持ち運び可能?ソフトバンクairは自宅以外でも利用できるのか?

工事をすることなく自宅内がWiFi環境になるSoftBank Air(ソフトバンクエアー)。手軽で簡単にインターネット接続が可能となる環境が出来るため人気となっています。

そこで今回はソフトバンクエアーを契約すると自宅以外の外出先へ持ち運びしても利用できるのかを調査してみたいと思います。

ここならSoftBank Air開通で
28,000円キャッシュバック中

ソフトバンクエアーとは

ソフトバンクエアーは、自宅でパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどWiFiに対応した機器でインターネットが接続できるサービスです。

光ファイバーやADSLなどの有線のインターネット接続サービスとは異なり、ソフトバンクエアーはソフトバンクの携帯電話やスマートフォンの電波を利用してインターネットに接続できるサービスです。

電波を利用しているので工事不要

携帯の電波を利用してインターネットに接続するサービス

ソフトバンクエアーというサービスを利用するには「Airターミナル」(現在はAirターミナル2)と呼ばれる機器を設置する必要があります。

この機器がソフトバンクの電波塔から発信されている携帯電話やスマートフォンで利用している電波を受信することでインターネットに接続できる新しいサービスです。

詳細はソフトバンクエアー代理店サイトへ

自宅以外でもソフトバンクエアーを利用できる?

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンのエリア内であればどこでも利用できるのが特徴です。電波を利用しているのでパソコン周りにあるLANケーブルなどの線が必要なくスッキリと利用することができます。

ソフトバンクの電波が届くエリア内で利用できるサービス「ソフトバンクエアー」ですが、自宅以外でも利用することができるのでしょうか?

答えは「ソフトバンクエアーは自宅以外でも利用できます!」です。

電源アダプターを差し込みコンセントに差し込む

電源アダプターを差し込みコンセントに差し込む

しかし、電波を受信するAirターミナルには電池を入れる場所はなく充電機能もありません。電源はコンセントを差し込む方法です。その為、エリア内で自宅以外でもソフトバンクエアーが利用できるのは「コンセントがある」場所に限られます。

ただし、ソフトバンクエアーは契約した住所でのみ利用することが前提です。その為、契約住所以外で何度も利用すると強制解約をする旨のハガキが届きますので注意しましょう。

ソフトバンクエアーは持ち運びは可能なのか?

Airターミナルという機器はソフトバンクエアーを利用する為には必ず必要な機器です。外出先へ持ち運び利用したいと思っている人もいると思います。

確かに自宅以外の場所へ持ち運び利用することは可能ですが、上記でご説明したようにコンセントから電源を取り入れるため、コンセントがある場所でなければ利用できないデメリットがあります。

Airターミナルのサイズも持ち運びのデメリット

もう一つの持ち運びのデメリットは大きさです。

SoftBank AirのAirターミナル2とiPhone6の比較

SoftBank AirのAirターミナル2は結構大きめ

持ち運んで利用することも可能ですが、ソフトバンクエアーで利用するAirターミナル2のサイズは大きめです。ちょっとしたポーチやポケットに入る大きさのサイズではありません。その為、手軽に持ち運びできるようなものではないです。

ちなみにAirターミナル2の重さは軽いので、年に数える程度の自宅以外の利用なら何とかなるかもしれませんね・・・。

そもそも、ソフトバンクエアーというサービス自体が自宅以外で持ち運び利用するようなインターネット接続サービスではないということを頭に入れて置かなくてはなりません。

持ち運びしたいならPocket WiFiがおすすめ

「面倒な工事はしたくない」という人はソフトバンクエアーがおすすめですが「自宅でも外出先でもインターネットがしたい」という人はPocket WiFiがおすすめです。

Pocket WiFiは名刺サイズのモバイルルーターで、ソフトバンクエアーのAirターミナル2のような役割をする機器です。

ポケットWiFiでネット接続できる

ポケットWiFiでネット接続できる

携帯電話の電波を受信してインターネットに接続できるサービスです。

このようなサービスはソフトバンクをはじめ、ドコモやauなど様々な業者が提供していますが利用できるデータ通信量(パケット量)に制限があり、制限を超えると速度が遅くなるデメリットもあります。

Pocket WiFiの詳細は「Yahoo! WiFi」へ

ワイモバイルのPocket WiFi

ソフトバンクとソフトバンクグループのワイモバイル2社ではソフトバンクエアーのように携帯・スマホの電波を使って、場所を選ばずどこでもインターネットが利用できるPocket WiFiを使用したサービスを展開してます。

特にワイモバイルは以前イーモバイルというサービス名でPocket WiFiを格安で利用できる先駆者として人気となった会社です。

まとめ

工事不要でAirターミナルと呼ばれる機器を置くだけで自宅でインターネットが利用できるようになるソフトバンクエアーですが、ソフトバンクのエリア内でAirターミナルの電源を取るコンセントがあれば自宅以外でも利用可能です。ただ、Airターミナルの大きさを考えれば持ち運びして利用するには少々面倒だと思います。

自宅でも自宅以外でも利用したいのであればスマモバのような無制限で利用できるPocket WiFiサービスも検討すべきでしょう。自宅以外での利用は考えていないのであればソフトバンクエアーはおすすめです。

SoftBank Airの加入手続きや
ご質問はこちら
28,000円キャッシュバック中

【2018年度最新版】SoftBank Air(ソフトバンクエアー)のキャッシュバック比較方法とキャンペーン紹介

2017.12.27

はじめよう SoftBank Air割で最大25,920円もお得!?

2017.09.21

ソフトバンクエアー3(Airターミナル3とAirターミナル2)の違い

2017.08.01

SoftBank Airのエリアを検索する方法とキャンセル方法

2016.10.18

SoftBank Air Airターミナル2/Airターミナル3の口コミレビュー

2016.06.24