完全版!ドコモ光からNURO光へ失敗なく乗り換える方法はこちら!乗り換える理由や注意点などもまとめてご紹介!

既にドコモ光を契約している人がNURO光へ契約を乗り換え(切り替え)ようと検討している人も多くいるようです。NURO光はドコモ光よりもサービス提供エリアが狭いですが、人気があるインターネット接続サービスの1つです。

そこで今回は、ドコモ光からNURO光へなぜ乗り換えようと思っている人がいるのかの理由や乗り換えの際の注意点、そして具体的な乗り換え方法などをご紹介したいと思います。

長文ですが最後までお読み頂くと、「ドコモ光」から「NURO光」へ乗り換える場合に知っておくべき内容が解るようになります。

NURO光新規契約で
35,000円キャッシュバック中!
▼詳細はこちら▼

ドコモ光からNURO光へ乗り換える理由とは

現在契約中のNTT docomoが提供する「ドコモ光」から、ソネットが提供する「NURO光」へ乗り換える人がいます。NURO光はドコモ光よりも提供エリアが狭いのにも関わらず、何故乗り換えようと思っている人がいるでしょうか。

具体的な乗り換え方法をご紹介する前に、ドコモ光からNURO光へ乗り換える理由として多い2つの理由をご紹介したいと思います。

【理由】NURO光の方が速度が速いから

ドコモ光からNURO光へ乗り換えを検討している理由として最も多いのが「速度」です。

ドコモ光よりもNURO光の方が最大通信速度が速いので、インターネットの速度を少しでも速くした人がNURO光へ乗り換えを検討しているようです。

NURO光の方がドコモ光よりも速度が速い!

以下は、ドコモ光とNURO光の「契約プラン」「最大通信速度」「月額料金」を比較したものです。

サービス名 プラン 最大
通信速度
月額料金
NURO光 NURO光
G2Vプラン
2Gbps
(2000Mbps)
4,743円
NURO光
6Gsプラン
6Gbps
(6000Mbps)
5,243円
NURO光
10Gsプラン
10Gbps
(10000Mbps)
5,743円
ドコモ光 2年定期
契約プラン
1Gbps
(1000Mbps)
集合住宅の場合
4,000円
戸建住宅の場合
5,200円

上記では、NURO光の代表的な契約プランを3つご紹介しています。NURO光の一般的なプラン「G2Vプラン」でも最大通信速度は2Gbpsです。ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsなので、NURO光の方が2倍の最大通信速度です。

また、「NURO光」は、ドコモ光の月額料金と差ほど変わらない料金で、最大通信速度が「6Gbps」や「10Gbps」というプランもあり、ドコモ光よりも6倍・10倍の最大通信速度です。

管理人
NURO光はドコモ光の最大通信速度よりも倍以上速いので、乗り換えを検討している人がいるんですね。

【理由】SoftBankスマホを契約しているから

NTT docomoの携帯・スマホ契約からSoftBankの携帯・スマホ契約へ乗り換えた人が、自宅のインターネット回線もドコモ光からNURO光へ乗り換える人もいるようです。

SoftBankユーザーは、ソフトバンク光を契約すると「おうち割 光セット」という割引が適用可能です。しかし、実はSoftBankユーザーが「NURO光」を契約しても「おうち割 光セット」を適用可能なのです。

引用:https://www.softbank.jp/mobile/special/ouchiwari-hikari/

NURO光でもSoftBankの「おうち割 光セット」で割引適用可能!

その為、SoftBankユーザーは「ソフトバンク光」ではなく、インターネットの速度が速い「NURO光」を契約する人が多くいるのです。

管理人
ドコモのスマホを解約してソフトバンクのスマホを契約した事を機会に、自宅のネット契約もドコモ光からソフトバンクの割引である「おうち割光セット」が適用可能で速度も速い「NURO光」へ乗り換える人もいるんですね。

NURO光公式シークレットページがお得!

