商標登録取得のお知らせ

ソフトバンクエアーのエリア確認方法【5選】|エリア外の代替回線と注意点

あなたは現在ソフトバンクエアーの契約を検討中で「利用可能なエリア確認をしたい」と思っていませんか?

ソフトバンクエアーは光回線やADSLといった有線ではなく、携帯電話同様に「電波」を使ってインターネットに接続するサービスなので契約する住所が電波のエリア内である必要があります。

地域により電波のエリア外契約できない場合もあります。

今すぐ確認したい人はこちら
今すぐ簡単にソフトバンクエアーのエリアを知りたい人は以下で確認してください。

上記リンク先はSoftBankグルーブであるWireless City Planning社の公式サイトです。このサイトへアクセスすると、ソフトバンクエアーで利用されている「電波」のエリアを地図上で確認する事が可能です。

※詳しい解説は下記に記載しています。

この記事では上記でご紹介した地図でのエリア確認方法の解説に加えて、その他のエリア確認方法注意点、そして契約住所がエリア外だった場合の対処方法を解説していきます。

※以下、表示金額はすべて「税込」です。

ソフトバンクエアーのおすすめエリア確認方法【5選】

ソフトバンクエアーは「AXGP」という電波(通信規格)を利用しますので「AXGP」の電波を発信する基地局(電波塔)周辺のエリアのみでインターネット接続に可能となります。

その為、ソフトバンクエアーの契約住所が「AXGP」の基地局周辺のエリアかを確認する必要がある訳です。

SoftBankの携帯電話やスマホで利用する電波とは異なるため、ソフトバンクエアーを契約予定の自宅住所でSoftBankのスマホのエリア内でもソフトバンクエアーはエリア外の可能性もあります。

ソフトバンクエアーのエリアを確認するおすすめの方法以下の5つです。

以下で各エリア確認方法を詳しく解説します。

地図でエリアを確認したいならWireless City Planning社

エリア確認方法①
Wireless City Planning社ホームページで電波が届く可能性がある提供エリアを地図上で確認できる。

この記事の冒頭でもご紹介したように、SoftBankのグループ会社であるWireless City Planning株式会社のホームページでソフトバンクエアーのエリアを地図で確認する事が出来ます。

地図上で提供エリアを確認可能

Wireless City Planning社のホームページにある「提供エリア 詳細マップ」ページへアクセスすると、ソフトバンクエアーでネット接続する為に利用される電波(AXGP)のエリアを地図上で確認する事が可能です。

契約予定住所の都道府県をクリック

提供エリア 詳細マップ」にアクセスすると都道府県が記載された日本地図が表示されますので、ソフトバンクエアーを契約予定の都道府県をクリックしてください。

契約住所まで地図を移動する

都道府県をクリックすると周辺地図へ移動しますので、地図を動かしたり、地図上部にある地図縮尺の【+】ボタンを押すなどしてソフトバンクエアー契約予定の住所付近に中央のポイントを移動させてください。

地域名やキーワードでも検索可能

また、地図下に「地域名・キーワードで探す」という項目があるので【開く】をクリックすれば、住所や施設名などからもエリアを確認する事が可能になっています。

地図上でのエリア確認方法
地図中央のピンポイントが赤の地域あれば、ソフトバンクエアーの提供エリア内で契約できる可能性があるエリアです。

しかし、ピンポイントが赤の地域でなかった場合は、残念ながら提供エリア外と判断できます。

ワンポイントアドバイス
赤色のエリアでも契約する建物の階数や周辺状況などにより契約不可となる可能性があります。あくまでも基地局から発信される【電波が受信できるかもしれないエリア】と割り切って確認してください。
監修者長井
上記の方法ならソフトバンクエアーの電波が受信できる可能性があるエリアを赤色で視覚的に確認出来ますので、「とりあえずエリア確認してみたい!」という人におすすめの確認方法ですよ。

