商標登録取得のお知らせ

【解決】ドコモhome5Gが繋がらない原因と対処方法|ランプの点滅や色の意味も合わせて解説!

ドコモhome5Gが繋がらない問題が発生してお困りですね。

home5Gを契約したばかりで繋がらない方は必ず「初期設定」を行わないとインターネットに繋がりません。

しかし、今までhome5Gが繋がっていたにも関わらず急に突然繋がらない状況に陥ってしまった場合は端末に付いているランプ状況を確認してみるか、再起動してみましょう!

まず試みてみること
  • ランプの点滅や点灯状況を確認する
  • REBOOTボタンを押して再起動する

home5Gが繋がらない時に真っ先に確認してほしいことが端末に付いている3つのランプです。

home5Gには「5G/4Gランプ」「電場強度ランプ」「STATUSランプ」があり、それぞれのランプの点灯、点滅、消灯の状況で現在繋がらない原因や端末の状態を把握することができます。

しかし、3つのランプが正常通り点灯している場合は「REBOOTボタン」を1秒以上押してから再起動してみましょう。

また、NTTドコモ公式サイトの「おたすけロボット」では24時間いつでもhome5Gの状況についての質問に回答していくだけで最善の解決方法を教えてくれますので利用してみる価値があります。

この記事ではドコモhome5Gが繋がらない状況になってしまった場合に、端末本体のランプの点灯・点滅・消灯の意味や確認事項、試して欲しい対処方法、契約直後に繋がらない場合の契約のキャンセル・解約方法などをまとめて解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\繋がらない方はこちら/
ドコモ光へ契約を乗り換える
ドコモ光公式サイトの特設ページ

home5Gが繋がらない場合は真っ先にランプ状況を確認する

ドコモhome5Gが繋がらない状況になってしまった場合には、端末本体に付いている3つのランプを真っ先に確認することで現在の端末本体状況を正確に把握することができます!

3つのランプが消灯や点滅しておらず、3つのランプすべてが点灯している場合は正常な状態です。

正常な場合は「5G/4Gランプ」は青色又は緑色で点灯しています。「5G/4Gランプ」が青色で点灯している場合は5Gの電波を受信中、緑色で点灯している場合は4Gの電波を受信中であることを示しています。

もし、3つのランプがすべて点灯中で正常にも関わらず繋がらない状態になっている場合は、真っ先に「再起動」を試してみることをおすすめします!

home5Gを再起動する方法
home5Gを再起動する方法は、端末本体の背面にある「REBOOT」ボタンを1秒以上押します。

「REBOOT」ボタンを押すと3つのランプが消灯して点滅し始めますのでそのまま放置しておきます。3分程度待つと3つのランプがすべて点灯し正常な状態になれば再起動は終了です。

もし、3つのランプが青色や緑色で点灯しておらず、黄色や赤で点灯・点滅しているなどの場合はhome5Gが繋がらない原因を以下のランプ状況で判断してみましょう。

5G/4Gランプの状況を確認

まずは、home5G端末本体の左側にある「5G/4Gランプ」の状況を確認してみましょう。

5G/4Gランプは通信状況を示すランプです。

5G/4Gランプ端末の状態
青色で点灯・点滅正常
※5G回線に接続中
緑色で点灯・点滅正常
※4G回線に接続中
赤色で点灯最大通信量(目安値)を超過
赤色で点滅(速)システムエラー
赤色で点滅(中)nanoUIMカード認識エラー
消灯
  • 電源OFF
  • 圏外
  • APN設定エラー
  • ソフトウェアの更新ファイル
    ダウンロード完了
  • ソフトウェアの更新中
  • 位置情報の測位エラー

5G/4Gランプが青もしくは緑で点灯している場合は正常です。また、青もしくは緑が点灯している場合も通信中(インターネット接続中)を意味するので正常です。

但し、赤色で点灯・点滅している場合は何らかのエラーが発生していることが原因で繋がらない状況となっています。

赤色で中速点滅している場合は「ドコモnanoUIMカード認識エラー」で、端末本体の底面に挿したnanoUIMカード(SIMカード)を一旦抜いてから”カチャ”と音がする前しっかり差し込んでください。

5G/4Gランプが消灯している場合は「電源が入っていない」「電波が届いていない圏外状態」など様々な意味がありますが「ソフトウェアの更新ファイルダウンロード完了」した場合でも消灯します。