ドコモ光からNURO光へ乗り換える際の5つの注意点

上記でご紹介した理由などでドコモ光からNURO光へ乗り換える人がいます。ドコモ光からNURO光へ乗り換える方法をご紹介する前に乗り換え前に知っておくべき注意点がいくつかあります。

そこでここからは、契約中の「ドコモ光」から新規契約して「NURO光」へ乗り換える際に、最低限知っておくべき5つの注意点をご紹介します。

【注意点1】NURO光の開通前にドコモ光を解約してはいけない

NURO光の乗り換えが(開通が)完了する前にドコモ光を解約しない方が良いでしょう。

NURO光でインターネットが出来るようになる前にドコモ光を解約してしまうとインターネットに接続できない期間が生まれてしまいます。その為、NURO光が開通する前にドコモ光を解約しない方が賢明です。

また、NURO光の開通工事が出来ない(利用できない)建物の可能性もありますし、NURO光の提供エリア外の可能性もあります。その為、NURO光の契約申込後にすぐドコモ光を解約するのも避けましょう。

管理人
インターネットに接続できない期間が出来たり、あなたの自宅がNURO光を利用できない建物の可能性もあるから、ドコモ光の解約のタイミングは「NURO光が開通した後」なんですね。

【注意点2】ドコモ光のプロバイダは利用できない

ドコモ光のプロバイダは全部で25社あります。その為、ドコモ光を契約中の人は、この25社の中から1社のプロバイダを利用しています。

実は、NURO光のプロバイダ「ソネット」限定です。
その為、ドコモ光で利用していたプロバイダは継続利用できません。

例えば、ドコモ光でプロバイダ「ビッグローブ」を利用していたとします。NURO光はプロバイダ「ソネット」限定のサービスなので、ドコモ光で利用していたプロバイダ「ビッグローブ」はNURO光では利用不可なのです。

ドコモ光で利用しているプロバイダが提供している様々なオプションサービスを契約している人は、NURO光へ乗り換える事で、ドコモ光で利用するプロバイダのオプションサービスは使えなくなります。(メールアドレスなど)

ドコモ光からNURO光へ乗り換える前に、プロバイダへ契約しているオプションサービスはあるのか、NURO光へ継続できるかを前もって確認する事をおすすめします。
管理人
ドコモ光で契約利用しているプロバイダで、オプションサービスを契約して利用している場合は、NURO光へ乗り換えるとオプションサービスが利用できなる可能性があるんですね。

【注意点3】ドコモ光の光電話で利用する電話番号はアナログ戻し

NURO光へ乗り換え前の契約しているドコモ光で固定電話サービス「光電話」を利用している人電話番号が引き継げない可能性もあります。

ドコモ光の光電話で利用する電話番号をNURO光の光電話でも継続して利用できるかを、NURO光に前もって確認しておきましょう。

ドコモ光の光電話で利用する電話番号をNURO光の光電話でも利用可能な場合、「アナログ戻し」という手続きが必要となります。アナログ戻しという手続きのイメージは以下です。

電話番号のアナログ戻しのイメージ

ドコモ光で利用していた電話番号を一旦NTT一般加入電話で利用できるように手続きをします。この手続きを「アナログ戻し」と呼んでします。そして、電話番号をNURO光の光電話で利用できるように「乗せ換える」というイメージです。

管理人
ドコモ光の光電話で利用する電話番号をNURO光の光電話でも利用する場合は「アナログ戻し」という手続きが必要になるんですね。

【注意点4】ドコモ光の解約金支払いが必要な場合がある

ドコモ光からNURO光へ契約を乗り換える場合、当然ですがドコモ光の契約は不要となるので解約します。このドコモ光の解約には契約内容や解約する時期によっては解約金(違約金)の支払いが必要です。

ドコモ光の解約金は以下です。

マンションタイプの
解約金
戸建てタイプの
解約金
 8,000円 13,000円

ドコモ光を2年定期契約している場合、マンションタイプの解約金は8,000円、戸建タイプの解約金は13,000円です。但し、ドコモ光の「契約更新月」に解約する場合は解約金が不要です。

ドコモ光の更新月はいつ?契約前に自動更新や更新月の事を確認し理解しておこう!

