NURO光をクーリングオフで契約をキャンセル可能?

NURO光を申し込みしてから契約後にクーリングオフ制度を利用して、契約を解除(キャンセル)出来ないか悩んでいる人もいるようです。NURO光の契約をクーリングオフしたいと考えている多くの人は、強引な勧誘で断れずに契約してしまった人、インターネットの速度に満足しなかった人、契約内容に相違があった人などが多いようです。

そこで今回は、NURO光を契約した後にクーリングオフ制度を利用して契約解除してキャンセル出来ないのかを中心にご紹介してみたいと思います。

NURO光はクーリングオフで契約をキャンセル可能なのか

NURO光を契約後に様々な理由で解約したいと考えている人もいるようです。契約直後にキャンセルしたいと思った人は「クーリングオフ制度を利用すればいいじゃん。」と考えたのではないでしょうか。確かに、通販で洋服などを買ってみたらイメージと違った場合にクーリングオフで返品すれば返金してくれますからね。

そこでまずは、そもそもクーリングオフはどんな制度なのかをおさらいしてから、NURO光でもクーリングオフ制度を利用できるのかをご紹介します。

特定商取引法の制度がクーリングオフ

まずは法律の勉強みたいになってしまいますが、クーリングオフについて簡単にご紹介します。

クーリングオフという制度は「特定商取引法」という法律の中に明記されている制度の事です。

簡潔に制度を説明すると、クーリングオフとは、サービスや商品を購入した後に「一定期間考える時間」が設けられており、この一定期間であれば理由を開示することなく購入した商品を返品したり契約をキャンセルできる制度です。

要は、与えられた期間内であれば購入前・契約前の状態に無条件で戻せる制度がクーリングオフなんですね。ここまではあなたも何となくご存知だと思います。

ここで少し本題に戻ると・・・、
NURO光のインターネット契約もクーリングオフ制度を利用すれば、与えられた期間内であれば契約の解除・キャンセルが可能ではないか?という疑問が出る訳です。きっと、あなたも同じ思いでこのページを訪れているはずです。

管理人
クーリングオフは特定商取引法の制度で、定められた一定期間内であれば契約を解除できたり、購入を返品できる制度なんですよね。

NURO光はクーリングオフ制度が利用できない

結論からお伝えすると、NURO光はクーリングオフ制度の対象外です。

NURO光だけがクーリングオフの対象外ではなく、すべてのインターネット契約や携帯電話契約など通信に関わる契約は特定商取引法のクーリングオフ制度の対象外です。

クーリングオフは訪問販売や電話営業などの手段で勧誘されて契約・購入したものが対象となっています。しかし、自動車の購入契約や携帯電話・インターネットの通信契約は、勧誘手段や契約手段に関係なくクーリングオフ制度を利用する事が出来ません。

しかし、これではNURO光をはじめとするインターネット契約は、クーリングオフのように契約してから定められた期間に契約キャンセルする事が出来ないと消費者が不利です。

そこで、以下でご紹介するクーリングオフ制度にソックリな制度が利用可能です。

管理人
NURO光のようなインターネット契約はクーリングオフの対象外で利用できないけど、クーリングオフに似ている制度があるんですね。

NURO光は「初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度が利用可能

上記でご紹介したように、NURO光のインターネット契約はクーリングオフ制度で契約をキャンセルする事が出来ませんので契約者のリスクがあります。そこで、NURO光などのインターネット契約はクーリングオフ制度に似ている「初期契約解除制度」が利用できます。

そこでここからは、NURO光の契約でも利用可能な「初期契約解除制度」について詳しくご紹介してみたいと思いますので参考にしてください。

クーリングオフに似た「初期契約解除制度」とは

特定商取引法のクーリングオフ制度はNURO光のようなインターネット契約は対象外です。そのせいでインターネット契約を数年に渡り契約せざるを得ない消費者もいました。

これを問題視した総務省が2016年に「電気通信事業法」を改定し、クーリングオフ制度に似ている「初期契約解除制度」を設置しました。

下記は、総務省のホームページに記載されている「初期契約解除制度」についての説明文です。

光回線インターネットサービス、ケーブルテレビインターネットサービス、主なプロバイダ(インターネット接続)サービス等、一定の範囲の電気通信サービスの契約については、基本として、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで、利用者の都合により契約を解除できます(初期契約解除制度)。
引用:http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/shohi.htm

よくよく読んでみるとクーリングオフに似ていると思いませんか?

