ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の解約金について。レンタルと分割で違約金が違う!?

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)を契約するといつかは解約しなければならない時がやってきます。そんな解約の際に気になるのが解約金(違約金)ではないでしょうか?

ソフトバンクエアーはAirターミナルと呼ばれる機器を利用します。その機器は分割払いで購入するかレンタルするかを契約の際に選択できますが分割かレンタルかで解約金が違うのでしょうか?

そこで今回は、ソフトバンクエアーをこれから解約しようと考えている人や今から契約をしようと検討中の人まで、解約に伴う解約金(違約金)について解りやすくご紹介したいと思います。

ソフトバンクエアーの解約金について

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の解約金について詳しく知るには、まず契約期間について理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

契約期間中の解約には解約金(違約金)が必要

まず知っておいて欲しい事は契約期間です。
ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の契約期間は2年契約の自動更新です。

2年間(24ヶ月間)の契約

ソフトバンクエアーの課金開始月を1ヶ月目とし24ヶ月間が契約期間です。24ヶ月目は契約満了月と呼ばれます。

契約期間が終了する月(24ヶ月目)の契約満了月にソフトバンクエアーを解約する解約金(違約金)のを支払う必要がありません。

ただし、契約満了月を除く契約期間中(1ヶ月目~23ヶ月目)に解約する解約金の支払いが必要になります。

契約期間 解約金の支払い義務
1ヶ月目~
23ヶ月目の解約
解約金必要
24ヶ月目の解約
(契約満了月)
解約金不要

ちなみに、「自動更新」とはどういう事かというと、以下の図を見て頂ければお解りになるかと思います。

契約期間が終了する24ヶ月目に解約しないと自動で契約更新

自動更新とは、24ヶ月目までに(契約満了月までに)ソフトバンクエアーの解約手続きをしなかった場合は、自動で契約期間が更新され再度2年契約が始まります。

解約金(違約金)はいくら?

上記でご紹介したようにソフトバンクエアーは2年契約の自動更新です。24ヶ月目(契約満了月)以外の契約期間(1ヶ月目~23ヶ月目)に解約すると解約金の支払い義務があります。では、解約金はいくらなのでしょうか?

解約金(違約金) 9,500円(税抜)

ソフトバンクエアーを契約期間中に解約すると9,500円(税抜)の解約金・違約金の支払いとなります。

管理人
ソフトバンクエアーの契約期間は2年間(24ヶ月間)。24ヶ月目以外の解約には9,500円の解約金が必要なんだね。24ヶ月目までに解約手続きをしなければ、自動で契約更新されて2年間の契約がまた始まるのね。

スポンサーリンク

ソフトバンクエアーの解約で解約金以外の支払いが必要?

上記ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)の解約金の支払いが必要な期間についてご紹介しましたがご理解いただけたでしょうか。契約期間は1ヶ月~24ヶ月の2年間で24ヶ月目の解約には解約金が必要ないが、それ以外の契約期間中の解約には9,500円の解約金が必要でしたね。

実は、ソフトバンクエアーの解約には解約金以外に支払いが「必要な場合」があります。では、解約金以外の支払いが必要な場合とはどんな場合の時なのでしょうか?

分割払い契約の人は要注意!

ソフトバンクエアーではAirターミナルという機器を自宅へ設置して利用します。このAirターミナルは「分割払い」で購入するか「レンタルする」かで月額料金に大きな違いがあります。

分割払い レンタル
毎月
支払
24ヶ月目まで 3,800円 4,290円
25ヶ月目以降 4,880円 5,370円

ソフトバンクエアーに契約すると「はじめよう SoftBank Air割」と割引が適用されます。この「はじめよう SoftBank Air割」は24ヶ月間毎月1,080円割引してくれます。

Airターミナルを分割払いで契約する場合、月額料金は4,880円ですが「はじめよう SoftBank Air割」の毎月1,080円が割引されて24ヶ月間は月額料金は3,800円です。一方、Airターミナルをレンタルで契約する場合、月額料金は5,370円ですが「はじめよう SoftBank Air割」の毎月1,080円が割引されて24ヶ月間は月額料金は4,290円です。

もうお解りだと思いますが「レンタル」するよりも「分割払い」で購入した方がソフトバンクエアーの月額料金が安いですよね。その為、多くの人が分割払いで契約しています。

管理人
そんなソフトバンクエアーのAirターミナルを分割払いで契約している人は解約の際に解約金以外の支払いが必要な場合があるんです。

分割払いの解約には分割残金の支払いも

ソフトバンクエアーの分割払いの契約内容詳細は以下のようになっています。

分割払い
Airターミナル料 1,620円×36ヶ月
分割払い
月月割 月月割:36カ月間
毎月
1,620円割引
Airターミナル料が
実質0円!
はじめよう
SoftBank Air割
1,080円割引
毎月
支払
24ヶ月目まで 3,800円
25ヶ月目以降 4,880円

上記表だけでは解りづらいと思いますので段階を踏んで解説していきます。

まず、Airターミナルの分割払いは毎月1,620円を36ヶ月(36回)支払っていきます。

しかし、分割払いの場合にのみ「月月割(読み方:つきつきわり)」という割引が適用され、36ヶ月間毎月1,620円割引されます。

分割払い毎月1,620円(36回)ですが、月月割で毎月1,620円割引(36ヶ月間)が適用されてAirターミナル料が実質0円になる契約なんです。

ここから重要な説明です。

ソフトバンクエアーの分割払い契約で毎月1,620円割引が36ヶ月間適用されている月月割ですが、36ヶ月以内に解約すると月月割の適用が外れます。という事は、ソフトバンクエアーを36ヶ月以内に解約するとAirターミナルの分割払いの残金払いが解約の際に必要になるのです。

もっと詳しく説明すると、
例えば、分割払いで契約したソフトバンクエアーを24ヶ月目に解約したとします。すると、1,620円×36回の分割払いは36回-24ヶ月目=あと12回の分割払いが残っている事になります。その為、12回×1,620円=19,440円の支払いが解約の際に必要になります。

この分割残金の支払いはソフトバンクエアーの解約時に一括で支払わなくてはなりませんので解約金と合わせると高額になる恐れがあります。

管理人
簡単に言えば、分割払いで契約しているソフトバンクエアーは36ヶ月以内に解約すると解約金以外に分割の残金の支払いも必要になるって事ですね。

まとめ

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の解約の際に支払いが必要な解約金(違約金)についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ソフトバンクエアーは契約期間である2年以内の解約には9,500円の解約金の支払いが必要です。ただし、2年経過の24ヶ月目は契約満了月と呼ばれており、この24ヶ月目の解約には解約金の支払いは不要です。また、ソフトバンクエアーを分割払いで契約している場合には36ヶ月以内の解約には分割残金の支払いが解約金以外に必要になり解約の際高額な支払いが必要になる場合があるのでよく確認する必要があります。36ヶ月以内に解約する予定がある場合には解約金以外の分割残金の事も考えてレンタルで契約した方がいいかもしれませんね。

SoftBank Airのお申し込みはこちら
正規代理店キャンペーンサイト

評判や口コミから見るソフトバンクエアー(SoftBank Air)のメリット・デメリットまとめ【2018年最新版】

2018.05.18

【2018年度10月版】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

2017.12.27

繋がらない圏外・エリア外のソフトバンクエアー(SoftBank Air)は無料で解約・キャンセルできるって本当?

2016.11.15

【エリア検索】ソフトバンクエアー(SoftBank Air)加入前に必ずエリアを検索すべき!無料キャンセルが可能!?

2016.10.18

スポンサーリンク