ソフトバンクエアー(SoftBank Air)のAirターミナル4が発売開始!旧機種とスペックを比較してみた!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の最新端末機種「Airターミナル4」が発売されました。

ソフトバンクエアーを契約するとインターネットに接続する為の機器「Airターミナル」を自宅に設置します。今までAirターミナルは「Airターミナル1」「Airターミナル2」「Airターミナル3」と機種をバージョンアップさせて来ましたが、2019年3月末に新しい機種「Airターミナル4」の取り扱いが開始されました。

そこで今回はソフトバンクエアーの新しい端末機種「Airターミナル4」を他の端末を比較しながら、どこが変わったのかをご紹介したいと思います。

SoftBank Airの契約で
35,000円キャッシュバックに増額中!
2019年8月31日終了
▼詳細はこちら▼

【2019年度8月版】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

2017.12.27

ソフトバンクエアーの最新端末「Airターミナル4」

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)を契約すると利用する端末Airターミナルの最新機種「Airターミナル4」が2019年3月末より提供開始となりました。「Airターミナル4」は、以前の端末機種と比較すると様々な点で違いがあります。

そこでまずは、ソフトバンクエアーの最新端末である「Airターミナル4」を以前の端末機種と比較しながら、どの程度バージョンアップしているのかを確認してみたいと思います。

SoftBank Air契約で35,000円キャッシュバック中!

Airターミナル4の最大通信速度962Mbpsに

まずは、インターネットの速度の違いから確認してみましょう。ソフトバンクエアーで利用する端末「Airターミナル」は、今までに3機種発売されていましたが今回の新型である「Airターミナル4」の登場で4機種となりました。

今までのAirターミナルと新型の「Airターミナル4」を比較すると、下りの最大通信速度に大きな違いがある事が解ります。

種類 通信速度
Airターミナル4 下り最大
962Mbps
Airターミナル3 下り最大
350Mbps
Airターミナル2 下り最大
261Mbps
Airターミナル 下り最大
110Mbps

上記表が今までのAirターミナルと新型「Airターミナル4」の最大通信速度を比較したものです。

初代「Airターミナル」は下り最大110Mbpsで利用可能です。3代目となる前機種「Airターミナル3」は下り最大350Mbpsで利用可能でした。しかし、今回の新型「Airターミナル4」は下り最大962Mbpsで利用可能です。「Airターミナル3」と比較すると「Airターミナル4」の最大通信速度は約2.7倍速度が速い利用が可能という訳です。

「Airターミナル4」で下り最大962Mbpsが利用可能なエリアは、現在ごく一部のエリアに限られています。962Mbpsの利用が出来ないエリアの下り最大速度は半分の481Mbpsとなります。しかし、今後のエリア拡大の為にもソフトバンクエアーを契約する際は、前機種「Airターミナル3」よりも「Airターミナル4」で契約しておきましょう。
管理人
ソフトバンクエアーの新型「Airターミナル4」の最大の特徴は、利用可能な最大通信速度が高速化した点ですね。

Airターミナル4のサイズが若干大きくなった

ソフトバンクエアーの前機種である「Airターミナル3」と新型「Airターミナル4」のデザイン変更はありませんが、サイズと重さを比較すると「Airターミナル4」の方が若干大きくなっています。

種類 サイズ
(HxWxD)
重さ
Airターミナル4
(新型)
約225x103x103mm 約635g
Airターミナル3
(前機種)
約208x95x95mm 約550g

サイズと重さが若干大きくなったAirターミナル4

Airターミナル3は高さ208mm、幅95mmに対して、新型のAirターミナル4は高さ225mm、幅103mmと大きくなりました。大きくなったと言っても約1.08倍大きくなっただけです。

また、サイズが大きくなったので重さも新型のAirターミナル4はAirターミナル3より85g重い「約635g」に変更しています。しかし、Airターミナルは自宅に置いておく物で持ち運ぶ物ではありませんので重さが増えた影響はないですね。

管理人
ソフトバンクエアーの新型Airターミナル4は、前機種よりもサイズが大きくなり重くなったんですね。ただ、あまり変わりませんので、大きくなり重くなった影響はなさそうですね。

通信方式はAirターミナル3と同じ

ソフトバンクエアーは携帯電話やスマホのように「電波」を使ってインターネットに接続するサービスです。詳しく説明すると解りづらくなるので、簡単に説明すると電波にはいくつか種類があります。Airターミナル4で使用する電波の種類(通信方式)は、前機種のAirターミナル3と同じ通信方式で変更はありません。

種類 通信方式
Airターミナル4 4G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
Airターミナル3 4G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
Airターミナル2 4G方式:AXGP(2.5GHz)
Airターミナル 4G方式:AXGP(2.5GHz)

初代「Airターミナル」と2代目の「Airターミナル2」は、AXGPという電波のみを使っていたと思ってください。AXGPは、PHSで使用されてきたXGPという通信規格を改良して高速化した電波と簡単に覚えておいてください。

