商標登録取得のお知らせ

[解決]ソフトバンク光を戸建ての住宅で契約したい!気になる速度や料金プラン、工事などをまとめて徹底解説!

この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール
ソフトバンク光を戸建住宅(一戸建て・一軒家)で契約を検討中ですね。

ソフトバンク光を戸建住宅で契約する場合、一般的には「ファミリータイプ」と呼ばれる形態で契約します。

以下、戸建住宅で一般的にソフトバンク光で契約する「ファミリータイプ」の概要をまとめた表です。

この記事の記載金額はすべて税込です。

住居タイプ戸建住宅
(ファミリータイプ)
月額基本料
  • 2年自動更新プラン
    月額5,720円
  • 5年自動更新プラン
    月額5,170円
  • 自動更新なしプラン
    月額6,930円
最大通信速度最大1Gbps
平均実測
(実際の平均速度)
  • 平均Ping値
    16.65ms
  • 平均下り速度
    314.77Mbps
  • 平均上り速度
    224.0Mbps

2022年6月15日現在

初期費用
  • 契約事務手数料
    3,300円
  • 開通工事費
    最大26,400円

料金出典:SoftBank、速度出典:みんそく

ソフトバンク光の戸建住宅で多くの方々が契約している「ファミリータイプ」の特徴は、最大通信速度が1Gbpsで、月額基本料金は(2年自動更新プランの場合)、月額5,720円の定額制である点です。

ソフトバンク光を戸建住宅で契約する場合は「ファミリータイプ」での契約が基本ですが、その他にも最大通信速度が10Gbpsと最速の「ファミリー10ギガや、2段階定額という特殊な料金形態の「ファミリーライトというものもあります。
監修者長井
この記事は戸建住宅でソフトバンク光の一般的な契約形態である「ファミリータイプ」の解説です。長文ですが、戸建てで契約予定の方に有意義な内容となっていますので最後までお付き合いください!

この記事ではソフトバンク光を戸建住宅で契約予定の方に向けて、「ファミリータイプ」の契約内容(料金プラン)や新規契約時に実施する工事内容や工事費、速度の違い、解約時に発生する解約金(契約解除料)を徹底解説します。

\お得に契約しよう/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)の料金プランを徹底解説

ソフトバンク光を戸建住宅の「ファミリータイプ」で契約した場合は、当然ながらインターネットの利用料金(月額基本料)の支払いが発生します。(毎月の支払額を把握しておくことは大変重要です!)

そこで、大変重要となる月額料金(毎月の支払額)について詳しく解説します。

ファミリータイプの契約プランは3つ!

戸建住宅にお住まいの方が一般的に契約するソフトバンク光の「ファミリータイプ」には、「2年自動更新プラン」「5年自動更新プラン」「自動更新なしプラン」の3つの契約プランがあります。

戸建住宅契約プラン
ファミリータイプ2年自動更新プラン
5年自動更新プラン
自動更新なしプラン
「5年自動更新プラン」は、ソフトバンク光のインターネット契約に加えて有料オプションサービス(テレビ視聴サービス)である「ソフトバンク光テレビ」の加入者限定プランです。

その為、「5年自動更新プラン」で契約している方は極めて少ないのが現状です。

監修者長井
ソフトバンク光の「5年自動更新プラン」は、ソフトバンク光テレビへの加入が条件となっているプランなので「5年自動更新プラン」を契約している方はほとんどいません。

「5年自動更新プランというプランがあるのね」という程度の認識で構いません。

「2年自動更新プラン」と「自動更新なしプラン」の違い

ソフトバンク光の戸建住宅でファミリータイプを契約予定の方は、「2年自動更新プラン」と「自動更新なしプラン」の2つのプランの違いを理解した上で申し込みすることをおすすめします。

