ソフトバンクエアーをビックカメラ・ヤマダ電機・ヨドバシカメラ・エディオンで契約すると約2万円損!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、大手家電量販店であるビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンなどでも新規契約の申し込みをすることができます。しかし、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンなどでソフトバンクエアーを申し込むと損します!

今回はソフトバンクエアーを大手家電量販店で契約するとなぜ損するのか、そしてお得に申し込める方法をご紹介したいと思います。ぜひ、これからソフトバンクエアーを契約する人は以下の内容をよく理解してお得に申し込んでください。

ビックカメラやヤマダ、ヨドバシなどでソフトバンクエアーを契約すると損!

ソフトバンクエアーはAirターミナルと呼ばれる機器をコンセントに差すだけで自宅内がWiFi環境になり、簡単にインターネット接続できる人気のサービスです。

フレッツ光やauひかりなどの他のインターネット接続サービスと同じように、ソフトバンクエアーも以下の大手家電量販店でも申し込みをすることができます。

  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • エディオン

これら上記の家電量販店は都市部以外の地方にも店舗があるので便利です。

しかし、ソフトバンクエアーの契約申し込みを上記家電量販店で行うとお得な特典やキャンペーンがないので損します。

では、なぜお得ではないのか、損してしまうのかを以下ご紹介したいと思います。

SoftBank Airキャンペーンサイト

家電量販店限定のポイントや商品券

ソフトバンクエアーなどのインターネット回線を契約する際、契約を促すための様々な特典やキャンペーンを行っています。一番お得なのが現金によるキャッシュバックです。

しかし、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンなどの家電量販店では現金のキャッシュバックは行っておらず、その店舗や家電量販電だけで使えるポイントや商品券がもらえるのです。

ポイントや
商品券
現金キャッシュバック
ビックカメラ  〇  ×
ヤマダ電機  〇  ×
ヨドバシカメラ  〇  ×
エディオン  〇  ×

もらえるポイントや商品券の額は店舗によって違いがありますが、軒並み5,000円~10,000円です。

今の時代、インターネットで家電は買った方が安いですよね。
なので、その家電量販店だけで使えるポイントや商品券をもらっても嬉しくもなんともありません。私は必要ないのでそんな特典欲しくありません。

ソフトバンクエアー加入で現金キャッシュバック!

ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンなどの家電量販店は、代理でソフトバンクエアーの申し込みを受け付ける「正規代理店」です。それと同じようにホームページでソフトバンクエアーの申し込みを受け付けている正規代理店があります。

ホームページで申し込みを受け付けている正規代理店である株式会社NEXTでソフトバンクエアーの新規申し込みをして開通すると30,000円も現金をキャッシュバックしてくれます。

 申し込み先 ソフトバンクエアー
加入特典
ビックカメラ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
エディオン
(家電量販店)
5,000円~10,000円程度のポイントや商品券
株式会社NEXTの
ホームページ
(正規代理店)
現金30,000円
キャッシュバック 

正規代理店のNEXT社のホームページならポイントや商品券の額よりも遥かに高額のキャッシュバックがもらえます!ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンよりも約20,000円程度お得です!

家電量販店だけで使える限定のポイントや商品券よりも、日本中や世界中で使える現金のキャッシュバックが良いに決まっていますよね!

ソフトバンクエアーが家電量販店よりも代理店サイトの方がお得な理由

上記でもご紹介したように大手家電量販店のビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンでもソフトバンクエアーの新規加入申し込みはできますが、正規代理店の株式会社NEXTのホームページで申し込んだ方が高額なキャッシュバックがありお得です。

高額な現金キャッシュバックができる理由

では、なぜ、家電量販店と正規代理店ホームページでこんなに違いが出てくるのでしょうか?なぜ、正規代理店のホームページだけお得な高額な現金キャッシュバックが出来るのでしょうか?

経費削減した分をキャッシュバック

家電量販店もホームページ受付をしている代理店も、ソフトバンクエアーの申し込みを代行すれば、謝礼としてソフトバンクから販売手数料を貰えます。

まずは家電量販店についてですが、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンは店舗でソフトバンクエアーの申し込みを受け付けていますよね。店舗は当然、賃貸費用や電気代、人件費など様々な経費が必要です。

その為、家電量販店ではあまり高額なキャッシュバックやポイント、商品券を還元できません。

一方、ソフトバンクエアーの正規代理店である株式会社NEXTは、ホームページで申し込み受付をしていますので、かなり経費が削減できます。

その削減した分をソフトバンクエアーを申し込んでくれた人に現金でキャッシュバックをしているわけです。もちろん、ホームページで申し込みを受け付けているので、場所を選ばず24時間好きな時に申し込みができるので楽々ですよね。

あなたなら、ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、エディオンなどの家電量販店で申し込みますか?それとも正規代理店のNEXT社のホームページから申し込みますか?私なら絶対後者でソフトバンクエアーを申し込みますね!

まとめ

今回は大手の家電量販店でソフトバンクエアーを申し込みと損である理由を中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?家電量販店の場合は多くても10,000円分のポイントや商品券ですが、正規代理店のホームページなら30,000円という高額な現金をキャッシュバックしてくれることが解りましたよね。ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの店舗へ行くとスタッフが営業してくるので、その場で申し込んでしまいそうになる気持ちも解りますが、一番お得にソフトバンクエアーを申し込みたいのであれば、やはり株式会社NEXTのホームページから申し込んだ方がよいでしょう。もちろん、ソフトバンクから認められたしっかりとした会社なので安心してソフトバンクエアーを申し込めますよ。

ソフトバンクエアー加入なら家電量販店より
代理店サイトで30,000円もらおう!
詳細はこちら

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!