端末本体の電源は入っているのにも関わらず、5G/4Gランプが消灯している「再起動」すると解決する場合が多いです。

ワンポイントアドバイス
端末本体を「再起動」しても5G/4Gランプが変わらず赤色で点灯・点滅してhome5Gの繋がらない状況が改善されない場合には以下のドコモインフォメーションセンターへお問い合わせください。

ドコモ携帯電話から:151
一般電話などから:0120-800-000
受付時間:9時~20時まで

電波ランプの状況を確認

home5G端末本体の真ん中のランプは「電波ランプ」で、受信している電波の強度を示すランプです。

電波ランプ端末の状態
青色で点灯正常
電波強度(強)
黄色で点灯電波強度(中)
赤色で点灯電波強度(弱)
赤色で点滅(速)システムエラー
赤色で点滅(中)圏外
消灯
  • 電源OFF
  • ネットワーク検索中
  • nanoUIMカード認識エラー
  • APN設定エラー
  • 位置情報の測位エラー

電波ランプが青色で点灯している場合は受信している電波強度が強く問題ありません。

しかし、黄色で点灯している場合や赤色で点灯・点滅している場合には、受信している電波の強度が弱い又は圏外などのエラーが発生しているため繋がらない状態になっている可能性があります。

電波の受信強度を確認する

電波ランプが黄色や赤色の場合はhome5Gの端末本体を電波が受信しやすい窓際などに移動して、「電波ランプが青に変わるか」「繋がらない状況が改善したか」を確認してください。
ワンポイントアドバイス
電波ランプが黄色や赤色で端末本体を受信しやすい窓際に移動してもランプに変化がない場合にはシステムエラーなどの問題が発生している可能性がありますので、以下のドコモインフォメーションセンターへお問い合わせください。

ドコモ携帯電話から:151
一般電話などから:0120-800-000
受付時間:9時~20時まで

STATUSランプの状況を確認

home5Gの右側にある「STATUSランプ」は端末の状態を表しているランプです。

STATUSランプの意味は以下の表にまとめています。

電波ランプ端末の状態
青色で点灯
  • 起動処理中
  • 正常に起動中
黄色で点灯
  • 最大通信量(目安値)を超過
  • ソフトウェアの更新ファイル
    ダウンロード完了
赤色で点灯位置情報の測位エラー
青色で点滅(中)WPS機能ON
黄色で点滅(中)ソフトウェアの更新中
赤色で点滅(速)システムエラー
赤色で点滅(中)WPS接続エラー
赤色で点滅(遅)APN設定エラー
消灯
  • 電源OFF
  • ネットワーク検索中
  • 圏外
  • nanoUIMカード認識エラー

STATUSランプが青色で点灯している場合は正常な状態です。

しかし、STATUSランプが黄色や赤いで点灯・点滅している場合はエラーが発生していますので、端末本体の「REBOOT」ボタンを押して再起動してみてください。

STATUSランプが黄色で点灯し、尚且つ5G/4Gランプが消灯している場合は「ソフトウェアの更新ファイルダウンロード完了」している状態なので「再起動」することで正常に戻ります。
ワンポイントアドバイス
home5Gの端末本体を再起動してもSTATUSランプが青色に変わらず、黄色や赤色で点滅している場合には以下のドコモインフォメーションセンターへお問い合わせください。

ドコモ携帯電話から:151
一般電話などから:0120-800-000
受付時間:9時~20時まで

home5Gが繋がらない時に確認しておきたい3つの項目

ドコモhome5Gが繋がらない場合には端末本体のランプを確認する以外にも、最低限確認しておきたい3つの項目があります。

繋がらない場合に確認しておくべき3つの項目は以下です。

最低限確認すべき項目
  1. 通信障害(メンテナンス)情報を確認する
  2. 電波の受信感度を確認する
  3. 未払いになっていないかを確認する

以下で詳しく解説します。

通信障害(メンテナンス)情報を確認する

ドコモ側の問題で通信障害が発生したり、メンテナンス中の場合にはhome5Gが繋がらない状況になる場合があります。

確認項目①
NTTドコモの公式サイトで通信障害が発生していないか、メンテナンス中ではないかを確認する!