以下、2年自動更新プランと自動更新なしプランの違いをまとめた表です。

プラン2年自動更新自動更新なし
月額基本料5,720円6,930円
契約期間24ヶ月間なし
自動更新ありなし
契約解除料
(解約金)
10,450円なし

出典:SoftBank

自動更新なしプラン
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)の「自動更新なしプラン」で契約した場合、月額基本料金は6,930円で、契約期間が設定されていませんのでいつ解約しても契約解除料の支払いは不要です。

2年自動更新プラン
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)の「2年自動更新プラン」で契約した場合、月額基本料金は5,720円24ヶ月間の契約期間が設けられています。24ヶ月間の契約期間が終了すると自動で契約が更新されて再度24ヶ月間の契約が始まります。

また、2年自動更新プランは「契約解除料 不要期間」以外で解約すると契約解除料(10,450円)の支払いが必要です。

以下、2年自動更新プランの「契約解除料 不要期間」をイメージ化したものです。

2年自動更新プランの契約期間は24ヶ月間で、契約期間が終了する24ヶ月目を「契約満了月」と呼びます。

契約満了月(24ヶ月目)以降は、自動で契約が更新されて再度24ヶ月間の契約が始まります。

契約解除料
2年自動更新プランの解約には契約解除料(解約金)として10,450円の支払いが必要です。

ただし、契約満了月の【24ヶ月目】と自動で契約が更新された【1ヶ月目】と【2ヶ月目】の合計3ヶ月間は「契約解除料不要期間」と呼ばれており、「契約解除料不要期間」に解約すると契約解除料の支払いは不要となります。

ワンポイントアドバイス
契約期間がなく、いつ解約しても契約解除料の支払いが不要の「自動更新なしプラン」の方が良さそうに感じますが、「自動更新なしプラン」の月額基本料金は6,930円もします。(2年自動更新プランより毎月1,210円高く、年間にすると14,520円も高い!)

また、ソフトバンク光のような固定回線契約は2年以上契約している方がほとんどで、コロコロと契約を乗り換える(変更する)ことはありませんので、「2年自動更新プラン」での契約をおすすめします!

月額基本料金にプロバイダ利用料が含まれている

インターネット接続に欠かせないのが「プロバイダ」の存在です。

自宅に引き込まれた「光回線」は「プロバイダ」に接続されています。
そして、プロバイダがインターネットに接続する役割を果たしています。

現在は減少傾向にありますが、以前はプロバイダまで接続する回線の「回線利用料」とインターネットに接続する「プロバイダ利用料」は個別に契約して個別に利用料を支払う必要がありました。

しかし、ソフトバンク光の契約は「回線契約」と「プロバイダ契約」のセット契約となりますので、ソフトバンク光の月額基本料金に「回線利用料」と「プロバイダ利用料」が含まれています。

戸建住宅月額基本料金
ファミリータイプ
(2年自動更新プラン)
5,720円

出典:SoftBank

例えば、戸建住宅でソフトバンク光のファミリータイプ(2年自動更新プラン)で契約した場合は、月額基本料金の5,720円の支払いのみとなります。(別途、プロバイダ利用料等は請求されない。)

ただし、オプションサービスに加入した場合は月額基本料金に加えてオプション料の支払いが必要です。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線(回線契約)とSoftBankのプロバイダ「Yahoo!BB」とのセット契約となっています。(ソフトバンク光のプロバイダは選択不可でYahoo!BBを利用する。)

集合住宅よりも戸建住宅の方が料金が高い理由

余談ではありますが、ソフトバンク光の月額基本料金は集合住宅より戸建住宅の方が高い理由を解説します。

以下、2年自動更新プランの月額基本料金です。

月額基本料金
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円
集合住宅
(マンションタイプ)
4,180円

出典:SoftBank

戸建住宅(ファミリータイプ)は月額5,720円集合住宅(マンションタイプ)は月額4,180円です。

集合住宅よりも戸建住宅の方が毎月1,540円も高い!
質問者
戸建ての方が毎月1,540円も高いですね。
監修者長井
はい、そうなんですよ。戸建住宅の方が料金が高い事はソフトバンク光に限った事ではなく他社も同じなんです。戸建住宅の方が集合住宅より月額料金が高い理由があります!

