商標登録取得のお知らせ

【伝授】home5Gとドコモ光を徹底比較!違いを把握してどちらと契約するか判断しよう!

home5Gとドコモ光の違いについてお調べですね。

home5Gとドコモ光はNTTドコモが提供するインターネット接続サービスであることは共通していますが、月額料金やサービス内容、インターネット接続に利用する回線など様々な違いがありますので、どちらと契約すべきかお悩みの方はある程度の違いを理解しておく必要があります。

まずはhome5Gとドコモ光の主な違いを比較した表をご紹介します。

※この記事で表記する金額はすべて「税込」です。

home5Gドコモ光
開通工事不要必要
通信回線電波
(5G・4GLTE)
光回線
最大速度4.2Gbps
(受信速度)
1Gbps
主な
初期費用
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 端末購入費
    一括購入の場合:
    39,600円
    分割購入の場合:
    月々1,100円(36回)
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 開通工事費
    新規契約は無料
月額料金月額4,950円
  • 戸建住宅
    月額5,720円(※1)
  • 集合住宅
    月額4,400円(※1)
契約期間なし2年定期契約
(自動更新)
解約金なし
  • 戸建住宅
    14,300円(※2)
  • 集合住宅
    8,800円(※2)
セット割home5Gセット割ドコモ光セット割

※1:2年定期契約で「1ギガ タイプA」を契約した場合。
※2:契約満了月の当月・翌月・翌々月で解約した場合は不要。

home5Gとドコモ光の最大の違いは新規契約後の開通工事の有無です。

home5Gの場合は開通工事が不要ですが、ドコモ光の場合は開通工事が必要です。

また、インターネットに接続する為に利用される回線にも大きな違いがあります。

home5Gの場合は携帯電話やスマホ同様に「電波(5G/4G LTE)」を利用してインターネットに接続します。

一方、ドコモ光の場合は「光回線」を利用してインターネットに接続します。

その他にもhome5Gとドコモ光には様々な違いがあります。

そこでこの記事ではhome5Gとドコモ光の契約時に発生する初期費用や毎月の支払いとなる月額料金、契約期間(縛り)、解約時の解約金、毎月のスマホ代が割引されるセット割など様々な違いを比較しながら解説します。

この記事の監修・執筆:長井
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807

home5Gとドコモ光の通信回線と開通工事の違い

記事冒頭でも解説しましたが、home5Gとドコモ光の最大の違いは通信回線開通工事の有無です。

home5Gドコモ光
開通工事不要必要
通信回線電波
(5G・4GLTE)
光回線

「電波(5G・4G LTE)」を受信してインターネットに接続するhome5Gは契約後の工事は不要です。

一方、「光回線」を利用するドコモ光は新規契約後には光回線を宅内へ引き込む開通工事が必要です。

以下、home5Gとドコモ光に分けて解説します。

home5Gは工事不要

多くの方が契約している「携帯電話」や「スマホ」は契約後に工事をしません。
携帯電話やスマホが工事不要となる理由は【電波】を利用して通話やインターネットが利用できるからです。

home5Gも携帯電話やスマホと同じ仕組みです。

home5Gを契約後に専用端末を設置します。

設置した専用端末をコンセントに挿すとNTTドコモの携帯電話やスマホで利用している「5G」もしくは「4G LTE」の電波を受信してインターネットに接続できるようになるサービスです。

home5Gは電波を利用してインターネットに接続するサービスなので契約後の工事は不要です。

ワンポイントアドバイス
home5Gは「3G」の電波は利用できません。
あくまでもNTTドコモの「5G」又は「4G LTE」の電波を利用するサービスです。

ドコモ光は新規契約後に工事が必要

上記で解説したように、home5Gは【電波】を利用してインターネットに接続します。

一方、ドコモ光は【光回線】を利用してインターネットに接続するサービスです。

ドコモ光を新規契約した後には【光回線】を宅内へ引き込む開通工事が実施されます。

ドコモ光の開通工事の工事費は契約者が負担します。

建物ドコモ光工事費
戸建住宅19,800円
現在工事費無料!
集合住宅16,500円
現在工事費無料!
工事料無料特典
2021年10月現在、ドコモ光を新規契約した場合「ドコモ光新規工事料無料特典」が適用されて工事費は無料です。