提供エリアと最大通信速度を確認したいなら公式サイト

エリア確認方法②
SoftBank公式サイトで提供エリアと最大通信速度が同時に確認できる。

SoftBank公式サイトでは、ソフトバンクエアーの「提供エリア」とエリア別の「下り最大通信速度」を調べることが出来ます。

エリア確認と最大通信速度も同時に確認したい人におすすめの方法です。

SoftBank公式サイトにある「住所別下り最大通信速度情報」へアクセスします。

スマホで見た時の画面
パソコンで見た時の画面

スマホとパソコンでアクセスした際の画面に違いがありますが、ほぼ流れは一緒です。

以下の3ステップで提供エリアと最大通信速度が同時に確認可能です。

  1. 公式サイト「住所別下り最大通信速度情報」へアクセスする
  2. 契約する住所の「都道府県」を選択する
  3. 次に契約する住所の「市区町村」を選択する

上記の3ステップで提供エリアと最大通信速度が同時に確認可能です。

①~③まで進むと「対象エリア」という項目を確認してください。

対象エリアに契約住所があるかを確認!

「対象エリア」に契約住所が表示されればエリア内である事が確認でき、同時に最大通信速度も確認できると思います。

「市区町村」の選択の際、契約住所の市区町村が表示されなかった場合はソフトバンクエアーのエリア外の可能性です。

また「市区町村」が選択できたとしても、表示された「対象エリア」に契約住所がなかった場合もエリア外の可能性があります。

ワンポイントアドバイス
上記で解説したWireless City Planning社の「地図」やSoftBank社の「公式サイト」での確認方法は正確なエリアチェックが出来ません。

あくまでも「まずは調べてみたい」という人向けの簡易的な確認方法です。その為、正確にエリアを調べたい人は以下の方法を試してください。

電話でエリア確認をオペレーターにお願いする

エリア確認方法③
ソフトバンクエアーの新規契約の申し込みが可能なSoftBank直通の電話でオペレーターにエリア確認してもらう。

ソフトバンクエアーの新規申込は電話でも受け付けていますが、以下の電話番号はSoftBank直通の電話番号なのでオペレーターにエリア確認してもらう事も可能です。

SoftBank公式の新規受付センター
電話番号:0120-981-072
受付時間:午前9時から午後10時まで
しかし、上記の電話番号に電話をすると「混雑」を理由に折り返し先の電話番号を聞かれる場合があります。

SoftBankからの折り返しの電話は翌日以降になるためすぐにエリア確認する事が出来ません。


また、電話に繋がるまで時間がかかる場合もあります。

監修者長井
電話はオペレーターと会話しながらエリア確認や相談ができるのでメリットはありますが【繋がりにくい】ことも多々ありますので、そんな時は以下のチャットでのエリア確認がおすすめです。

公式サイトのチャットでエリア内か確認してもらう

エリア確認方法④
SoftBank公式サイトのチャットサポートを利用してオペレーターにエリア確認してもらう。

契約前にソフトバンクエアーについて相談できる「チャットサポート」がSoftBank公式サイトで利用可能ですが「チャットサポート」でもオペレーターによるエリア確認が可能です。

チャットサポートへ
オペレーター対応時間:10時~24時頃まで

チャットは24時間利用可能ですが、オペレーターが対応する時間は10時~24時頃までです。それ以外の時間帯ではオペレーターに直接エリア確認してもらう事が出来ません。

また、チャット利用者が多く混雑している場合にも利用出来ません。

契約住所を伝える

オペレーターに繋がったらエリア確認をしたい旨を伝えます。

そして個人情報保護の観点から契約住所の市区町村まで伝えましょう。
※番地以降は伝えないでください。

数分後に判定結果が伝えられる

2~3分後に伝えた住所がソフトバンクエアーのエリアかの判定結果が伝えられます。

ただし、簡易的なエリアチェックによるもので最終的な結果ではありません。

やはり、最終的な契約可能かの合否は申し込み後に審査されます。

契約前提なら正規代理店で申し込む

エリア確認方法⑤
ソフトバンクエアーの正規代理店で申し込みをすると契約申込に加えエリア判定も可能。

ソフトバンクエアーの契約をする事が決まっている人なら、正規代理店のキャンペーンサイトで契約申込をしましょう。契約申込なのでSoftBankが契約可能かのエリア判定を実施します。

「契約申込」なので契約可能かの判定をSoftBankが行います。
もちろん、契約住所のエリアが利用可能かの判定もされます。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーは公式サイトや公式電話番号、ソフトバンクショップなどの店舗でも契約申込が可能ですが損しますよ!