年に何度か大規模な通信障害が発生する場合がありますし、通信設備等のメンテナンスを定期的に実施していますが、「通信障害発生中」「メンテナンス中」の場合はhome5Gが繋がりにくい、もしくはまったく繋がらない状況になる場合があります。

その為、home5Gが繋がらない場合にはNTTドコモ公式サイトの重要なお知らせ(通信障害等)」ページで障害が発生していないか工事のお知らせ」ページでメンテナンス中でないかをそれぞれ確認してみてください。

ワンポイントアドバイス
home5Gが突然繋がらない状況になった場合は「通信障害」や「メンテナンス」の情報をNTTドコモの公式サイトで確認し、もし通信障害中だった場合は復旧するまで、メンテナンス中だった場合は作業が終了するまで待つしか改善する方法がありません…。

電波の受信感度を確認する

home5Gはドコモの5G又は4Gの電波を受信することでインターネットに接続できるサービスのため、電波の受信感度が強いと問題ないのですが受信感度が弱いと速度が遅かったり、繋がらないなどの問題が発生します。

確認項目②
home5G端末の電波ランプで受信感度を確認する!

home5Gの端末が電波を受信している感度状況は「電波ランプ」で確認できます。

端末本体の3つあるランプの真ん中が電波ランプです。

home5Gの電波ランプが青色で点灯している場合は電波の受信が強く問題ない状況ですが、もし電波ランプが緑色や赤色で点灯している場合受信感度が弱いために繋がらない状況になっていると判断できます。

電波ランプが「緑」又は「赤」で点灯している場合は電波の受信しやすい窓際に移動してみましょう!

電波の特性上、壁や窓などの障害物があると反射して受信感度が弱くなりますので、home5Gの受信感度が弱い場合には電波を受信しやすい窓際に端末を移動させてみましょう!

ワンポイントアドバイス
home5Gの端末を窓際に移動したにも関わらず電波ランプが青色に変わらない場合は、元々電波を受信しづらい建物の構造、もしくは受信しづらい地域の可能性があります。

未払いになっていないかを確認する

home5Gの支払い方法はクレジットカードか口座振替の2通りですが、何らかの原因で毎月の月額料金が引き落とせずに「未払い(滞納)」の状態になってしまっている方も意外と多くいらっしゃいます。

確認項目③
home5Gの支払いが未払いになっていないか確認する!
「クレジットカードの支払いが滞っていた」「銀行口座の残高が不足していた」などの場合はhome5Gの支払いが出来ていない「滞納している状態」となっており、滞納している場合にはhome5Gの利用を停止されます。

お支払期限経過後、20日目から30日目頃に携帯電話等のご利用を停止させていただきます。
出典:NTTファイナンス
home5Gの支払い期限が過ぎた20日目ごろには利用が停止されて繋がらない状態となります。

home5Gが繋がらない原因がまったく解らない場合に未払い(滞納)状態かも確認してみましょう!
ワンポイントアドバイス
home5Gの支払い状況はMy docomoにログインするか、以下に記載のドコモインフォメーションセンターへ電話番号に連絡することで確認することができます。

ドコモ携帯電話から:151
一般電話などから:0120-800-000
受付時間:9時~20時まで

home5Gが繋がらない場合に試したい10つの原因と対処法

ドコモhome5Gが繋がらない場合にはランプの状況を確認したり、端末本体を再起動すると改善する可能性がありますが、それでも繋がらない状況が続く場合には他に原因が考えられます。

そこで以下ではhome5Gが繋がらない主な原因と対処法を10つご紹介します。

主な繋がらない原因と対処法
  1. home5G端末の置き場所を変更してみる
  2. 電子レンジやBluetoothの利用を停止してみる
  3. 契約住所以外で使用した場合はドコモへ連絡する
  4. Wi-Fi接続するSSIDとパスワードが正しいか確認する
  5. Wi-Fiの周波数帯を変更して繋ぎ直してみる
  6. nanoUIMカードを抜いて挿し直してみる
  7. ソフトウェアの更新ファイルを自動更新時間を変更する
  8. 引っ越し先が提供エリア外かを確認する
  9. 雨などの天候よっては繋がりにくくなる
  10. 端末の初期不良もしくは故障の可能性がある