AXGPに加えてAirターミナル3からは「TDD-LTE」と「FDD-LTE」という電波も利用できるようになったと思ってください。「TDD-LTE」という電波は広範囲のエリアでは利用できず障害物に弱いですが速度が高速です。「FDD-LTE」という電波は広範囲のエリアで利用可能で障害物に強いですが「TDD-LTE」に比べて速度が遅いです。

管理人
色々書きましたが、Airターミナル3とAirターミナル4の通信方式(電波)は変更がない、という訳ですね。

Wi-Fiの規格に変更あり

少し専門的な内容になるので、まずは簡単に説明するとAirターミナル4のWi-Fiの速度が速くなった、と簡単に覚えておいてください。以下は、全機種の「Airターミナル3」と新型の「Airターミナル4」でWi-Fiを比較した表です。

種類 Wi-Fi
Airターミナル4 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
(1300Mbps)
Airターミナル3 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps

この変更で解るのは、Airターミナル4はMIMOが3つとなった事です。MIMOとは、同時に通信できるストリーム数(アンテナ数)の事で、MIMOが多ければWi-Fiの速度は速くなります。

周波数帯 5GHz
帯域幅 80MHz
MIMO(2×2) 866Mbps
MIMO(3×3) 1.3Gbps

簡単に説明すると、アンテナが2本(MIMO 2×2)の場合のWi-Fi速度は866Mbpsです。このWi-Fiの速度はAirターミナル3と同じですね。一方、アンテナが3本(MIMO 3×3)の場合のWi-Fi速度は1.3Gbpsです。このWi-Fiの速度は最新機種のAirターミナル4と同じですね。

Airターミナル3とAirターミナル4のデザインは一緒ですが、Airターミナル4になってサイズが大きくなった理由は、この内臓アンテナが1つ増えたからではないかと想像出来ます。

管理人
専門用語が多くなりましたが、簡単に言えばAirターミナル4のWi-Fi速度が速くなったんですね。この事で内臓アンテナが1個増えたと予測できますので、サイズも大きくなった訳か。

SoftBank Air正規代理店キャンペーンサイト

Airターミナル4へ機種変更できるのか

上記ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)の新しい機種端末「Airターミナル4」を前機種と比較しながらご紹介してみました。ソフトバンクエアーを既に契約している人なら「Airターミナル4に機種変更したい!」と思った人もいるかもしれません。

そこで、以前の機種から新型の「Airターミナル4」へ機種変更出来るのかをご紹介します。

機種変更は一度解約するしかない

ソフトバンクエアーを既に契約中の人は「Airターミナル」「Airターミナル2」「Airターミナル3」どれかの機種を持っているはずです。これらの機種と最新の「Airターミナル4」へ機種変更する事が出来ません。

もしどうしても「Airターミナル4」へ機種変更したい場合は、一度ソフトバンクエアーを解約して再契約するしか方法が今のところありません。解約するにしても、解約する時期によっては解約金の支払いが必要となる為、解約金を支払ってまで解約する必要性はないと考えます。

「Airターミナル」から「Airターミナル3」への機種変更は可能

ソフトバンクエアーの初代端末「Airターミナル」から「Airターミナル3」へは機種変更が容易に可能です。

「SoftBank Air 機種変更キャンペーン」というキャンペーンが実施されており、「Airターミナル」から「Airターミナル3」へ機種変更する際の事務手数料3,000円が無料になり、36ヶ月間684円/月が割引されます。

しかし、現在のところこのキャンペーンを「Airターミナル4」で利用する事が出来ません。今後、「Airターミナル4」への機種変更が可能なキャンペーンなどが始まったらこちらでご紹介したいと思います。

まとめ

今回は2019年3月末より発売が開始されたソフトバンクエアー(SoftBank Air)の新型端末「Airターミナル4」をご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?「Airターミナル4」の大きな変更点と言えば、Airターミナル3も下り通信速度が速くなった点と、サイズが大きくなり重さも重くなった点でしょう。こらからソフトバンクエアーを新規契約する人は「Airターミナル4」での契約となると思いますが、代理店など在庫がある場合はAirターミナル3になる可能性もあります。契約前に「Airターミナル4で契約したい」旨を伝えるようにしましょう。既にソフトバンクエアーを契約している人は新型のAirターミナル4へ機種変更する事ができません。

SoftBank Airの契約はこちら
お得なキャッシュバック実施中

評判や口コミから見るソフトバンクエアー(SoftBank Air)のメリット・デメリットまとめ【2019年最新版】

2018.05.18

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の料金がおかしい?高い?と思ったら料金確認しよう

2017.12.15

繋がらない圏外・エリア外のソフトバンクエアー(SoftBank Air)は無料で解約・キャンセルできるって本当?

2016.11.15

【エリア検索】ソフトバンクエアー(SoftBank Air)加入前に必ずエリアを検索すべき!無料キャンセルが可能!?

2016.10.18

スポンサーリンク