上記でご紹介した正規代理店で契約すると40,000円のキャッシュバックが貰えるのでお得です!

\契約後に4万円キャッシュバック特典/
キャンペーンサイトはこちら

【厳選3社】ソフトバンクエアーのエリア確認後におすすめの申込窓口

上記でソフトバンクエアーのエリア確認方法を5つご紹介しましたがエリア内だったでしょうか?

エリア確認後にはソフトバンクエアーの契約申込をどこでするかを検討しましょう!

契約時の特典としてキャッシュバックがある正規代理店から契約申込をしましょう。

※SoftBank公式サイトで契約するとキャッシュバックがありません。

SoftBank公式サイトと正規代理店の申込窓口を比較した表は以下です。

申込窓口独自キャッシュバック
公式サイト
(公式電話番号の申込含む)
なし
エヌズカンパニー40,000円
キャッシュバック
NEXT40,000円
キャッシュバック
アウンカンパニー40,000円
キャッシュバック

SoftBankの公式サイトや公式の電話番号からもソフトバンクエアーの契約申込が可能ですが、キャッシュバックが貰えないため契約時に損する可能性があります。

しかし、SoftBankの正規代理店の上記3社から契約すれば40,000円キャッシュバックが貰えます!

ワンポイントアドバイス
公式サイトの「チャット」や「電話」でエリア確認すると申込へと誘導されます。

しかし、誘導されるがままソフトバンクエアーを申し込むのではなく、上記の正規代理店で申し込みすることでキャッシュバックが貰えるので契約時にお得になります!

\損しない為に代理店から契約しよう/
キャッシュバック詳細はこちら

ソフトバンクエアーがエリア外だった場合の対処方法

ソフトバンクエアーがエリア外だった場合は契約不可となります。

しかし、「インターネット回線が必要!」という人はソフトバンクエアー以外の代替回線を考えましょう。

おすすめの代替回線は以下の3回線です。

代替回線最大通信速度工事有無キャッシュバック
ソフトバンク光1Gbps
(1000Mbps)
必要37,000円
WiMAX HOME
(GMO)
1Gbps
(1000Mbps)
不要最大30,000円
Mugen WiFi50Mbps不要なし

ソフトバンクエアーがエリア外で契約出来なかった人は上記3つの代替回線をおすすめしますが、それぞれにメリットやデメリットもあるので、3つの代替回線の特徴を以下で詳しく解説します。

工事が必要だが速度が安定している「ソフトバンク光」

画像出典先:SoftBank公式サイト

ソフトバンクエアーがエリア外で契約不可だった場合に真っ先に検討すべき回線が「ソフトバンク光」です。

ソフトバンク光
基本概要
月額料金戸建住宅5,720円
集合住宅4,180円
最大通信速度下り最大
1Gpbs
通信制限なし(無制限)
工事有無必要
契約期間24ヶ月(自動更新)
キャッシュバック代理店で契約すると
37,000円
キャッシュバック
※2021年9月30日まで

ソフトバンクエアーは「電波」を使用してインターネットに接続するため通信速度が不安定で遅い場合も多々ありますが、ソフトバンク光は「光回線」を使用しているのでソフトバンクエアーと比べると格段に通信速度が安定しています。

「光回線」を使用するソフトバンク光は開通工事が必要となり、開通工事不要のソフトバンクエアーと比べるとデメリットがありそうに思いますが、速度の安定性に加えて月額料金の安さ通信制限がない点などメリットの方が多いです。

その他、ソフトバンク光の特筆すべき特典や割引は以下です。

  • SoftBankスマホユーザーなら「おうち割光セット」適用可能
    ⇒「おうち割光セット」でSoftBank/Y!mobileスマホ代が毎月最大1,100円割引される!
  • SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
    ⇒他社から乗り換えた場合に他社違約金を最大10万円まで還元してくれる!
  • 開通前レンタルキャンペーン
    ⇒開通工事まで工事不要のポケットWi-Fiなどを無料でレンタルしてくれる!

