ソフトバンクエアーの料金未払い(滞納)で停止!未払金の支払いで復活・再開?強制解約でブラックリスト入り?

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)を契約中で料金の未払い・滞納を続けると利用停止になりインターネットに接続出来ない状態となります。利用停止になった場合は速やかに料金を支払い、利用再開・復活をする必要があります。

そこで今回はソフトバンクエアーの料金未払い・滞納を続けるといつ停止され止まるのか、未払金を支払い後にいつ再開・復活するのか、そして強制解約でブラックリストに載ってしまうのかご紹介したいと思います。

SoftBank Airの契約で
35,000円キャッシュバックに増額中!
2019年9月30日終了
▼詳細はこちら▼

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は二階でも使える?Wi-Fiが弱い場合は中継器がおすすめ!

2018.07.04

【2019年度9月版】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

2017.12.27

繋がらない圏外・エリア外のソフトバンクエアー(SoftBank Air)は無料で解約・キャンセルできるって本当?

2016.11.15

ソフトバンクエアーの料金未払い(滞納)で停止

本来支払うべきソフトバンクエアー(SoftBank Air)の月額料金が何らかの理由で未払い状態になり滞納していた場合はインターネットの利用が停止されます。

もしそのような状態になっていた場合は速やかに料金支払いを行いましょう。

そこで、ここからはソフトバンクエアーの未払い・滞納になった場合にどのような処置が取られるのかをご紹介したいと思います。

未払い・滞納かを確認しよう

ソフトバンクエアーの月額料金の支払いをクレジットカードや銀行口座からの自動引き落としなどにしている人が多いと思います。しかし、何らかの理由でクレジットカードから支払いが出来なかった場合や銀行口座の残高不足で引き落とせなかった場合などはソフトバンクエアーの料金未払い・滞納の扱いになってしまいます。

ソフトバンクエアーの料金を未払い・滞納すると、サービスが停止されます。未払いで利用停止されれば、ソフトバンクエアーで利用するAirターミナルという機器のランプも赤く点灯してインターネットに接続出来なくなります。

あなたが本当に料金の「未払い」「滞納」によって停止されているかは、まずはお問い合わせ窓口に電話をして確認するか、My SoftBankにログインして確認してみてください。

管理人
ソフトバンクエアーの料金未払いで停止されているかは、まずSoftBankに問い合わせするかMy SoftBankで確認してみるのがいいですね。詳しい確認方法は、関連記事に記載しておりますので参考にしてみてください。

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の支払い方法や変更・料金確認などまとめてみた

2018.05.11

スポンサーリンク

未払い・滞納の支払い方法

ソフトバンクエアーの料金払い・滞納となった場合の料金支払い方法をご紹介します。

ソフトバンクエアーの支払いが滞って未払い滞納が続くと、自宅にコンビニ払いや金融機関で料金が支払える「振込用紙」が郵送されてきます。

払込票が郵送されてきたら速やかに払う

もし、「振込用紙」が郵送されてきたら速やかにソフトバンクエアーの料金をコンビニで支払いましょう。また、ソフトバンクエアーの滞納分を支払う際には、未払い料金に加えて以下の手数料が必要です。

支払い窓口 コンビニ
支払い方法 現金
振込用紙 必要
払込処理
手数料
200円
請求書発行
手数料
200円
その他
手数料
1万円未満:60円
1万円以上5万円未満:100円
5万円以上:300円

上記の表のように、ソフトバンクエアーの料金未払い分以外にも、400円以上の手数料を支払わなくてはなりません。本来は払う必要がない手数料ですので、なるべく未払い・滞納がないように心掛けたいですね。

コンビニで未納分を支払う用紙「コンビニエンスストア払込票」がなくなった場合などは、以下のソフトバンクエアーの問い合わせ先電話番号に電話をしてください。

未納分支払い用紙がない場合
問い合わせ電話番号

電話番号:0800-1111-820
受付時間:10時~19時

管理人
ソフトバンクエアーの未払い・滞納状態が続くとコンビニで支払える「振込用紙」が郵送されてくるんですね。

ソフトバンクエアー未払い滞納でいつ停止・復活するか

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の月額料金が未払い・滞納の状態が続いた場合にいつ利用停止になり、いつ止まるのか気になる事だと思います。また、未払い・滞納分の料金を支払った場合にいつ復活してインターネットが再開されるのかも知りたい事でしょう。

そこでここからは、ソフトバンクエアーの未払いでいつ停止されいつ止まるのか、そして支払った後にはいつ復活して再開されるのかをご紹介します。

未払いでいつ止まる?滞納で利用停止はいつ?

ソフトバンクエアーの支払うべき月額料金の支払いを放置しして未払い状態(滞納)が続いたら、いつ止まるのでしょうか?

ソフトバンクエアーの料金請求日(支払い日)は毎月26日か27日頃です。その日に料金の請求が確認出来なかった場合は約2ヶ月後には利用停止となります。

停止が早い人は未払い・滞納状態が約1ヶ月間で利用停止になるようです。

SoftBankはソフトバンクエアーの料金未払いがどのくらい続き滞納状態になるといつ利用停止になるかを提示していません。その為、あくまでも私の経験や推測ですが、おおよそ1ヶ月~2ヶ月後には利用停止になると思っておいてください。

管理人
ソフトバンクエアーの未払いが確認できた日から1ヶ月~2ヶ月後には利用停止になると思っていてよいですね。

滞納した未払い金を支払うといつ復活・再開されるか

滞納していたソフトバンクエアーの料金未払い分を支払ったら、いつ復活してインターネットが再開され利用できるようになるのでしょうか?

