ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の使い方は簡単!工事不要の仕組みとは

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の使い方は難しいのではないかと思っている人も多いようです。特にインターネットの知識があまりない初心者の人や女性の人はソフトバンクエアーの仕組みを理解出来ない事だと思います。

そこで今回はソフトバンクエアーでどのようにインターネットに接続するのかの使い方や何故工事をする必要がなくインターネットが出来るのかの仕組みについて初心者の人でも理解出来るように解りやすくご紹介したいと思います。

ソフトバンクエアーの使い方は超簡単

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は面倒な工事を自宅ですることなくインターネットが始められるサービスです。工事は不要でもソフトバンクエアーの使い方は難しいのでは?と思っている人もいるかもしれません。

そこで、ソフトバンクエアーを始める時の使い方を実際の写真を含めてご紹介していきます。

【使い方1】Airターミナルという機器を使う

ソフトバンクエアーを契約すると自宅に「Airターミナル」と呼ばれる機器を置きます。このAirターミナルは現在以下の3種類の仕様があります。

  1. Airターミナル
  2. Airターミナル2
  3. Airターミナル3

初代が「Airターミナル」、最新が「Airターミナル3」です。

Airターミナル2と3は形がまったく同じ

上記の写真のように、初代「Airターミナル」はアンテナが2本出ていて見た目が不格好です。その後に開発された「Airターミナル2」「Airターミナル3」は形が同じでスタイリッシュです。

現在はソフトバンクエアーを契約すると最新の「Airターミナル3」を利用します。

管理人
ちなみに、以下で説明が解りづらくなるのでAirターミナルの機器の事をソフトバンクエアーと呼ぶ事にします。

SoftBank Airのお得なキャンペーンサイト

【使い方2】SIMカードを入れる(不要の場合もあり)

ソフトバンクエアーの裏面を見ると「SIM CARD」と書いてあるキャップ(フタ)があります。

基本的にSIMカードは挿して送られてくる。

郵送されてきたり、店舗で契約した場合には、基本的に既にここにSIMカードが入っている状態です。たまに自分でSIMカードを挿す必要があるようです。その場合はこの「SIM CARD」のキャップを開けてからSIMカードを差し込んでください。

このSIMカードを挿していないとインターネットには接続出来ませんので、普段は取り出したり触らないようにしましょう。

管理人
このSIMカード見たことがある人も多いかもしれませんね。このSIMカードは携帯電話やスマートフォンなどにも挿しこまれている同じものです。

【使い方3】電源を入れる

ソフトバンクエアーには電源アダプターが同梱されています。これをソフトバンクエアーの背面の電源アダプター差込口に挿して、普段通りにコンセントに挿しましょう。

コンセントに挿すだけで電源が入る

ソフトバンクエアーには電源の「ON」「OFF」ボタンがありません。その為、コンセントに挿せば電源が入る簡単な仕組みになっています。基本、普段もコンセントに挿しっぱなしにしている人が多いようです。

電源を入れてしばらくすると5つのランプがすべて点灯

上記写真のようにソフトバンクエアーには「Status」「LTE」「SIM」「Wi-Fi」「Power」という5つのランプがあります。電源を入れてしばらくすると正常であれば5つのランプが緑色に点灯します。

管理人
ソフトバンクエアーの機器の初期設定は以上です。本当に電源を入れるだけで簡単ですよね。

【使い方4】Wi-Fiの設定をする

最後にソフトバンクエアーでインターネット接続をする端末のWi-Fi設定を行います。今回はiPhoneを使いソフトバンクエアーでインターネットのWi-Fi設定する方法をご紹介しますが、ほとんどのパソコンやスマホ、タブレットも似たような設定方法です。

ソフトバンクエアーの側面を見ると以下の写真のような文字列が記載されています。

SSIDが2つ、暗号キーが1つ記載されている

SSID(2.4GHz帯):AB0123456789-2G
SSID(5GHz帯):AB0123456789-5G
暗号キー(PSK-AES):112233445566