また、ソフトバンク光の契約を正規代理店NEXTで申し込むと、インターネット契約のみで(有料オプション加入不要で)37,000円キャッシュバックしてくれます!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの代替回線としてソフトバンク光を契約するなら損しないように正規代理店から契約申込をする事をおすすめします!
\高額キャッシュバックを貰おう/
ソフトバンク光の詳細はこちら
優良代理店NEXTでソフトバンク光を契約しよう

SoftBank Airと同サービス「WiMAXホームルーター」

画像出典先:UQ WiMAX公式サイト

ソフトバンク光のように光回線の「開通工事がどうしても出来ない!」という人は、ソフトバンクエアー同様のサービス「WiMAX」のホームルーターを代替回線として検討してはいかがでしょうか。

GMOのWiMAX
ホームルーター
基本概要
月額料金
  • ギガ放題プラン
    1~2ヶ月目:月額3,969円
    3ヶ月目以降:月額4,689円
  • 7GBプラン
    月額3,969円
最大通信速度下り最大
440Mbps
通信制限直近3日間で10GB以上
工事有無不要
契約期間36ヶ月(自動更新)
キャッシュバック
その他の特典
  • 30,000円
    キャッシュバック
    ※2021年9月30日まで
  • 端末代金0円
ソフトバンクエアー同様にWiMAXホームルーターは「電波」を利用してインターネットに接続するサービスです。
ソフトバンクエアーで利用する電波の「AXGP」と「WiMAX」は違う特性のある電波なのでソフトバンクエアーがエリア外でも契約できる可能性があります。
WiMAXホームルーター
最新端末「WiMAX HOME 02」

ソフトバンクエアーのAirターミナル同様にWiMAXホームルーターもコンセントに端末を差し込むだけなので工事不要です。

また、特筆すべき特徴は以下です。

  • 端末代が無料
  • 20日以内ならキャンセル可能

ソフトバンクエアーのAirターミナルは59,400円を36回で分割払いする契約になってしまい、解約する際に残債を一括で支払う必要があります。

しかし、WiMAXホームルーターの端末代は無料なので解約時に端末代残債を支払う問題が一切ありません。

また、契約時にWiMAXのエリアが「〇」判定だったのにも関わらず、実際使ってみた速度に不満があった場合、申込日から20日以内なら違約金不要で契約をキャンセル可能です。

大手プロバイダである「GMOとくとくBB」のサイトからWiMAXホームルーターを契約すると、30,000円のキャッシュバックが貰えますので(2021年9月30日まで)お得に契約出来ますよ!

\WiMAX契約で現金還元中/
WiMAXの詳細はこちら
GMOとくとくBBでお得に契約しよう

最安級+月間最大容量100GBの「Mugen WiFi」

画像出典先:Mugen WiFi公式サイト

Wi-Fiを外出先でも利用する機会が多いビジネスマンや学生さんなどは、ソフトバンクエアーの代替回線としておすすめなのが持ち運び可能なポケットWi-Fiです。

現在、ポケットWi-Fiのサービスは数多くの会社が提供していますが特におすすめは「Mugen WiFi」です。

Mugen WiFi
基本概要
月額料金
  • MUGEN格安プラン
    月額3,718円
  • 2年間縛りなしプラン
    +月額660円
最大通信速度下り最大
150Mbps
通信制限最大100GBまで
工事有無不要
契約期間24ヶ月間
但し、2年間縛りなしプランに
加入で契約期間の「縛りなし」
その他の特典
  • 10,000円キャッシュバック
  • 30日間お試し返金

なんと言っても「Mugen WiFi」の最大の魅了は月額料金です。

他社Wi-Fiサービスは最初2ヶ月間は安くて3ヶ月目から高くなる場合があります。
しかし、「Mugen WiFi」の月額料金は3,718円で変動がなく安心です。

また、「Mugen WiFi」の契約期間は24ヶ月間で、1年未満の解約は9,900円、1〜2年未満の解約は5,500円の解約金です。

しかし、追加で月額660円を支払えば「2年間縛りなしプラン」に加入可能で、24ヶ月間の契約期間の縛りがなくなります。

監修者長井
ただ、下り最大速度はお世辞にも速いとは言えません。

上記でご紹介した代替回線の「ソフトバンク光」の最大通信速度は1000Mbps、「WiMAXホームルーター」の最大通信速度は440Mbpsです。しかし「Mugen WiFi」の最大通信速度は150Mbpsです。