郵送されてきた振込用紙を使ってコンビニ払いした場合、料金支払いの確認に「30分~3時間」ほど必要のようです。SoftBankが未払金の支払い確認が出来たら再開されます。

しかし、土日や祝日、連休の時は料金確認の業務を行っていません。その為、滞納していた料金を支払っても3日以上も復活しない可能性もあります。どちらにせよ、支払いが早ければ早い程に復活・再開が早いという事です。

管理人
ソフトバンクエアーの料金滞納分を支払っても早くて3日は利用再開はされないと思っていた方が良さそうですね。

スポンサーリンク

ソフトバンクエアーの未払い滞納で強制解約?ブラックリスト入り?

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)の滞納状態が続いて未払いのままでいると「強制解約」となります。一番避けたいのは強制解約になる事です。

そこで、ここからはソフトバンクエアーの滞納がいつまで続くと強制解約となるのか、強制解約になると通知が来るのか、強制解約後に再契約は可能か、そしてブラックリストに載ってしまうのかをご紹介します。

以下、ご紹介している内容はソフトバンクエアーに限った事ではなく、他社の携帯電話やスマホの強制解約後にも同じような処置が取られますので参考までにご覧ください。

滞納状態が約3ヶ月間続くと強制解約

本来は支払う必要のあるソフトバンクエアーの月額料金を未払いのままでいると、早くて2ヶ月後、遅くても3ヶ月後には強制解約となってしまうようです。

上記でもご紹介しましたが、滞納が続くとコンビニなどで料金が支払える振込用紙が郵送されてきます。料金未払いの振込用紙が届いたら「強制解約の一歩手前」の段階だと思っていてください。

管理人
ソフトバンクエアーの滞納が3ヶ月間ほど続けば強制解約になるリスクがあるんですね。

強制解約の通知はなく債権回収会社へ

ソフトバンクエアーが料金未払い・滞納を理由に強制解約される前に通知はありません。

但し、ソフトバンクエアーが強制解約されるとSoftBankから債権回収会社へ情報が回されます。その債権回収会社が料金未払い分を代行請求する事になります。

強制解約後に料金請求を代行する債権回収会社の請求すら無視し続けると法的処置が取られて裁判所へ提訴されます。その為、強制解約は大変リスクがある処置なのです。

注意が必要なのは、債権回収会社を名乗った詐欺です。ソフトバンクエアーの未払いをしている事は自分でも理解しているはずですので、債権回収会社から提訴されたら弁護士に相談しましょう。
管理人
ソフトバンクエアーの強制解約は通知がなく債権回収会社が料金請求代行するんですね。それでも支払わない場合は法的処置が実行されるんですね。

強制解約後の再契約出来るのか

ソフトバンクエアーの料金未払いや滞納で強制解約させられた場合には再契約は難しいと思っていた方が良いかもしれません。ただ、強制解約後に支払うべき滞納料金と解約金、その他強制解約に伴う料金を一括で支払えば再契約出来るかもしれません。

こればかりはSoftBankの判断なので再契約出来るか拒否されるかはここでは判断できません。

ブラックリストに載ってしまうのか

ソフトバンクエアーの未払い・滞納を理由に強制解約されると所謂ブラックリストに載る可能性が高くなります。ブラックリストに載ればあなたの信用に傷が付き、以下のような事が出来なくなります。

  • 他ネット回線も契約不可
  • 携帯・スマホも契約不可
  • クレジットカードの審査落ち
  • ローンの審査落ち

上記のようなリスクが高まるので強制解約だけは絶対に避けましょう。と、言うかソフトバンクエアーの契約をしているので契約に従って料金を支払うのは当然の事です。強制解約になる前の未払い・滞納状態になったら速やかに支払う事を強くおすすめします。

まとめ

今回はソフトバンクエアー(SoftBank Air)の料金を未払い・滞納にしておくとどのような処置が取られるのかを詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?ソフトバンクエアーの料金未払いが1ヶ月~2ヶ月続くと利用停止になる事はご理解頂けたと思います。この利用停止の段階で料金を支払えば問題ありませんが、滞納状態をそれ以上続けると強制解約という最も重いリスクがあります。強制解約されれば回収会社に情報が回されて未払い料金や解約金、端末機器の残債などを一括で支払わなくてはなりません。それでも支払いを怠ると法的処置が取られます。その為、ソフトバンクエアーの利用停止により料金の未払いが解った段階で速やかに支払って再開してもらうようにしましょう。

SoftBank Air新規申込はこちら
キャッシュバック実施中

ビッグローブ光は未払い・滞納でいつ利用停止になる?支払いを怠ると強制解約・法的処置のリスクあり!

2019.04.16

コミュファ光の料金未払い(滞納)でいつ利用停止?最悪の場合は強制解約?

2019.03.04

ドコモ光の未払い(未納)でいつ利用停止される?最悪の場合は強制解約で法的処置のリスク!?

2018.07.11

ソフトバンク光の料金未払い(未納)でいつ停止?強制解約?

2017.12.13

スポンサーリンク