすることは出来ません。

月額料金について

上記で記載していますが、機器代金の支払い方法が「ソフトバンクエアー」と「auスマートポート」では違いがありますので、一概に月額料金を比較することが難しいです。

そこで似たようなプランで比較してみたいと思います。
※以下の料金はすべて「税抜」です。

ソフトバンクエアーauスマートポート
(UQ WiMAX)
料金プランSoftBank Air
(機器分割払い)
ギガ放題
 初期手数料
(初回のみ)
契約事務手数料
3,000円
登録料
3,000円
 最低契約
期間
2年2年
 機器代金■分割払い
1,620円×36ヵ月
月月割が適用されて、
36ヵ月間1,620円割引で
実質無料
■一括払い
15,000円
 月額料金12ヶ月間
3,800円
13ヶ月目~
4,880円
3,880円

出典:SoftBank Air 料金・価格ギガ放題

ソフトバンクエアーの機器代金を分割にする契約をすると月額料金は12ヶ月目まで月額3,800円、13ヶ月目から月額4,880円です。機器代金は36ヶ月間毎月1,620円が必要ですが、月月割という割引が適用されます。月月割が適用されるので36ヶ月間月額料金から1,620円割引されるので、実質機器代金が無料で利用できるようになります。

ちなみに、ソフトバンクエアーの機器代金をレンタルする場合、レンタル料が毎月490円必要になるので、月額料金が5,370円になります。

一方、auスマートポート(UQ WiMAX)の機器代金は一括払いのみですので、初回だけ購入代金15,000円を支払います。auスマートポート(UQ WiMAX)の最低契約期間は2年間で月額3,880円です。

ソフトバンクエアーでauスマホは使える?

ここからは少し余談になります。
以下のような質問内容を見かける時や質問を受ける機会が多々あります。

その質問とは、
「auのスマホでソフトバンクエアーでネット接続して使えるのか?」というものです。

結論から書けば、
ソフトバンクエアーでauスマホは使える!です。

auのスマートフォンに限らず、iPadのようなタブレット端末、ノートパソコン、他社のスマートフォンなどなどWi-Fi接続可能な機器であれば、ソフトバンクエアーが発信するWi-Fiでインターネット接続することが出来ます。

Wi-Fi接続可能な機器はWi-Fiなら何でも受信することは出来ますよね。

逆に、今回ご紹介したauスマートポートが発信するWi-Fiを使ってソフトバンクのスマホでもインターネットが出来るということです。

まとめ

この記事では工事不要で設置するだけでWi-Fi環境になり、自宅で簡単にインターネットが利用できるようになる「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」と「auスマートポート(UQ WiMAX)」を徹底的に比較してみましたがいかがだったでしょうか?

どちらも似ているインターネット接続サービスですが、サービス提供している会社が月額料金、使用するネットワークが違うことはご理解いただけたと思います。どちらのサービスと契約するか悩んでいる人であれば、auスマホを持っているなら「auスマートポート(UQ WiMAX)」と、ソフトバンクのスマホを持っているなら「ソフトバンクエアー」と契約するとセット割が適用できるのでおすすめです。

SoftBank Airの契約で
30,000円キャッシュバックに増額中!
2020年9月30日終了予定
▼詳細はこちら▼
キャンペーンサイトはこちら

ソフトバンクエアー 類似品!?

ソフトバンクエアーに似てる類似サービス「モバレコAir」とは?違いやライバルなのかを比較してみた!

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。