上記のそれぞれの原因と対処法は以下で詳しく解説します。

home5G端末の置き場所を変更してみる

ドコモhome5Gは端末が電波を受信することでインターネットに接続できるサービスですので、端末が電波を受信しやすい場所に設置することは基本中の基本です。

しかし、home5Gの端末が電波を受信しにくい場所電波を遮断する可能性がある場所に設置すると、インターネットの速度が遅くなったり繋がらない状況になってしまいます。

home5Gの端末を設置しない方がよい場所は以下のような所です。

好ましくない置き場所
  • 窓がない密閉した部屋や空間
  • 電波を干渉してしまう家電の近く
  • 電波を吸収してしまう水槽などの水回り

窓がないような密封された場所は壁などの障害物で電波をうまく受信できません。また、電波の邪魔をする電磁波は微量であっても通信に影響を与えます。さらには水槽や花瓶などの近くに設置すると水が電波を吸収しやすいので通信に影響します。

上記のような場所にhome5Gの端末を設置している方は置き場所を変更しましょう!

home5Gを契約して利用している方のTwitterを確認してみると「窓際」に置き場所を変更したら速度が速くなったというツイートも多数ありました!

やはり、home5Gの端末の置き場所としては電波が受信しやすい「窓際」がおすすめです。

home5Gが繋がりにくい、又は繋がらない場合には端末自体を窓際など電波の受信しやすい場所へ変更してみると改善する可能性があります。

電子レンジやBluetoothの利用を停止してみる

基本的にhome5Gの端末から発信するWi-Fiと接続して利用される方が多いと思います。

実はWi-Fiという電波は他の電波と干渉しやすく弱い性質があり、特に電子レンジやBluetoothを利用する際に利用される周波数とWi-Fiで利用する周波数はほぼ一緒です。

その為、電子レンジやBluetoothを使用すると発生する周波数がWi-Fiと干渉して「速度が遅くなる現象」や「繋がらない現象」が発生することが多々あります。

電子レンジ等使用中か確認!
home5Gが急に繋がらなくなった場合、「電子レンジ」又は「Bluetooth機器」を使用中かを確認してみましょう!


対策としては、home5Gの端末を電子レンジやBluetooth機器の近くに置かないことです。

電子レンジやBluetoothを使用するとWi-Fiと干渉して最悪の場合は繋がらない現象が発生してしまいますので、電子レンジやBluetooth機器の近くにhome5Gの端末を設置してはいけません!
監修者長井
私の体験談ですが、今まで繋がっていたWi-Fiが急に繋がらない現象となり様々な原因を探っていたのですが、結果的にはキッチンで電子レンジを使って調理中でした。電子レンジの使用を止めると繋がるようになりました。

契約住所以外で使用した場合はドコモへ連絡する

home5Gは「固定」の通信サービスなので契約住所以外に移動して利用することは禁止されています。

NTTドコモ公式サイトには以下のような説明があります。

当社にご登録いただいた設置場所(home 5G)以外でのご利用は出来ません。なお、当社にご登録いただいた設置場所以外にhome 5G専用ルーターが設置されていることを当社が確認した場合、(中略)「home 5G」のご利用を停止します。
引用:ご注意事項

home5G契約時には使用する住所(設置場所)を登録しますが、登録した住所以外でhome5Gを持ち運んで使用するとhome5Gは利用停止されるため繋がらない状態となります。

特に陥りやすいミスが「引っ越し」です。
引っ越しした場合は、登録していたhome5Gを利用する住所から引越先住所へ変更する必要がありますが、住所変更手続きを忘れて引っ越し先でhome5Gを利用すると利用停止の処置が行われて繋がらない現象が発生します。

引っ越しの際の手続き方法

ワンポイントアドバイス
もし、誤ってhome5Gを登録住所以外で利用したことが原因で繋がらない現象が発生した場合にはドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)へ連絡して利用停止処置を解除してもらいましょう!

Wi-Fi接続するSSIDとパスワードが正しいか確認する

home5GのWi-Fiを使用してインターネットに接続する場合、端末本体の底面に記載されているSSIDやパスワードの文字列を間違ってしまうとWi-Fiが正しく接続できず繋がりません…。

SSID/パスワードを確認!
home5GのWi-Fiが繋がらない場合にはSSIDとパスワードが正しいかを確認してみる!

まずはhome5G端末本体の底面をご確認ください。

home5G端末本体の底面にはWi-Fi接続に必要な「SSID」と「パスワード」が記載されています。

Wi-Fiが繋がらない場合には、Wi-Fi接続する端末(パソコンやスマホなど)がhome5G端末本体に記載のSSIDを選択しているか入力するパスワードに間違いがないかを確認してください!