2019.01.16
管理人
ドコモ光からNURO光へ乗り換える場合の注意点としては、ドコモ光の解約に伴う解約金の支払いが必要になる点もあるんですね。

【注意点5】ドコモ光の工事費分割の残債がある場合は一括支払い

ドコモ光を新規契約した人は工事業者が来て自宅で開通工事を実施した記憶があると思います。このドコモ光の開通工事費は基本的に契約者が「一括」か「分割」で支払います。

NURO光へ乗り換えに伴うドコモ光の解約の際、この工事費の「分割支払い」が終わっていない場合残債を一括で支払う必要があります。

ドコモ光の開通工事費を「分割」で支払う場合には、12回・24回・36回・48回・60回の分割回数を選ぶ事が可能となっています。ドコモ光の開通工事費を分割で支払う場合の支払い額は以下です。

「戸建住宅」のドコモ光の開通工事費は以下。

戸建タイプの工事費
一括払い
の場合
分割払いの場合
(1回あたりの支払額)
12回 24回 36回 48回 60回
19,440円 1,620円 810円 540円 405円 324円

「集合住宅」のドコモ光の開通工事費は以下。

マンションタイプの工事費
一括払い
の場合
分割払いの場合
(1回あたりの支払額)
12回 24回 36回 48回 60回
16,200円 1,350円 675円 450円 337円 270円

分割支払い期間中に「ドコモ光」を解約された場合、解約日の翌月に残債を一括でご請求いたします。
出典:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/application/kojiryobunkatsu/

ドコモ光の工事費支払いについて。工事費無料キャンペーンや支払い方法について【2019年度版】

2018.04.09
管理人
もしドコモ光の工事費を分割払いにしている人は、NURO光の乗り換え手続きの前に工事費の残債(残りの支払い)はあるのか、あるとしたらいくらなのかを調べておいた方が良さそうですね。

NURO光新規契約で35,000円キャッシュバック中!

完全版!ドコモ光からNURO光へ乗り換える方法

上記では、ドコモ光からNURO光へ乗り換える理由、そして乗り換えに関して知っておくべき注意点をご紹介しました。これらを理解した上でドコモ光からNURO光へ乗り換える方法を以下でご紹介したいと思います。

ドコモ光からNURO光への乗り換えの大まかな流れは以下です。

  1. ドコモ光へ解約金と工事残債を確認する
  2. NURO光公式キャンペーンページで契約申込をする
  3. 契約成立後に開通工事の打ち合わせ
  4. 開通工事を実施する(2回)
  5. NURO光の開通工事後に設定
  6. ドコモ光の解約

それでは下記で詳しく乗り換え方法・流れをご紹介していきます。

Step1. ドコモ光へ解約金と工事残債を確認する

NURO光へ乗り換えるという事は契約しているドコモ光を解約する手続きも必要です。上記の乗り換えの注意点でもご紹介しましたが、ドコモ光の解約には「解約金」や「工事費残債」などの支払いが必要となる場合があります。

NURO光へ乗り換えが完了して、いざ「ドコモ光を解約しよう!」とした際に「解約金」や「工事費残債」の支払いを求められると驚きますよね…。

事前にドコモ光の解約の際の費用を確認

そこで、NURO光へ乗り換えの手続きを始める前に、ドコモ光へ解約した際の「解約金」はいくらになるのか、そして「工事費残債」はあるのかを事前に問い合わせしておきましょう。

管理人
心の準備の為にも、NURO光へ乗り換えた後のドコモ光を解約する時に解約金などの費用がいくらぐらいになるのかを事前に問い合わせていた方がいいんですね。

Step2. 公式キャンペーンページで契約申込をする

ドコモ光から乗り換え先となるNURO光の新規契約の申し込みを行います。

NURO光は様々な所で契約申込が可能ですが、公式サイトではシークレットにキャンペーンページが用意されており、そのキャンペーンページからNURO光を申し込むとキャッシュバックがあります。

公式キャンペーンページはこちら

NURO光公式サイトのシークレットページ

上記の公式キャンペーンサイトで「NURO光 G2Vプラン」を申し込みして契約が成立すると、35,000円のキャッシュバックが貰えるのでお得に契約可能です。

ここがポイント
ドコモ光の解約金など支払いにこのキャッシュバックを使う事で負担が少なく済みます。貰ったキャッシュバックは買い物などに利用せず、ドコモ光の解約に伴う費用として使う事をおすすめします。

その他、NURO光のキャンペーンについての詳細は以下の関連記事にて詳しくご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