戸建住宅(ファミリータイプ)の場合、インターネットに接続する際に利用する光回線を「独占」して利用しており、インターネットの速度が安定して利用できる特徴があります。

一方、集合住宅(マンションタイプ)の場合は、インターネットに接続する際に利用する光回線は集合住宅内の各部屋と「共有」して利用しており、各部屋の利用状況によっては速度が低下する可能性があります。

戸建住宅は1本の光回線を「独占」して利用しており速度が低下しにくく安定したインターネット接続が可能となるため、集合住宅よりも料金を高く設定している!
ワンポイントアドバイス
戸建住宅の方が料金が高い事はソフトバンク光に限った事ではありません。

戸建住宅の方が月額料金は高いですが「回線を独占利用できる」「速度が低下しにくい」「インターネットが安定している」という点で集合住宅よりもメリットがあるのも事実です。

\お得に契約しよう/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中

ソフトバンク光を戸建住宅で契約した場合の工事内容

ソフトバンク光を戸建住宅で契約した場合、ソフトバンク光で利用する「光回線」を利用できるように工事業者が訪問して回線工事が実施されますが「どんな工事が行われるのか」という疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

以下では、戸建住宅で実施されるソフトバンク光の工事内容やを詳しく解説します。

フレッツ光から「転用」で、他社光コラボから「事業者変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合には、フレッツ光又は他社光コラボで利用している光回線を再利用するので工事不要となります。

屋外工事と宅内工事の違いを理解しよう

ソフトバンク光を「新規契約」した場合は戸建住宅(建物)に回線が繋がってない状態です。

その為、近くの電柱などから戸建住宅(建物)へ回線を繋ぐ「屋外工事」と、繋がった回線を宅内へ引き込む為の「宅内工事」の両方の2つの工事を実施する必要があります!

戸建住宅の工事内容

  1. 屋外工事
    電柱から建物の間に回線を繋ぐ工事
  2. 宅内工事
    建物に繋がった回線を宅内へ引き込む工事

以下で、屋外工事と宅内工事に分けて工事内容を詳しく解説します。

戸建住宅で実施する「屋外工事」の工事内容

まずは、ソフトバンク光で利用する回線を建物と繋ぐための「屋外工事」が実施されます。

ソフトバンク光を契約する戸建住宅の住所へ工事業者が訪問して、高所作業車を使って近くの電柱から建物へ回線を繋ぐための「屋外工事」がまず実施されることになります。

この「屋外工事」の際に壁に穴を空ける可能性があります。

電柱から建物の間を繋ぐ回線はしっかりと繋いでおかないと台風など強風の時に緩んでしまう危険性があるため、「引留金具」を壁に設置して電柱と建物の間の回線が緩まないよう工事を行います。

この「引留金具」を壁に設置する際に「ビス(ネジ)」を利用するために壁に数か所小さな穴が空きます。この工事のことを「ビス止め」と呼び事が多いです。)
ワンポイントアドバイス
工事業者の判断でベランダなどに回線を繋げて壁に穴を空けないような工事が検討されますが、やむを得ない場合は壁に穴を空けて引留金具をビス止めする工事が実施されます。

ソフトバンク光を契約する戸建住宅が「賃貸」の場合で壁に穴を空ける工事となった場合は、管理会社やオーナー(大家さん)の許可が下りてからの工事となります。

戸建住宅で実施する「宅内工事」の工事内容

電柱から建物に回線を繋ぐ「屋外工事」が完了したら、続いて「宅内工事」が実施されます。

宅内工事の主な工事内容は以下です

宅内工事内容

  1. 回線を宅内へ引き込む
  2. 回線を「光コンセント」に接続する
  3. ONU(回線終端装置)を設置する

宅内工事①:回線を宅内へ引き込む

まずは、電柱と建物の間で繋がった回線を自宅内部へ引き込む工事が実施されます。

宅内工事で回線を宅内へ引き込む為には「穴」が必要ですが、なるべく壁に穴を新規で空けないように既にある穴である「エアコン穴」「通気口」「電話線の配管」等から引き込めるかを検討されます。