しかし、ドコモ光の契約内容によっては工事不要となる場合があります。

契約形態契約後の
工事有無
新規契約必要
転用不要
事業者変更不要

現在、フレッツ光を契約中の方は「転用」という手続きでドコモ光へ契約を乗り換えた場合は工事不要です。また、他社光コラボを契約中の方も「事業者変更」という手続きでドコモ光へ乗り換えれば工事不要です。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光はNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線を借りて提供している「光コラボ」と呼ばれるインターネット接続サービスです。

その為、同じフレッツ光の【光回線】を利用している「フレッツ光」や「他社光コラボ(※)」を契約中の方は「転用」や「事業者変更」という手続きでドコモ光へ乗り換えれば利用中の光回線を再利用できるので工事不要です。

ドコモ光以外の大手の光コラボ:
ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、ソネット光、ニフティ光、楽天ひかり、ぷらら光、エキサイト光、GMO光アクセス、など

home5Gとドコモ光の回線速度(実測)とPing値を比較

インターネットを利用する上で重要になるのが「速度」です。

速度が遅いとホームページの表示が遅くなるほか、動画も途中でフリーズしてしまうなどストレスの原因となります。

home5Gとドコモ光は最大通信速度(受信速度)に違いがあります。

サービス名最大通信速度
(最大受信速度)
home5G最大1Gbps
(最大1000Mbps)
ドコモ光
  • 有線LAN通信時
    受信最大1000Mbps
  • Wi-Fi通信時
    受信最大1201Mbps

上記の最大通信速度(受信速度)は技術上可能な最大値で実際の回線速度(実測)ではありません。

そこで以下では、home5Gとドコモ光の回線速度の実測とPing値の違いを比較します。

home5Gとドコモ光の実際の速度(実測)比較

2021年10月15日現在のhome5Gとドコモ光の平均の実測は以下です。

サービス名実際の速度
(実測)
home5G
  • ダウンロード速度
    平均:150.79Mbps
  • アップロード速度
    平均:17.71Mbps
ドコモ光
  • ダウンロード速度
    平均:258.04Mbps
  • アップロード速度
    平均:203.86Mbps

出典:みんなのネット回線速度

ダウンロード速度とは、ホームページや動画などのデータをダウンロードする速度のことでインターネットでホームページ閲覧や動画視聴の際の速度です。

アップロード速度とは、写真や動画をインターネット上にアップロードする際の速度です。
(メール送信やSNSへの写真投稿など)

ダウンロード速度はhome5Gの場合は平均145.99Mbpsドコモ光の場合は平均253.59Mbpsで、home5Gよりもドコモ光の方が平均速度が速いことが解ります。

また、アップロード速度はhome5Gの場合は平均17.27Mbpsしかありません。
youtubeへ動画をアップロードする際、またSNSへ写真を投稿する際などはhome5Gよりもドコモ光の方が速いことも解ります。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光は有線(光回線)でインターネットに接続するため、電波でインターネットに接続するhome5Gよりも速度が速く安定しているメリットがあります。

インターネットの速度を重視している方、そして工事が可能な方はhome5Gよりもドコモ光の方がおすすめです。ただし、home5Gは工事不要という最大のメリットも捨てきれません。

home5Gとドコモ光のPing値を比較

ここ数年はインターネットの速度と同じように「Ping値」も重要な指標となっています。

Ping値とは
Ping値を簡単に説明すると、インターネット通信にかかる時間を表す数値「応答速度」のことです。
「インターネットの体感速度を数値化したもの」と思っていただいて構いません。
例えば、Googleの検索窓に検索ワードを入力して「検索ボタン」を押してから検索結果が表示されるまでの「応答速度(応答時間)」がPing値だと思っていただければ解りやすいかもしれません。