NURO光も「光回線インターネットサービス」「主なプロバイダ(インターネット接続)サービス」に該当しますので、NURO光も初期契約解除制度を利用する事が可能なのです。

管理人
NURO光などのインターネット契約は、特定商取引法のクーリングオフ制度は対象外だけど、電気通信事業法の初期契約解除制度は対象なんですね。

初期契約解除制度で契約をキャンセルするには

NURO光を初期契約解除制度で契約をキャンセルできるのは8日間です。

では、いつから8日間なのかと言うと、上記でご紹介した法務省のホームページにも記載があるように「契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで」となります。

引用:https://support.so-net.ne.jp

具体的には、NURO光を申し込みしてから契約に至ると、上記画像のような「So-net契約内容のご案内」や「NURO光契約内容のご案内」などの書類が郵送されてきます。

これら書類を受領した日から8日を経過する日までが「初期契約解除制度」を申し出る事が可能な期間となります。もっと簡単に言えば「書類を受け取った日から8日間がNURO光のインターネット契約を解除・キャンセルできる。」と覚えておいてください。

管理人
NURO光の契約をクーリングオフに似ている初期契約解除制度を利用してキャンセルする場合は、郵送されてきた日を含む8日間なら施行できるんですね。

NURO光の初期契約解除制度の手続き方法

インターネット接続サービスを提供する会社によって、初期契約解除制度の手続き方法に違いがあります。NURO光の初期契約解除制度の手続き方法や流れは以下です。

  1. 書類の「表面」をコピー
  2. コピーしたら空白部分に「必要事項を記入・捺印」
  3. 「郵送」か「ファックス」する

具体的な手続きの流れを以下でご紹介します。

まず、郵送されてきた「So-net契約内容のご案内」や「NURO光契約内容のご案内」のどちらかの書類をコピーしましょう。そして、コピーした書類の空白部分に以下の情報を記載してください。

・お客さま番号:
・契約住所:
・契約者氏名:
・電話番号:
・契約解除したいサービス名:NURO光

上記を記入したら署名・捺印してください。

以上がすべて終わったら、トラブル回避の為に記入した用紙をコピーして保管しておくことをおすすめします。

実際に記入・捺印した方を郵送するかファックスしてください。

■郵送の場合
〒060-8564
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
So-net 札幌事務センター 宛

■ファックスの場合
So-net 札幌事務センター
FAX番号:0570-00-9191 又は 03-5245-4985

<郵送の場合>
〒060-8564
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 So-net 札幌事務センター 宛
<FAX の場合>
So-net 札幌事務センター
FAX:0570-00-9191 または 03-5245-4985

以上がNURO光の初期契約解除制度の手続き方法です。

管理人
NURO光をクーリングオフのように初期契約解除制度でキャンセルする場合、書類が届いて8日以内に書類に必要事項を記入・捺印した上で郵送かファックスをするんですね。

解除・キャンセルに関わる費用について

NURO光は契約が成立すると契約期間中の解約には「解約金」の支払いが必要です。

しかし、上記でご紹介した初期契約解除制度を利用して契約の解除・キャンセルをした場合には、本来必要な「解約金」の支払いが不要となります。

初期契約解除制度でNURO光の解約金は不要となりますが、以下の費用の支払いは必要です。

※以下の金額はすべて税別です。

開通工事前の場合

もし、NURO光を契約して開通工事が完了していない段階で「初期契約解除制度」で契約を解除・キャンセルした場合の費用は以下です。

契約事務手数料3,000円

開通工事後の場合

既にNURO光の開通工事が完了してインターネットが開通している場合で「初期契約解除制度」で契約を解除・キャンセルした場合の費用は以下です。

契約事務手数料3,000円
開通工事費戸建タイプなら
25,000円
マンションミニタイプなら
23,000円
月額料金日割り計算
管理人
NURO光のインターネット契約を「初期契約解除制度」で解除・キャンセルした場合は解約金は不要となるけど、実際に動いている人がいるので契約事務手数料や工事費などの支払いは必要になるんですね。

まとめ

今回はNURO光はクーリングオフにより契約をキャンセル可能なのかを中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。NURO光のようなインターネット契約は特定商取引法のクーリングオフ制度は対象外です。その代わり、電気通信事業法の初期契約解除制度ならクーリングオフのようにNURO光のインターネット契約を解除キャンセルする事が可能です。NURO光の書類を受領した日から8日間なら初期契約解除制度を利用できます。上記でご紹介したように書類に必要事項を記入・捺印してから郵送かファックスをしましょう。ただ、この初期契約解除制度は解約金不要で契約をキャンセルできるものなので、NURO光の開通工事費や契約事務手数料の支払いは必要となります。

スポンサーリンク