ただし、回線を引き込めるルートに「エアコン穴」などがない場合には新規で1センチ程度の小さな穴を空けて回線を宅内へ引き込む工事となります。新規で穴を空ける工事が必要な場合は工事業者から事前に契約者に対して確認が行われます。

宅内工事②:回線を「光コンセント」に接続する

回線が自宅内部へ引き込まれたら回線を「光コンセント」と呼ばれる差込口と接続する工事が実施されます。

電源コンセントなどと一体となった「光コンセント(一体型)」がある場合には、回線を既にある光コンセントで利用できるように接続されます。

光コンセントがない場合には「分離型の光コンセント」が新たに設置されます。

宅内工事③:ONU(回線終端装置)を設置する

最後にONU(回線終端装置)と呼ばれるNTT機器が設置されます。

ONU(回線終端装置)を「ホームゲートウェイ」や「モデム」などと呼ぶ場合があります。

このNTT機器である「ONU(回線終端装置)」は、光回線で利用される「光信号」をパソコンやスマホなど接続機器で利用する「デジタル信号」へ変換するための重要な機器です。
NTT回線とNTT機器の解説記事へ

ソフトバンク光の回線工事が終了した完成イメージは以下です!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光を戸建住宅で新規契約した場合は工事業者が訪問する回線工事が実施されますが、申し込みから約1~2ヶ月以上工事が実施されるまで待つ必要があります。(工事業者が不足しており、申し込み後すぐに工事をしてくれません。)

その為、SoftBankではソフトバンク光の回線工事が終了するまで無料でモバイル端末をレンタルしてくれる「開通前レンタル」を利用することが出来ます。

\お得に契約しよう/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中

ソフトバンク光を戸建住宅で契約時に発生する工事費(初期費用)

ソフトバンク光を戸建住宅で契約する方は初期費用も把握しておきましょう!

ソフトバンク光を契約時に理解しておくべき初期費用は「契約事務手数料」と「回線工事費」です。

契約事務手数料3,300円
回線工事費
  • 新規契約の場合
    最大26,400円
  • 転用/事業者変更の場合
    0円(工事不要)

出典:SoftBank

ソフトバンク光を契約時には必ず「契約事務手数料(3,300円)」の支払いが発生します。

契約事務手数料はソフトバンク光の初回請求時(初めて料金が請求される時)に月額基本料金と合算されて請求されます。

契約事務手数料は、ソフトバンク光に限らず他社の回線契約でも契約時に必要な初期費用です。
(他社の契約事務手数料も概ね3,300円程度です。)

以下では、ソフトバンク光を戸建住宅で契約した場合の工事費を詳しく解説すると共に、工事費が実質無料となるキャンペーンも合わせてご紹介します。

戸建住宅の工事費は最大26,400円

ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)で「新規契約」した場合に実施される回線工事の工事費は以下です。

新規契約回線工事費
派遣工事あり
  • 屋外工事+宅内工事
    26,400円
  • 宅内工事のみ
    10,560円
派遣工事なし2,200円

出典:SoftBank

ソフトバンク光の回線工事は、工事業者が訪問する「派遣工事あり」工事業者が訪問しない「派遣工事なし」の2つに大きく分けられます。さらに「派遣工事あり」の場合は「屋外工事+宅内工事」又は「宅内工事のみ」に分けられます。

派遣工事あり「屋外工事+宅内工事」

ソフトバンク光を契約する戸建住宅にインターネットに接続する為の回線が繋がっていない状態の場合は、工事業者が訪問して回線を繋ぐ「屋外工事」と、回線を自宅内へ引き込む「宅内工事」が必要となります。