最大通信速度はソフトバンク光の約6分の1なので速度重視の人は「Mugen WiFi」をおすすめしません。

ワンポイントアドバイス
Mugen WiFiは契約しても30日以内ならお試し可能です。
「安心全額返金保証」を30日以内に申請すれば手数料1,100円で契約を解除出来ます。
\30日間お試し体験/
Mugen WiFiの詳細はこちら
30日以内は全額返金保証で安心

ソフトバンクエアーの提供エリアで注意したい6つの点

ソフトバンクエアーの提供エリアに関する事で契約前に知っておくべき注意点があります。

契約後に「知らなかった…」と後悔しない為にも、ソフトバンクエアーのエリア確認の段階でソフトバンクエアーの注意点を理解しておきましょう!

SoftBankスマホとソフトバンクエアーの提供エリアは違う

注意点①
SoftBankスマホとソフトバンクエアーは利用する電波が違うので提供エリアも異なる。

SoftBankのスマホが自宅で使えるのでソフトバンクエアーも「エリア内だろう」と思っている人がいるようですが大間違いです。

SoftBankのスマホとソフトバンクエアーで利用する電波に違いがあります。

SoftBankのスマホは「4G/LTE」、最近では「5G]の電波を使います。
一方、ソフトバンクエアーは「AXGP」という電波を使います。

SoftBankのスマホや携帯電話で利用する電波は「4G/LTE」ですが、ソフトバンクエアーで利用する電波は「AXGP」でまったく異なった電波を利用してインターネットに接続しています。

その為、自宅でSoftBankのスマホが使えるといってソフトバンクエアーが使えるとは限りません。

ソフトバンクエアーを契約前には必ず「AXGP」のエリア内かを確認する必要があります。

提供エリア内でもマンションの階数や周辺環境で速度が低下する

注意点②
ソフトバンクエアーのエリア内でも契約する自宅の環境により「速度が遅い」場合は「繋がらない」場合がある。

「電波」は周辺環境によって大きく影響を受け、速度が低下する場合があります。

また、最悪の場合「電波」が繋がらない状況になる可能性もあります。

SoftBank公式サイトに以下のような説明があります。

SoftBank Airの提供をお断りする場合
・11F 以上の高層階
・周辺高層ビル地域内
・建物密集地域内の低層階
引用:SoftBank公式サイト

高層マンションにお住まいで11階以上の高層階の場合はソフトバンクエアーの電波が届きづらくなり、速度の低下や電波の圏外になる可能性があるため契約を断るようです。

また、契約する自宅が高層ビルに囲まれているような環境だった場合や低階層であっても周辺が密集している場合でも周辺の建物の影響により電波が遮断されてしまうのでエリア内であっても契約を断る可能性があります。

ソフトバンクエアーのエリア内でも周辺環境により契約を断る可能性がある事を覚えておきましょう。

契約住所エリア以外の利用は規約違反となる

注意点③
ソフトバンクエアーを契約した住所以外での利用は規約違反となり「速度制限」の処置が実行されます。

ご利用場所の制限
ご契約住所以外での利用は禁止しています
引用:重要事項説明書

ソフトバンクエアーは電波のエリア内であれば理論上は外出先でも利用可能ですが、契約住所での利用が前提の契約であるため、契約住所以外のエリアで利用すると規約違反となります。


SoftBankは契約住所のエリア外でソフトバンクエアーを利用を確認すると「速度制限」を実施します。

最悪の場合サービス利用停止の処置からの「強制解約」となりますので注意しましょう。

ワンポイントアドバイス
あくまでもソフトバンクエアーは自宅で利用する「固定」インターネットサービスです。契約住所以外ので利用も考えられる場合はソフトバンエアーではなく、持ち運び可能なポケットWi-Fiの契約がおすすめです。

ネット接続利用者が多い夜や休日は速度低下の可能性がある

注意点④
ソフトバンクエアーの電波状況が良いエリアでも利用者の増加で速度が低下する可能性がある。

以下のように、夜や曜日によって「速度が低下した」というツイートを見かけます。


ソフトバンクエアーの電波は基地局から発信されますが、基地局周辺のソフトバンクエアーのユーザーは電波を共有しているため、利用者が増加する夜の時間帯や休日などに速度が低下する可能性があります。