2021年10月15日現在のhome5Gとドコモ光の平均Ping値は以下です。

サービス名平均Ping値
home5G54.68ms
ドコモ光20.42ms

出典:みんなのネット回線速度

Ping値は、値が低いほどインターネットを快適に利用できると思ってください。
Ping値の単位はミリ秒(ms)。

home5Gの平均Ping値は54.68msドコモ光の平均Ping値は20.42msです。

home5Gよりドコモ光のPing値が低いので、インターネットを快適に利用できるのはhome5Gよりもドコモ光だと判断できます。

ちなみに、Ping値の目安は以下です。

Ping値応答速度
15ms以下かなり速い
16ms~35ms速い
36ms~50ms普通
51ms~100ms遅い
100ms以上かなり遅い
ワンポイントアドバイス
Ping値(応答速度)はhome5Gよりもドコモ光の方が低いため、ドコモ光の方が快適にインターネットを利用できますが、一般的なインターネットの利用であればhome5Gでも問題ありません。

ただし、ネットゲーム(オンラインゲーム)で対戦する場合などタイムラグが少なく応答速度が重要になる場合にはhome5Gよりもドコモ光の方がおすすめとなります。

home5Gとドコモ光の契約時の初期費用を比較

home5Gとドコモ光はどちらも契約時に初期費用の支払いが発生します。

主な初期費用は以下です。

home5Gドコモ光
契約事務手数料3,300円3,300円
工事費なし
  • 戸建住宅
    19,800円
    現在工事費無料!
  • 集合住宅
    16,500円
    現在工事費無料!
端末購入費39,600円
月々サポート
適用で実質無料!
なし

以下、home5Gとドコモ光に分けて初期費用を解説します。

home5Gの初期費用について

home5Gを契約時に発生する主な初期費用は以下です。

契約事務手数料3,300円
端末購入費
  • 一括払いの場合
    39,600円
  • 12回分割の場合
    月々3,300円
  • 24回分割の場合
    月々1,650円
  • 36回分割の場合
    月々1,100円

home5Gを契約すると契約事務手数料として3,300円が請求されます。

契約事務手数料は初回請求時に1度だけ請求される初期費用です。

home5Gの場合は工事不要なので工事費の支払いは発生しないものの、専用端末の購入費として一括払いの場合は39,600円の支払いが必要です。分割払いも可能)

home5G専用端末
「home 5G HR01」

上記の画像はhome5Gの専用端末である「home 5G HR01」です。

この端末がインターネットに接続するためにNTTドコモの電波(5G・4G LTE)を受信します。

このhome5G専用端末はレンタルされず、契約時に購入する必要があります。

home5G専用端末は一括購入で39,600円ですが高額となるため分割購入(12回・24回・36回)も可能です。

ただし、home5Gは「月々サポート」という割引が適用されて端末代が実質無料となります。

ワンポイントアドバイス
home5G専用端末を36回分割購入すると月々1,100円がhome5Gの月額料金に加算されて請求されます。しかし、月々サポート(36ヶ月間月々1,100円)が月額料金から割引されるため専用端末代は実質無料で利用できる計算となります。

home5Gの月額料金詳細はこちら

ドコモ光の初期費用について

ドコモ光を契約時に発生する主な初期費用は以下です。

契約事務手数料3,300円
工事費
  • 戸建住宅
    19,800円
    現在工事費無料!
  • 集合住宅
    16,500円
    現在工事費無料!

ドコモ光はhome5G同様に契約時に契約事務手数料として3,300円の支払いが必要です。

また、ドコモ光を新規契約した場合は開通工事が実施され、工事費の支払いは契約者が負担します。

本来、ドコモ光の工事費は戸建住宅の場合19,800円、集合住宅の場合は16,500円ですが2021年10月現在「ドコモ光新規工事料無料特典」が適用されて工事費は無料です。

その為、ドコモ光のインターネット契約時の初期費用は契約事務手数料(3,300円)のみとなります。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光の工事費無料の範囲は一般的な工事に対するもので特殊な工事が必要な場合はその分の工事費が請求されます。また、土日祝で工事を実施する場合は3,300円の追加工事費が発生します。

