ソフトバンク光で自宅をWi-Fi環境にする方法!市販ルーターや光BBユニットが必要?

ソフトバンク光を契約し開通後に自宅をWi-Fiが利用できるようにしたいですよね。ソフトバンク光の回線でWi-Fiが利用できるようになれば、スマホやタブレットなども毎月のパケット通信量を気にする事なく動画などを楽しむ事が出来ます。しかし、インターネット回線の初心者の人にとっては、自宅をどのようにすればWi-Fiが利用できる環境になるのか解らないと思います。

そこで今回は、インターネット初心者向けにソフトバンク光で自宅をWi-Fi環境にする方法、そして必要な機器は何か、市販ルーターや光BBユニットとは何かを解りやすくご紹介してみたいと思います。

かなり長文ですが、すべて読んで頂くとソフトバンク光でWi-Fiが利用できるようになりますし、SoftBankの携帯代・スマホ代が割引になります。

ソフトバンク光で自宅をWi-Fi環境にする方法(初心者向け)

ソフトバンク光が開通した後にWi-Fi環境にすれば、ケーブルを使う事なくパソコンでインターネットが出来ますし、スマホなども自宅でパケット通信量を気にせず利用する事が出来ます。しかし、ソフトバンク光の回線が自宅で開通してもWi-Fiを利用できる訳でなく、Wi-Fiを利用する為に必要な機器があります。

そこでまずは、インターネット回線の初心者向けに、ソフトバンク光の回線で自宅をWi-Fi環境にする為に必要なルーターという機器について解りやすくご紹介します。

NTTロゴ付の機器ではWi-Fi環境にはならない

ソフトバンク光を新規契約すると、自宅ではインターネットに接続する為の「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が実施されます。この開通工事後にはNTTのロゴが付いた「光回線終端装置(ONU)」と呼ばれる機器が自宅の部屋に設置されます。

上記イラストのように開通工事が終了すると「光回線」が宅内へ引き込まれ、部屋にNTTのロゴ付の「光回線終端装置(ONU)」という機器が設置されます。

開通工事後に設置される機器が「ONU」

この「光回線終端装置(ONU)」では、Wi-Fiを利用する事が出来ません。

「光回線」でデータをやり取りする場合は「光信号」を利用します。しかし、パソコンやスマホなどは「光信号」ではなく「デジタル信号」を利用します。「光信号」から「デジタル信号」へ変換する装置がこの「光回線終端装置(ONU)」です。

「光回線終端装置(ONU)」だけでインターネットに接続する場合、「LANケーブル」などの配線を利用するしか方法がありません。

配線が邪魔で仕方ない…

「光回線終端装置(ONU)」とパソコンが近くにある場合ならLANケーブルでインターネットをしてもいいかもしれません。しかし、「光回線終端装置(ONU)」以外の部屋でインターネットをしようと思ったら、配線工事などとても面倒です。

また、スマホはLANケーブルの差込口がないので、これではソフトバンク光の回線を利用してスマホでインターネットが利用出来ませんね…。

管理人
ソフトバンク光の開通工事後に設置されるNTTロゴ付の「光回線終端装置(ONU)」は、Wi-Fiを利用できる機器ではなく、「光信号」をパソコンやスマホでも利用できる「デジタル信号」へ変換する機器なんですね。

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)でWi-Fiが利用可能になる

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の新規契約後に設置された「光回線終端装置(ONU)」という機器ではWi-Fiを利用する事が基本的に出来ません。では、ソフトバンク光の回線でWi-Fiを利用するにはどうすればいいのでしょうか。

ソフトバンク光の回線を利用してWi-Fi環境にする場合、「Wi-Fiルーター」を別途設置する事でWi-Fiを利用できるようになります。(Wi-Fiルーターは「無線LANルーター」とも呼ばれます。)