【2019年7月版】NURO光のキャンペーンを徹底比較!3.5万円キャッシュバック受け取り方法

2018.02.13
NURO光公式キャンペーン
シークレットページ
キャッシュバック実施中

Step3. 契約成立後に開通工事の打ち合わせ

ドコモ光から乗り換え先となるNURO光へ契約の申し込みをすると、早くて申し込みの即日にNURO光の担当者から電話があります。

NURO光側から電話がある

NURO光の担当者から名前や住所などの申し込み内容に間違いないかの確認が電話で行われます。その後、NURO光で利用する「光回線」を自宅へ引き込む開通工事の日程なども打ち合わせがあります。

NURO光の開通工事は必ず立ち合いが必要です。

ちなみに、電話確認や開通工事の日時が決定し契約が成立すると、NURO光を提供するソネットから書類が自宅へ郵送されてきます。

書類が郵送されてくる

ソネットから郵送されてくる書類は、NURO光の設定や契約内容の確認など、今後必要となる重要な書類ですので郵送されてきたら大切に保管しておきましょう。

管理人
NURO光の契約申込をしたら、次に担当者から電話があり氏名や住所などの確認、開通工事の日程調整などが行われるんですね。

Step4. 開通工事を実施する(2回)

上記Step3.で打ち合わせた日時にNURO光で利用する「光回線」を自宅へ引き込む開通工事が実施されます。NURO光の開通工事は以下の2回に分けて実施されます。

  1. 宅内工事
  2. 屋外工事

NURO光ではまず「宅内工事」が行われます。名前の通り自宅内で実施される工事です。

NURO光の宅内工事のイメージ図

NURO光の「宅内工事」は3ステップです。まず、自宅の外壁に「光キャビネット」と呼ばれる装置を設置します。そして、設置した「光キャビネット」からケーブルを宅内へ引き込みます。その後、「ONU」と呼ばれる機器を設置してケーブルと接続すれば宅内工事は終了です。

「宅内工事」終了日から約10日後に今度は「屋外工事」が実施されます。(宅内工事と屋外工事は別の日に実施されます。)

屋外工事イメージ

「屋外工事」は、近くの電柱からNURO光で利用する「光回線」を宅内工事の際に外壁に設置された「光キャビネット」へ接続し繋げます。

これでNURO光の開通工事は終了です。

管理人
NURO光のインターネット接続で利用する光回線を引き込む為の開通工事は「宅内工事」と「屋外工事」が別の日に2回実施されるんですね。

Step5. NURO光の開通工事後に設定

NURO光の開通工事が終了すると、今度は契約者自身でパソコンなどを使ってインターネットに接続する為の設定を行います。

設定をする

NURO光でインターネットに接続する為の設定です。設定には郵送されてきた書類に記載のIDやパスワードが必要です。もし、設定に不安がある人はNURO光へ問い合わせるとオペレーターが対応してくれます。

設定が終了後、無事にインターネットに接続出来ればNURO光の開通は終了です。

Step6. ドコモ光の解約

無事にNURO光が開通したら、ドコモ光の解約手続きを行いましょう。

ドコモ光の解約を申し出る

無難なのはNURO光が開通した後にドコモ光の解約手続きをする事です。しかし、ドコモ光では解約手続きをした月の翌月末まで解約日の予約が可能です。

詳しいドコモ光の解約方法など解約関連の内容については下記の関連記事にてご確認ください。

【解約方法】ドコモ光の解約手順や流れ。気になる解約金や工事、プロバイダについて

2018.03.02
ドコモ光の解約が完了すれば、NURO光へ完全乗り換えが完了です。

まとめ

今回はドコモ光を契約者向けに、ソネットが提供するNURO光への契約乗り換えに関する情報をまとめてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。ドコモ光からNURO光へ乗り換える理由として多いのは速度が速い点とスマホ契約がソフトバンクでおうち割光セットを適用できる点です。ドコモ光からNURO光への乗り換えには今回ご紹介した注意点を頭に入れて手続きしてみてください。ドコモ光を先に解約してしまうとインターネットに接続できない期間が出来るので、NURO光の新規契約をして開通工事が終了したタイミングか、開通日が確定した時点でドコモ光の解約手続きをするようにしましょう。NURO光では公式サイトのシークレットページで契約申込をすると35,000円のキャッシュバックがありますのでおすすめです。

NURO光公式サイトの
シークレットページ
キャッシュバック中

スポンサーリンク