ドコモ光のオプション(光電話や光テレビなど)を契約した場合に実施する工事費は無料特典適用外です。

home5Gとドコモ光の毎月の支払額(月額料金)を比較

home5Gとドコモ光のインターネット利用料として毎月の支払い(月額料金)が必要です。

home5Gとドコモ光の月額料金は以下のように違いがあります。

サービス名月額料金
(毎月支払額)
home5G月額4,950円
ドコモ光
  • 戸建住宅
    月額5,720円(※)
  • 集合住宅
    月額4,400円(※)

home5Gの月額料金は4,950円です。

また、ドコモ光の月額料金は戸建住宅で5,720円、集合住宅で4,400円です。
2年定期契約で「1ギガ タイプA」を契約した場合。

以下ではhome5Gとドコモ光に分けて毎月の支払い額を解説します。

home5Gの月額料金について

home5Gの月額料金(毎月支払額)をまとめたものが以下の表です。

以下はhome5G専用端末を36回分割購入した場合の月額料金です。
月額料金4,950円
月々サポート月々1,100円割引
(36ヶ月間)
端末代
(36回分割の場合)
月々1,100円
(36回払い)
毎月支払額4,950円

home5Gの契約プラン「home 5G プラン」の月額料金は4,950円です。

しかし、「月々サポート」で月々1,100円が36ヶ月間割引されるため月額3,850円となります。

home5Gの専用端末は36回の分割購入の場合、月々1,100円の支払いとなりますので月額3,850円+月々1,100円=毎月支払額は4,950円となります。

home5Gの36回分割購入で月々サポートが適用された場合の毎月支払額のイメージは以下です。

毎月支払額の解説
home5G契約月は月額4,950円です。
※ただし、月途中からの契約の場合は日割り計算されます。

契約月の翌月から36ヶ月間は「月々サポート(1,100円割引)」が適用されて月額料金が3,850円となりますが、端末分割額が36ヶ月間月々1,100円なので結果的に支払額は4,950円となります。

37ヶ月目以降は「月々サポートの割引」と「端末代の分割支払い(36回)」が終了するため、月額4,950円となります。

以上のように端末代を36回分割払いすることで端末代が実質無料となるようにプランが設計されています。

ワンポイントアドバイス
36ヶ月間(月々1,100円割引)適用される「月々サポート」は、端末代を一括購入した場合や分割購入(12回・24回)した場合でも適用される割引制度です。

例えば、端末代(39,600円)を一括購入した場合は、月々サポートが適用される36ヶ月間は月額3,850円でhome5Gを利用できるようになります。

ドコモ光の月額料金について

ドコモ光の契約プランは「1ギガプラン」と「10ギガプラン」があります。

契約プラン最大通信速度
1ギガ1Gbps
10ギガ
(戸建限定)
10Gbps

「ドコモ光 1ギガ」の最大通信速度は1Gbpsです。

また、戸建住宅限定の「ドコモ光 10ギガ」の最大通信速度は1ギガの10倍である10Gbpsです。

「ドコモ光 1ギガ」と「ドコモ光 10ギガ」では月額料金に違いがあります。

ドコモ光 1ギガの月額料金

最大通信速度が1Gpbsの「ドコモ光 1ギガ」の月額料金は以下です。

ドコモ光 1ギガタイプAタイプB
2年定期契約
  • 戸建住宅
    5,720円
  • 集合住宅
    4,400円
  • 戸建住宅
    5,940円
  • 集合住宅
    4,620円
契約期間なし
  • 戸建住宅
    7,370円
  • 集合住宅
    5,500円
  • 戸建住宅
    7,590円
  • 集合住宅
    5,720円

出典:料金プラン

ドコモ光には契約期間が2年間で契約が自動で更新されていく「2年定期契約」と、契約期間が設けられていない「契約期間なし」があり、ドコモ光を「2年定期契約」で契約した方が月額料金が安いです。