セキュリティ上、本当の文字列は伏せさせて頂きますが、上記のような文字(例です)が記載されています。

次にインターネット接続するiPhoneのWi-Fi設定画面へ進むと以下のような画面になります。

ソフトバンクエアーと同じ文字列が表示

上記のようにiPhoneのWi-Fi設定画面では、ソフトバンクエアーの側面に記載されていた文字列(SSID)と同じ文字列が表示されていると思います。とりあえず末尾が「2G」の方を選択してください。

するとパスワードの入力を求められますので、ソフトバンクエアーの側面に記載されている暗号キー(PSK-AES)を入力すると設定は完了です。

以上のソフトバンクエアーの初期設定は一度だけです。毎回インターネットに接続する度に上記のような設定は不要ですので安心してください。

無事接続出来ればWi-Fiマークが表示される

上記のようにソフトバンクエアーのWi-Fiが問題なく設定出来れば「Wi-Fiマーク」が表示されます。後はWi-Fi接続したスマホ(上記の場合はiPhone)のブラウザでホームページを閲覧できるかをチェックしてください。

管理人
以上がソフトバンクエアーの使い方ですがいかがだったでしょう?一度だけ初期設定が必要ですが設定後は普段通りスマホ等のブラウザを開くだけでソフトバンクエアーでネット接続します。使い方って最初だけ少し面倒ですが設定後は簡単ですよ。

SoftBank Air新規契約でキャッシュバック中

ソフトバンクエアーの仕組みはどうなっているのか?

上記ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)の使い方について初期設定からご紹介してきました。

通常の自宅のネット回線は工事が必要なのに何故ソフトバンクエアーは工事不要なのでしょうか?実は意外にもソフトバンクエアーの仕組みを理解していない人もいるようです。

仕組みはスマホと同じ電波を利用

ソフトバンクエアーの仕組みを紹介するにはスマホで例えると解りやすいです。

スマホは外出先でも自宅でもインターネットが利用できますよね。

スマホなどは4Gなどの電波でネット接続している

なぜWi-Fiなどを使わずインターネットに接続出来るかの理由は、4G LTEと呼ばれる「電波」を利用しているからですよね。

このようにスマホと同様にソフトバンクエアーも4G LTEなどのスマホでも使われる「電波」を利用してネット接続する仕組みになっています。

スマホ同様に電波を使ってネット接続する仕組み

自宅に設置したソフトバンクエアーの機器(Airターミナル)が近くの電波塔から発信された4G LTEの電波を受信します。

ソフトバンクエアーの仕組みイメージ

4G LTEの電波を受信したソフトバンクエアーが今度はWi-Fiを発信し始めて、スマホなどの端末とWi-Fiで接続する事によりインターネットに接続できる仕組みなのです。

管理人
このようにソフトバンクエアーはスマホや携帯電話同様に電波を利用してインターネットに接続する仕組みなので工事不要なのですね。

まとめ

今回はソフトバンクエアー(SoftBank Air)の使い方と仕組みについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ソフトバンクエアーは初回にインターネット接続するスマホなどの設定が必要なだけで、初期設定後の使い方は設定したスマホなどのブラウザを普段通りに開くだけです。ソフトバンクエアーの電源もコンセントに挿すだけですし、難しくない初期設定も一度しておけば使い方はブラウザを開くだけでとても簡単です。ソフトバンクエアーの仕組みについてはスマホ同様に4G LTEの電波を利用している為に工事が不要です。簡単に仕組みを説明すればスマホなどのネット接続する端末と電波の間にソフトバンクエアーがあるという感じですね。

ソフトバンクエアーの申し込みはこちら
代理店キャンペーンサイト

評判や口コミから見るソフトバンクエアー(SoftBank Air)のメリット・デメリットまとめ【2018年最新版】

2018.05.18

【2018年度9月版】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

2017.12.27

繋がらない圏外・エリア外のソフトバンクエアー(SoftBank Air)は無料で解約・キャンセルできるって本当?

2016.11.15

【エリア検索】ソフトバンクエアー(SoftBank Air)加入前に必ずエリアを検索すべき!無料キャンセルが可能!?

2016.10.18

スポンサーリンク