  • 電柱と建物の間に回線が繋がっていない…
  • 回線が建物内に引き込まれていない…

この場合の回線工事費は26,400円です。

ほとんどの方がこのパターンに当てはまります。
新築の一戸建ての場合もこの工事内容と工事費用となります。

派遣工事あり「宅内工事のみ」

ソフトバンク光を契約する戸建住宅にインターネットに接続する為の回線が既に繋がっている状態ですが、回線が自宅内へ引き込まれていない状態の場合は「宅内工事のみ」が実施されます。

  • 電柱と建物の間に回線が繋がっている!
  • しかし、回線が建物内に引き込まれていない…

この場合の回線工事費は10,560円です。

例えば、ソフトバンク光を契約する戸建住宅を【賃貸】で借りている場合、又は【中古】で購入した場合、以前住んでいた方が回線のみをそのまま残している事が稀にあります。その場合は「宅内工事のみ」となります。

派遣工事なし

稀に、ソフトバンク光を契約する戸建住宅に「建物と回線が繋がっている状態」で、尚且つ「回線が建物内に既に引き込まれている状態」、そして「光コンセントも設置されている状態」の物件があります。

工事業者が訪問する必要がない物件が稀にある。

  • 電柱と建物の間に回線が繋がっている!
  • 回線が建物内に引き込まれている!
    (光コンセントもある!)

この場合の回線工事費は2,200円です。

監修者長井
このような完璧な状態の物件はほとんどありません…。
例えば、ソフトバンク光を契約する戸建住宅に以前住んでいた方がソフトバンク光などを契約しており、残置状態で(回線などを全て残した状態で)物件を退去した場合は「派遣工事なし」となる場合があります。

土日祝日・夜間・深夜の工事割増金

ソフトバンク光を戸建住宅で新規契約した際に「派遣工事あり」で回線工事をする場合には、立ち会いが必要となります。

「派遣工事あり」は、契約者や契約者の家族などが工事実施日時に立ち会う必要があります。

その為、立ち会い可能な「工事実施日」や「工事実施時間」を事前に指定することができます。
ソフトバンク光の申込後に工事実施日時の希望を指定可能です。

ただし、工事実施日を「土日祝」に指定したり、工事実施時間を「夜間・深夜」に指定すると工事費に加えて「割増金」が別途請求されますので注意が必要です!

土日工事割増金3,300円
夜間割増金
(17時~22時)
  • 派遣工事あり(※1)
    7,590円
  • 派遣工事あり(※2)
    2,838円
深夜割増金
(22時~8時)
  • 派遣工事あり(※1)
    19,030円
  • 派遣工事あり(※2)
    5,676円

出典:SoftBank
※1:宅内への光ケーブルを新設または一部利用し配線ルートを変更する場合又は、VDSL方式
※2:宅内の光ケーブルを再利用する場合または、LAN配線方式

回線工事を土日祝日で実施を指定した場合は、工事費に加えて「土日工事割増金(3,300円)」が請求されます。

さらに、工事を実施する時間帯を夜間(17時~22時)に指定した場合は「夜間割増金(最大7,590円)」が、深夜(22時~8時)に指定した場合は「深夜割増金(最大19,030円)」が別途請求されます。

工事を実施する時間帯は基本的に「9時から17時」の間となっています。
ワンポイントアドバイス
工事実施日を「平日(月~金)※祝日除く」を指定して、工事実施の時間帯は9時から17時の間で指定することにより、割増金の請求がなく工事費を抑える事ができます。

注意!工事日時に留守だと派遣費用が請求される

ソフトバンク光の工事実施日時に注意すべき点は「不在(留守)」です!

指定した工事実施日時に工事業者が自宅に訪問して回線工事が実施されますが、「派遣工事あり」の回線工事の場合は契約者又は契約者の家族が立ち会う必要があります。

工事実施日時に立ち会える方が不在だと工事業者は回線工事を実施できません!