また、ドコモ光で利用できるプロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分けられており、「タイプA」のプロバイダを利用した方が月額料金が安いです。

タイプAのプロバイダ
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、ANDLINE、SIS、BIGLOBE、IC-NET、hi-ho、BB.excite、Tigers-net、エディオンネット、シナプス、DTI、楽天ブロードバンド、ネスク、TikiTiki
タイプBのプロバイダ
OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、WAKWAK

ドコモ光 10ギガの月額料金

最大通信速度が10Gpbsの「ドコモ光 10ギガ」は一部のエリアのみで提供されています。

ドコモ光 10ギガ提供エリア
  • 東京都23区・狛江市・調布市・三鷹市の一部
  • 大阪府大阪市
  • 愛知県名古屋市

また、「ドコモ光 10ギガ」は戸建住宅限定のサービスなので、エリア内であっても集合住宅の場合は契約出来ません。

ドコモ光 1ギガタイプAタイプB
2年定期契約6,930円7,150円
契約期間なし8,580円8,800円

出典:ドコモ光 10ギガ

「ドコモ光 10ギガ」は1ギガプラン同様に、「2年定期契約」か「契約期間なし」かで月額料金に違いがあり、尚且つプロバイダが「タイプA」か「タイプB」によっても月額料金に違いがあります。

10ギガ対応プロバイダ【タイプA】
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、ANDLINE、IC-NET、hi-ho
10ギガ対応プロバイダ【タイプB】
BB.excite、エディオンネット、AsahiNet

ワンポイントアドバイス
ドコモ光の月額料金は契約期間が24ヶ月間で契約が自動で更新される「2年定期契約」の方が月額料金が安いため、9割以上の方が「2年定期契約」で契約されています。

home5Gとドコモ光は契約期間(縛り)に違いがある

インターネット契約や携帯電話契約などは2年間や3年間などの「縛り」と呼ばれる契約期間が設けられていることが多いです。

home5Gとドコモ光の契約期間は以下です。

サービス名契約期間
home5Gなし
ドコモ光基本的に
2年契約(自動更新)

home5Gの契約には契約期間がありません。

しかし、基本的にドコモ光の契約期間は「2年間」で契約期間に解約すると解約金の支払いが発生します。

以下、home5Gとドコモ光に分けて契約期間を解説します。

home5Gの契約期間はない!

home5Gの契約プラン「home 5G プラン」には契約期間が設けられていません。

その為、home5Gはいつ解約しても解約金は不要です!

ワンポイントアドバイス
home5Gは契約期間がないので、いつ解約しても解約金は不要ですが、端末代を分割払いしている場合で解約時に端末残債額(分割の残り)がある場合は残債額を支払い続ける、もしくはドコモショップで一括清算する必要があります。

home5Gの解約費用の詳細はこちら

ドコモ光の契約期間は基本的に2年間(自動更新)

ドコモ光は基本的に契約期間が「2年間」の自動更新です。

1ギガプラン
(タイプAの場合)
2年
定期契約
契約期間
なし
戸建住宅5,720円7,370円
集合住宅4,400円5,500円
ドコモ光は「契約期間なし」の契約も可能です。
しかし「2年定期契約」よりも「契約期間なし」の月額料金が非常に高いです…。

ドコモ光の「2年定期契約」のイメージは以下です。

ドコモ光を「2年定期契約」すると契約期間は2年間(24ヶ月間)です。

契約期間が終了すると契約は自動で更新されて再度2年間(24ヶ月間)の契約が始まる仕組みです。

ワンポイントアドバイス
ドコモ光を「2年定期契約」した場合、契約期間内に解約すると解約金の支払いが必要です。

ただし、契約更新期間(3ヶ月間)に解約すると解約金は不要です。

ドコモ光の解約費用の詳細はこちら

home5Gとドコモ光は解約費用(解約金)の違い

home5Gとドコモ光は解約時に発生する解約費用(解約金)に違いがあります。

インターネット契約を解約する際に支払いが発生する可能性がある解約費用は以下です。

サービス名解約費用
home5G分割端末代の残債
ドコモ光解約金

  • 戸建住宅
    14,300円
  • 集合住宅
    8,800円
ドコモ光の解約金はインターネット契約に対するものです。
光テレビなどのオプションを契約している方は別途解約金の支払いが発生する場合があります。