Wi-Fiの周波数帯を変更して繋ぎ直してみる

home5Gの端末は「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2種類の周波数帯のWi-Fiが利用できます。

2つの周波数帯(Wi-Fi)の主な特性は以下です。

Wi-Fiの種類
(周波数帯)
主な特性
2.4GHz帯5GHz帯より速度が遅い。
但し、壁などの障害物に強い!
5GHz帯2.4GHz帯より速度が速い!
但し、壁などの障害物に弱い…

「5GHz帯」のWi-Fiは速度が速いですが壁などの障害物に弱い特性があります。

逆に「2.4GHz帯」は障害物に強いので遠くまで届きやすいWi-Fiです!

その為、「5GHz帯」の場合はhome5Gの端末を設置している部屋から別の部屋へ移動すると「速度が遅くなる現象」や「繋がらない現象」が発生する可能性があります…。

5GHz帯のWi-Fiから「2.4GHz帯」のWi-Fiへ変更すると繋がらない問題が解消する可能性があります!

もし、home5Gを設置する部屋以外で速度が遅かったり繋がらなかったりした場合は「5GHz帯」のWi-Fiで接続している可能性があるため、障害物に強い「2.4GHz帯」に変更して接続し直してみてください!

nanoUIMカードを抜いて挿し直してみる

home5G端末の底面に契約時に受け取った「nanoUIMカード(SIMカード)」を差し込む必要がありますが、正しく差し込まれていないと情報が認識されずに繋がらない現象が発生します。

home5Gの端末に差し込んだnanoUIMカードの情報が認識されずにエラーで繋がらない状況となっている場合は、「5G/4Gランプ」が赤色で中速点滅しています。(その他のランプは消灯。)

nanoUIMカード認識エラーが発生している場合は以下の項目を確認してください!

認識エラー時の確認項目

  • nanoUIMカードを一度抜いてから再度差し込んでみる
  • nanoUIMカードが正しく差し込まれているか確認する

まずは、home5Gに差し込んだnanoUIMカード一旦抜いてから差し込んでみましょう。

挿し込んでいるnanoUIMカードは爪で軽く押すだけで簡単に抜く事ができます。

挿し込んでいたnanoUIMカードの方向に間違いがないかを確認してから再度home5Gの端末に挿し込んで、3分ほど待ってからランプが正常の緑色に変わるかを確認してください。

ワンポイントアドバイス
初期設定等が正しく行われおらずエラーが発生している場合もありますので、詳しくは以下のhome5Gの初期設定の方法を解説する記事も合わせてご確認ください。

ソフトウェアの更新ファイルを自動更新時間を変更する

home5Gの端末は定期的に最新ソフトウェアに更新します。

初期状態ではソフトウェア更新は「手動」に設定されていますが任意で「自動」で更新するように設定も可能です。

しかし、ソフトウェアの更新を「自動」に設定している場合は最新ソフトウェアをダウンロード後に指定した時間帯に再起動され、その間(3分程度)は繋がらない状態となってしまいます。

自動更新する時間帯を変更
もし、ソフトウェアの更新を「自動」に設定している方は詳細設定画面で「自動更新される時間帯」を変更する。

最新のソフトウェアを自動更新する時間帯の変更は、パソコンやスマホなどでhome5GのWi-Fiを接続した状態で詳細設定画面へログインしてください。

home5Gの詳細設定画面は端末底面に記載のQRコードもしくはURLからアクセス可能です。

初めて詳細設定画面へログインする方は「初回ログインパスワード」に記載の数字を入力してからログインしてください。また、初回ログイン後は新しいパスワードへ変更する必要があります。

新しいパスワードへ変更する場合はアルファベットの「大文字」と「小文字」、そして「数字」と「記号(-、_、=、など)」を含める必要があります。

詳細設定画面にログインしたら、
メニューで「設定」⇒「端末設定」⇒「ソフトウェア更新」と進みます。

ソフトウェア更新画面に進んだら、自動更新が無効になっていれば「有効」へ変更します。

そして、最新のソフトウェアへ自動更新してほしい時間帯を設定し「適用」ボタンを押します。

設定する時間帯はhome5Gを絶対に利用しない夜中などの時間帯を設定しましょう!