派遣費用
(不在時)
7,150円

不在の場合は回線工事が実施できませんが工事業者は訪問していますので「派遣費用(7,150円)」が請求されます。

立会い工事が必要なお客さまで、工事日変更のお手続きがなく、ご不在などにより工事ができない場合は、派遣費用として7,150円を請求させていただく場合がございます。
引用:SoftBank
ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の回線工事の実施日時には契約する住所(戸建住宅)に立ち会えるよう在宅しておくことは当然ですが、もし予定が入るなどしてどうしても立ち会えない場合には早めに工事日の変更手続きを行いましょう!
問い合わせ方法はこちら

初めてソフトバンク光を新規契約する方は工事費が実質無料!

2022年6月現在、SoftBankでは初めてソフトバンク光を契約する方で、尚且つ、現在他社のインターネット回線を契約していない方を対象に工事費が実質無料となる「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」を実施中です!

特典対象者
  • ソフトバンク光を初めて契約する方
    (過去に契約経験がない方)
  • 現在、他社のインターネット契約がない方

上記の条件すべてに当てはまる方は工事費が実質無料となります。

「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」の特典内容は以下です。

回線工事費特典内容
26,400円月額基本料金から
毎月1,100円割引
(24ヶ月間)
10,560円月額基本料金から
毎月1,100円割引
(10ヶ月間)
2,200円月額基本料金から
毎月1,100円割引
(2ヶ月間)

出典:SoftBank

例えば、ソフトバンク光の回線工事費が「26,400円」だったとすると特典適用で以下のようになります。

月額基本料
(ファミリータイプ)
5,720円
工事費サポート
はじめて割
月額基本料金から
毎月1,100円割引
(24ヶ月間)
回線工事費26,400円
24回分割で月々1,100円
請求額/月5,720円

「SoftBank 光 工事費サポート はじめて割」は月額基本料から24ヶ月間毎月1,100円割引されるので、ファミリータイプの月額基本料5,720円から1,100円が割引されて月額基本料が4,620円となります。

回線工事費が26,400円の場合は24回分割払いで月々1,100円の支払いとなるため、割引された月額基本料4,620円に工事費分割支払い額1,100円が加算され、請求額は結局もともとの月額基本料金と同額の5,720円となります。(工事費が実質無料!)

工事費サポートはじめて割の詳細はこちら

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)の速度を徹底解説

ソフトバンク光を契約する際に理解しておきたいのがインターネットに接続した際の「速度」です。

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)で利用する光回線には「回線品目(回線の種類)」が数種類あり、各回線品目によって最大通信速度が違います。また、IPv6接続する事によって最大通信速度が各段に速くなる回線品目もあります。

以下、速度について段階を踏みながら解りやすく解説します。

戸建住宅(ファミリータイプ)で利用する回線品目

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)では以下の回線品目(回線の種類)が利用されます。

エリア回線品目
(回線の種類)
NTT東日本ファミリー・ギガスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー
NTT西日本ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー・ハイスピード
ファミリー

ソフトバンク光を「NTT東日本エリア」で戸建住宅(ファミリータイプ)で契約した場合は、「ファミリー・ギガスピード」「ファミリー・ハイスピード」「ファミリー」のいずれかの回線が利用されます。

NTT東日本エリアで戸建住宅(ファミリータイプ)を「新規契約」した場合の回線品目は「ファミリー・ギガスピード」となります!

また、ソフトバンク光を「NTT西日本エリア」で戸建住宅(ファミリータイプ)で契約した場合は、「ファミリー・スーパーハイスピード」「ファミリー・ハイスピード」「ファミリー」のいずれかの回線が利用されます。

NTT西日本エリアで戸建住宅(ファミリータイプ)を「新規契約」した場合の回線品目は「ファミリー・スーパーハイスピード」となります!