以下ではhome5Gとドコモ光に分けて解約時の解約費用を解説します。

home5Gの解約費用について

上記で解説しましたが、home5Gは契約期間がないためいつ解約しても解約金不要です。

ただし、注意しなければならないのが「端末代残債」です。
「端末代残債」とは、分割回数の残りの額のこと。

home5Gを契約する際に端末代(39,600円)を一括で支払っている方はいつ解約しても解約費用なしで解約可能ですが、分割払いで契約している方は解約時に「端末代残債」がある場合解約後にも分割額を支払い続ける必要があります。

以下のイメージを使って解説します。

home5Gの月額料金は4,950円ですが「月々サポート」が適用されて月額3,850円となり、端末分割額の月々1,100円が加算されて毎月の支払額は4,950円となります。

しかし、24ヶ月目にhome5Gを解約した場合は25回~36回の合計12回の「分割代残債(合計13,200円)」が残ります。

このようにhome5Gの専用端末を分割購入している方は、解約時に「端末分割の残債」がある場合は解約後も端末代の分割払いを完済するまで払い続ける必要があります。

ワンポイントアドバイス
解約時に分割残債がある場合は引き続き「分割払い」するか、ドコモショップで「一括清算」することも可能です。

ドコモ光の解約費用について

ドコモ光を「2年定期契約」している場合、更新期間(3ヶ月間)以外で解約すると解約金の支払いが発生します。

ドコモ光の解約金は以下です。

ドコモ光
2年定期契約
解約金
戸建住宅14,300円
集合住宅8,800円

ただし、「更新期間」に解約した場合は解約金不要です。

ドコモ光の更新期間は契約満了月と自動更新された翌月・翌々月の3ヶ月間です。

以下のイメージを使って「更新期間」を解説します。

ドコモ光の「2年定期契約」の契約期間は2年間(24ヶ月間)で、契約期間が終了すると契約は自動で更新されて再度2年間(24ヶ月間)の契約が始まります。

契約期間が終了する24ヶ月目を「契約満了月」と呼びます。

「契約満了月の1ヶ月間」と契約が自動更新された「1ヶ月目」と「2ヶ月目」の合計3ヶ月間が「更新期間」です。

この「更新期間(3ヶ月間)」にドコモ光を解約する解約金は不要です。

その逆で、更新期間以外にドコモ光を解約すると解約金の支払いが発生します。

home5Gセット割とドコモ光セット割の違い

NTTドコモの指定されたスマホ(携帯電話)プランを契約中の方がhome5G、ドコモ光を契約するとセット割が適用可能です。

サービス名セット割
home5Ghome 5G セット割
ドコモ光ドコモ光 セット割

home5Gの契約は「home5Gセット割」、ドコモ光の契約は「ドコモ光セット割」が適用できます。

セット割が適用されるとNTTドコモのスマホ代(携帯代)が毎月永年割引されます!

併用不可!
「home5Gセット割」と「ドコモ光セット割」は併用できません。
両方のセット割が共存している場合は「ドコモ光セット割」の割引が適用されます。

適用可能なスマホ(携帯電話)プランと割引額

「home5Gセット割」が適用可能なNTTドコモのスマホプランは「ギガプラン」のみです。

一方、「ドコモ光セット割」は「ギガプラン」に加えて「カケホーダイ&パケあえる」を契約中の方でも適用可能です。

「カケホーダイ&パケあえる」は新規受付終了している現在契約できない過去のスマホプランです。

home5Gセット割の割引額

「home5Gセット割」を適用可能なスマホプランと毎月の割引額は以下です。

適用可能プラン割引額
(毎月)
5Gギガホ プレミア1,100円割引
5Gギガホ1,100円割引
ギガホ プレミア1,100円割引
ギガホ1,100円割引
5Gギガライト/
ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,100円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,100円割引
  • ステップ2:~3GB
    550円
  • ステップ1:~1GB
    割引なし