ソフトバンクエアーで利用する「AXGP」という電波は、PHSで利用していた「XGP」という通信規格を高速化した電波です。もともとPHSの電波なので利用者が急増すると速度低下の原因となります。

ワンポイントアドバイス
速度低下の可能性が気になる人は、工事は伴うものの「光回線」を利用したソフトバンク光の契約をおすすめします!
>>ソフトバンク光の詳細はこちら

契約後にAirターミナルが届いたらすぐに速度のチェックをする

注意点⑤
必ずAirターミナル(端末)が届いたらその日の内に速度チェックを行う。

ソフトバンクエアーを契約したら「Airターミナル」と呼ばれる端末が郵送されてきます。「Airターミナル」が郵送されてきたら速度チェックを行わないまま数日放置している人がいるようです。

「Airターミナル」が届いたら【その日の内に】速度が遅くないかネットに接続できるか必ずチェックしましょう!

SoftBankはソフトバンクエアーの契約申込があると、契約住所は「提供エリア内か」「周辺環境に問題はないか」などを判定し、問題なければ正式契約となります。

しかし、エリア内であっても不確実な「電波」を利用してインターネットに接続するサービスなので繋がらない可能性もあります。

速度に不満があるなら8日以内に「初期契約解除制度」を利用する

注意点⑥
8日以内なら「初期契約解除制度」で契約を違約金不要でキャンセルできる。

上記で端末が届いたら「その日のうちに」速度チェックをすることをお伝えしました。
なぜ「その日のうち」なのか理由があります!

契約直後(8日以内)なら速度に不満があった場合やエリア内なのに圏外で繋がらなかった場合には「初期契約解除制度」でソフトバンクエアーの契約をキャンセル可能だからです。

初期契約解除制度の条件は「契約成立日から8日以内」であることです。

Airターミナル(端末)が郵送で送られてきた場合は、Airターミナルを受け取った日が1日目となります。

初期契約解除制度で契約をキャンセルすれば本来解約に必要な解除料(10,450円)が不要です。
但し、以下の費用は必要です。

  • 契約事務手数料(3,300円)
  • Airターミナル返却の郵送料
  • オプションに加入した場合は解除日までのオプション料
ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの「速度の不満」があれば8日以内に契約をキャンセルできる「初期契約解除制度」という制度が利用できます。契約後は必ず8日以内の速度チェックが重要です!

まとめとエリアに関するQ&A

ソフトバンクエアーのエリア確認はいくつか方法がありますが、おすすめは以下の5つです。

あなたの状況に合わせて上記の確認方法でエリアチェックをしてみてください。

ソフトバンクエアーのエリア内であれば、次に申込窓口の選定に移ります。

SoftBank公式サイトや公式電話番号、そしてショップや家電量販店などの店舗で契約してしまうと契約特典のキャッシュバックが貰えず損してしまいます。おすすめの申込窓口はオプションに強制加入が条件がない優良の正規代理店です。

優良の正規代理店ならソフトバンクエアー契約のみで40,000円キャッシュバックが貰えます。

地図でエリア確認する方法は?
地図で提供エリアを確認したい場合、Wireless City Planning社のサイトへアクセスしてください。
エリア確認可能な電話番号は?
0120-981-072(午前9時から午後10時まで)に電話をしてください。ただし、繋がりにくいのでおすすめしません。
エリア確認後に申し込むおすすめの窓口は?
ソフトバンクエアーの提供エリアの可能性があった場合は正規代理店のキャンペーンサイトで契約するとキャッシュバックがあるのでお得です。
エリア外で契約不可の場合は?
ソフトバンクエアーの提供エリア外で契約出来なかった場合、ソフトバンク光などの代替回線を検討してください。
提供エリア内でも注意すべき点は?
SoftBankスマホと提供エリアが違う点や建物の周辺状況により速度が低下する点、契約住所以外で使用すると規約違反になる点などが特に注意したい点です。
エリア内なのに契約したら圏外だった場合は?
契約後8日以内であれば「初期契約解除制度」で違約金不要で契約をキャンセルする事が出来ます。