ソフトウェア更新情報(公式サイト)

引っ越し先が提供エリア外かを確認する

home5Gを契約していた住所から引っ越しした場合、稀に繋がらない現象が発生する可能性があります。

引っ越し先がエリア外だった場合
万が一、引っ越し先が提供エリア外で繋がらない場合や受信しづらい地域や建物で速度が遅く満足いく利用が出来なかった場合はhome5Gを解約して他のインターネット回線へ乗り換えましょう。

もし、引っ越し先がドコモの電波が受信できない提供エリア外だった場合電波を受信しづらい地域だった場合、引っ越し前は快適に利用できていたhome5Gでも引っ越し先では速度が低下したり繋がらないなどの現象が発生します。

その場合は、home5Gを解約して他のネット回線へ契約を乗り換えるしか方法がありません。

他のおすすめネット回線はこちら

home5Gを契約している住所から引っ越しする前は必ず引っ越し先住所が提供エリアかを事前に確認しておくこともポイントとなります。

雨などの天候よっては繋がりにくくなる

home5Gは端末が電波を受信することでインターネットに接続できます。

しかし、電波は雨や台風などの天候によって繋がりにくくなる場合があります。

「電波」は雨に吸収されやすい性質があります。
この性質のことを「降雨減衰(こううげんすい)」と呼びます。)

その為、激しい雨の日や嵐の日などはhome5Gで利用する電波が雨の影響で吸収されて、受信しづらく速度が遅くなる場合や最悪の場合は繋がらないなどの状況になる可能性があります。

雨の日は必ず起きる現象ではなく、稀に起きる可能性がある現象です…。
ワンポイントアドバイス
もし、激しい雨が降っている時にhome5Gが「繋がらない」「繋がりにくい」状況となった場合は雨が影響している可能性も考えられます。その場合は雨が収まるまで待つしか方法がありません…。

端末の初期不良もしくは故障の可能性がある

home5Gが繋がらない原因がまったく解らない場合には端末の「初期不良」が原因か、もしくは何らかの原因で「故障」している可能性も出てきます。

home5Gの故障や修理が必要と考えられる場合は以下の電話番号へ連絡してください。

故障・修理の連絡先
  • 電話番号
    ドコモの携帯から:113
    一般電話などから:0120-800-000
  • 受付時間:24時間(年中無休)

home5Gの端末故障の場合は代品交換での修理受付となります。

その場合は必ず上記の電話番号へ連絡して故障であるかを確認してもらう必要があります。

home5G契約直後に繋がらない場合の対処方法

ドコモhome5Gは電波を受信してインターネットに接続できるサービスですが、契約直後に利用してみると「圏外で電波が受信できず繋がらない場合」や「受信しづらく速度が遅い場合」などが稀に発生します。

home5G契約直後に繋がらない場合は「8日以内キャンセル」を申告すること可能です。

8日以内キャンセルの条件
  • home5G契約日から8日以内であること
  • 住所の電波状況が不十分であること

8日以内キャンセルを申告可能な基本的な条件は、「home5Gを契約した日(契約日)から8日以内であること」と「契約住所で電波状況が不十分で繋がらないこと」です。

契約日から9日以上経過している場合は通常通りの解約となります。

契約から8日以内にどうしても繋がらない場合

home5Gを契約して実際に使ってみるとまったく繋がらない…、そんな状況は最悪ですよね。

しかし、どんな対策をしてもhome5Gが繋がらない場合は契約日から8日以内なら無償キャンセル可能です。

home5Gが繋がらない場合に8日以内なら無償キャンセルが適用可能な制度のことをドコモでは「8日以内キャンセル」と呼んでいます。

home5Gの契約プラン「home 5G プラン」には契約期間がないため、いつ通常解約したとしても契約解除料(解約金)は一切発生しません。

ただし、通常解約するとhome5Gの端末を「分割購入(個品割賦購入)」している方は解約後にも端末代を完済するまで分割の支払いを続けなければなりません。

しかし、8日以内キャンセルでhome5Gの契約を解除すると「分割購入」していたとしても端末代の残債(残金)の支払い義務もなくなり負担なくキャンセルすることが可能です。

詳しくは以下の関連記事にてご確認ください。

契約日から9日以上経過している場合は通常解約

home5Gが繋がらない場合、契約日から8日以内であれば「8日以内キャンセル」を申告することで負担なく契約を解除(キャンセル)することが出来ます。

しかし、契約日から9日以上経過している場合通常通りの解約となります。

注意して欲しい方は「home5Gの端末を分割購入」している方です。

home5G契約時に端末を一括購入している方は問題ありません。

home5Gの端末を36回の分割購入する契約の場合は月々1,100円の分割支払額となりますが、契約日から9日以上契約している解約の場合は解約後も36ヶ月間は完済するまで月々1,100円の支払い義務が生じます。

詳しくは以下の関連記事にてご確認ください。

home5Gが繋がらないならドコモ光を検討しよう

home5Gが提供エリア外で繋がらない地域だった場合や速度に満足できず解約した方には、光回線でインターネットに接続するNTTドコモのサービス「ドコモ光」をおすすめします!

home5Gは「電波」を利用するため地域によっては受信感度が悪い場合がありますが、ドコモ光は「光回線」と呼ばれる有線で接続するためhome5Gよりも安定した利用が可能です!