上記に記載のNTTドコモ「ギガプラン」を契約中の方がhome5Gを契約すると「home5Gセット割」が適用可能です。

例えば、「5Gギガホプレミア」を契約中の場合、home5Gセット割が適用されると5Gギガホプレミアの月額料金から毎月1,100円が永年割引されます。

ドコモ光セット割の割引額

「ドコモ光セット割」を適用可能な料金プランと毎月の割引額は以下です。

適用可能プラン割引額
(毎月)
5Gギガホ プレミア1,100円割引
5Gギガホ1,100円割引
ギガホ プレミア1,100円割引
ギガホ1,100円割引
5Gギガライト/
ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,100円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,100円割引
  • ステップ2:~3GB
    550円
  • ステップ1:~1GB
    割引なし

ドコモ光セット割を適用可能な「ギガプラン」と毎月の割引額はhome5Gセット割とまったく同じです。

パケットパック割引額
(毎月)
ウルトラ
シェアパック100
3,850円
ウルトラ
シェアパック50
3,190円
ウルトラ
シェアパック30
2,750円
ベーシック
シェアパック
  • ステップ4:~30GB
    1,980円
  • ステップ3:~15GB
    1,980円
  • ステップ2:~10GB
    1,320円
  • ステップ1:~5GB
    880円
ウルトラデータ
LLパック
1,760円
ウルトラデータ
Lパック
1,540円
ベーシックパック
  • ステップ4:~20GB
    880円
  • ステップ3:~5GB
    880円
  • ステップ2:~3GB
    220円
  • ステップ1:~1GB
    110円

上記のパケットパックは家族でパケットをシェアできるNTTドコモの過去のプランです。

ドコモ光セット割の場合は上記パケットパックを契約している方も適用可能です。

しかし、パケットパックを契約中でも「home5Gセット割」は割引適用不可となります。

セット割は家族も20回線までなら割引適用可能

home5Gセット割とドコモ光セット割は両方とも「ファミリー割引」内の家族であれば最大20回線まで割引適用できる点が最大のメリットです!

ファミリー割引とは
ファミリー割引とは、NTTドコモを契約する家族間の国内通話が無料になる制度です。
三親等以内の家族であれば20回線までファミリー割引を組むことが出来ます。

「home5Gセット割」も「ドコモ光セット割」もファミリー割引のグループ内の家族であれば最大20回線まで割引適用可能です!

その為、NTTドコモのセット割適用可能な契約プランでスマホ(携帯)を契約している家族が多ければ多いほどその分毎月のトータルの割引額が大きくなります。

home5Gとドコモ光を契約出来るおすすめの申込窓口

この記事ではhome5Gとドコモ光の違いを比較しながら解説しましたが、どちらと契約するか決まった方はお得に契約できる申込窓口で契約しましょう!

この記事の執筆者(監修者)でもある私がおすすめする申込窓口は以下です。

home5Gドコモ光
申込窓口代理店ITXの
申込受付サイト
ドコモ光
公式ページ
申込窓口
限定特典
現金15,000円
キャッシュバック
dポイント
20,000pt
プレゼント

home5Gの正規代理店である株式会社アイ・ティー・エックスが自社で運営している申込受付サイトでhome5Gを契約すると限定特典として現金15,000円がキャッシュバックされます!

また、ドコモ光公式ページでドコモ光を新規契約するとdポイントが20,000ptプレゼントされます!

以下で詳しく解説します。

home5G契約で15,000円現金キャッシュバック

home5Gはドコモショップや一部の家電量販店などの店舗、NTTドコモの公式サイトなどでも契約の申し込みが可能ですが、当ブログがおすすめするのは正規代理店アイ・ティー・エックスです。

正規代理店アイ・ティー・エックスでは自社でhome5Gの契約を受け付ける申込受付サイトを運営しており、その申込受付サイトでhome5Gを契約すると契約者全員を対象に現金15,000円がキャッシュバックされます!