Wi-Fiルーターを設置すればWi-Fiが利用可能に

「光回線終端装置(ONU)」と「Wi-Fiルーター」をケーブルで接続します。すると、「Wi-Fiルーター」がWi-Fiを発信し始めます。このWi-Fiをパソコンやスマホで受信する事でインターネットに接続可能となります。

「Wi-Fiルーター」を個別に設置する事で、自宅内がWi-Fi環境となり「光回線終端装置(ONU)」が設置された別の部屋でも配線が必要なくインターネットに利用可能となります。また、LANケーブルの差込口がないスマホやタブレットなどもWi-Fi接続により、ソフトバンク光の回線でインターネットが出来るようになる訳です。

管理人
ソフトバンク光の回線でWi-Fiを利用する為には、Wi-Fiルーター(無線LANルーター)を個別に設置する事で利用可能となるんですね。

ソフトバンク光でWi-Fi利用は市販ルーター?それとも光BBユニット?

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の回線でWi-Fi接続したい場合には「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」を個別に設置しなければなりません。しかし、Wi-Fi接続する為に必要なルーターはどこで手に入れる事ができるのでしょうか?

ソフトバンク光の場合、以下の2つの選択肢があります。

  • 市販ルーターを自分で購入して設置する
  • 光BBユニットをレンタルする

自宅でソフトバンク光の回線でWi-Fiを利用する場合は、自分で市販されているWi-Fiルーターを購入して設置するか、SoftBankから「光BBユニット」という機器をレンタルするかの2通りあります。

以下で詳しく解説してみましょう。

市販ルーターでソフトバンク光をWi-Fi接続する

Wi-Fiを発信する機器「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」は市販されていますので、自分で市販ルーターを購入して設置する事でWi-Fiが利用可能となります。

しかし、インターネット観戦の初心者の人にとっては、市販されているWi-Fiルーターは数多くあり、どれを購入してよいか苦労します。そんな初心者の人におすすめ「BUFFALO(バッファロー)」製の市販Wi-Fiルーターです。

階数や部屋数によって最適なルーターがある

BUFFALO製の市販ルーターは、高機能なのに初心者にも使いやすく、サポートも充実しています。

自宅の階数や部屋の数などで最適なWi-Fiルーターがあります。Amazonなら家電量販店で購入するよりもかなり安くBUFFALOのルーターを購入する事が可能です。

3階建てや4LDKに最適
BUFFALO WSR-2533DHPLはこちら(Amazon)

2階建てや3LDKに最適
BUFFALO WHR-1166DHP4はこちら(Amazon)

市販ルーターにはデメリットがある

上記でご紹介したように、数千円の市販ルーターを購入して設置すれば、ソフトバンク光の回線でもWi-Fiが利用できるようになり便利です。

しかし、1つだけデメリットがあります。
それは、市販ルーターでは「IPv6接続」が出来ません。

簡単にIPv6を説明すると…
通常は「IPv4」という接続方式でインターネットに接続します。しかし、新しい接続方式「IPv6」なら「IPv4」よりもインターネットの速度が速いとされています。

ソフトバンク光で速度が速いとされる「IPv6」でインターネットに接続したい場合、以下でご紹介する「光BBユニット」と呼ばれる機器をレンタルする必要があります。

管理人
ソフトバンク光の回線で市販ルーターでWi-Fi接続すると、IPv6っていう速度が速い接続方式が利用できないんですね。

Wi-Fiも利用できてIPv6接続も可能な「光BBユニット」

ソフトバンク光では「光BBユニット」と呼ばれる機器が有料でレンタル出来ます。

レンタル可能は「光BBユニット」

この「光BBユニット」何をする機器なのかというと、ソフトバンク光の電話オプションサービス「光電話」や「BBフォン」で利用する機器です。

電話オプションサービスで利用するだけでなく、この「光BBユニット」には「無線LAN」が内蔵されているのでWi-Fiが利用可能となります。

また、上記でも少しご紹介しましたが、この「光BBユニット」を利用すれば、インターネットの速度が速いとされる「IPv6」接続も可能となります。

以下でさらに「光BBユニット」を使ってソフトバンク光の回線でWi-Fi接続する方法をご紹介します。
管理人
SoftBankから「光BBユニット」という機器をレンタルすれば、Wi-Fi接続も出来て、IPv6接続も出来るんですね。Wi-Fiを利用してくて速度が気になる人はレンタルしてもいいですね。