ドコモ光の概要を解説

home5Gが繋がらない方におすすめのドコモ光がどのようなサービスか解るよう表にまとめました。

※以下、記載の金額はすべて「税込」です。

サービス名ドコモ光
通信回線光回線
開通工事必要
月額料金
  • 戸建住宅
    5,720円
  • 集合住宅
    4,400円

2年定期契約の場合

初期費用
(導入費)
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 開通工事費
    新規工事料無料!
解約時の
契約解除料
  • 戸建タイプ
    14,300円
  • マンションタイプ
    8,800円

2年定期契約の場合
更新期間の解約は不要

最大通信速度下り最大1Gbps
平均実測
  • 下り平均実測
    267.66Mbps
  • 上り平均実測
    207.21Mbps
セット割ドコモ光セット割

  • ドコモスマホ代が
    毎月最大1,100円割引
  • 家族のドコモスマホ代も
    最大20回線まで割引可

※実測出典:みんそく(2021年12月1日現在)

home5Gが繋がらない物件で、尚且つドコモ光の工事が可能な物件だった場合は、速度が安定している「光回線」を利用したインターネット接続サービス「ドコモ光」をおすすめします。

ドコモ光はhome5Gと違って契約後には開通工事が必要ですが、home5Gの実際の速度(実測)と比較するとドコモ光は速度が高速で満足いく利用ができることでしょう!

以下の関連記事はhome5Gとドコモ光を徹底比較していますので参考になります!

ドコモ光新規契約でdポイントが20,000pt受け取れる

ドコモ光はドコモショップや一部の家電量販店の店舗でも申し込みが可能です。

しかし、ドコモ公式サイトの特設ページで申し込みして無事に契約が成立するとdポイントが20,000pt(20,000円分)がプレゼントされるのでお得に契約できます!

また、新規契約時に実施する開通工事の工事費(最大19,800円)も無料です!

home5Gからドコモ光へ乗り換える方はドコモ公式サイトの特設ページから申し込みましょう。

\2万ポイント還元中/
ドコモ光の申込・相談はこちら
ドコモ光公式サイトの特設ページ

まとめ

この記事ではドコモhome5Gが繋がらない方に向けて様々な原因や改善策を解説しました。

home5Gを契約したばかりで初期設定を行っていない場合は必ず「初期設定」を行ってください。

しかし、home5Gが今まで繋がっていたにも関わらず急に繋がらない状況になってしまった場合は、真っ先に端末のランプの状況を確認したり、端末を再起動してください。また、通信障害が発生していないか、メンテナンス中でないか、未払いになっていないかも合わせて確認します。

それでも繋がらない状況が改善しない場合には様々な要因が考えられますので、この記事で解説した「試したい10つの原因と対処法」も合わせてお試しください。

どうしても自分で解決できないと思ったらドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)に電話をしてオペレーターの指示に従って対策してみましょう。

home5Gが繋がらないのですが…
home5Gが突然繋がらない状況になった場合は端末のランプ状況を確認し、端末のREBOOTボタンを1秒以上押してから再起動するなどを行ってください。
繋がらない時に確認することは?
home5Gが繋がらない場合は「公式サイトで通信障害が発生していないか」「端末の電波ランプの状況はどうか」「未払いになっていないか」の3点を最低限確認してください。
電波状況が悪いのですが…
電波状況が悪くhome5Gが繋がりにくい場合には端末を電波を受信しやすい「窓際」に移動してみてください。
契約後にどうしても繋がりません。
home5Gを契約したばかりで利用してみると電波が受信しづらく速度が遅い場合や圏外でまったく繋がらない場合には契約日から8日以内なら負担なく契約を解除可能です。

ABOUT US

長井
トクハヤネットの監修者・執筆者。インターネット販売代理店で10年以上勤務経験あり。各社光回線やプロバイダ、Pocekt WiFiなどの回線の元販売員として活動。