注意
正規代理店アイ・ティー・エックスの申込受付サイト以外(ドコモショップや家電量販店など)でhome5Gを契約してしまうと現金15,000円は受け取れません…。
申込窓口代理店ITXの
申込受付サイト
限定特典現金15,000円
キャッシュバック
受取方法home5G契約者名義の
銀行口座へ振り込み
振込時期home5G契約から
最短2ヶ月後
受取条件代理店ITX受付サイトで契約する。
有料オプション加入一切不要!

現在、様々な窓口(ショップや公式サイトなど)でhome5G契約の申し込みが可能ですが、契約後に受け取れる特典はdポイントばかりです・・・。

しかし、正規代理店アイ・ティー・エックスの申込受付サイトならdポイントでなく「現金」が受け取れるのは嬉しいです!

ドコモショップなどで受け取れるdポイントは期間や用途が限定されていますので、いつでもどこでも利用できる「現金」を受け取る方がおすすめです!

正規代理店アイ・ティー・エックスの申込受付サイトでhome5Gを申し込むと、代理店担当スタッフから契約内容の確認のため電話がかかってきますが、その確認電話の際にキャッシュバックされる現金を振り込んで欲しい銀行口座情報を伝えるだけです。

キャッシュバックを受け取る為の面倒な受取申請などは一切不要なので安心です!

\現金で15,000円還元中/
home5Gの申し込みはこちら
安心の優良正規代理店ITX

ドコモ光公式ページなら20,000pt還元

ドコモ光を契約予定ならドコモ光公式ページで申し込みましょう!

ドコモ光をドコモ光公式ページで新規契約するとdポイントが20,000ptプレゼントされます!

注意
ドコモショップでドコモ光を契約した場合は10,000ptプレゼントです…。
申込窓口ドコモ光
公式ページ
限定特典
  1. dポイント
    20,000ptプレゼント
  2. 新規工事料無料
受取方法dポイント会員
(dアカウント)
振込時期ドコモ光開始から
2ヶ月後
受取条件ドコモ光公式ページで
新規契約する。

ドコモ光公式サイトで新規契約して開通すると、開通月を含む最短2ヶ月後に20,000ptのdポイントが還元されます。

フレッツ光からの「転用」の場合は15,000ptとなります。

\20,000ptを受取可能/
ドコモ光の申し込みはこちら
安心のドコモ光公式ページ

まとめ

この記事ではNTTドコモが提供しているインターネット接続サービス「home5G」と「ドコモ光」の様々な違いを比較しながら解説しました。

まとめますとhome5Gとドコモ光の契約をおすすめする方は以下です。

home5Gをおすすめする方
  • 自宅で光回線の工事が出来ない方
  • 契約後すぐにインターネット(Wi-Fi)を利用したい方

home5GはNTTドコモの携帯電話の電波(5G、4G LTE)を専用端末が受信してインターネット接続(Wi-Fi接続)できるようになるサービスなので工事不要です。

その為、光回線の工事が出来かなった方やなるべく早くWi-Fi環境が欲しい方などにhome5Gをおすすめします。

ドコモ光をおすすめする方
  • 安定したインターネット環境が欲しい方
  • 映画やドラマなどを視聴したい方
  • 動画などをアップロードする機会が多い方

ドコモ光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスなので、新規契約後には開通工事が実施されますが、電波を利用するhome5Gよりも光回線を利用するドコモ光の方がインターネットの速度が安定しています。

速度が安定しているドコモ光なら安心して映画やドラマなどを視聴できます。

また、home5GはSNSへ写真を投稿したり、youtubeに動画を公開するなど「データのアップロード」には不向きですのでアップロードする機会が多い方はドコモ光の契約をおすすめします。

ABOUT US

長井
トクハヤネットの監修者・執筆者。インターネット販売代理店で10年以上勤務経験あり。各社光回線やプロバイダ、Pocekt WiFiなどの回線の元販売員として活動。