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

戸建住宅の回線品目で最大通信速度に違いがある

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)で契約した場合には様々な回線品目(回線の種類)があることはご理解頂けたと思いますが、回線品目によって最大通信速度に違いがあります。

エリア回線品目下り最大上り最大
NTT
東日本
ファミリー・
ギガスピード
1Gbps1Gbps
ファミリー・
ハイスピード
200Mbps100Mbps
ファミリー100Mbps100Mbps
NTT
西日本
ファミリー・
スーパーハイスピード
1Gbps1Gbps
ファミリー・
ハイスピード
200Mbps200Mbps
ファミリー100Mbps100Mbps

出典:SoftBank

NTT東日本エリアの回線品目「ファミリー・ギガスピード」とNTT西日本エリアの回線品目「ファミリー・スーパーハイスピード」の最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)で最も速いが利用できる回線です。

一方、NTT東日本・NTT西日本の回線品目「ファミリー」の最大通信速度は100Mbpsしかありません…。

豆知識
以前は最大通信速度が100Mbpsの回線品目(ファミリー)しかありませんでした。
しかし、年々技術が向上していった結果、現在は最大通信速度が1Gbps(1000Mbps)となる回線品目(ファミリー・ギガスピード/ファミリー・スーパーハイスピード)が戸建住宅で利用される一般的な回線品目となっています。

何年も前からフレッツ光を契約中の方がソフトバンク光へ「転用」で乗り換える場合、そのままの回線品目が再利用されるため工事不要とはなりますが、利用している回線品目が「ファミリー」だとソフトバンク光へ乗り換えても最大通信速度は100Mbpsのままとなります。

ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)で回線工事を伴う「新規契約」をする方は、回線品目が最大通信速度1Gbpsの「ファミリー・ギガスピード/ファミリー・スーパーハイスピード」となります。

ワンポイントアドバイス
フレッツ光の回線品目が「ファミリー」の方はソフトバンク光へ乗り換える際は「品目変更」という手続きを行って現在の回線品目「ファミリー」から「ファミリー・ギガスピード/ファミリー・スーパーハイスピード」へ変更すると最大通信速度が1Gbpsに爆上げします!

平均実測(実際の平均の速度)を確認してみよう

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)の最大通信速度は1Gbpsです。
ただし、この速度は「ベストエフォート型」と呼ばれています。

SoftBank公式サイトにはベストエフォート型について以下のような説明があります。

お客さまに提供するサービスについて、常に一定の品質を保証しているわけではないですが、最善のサービスを提供できるよう可能な限り努力するというサービスのありかたのことです。
引用:SoftBank

要するに、最大限努力した結果の最大速度は1Gbpsですが、「通信の混雑状況」やパソコンやスマホなどの「接続機器のスペック」などにより通信速度が低下するサービスであることを示しています。

世の中のインターネット接続サービスの9割以上が速度の保証がないベストエフォート型です。

その為、ソフトバンク光を契約している方が実際に測定した平均実測が参考になります。

以下、2022年6月16日現在の平均実測(実際の平均速度)です。

下り平均速度317.48Mbps
上り平均速度220.53Mbps

出典:みんそく

ソフトバンク光を戸建て住宅で契約している方々が測定した平均速度は、下り平均317.48Mbps・上り平均220.53Mbpsで十分な速度が利用出来ていることが判断できます。

下り速度が100Mbps以上あれば動画をストレスなく視聴できる十分な速度です。
ワンポイントアドバイス
下り速度はインターネット上にあるデータをダウンロードする際の速度です。
下り速度が速ければ、ホームページの表示も速く、動画も途切れることなく視聴することができます。

一方、上り速度はインターネット上にデータをアップロードする際の速度です。(動画をyoutubeにアップしたり、SNSに写真をアップしたり、メールを送信したりする際の速度です。)

IPv6接続(IPoE)で戸建住宅の下り速度が速くなる

ソフトバンク光は基本的にIPv4(PPPoE)という接続方式でインターネットに接続します。

しかし、ソフトバンク光のオプションサービスである「光BBユニット」と呼ばれる機器を有料でレンタルすると最新の接続方式である「IPv6(IPoE)」での接続が可能となります!