光BBユニットをレンタルしてソフトバンク光でWi-Fi接続する方法

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の回線で自宅内をWi-Fi環境にする場合、市販ルーターを設置する方法以外にも「光BBユニット」をレンタルしてもWi-Fiが利用可能とご紹介しました。

そこでここからは、「光BBユニット」をレンタルしてWi-Fiを利用する為の方法、そしてレンタル料金などの毎月の費用などをご紹介したいと思います。

「光BBユニット」でWi-Fiを利用するには

SoftBankから「光BBユニット」をレンタルしてWi-Fi接続する方法は以下の2つです。

  1. 「光BBユニット」をレンタルする
  2. 「Wi-Fiマルチパック」に加入する

まず、当然ですが「光BBユニット」をレンタルしなければなりません。
しかし、ここで重要な事があります。

レンタルしただけではWi-Fiは使えない!

実は「光BBユニット」をレンタルしただけではWi-Fiが利用出来ません。「光BBユニット」をレンタルして、NTTロゴ付の「光回線終端装置(ONU)」と接続したからといって「光BBユニット」がWi-Fiを発信しません。

Wi-Fiマルチパックの加入も必須

「光BBユニット」でWi-Fiが利用できるようにするには、「光BBユニット」をレンタルした上で「Wi-Fiマルチパック」というオプションに加入する必要があるのです。

「Wi-Fiマルチパック」とは、「光BBユニット」でWi-Fiが利用できるようになるオプションサービスの事です。
管理人
ソフトバンク光の回線で「光BBユニット」という機器をレンタルしてWi-Fiを利用するには、「Wi-Fiマルチパック」というオプションにも加入しないといけないんですね。

光BBユニットとWi-Fiマルチパックの月額料金

上記でご紹介したように、SoftBankから「光BBユニット」をレンタルしてソフトバンク光の回線でWi-Fiを利用したい場合には「Wi-Fiマルチパック」にも加入する必要があります。

では、レンタル料を含めると毎月の支払いはいくらになるのでしょうか?

※以下でご紹介する料金はすべて税別です。

オプション
サービス
月額オプション料金
(レンタル料)
光BBユニット月額レンタル料
467円
Wi-Fiマルチパック月額990円
合計月額1,457円
+
ソフトバンク光の
ネット料金

上記の料金表を見て頂ければお解りになると思いますが、「光BBユニット」のレンタル料は月額467円です。また、光BBユニットでWi-Fi利用が可能となる「Wi-Fiマルチパック」のオプション料は月額990円です。

まとめると、ソフトバンク光で「光BBユニット」を使ってWi-Fi接続するには、インターネット料金とは別に月額1,457円も必要なのです。高いですね…。

しかし、ソフトバンクのスマホを契約中なら、この合計月額1,457円を月額500円にする方法があります。詳しくは下記でご紹介します。

「おうち割 光セット」適用で月額500円に

ソフトバンク光で「光BBユニット」をレンタルして、さらに「Wi-Fiマルチパック」のオプションに加入すると、ネット料金とは別に月額1,457円でWi-Fiが利用可能とご紹介しました。

しかし、ソフトバンクユーザーなら「おうち割 光セット」を適用する事で、「光BBユニット」+「Wi-Fiマルチパック」の月額1,457円が月額500円になります。

「おうち割 光セット」とは
「おうち割 光セット」とは、SoftBankの携帯電話やスマホを契約中のSoftBankユーザーがソフトバンク光も契約する事で割引される「セット割」の事です。「おうち割 光セット」を適用すると、毎月のSoftBankの携帯代・スマホ代が最大1,000円も割引されます。契約者の家族のSoftBankの携帯代・スマホ代も割引対象となるのが最大の特徴です。