IPv6(IPoE)という接続方式は、IPv4(PPPoE)よりも速度が速い特徴があります!

以下、2022年6月16日現在の「IPv4(PPPoE)」「IPv6(IPoE)」に分けた平均実測です。

IPv6
(IPoE)
IPv4
(PPPoE)
下り
平均速度
318.57Mbps272.03Mbps
上り
平均速度
224.6Mbps175.34Mbps

出典:みんそく

ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)で契約すると回線を独占して利用するため、集合住宅(マンションタイプ)よりも速度が速く安定していますが、「少しでも速度が速い方がいい」という方は光BBユニットをレンタルしてIPv6(IPoE)接続すると良いでしょう!

まとめ

この記事ではソフトバンク光を戸建住宅(一軒家、一戸建て)で契約予定の方を対象に、月額基本料金や契約プランなどの毎月のコストを解説すると共に、新規契約後に実施する工事内容と工事費用、戸建住宅の通信速度についてまとめて解説しました。

ソフトバンク光を戸建住宅で契約する場合は、最大通信速度が1Gbpsの「ファミリータイプ」・最大通信速度が10Gbpsの「ファミリー10ギガ」、2段階定額制の「ファミリーライト」のいずれかで契約しますが、現状は9割以上の方が「ファミリータイプ」で契約しています。

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)には「2年自動更新プラン」「5年自動更新プラン」「自動更新なしプラン」の3つの契約プランがありますが、「2年自動更新プラン」での契約を強くおすすします。

ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)を「2年自動更新プラン」で契約すると、月額基本料金は5,720円で、契約期間は24ヶ月間です。(契約期間が終了すると、契約は自動更新されて再度24ヶ月間の契約が始まるプランです。)

ソフトバンク光を戸建住宅で「新規契約」すると、基本的に「屋外工事」と「宅内工事」の2つの回線工事が実施され、工事費は26,400円です。(24回分割払いで月々1,100円です。)

\お得に契約しよう/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)で契約した際の月額料金は?
ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)の月額基本料金は、2年自動更新プランで5,720円です。
戸建住宅(ファミリータイプ)の工事内容は?
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)を新規契約した場合には、電柱から建物の間に回線を繋ぐ「屋外工事」と、回線を自宅内へ引き込むための「宅内工事」が実施されます。場合によっては壁に穴を空ける可能性がありますが、その際は工事業者から事前に相談されます。(※工事の所要時間は約1時間~1時間30分程度です)
戸建住宅(ファミリータイプ)の工事費は?
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)を新規契約した場合に実施する回線工事の工事費は26,400円です。ただし、24回分割払いなら月々1,100円が月額基本料金と合算されて毎月請求されます。また、土日や深夜・夜間に工事を依頼した場合は工事費に加えて割増金が請求されます。
戸建住宅(ファミリータイプ)の速度はどのくらいですか?
ソフトバンク光を戸建住宅(ファミリータイプ)を新規契約した場合は、基本的に回線品目が「ファミリー・ギガスピード」又は「ファミリー・スーパーハイスピード」となるため、最大通信速度は1Gbpsとなります。ただし、以前から古い回線品目(ファミリー)でフレッツ光を契約中で「転用」で乗り換えた場合はソフトバンク光の回線品目も「ファミリー」となり最大通信速度は100Mbpsとなります。
戸建住宅(ファミリータイプ)の解約金はいくらですか?
ソフトバンク光の戸建住宅(ファミリータイプ)を2年自動更新プランで契約中で解約すると、契約解除料として10,450円の支払いが発生します。ただし、契約満了月の「24ヶ月目」と自動更新された「1ヶ月目」「2ヶ月目」の合計3ヶ月間は「契約解除料不要期間」で契約解除料不要で解約できます。