SoftBankの携帯代・スマホ代が毎月最大1,000円割引になる「おうち割 光セット」を適用する為の条件は、ソフトバンク光のインターネット契約以外に以下の3つのオプション加入が必須条件です。

  1. 光BBユニットのレンタル
  2. Wi-Fiマルチパック加入
  3. BBフォン等の電話オプション加入
以上の3つのオプションに加入して「おうち割 光セット」の手続きをすると、毎月のSoftBank携帯代・スマホ代が家族の分も含めて最大1,000円割引されます。

3つのオプションに加入して「おうち割 光セット」を手続きしなかった場合、以下のように通常通りの月額料金の支払いが必要となります。

おうち割光セットの
手続きをしていない場合
オプション
サービス
月額オプション料金
(レンタル料)
光BBユニット月額レンタル料
467円
Wi-Fiマルチパック月額990円
BBフォン月額基本料無料

通話料
合計月額1,457円
+
BBフォン通話料
+
ソフトバンク光の
ネット料金
BBフォンの月額基本料金は無料です。但し、通話した分だけ通話料を支払う必要があります。逆を言えば、通話しなければBBフォンは無料です。

しかし、3つのオプションに加入した後に「おうち割 光セット」の手続きをしたら月額1,457円が月額500円に割引されます。

おうち割光セットの
手続きをした場合
オプション
サービス
月額オプション料金
(レンタル料)
光BBユニット月額レンタル料
467円
Wi-Fiマルチパック月額990円
BBフォン月額基本料無料

通話料
合計通常1,457円が
おうち割光セット適用で
月額500円
+
BBフォン通話料
+
ソフトバンク光の
ネット料金

これでご理解頂けたと思いますが、まとめますと・・・

  1. SoftBankスマホを契約中ならソフトバンク光の契約後に
    「おうち割光セット」を適用すべき。
  2. 「おうち割光セット」を適用するには3つのオプション加入が条件。
     【光BBユニットレンタル】+【Wi-Fiマルチパック】+【BBフォン等の電話】
  3. 「おうち割光セット」を適用すると契約者と契約者の家族の
    SoftBank携帯代が毎月最大1,000円割引になる。
  4. 「おうち割光セット」を適用すると3つのオプション料金の
    通常月額1,457円が月額500円になる。
要は、月額500円でソフトバンク光の回線で自宅をWi-Fi環境にも出来るし、SoftBankの携帯代・スマホ代も家族も含めて割引される、という訳です。

詳しくは、ページ下の関連記事をご覧いただくと、より深く理解できると思います。

まとめ

今回はソフトバンク光のインターネット回線で自宅をWi-Fi環境にする方法を中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。ソフトバンク光を新規契約し開通工事が終了すると、自宅にNTTロゴ付の「光回線終端装置(ONU)」が設置されますが、この機器ではWi-Fiが利用できず、Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーター(無線LANルーター)が必要です。このWi-Fiルーターは市販ルーターを設置してもいいのですが、SoftBankユーザーなら「光BBユニット」をレンタルし、「Wi-Fiマルチパック」に加入する方をおすすめします。通常は「光BBユニット」のレンタル料と「Wi-Fiマルチパック」のオプション料は月額1,457円もしますが「おうち割光セット」を適用すると月額500円になります。「おうち割光セット」を適用するとSoftBankの携帯代・スマホ代が毎月割引になりますし、月額500円に減額されるのでおすすめです。

ソフトバンク光新規契約で
33,000円キャッシュバックに増額中!
▼2019年11月30日終了予定▼
キャンペーンサイトはこちら

IPv6対応したソフトバンク光は申し込みや設定不要で遅い速度が改善する?

おうち割 光セットの申し込み方法と手続き方法

【改定版】解りづらい!「おうち割 光セット」でスマホ代が毎月最大1,000円割引は嘘!?

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!