ソフトバンク光を戸建住宅で契約すると料金や速度は?工事内容や解約など戸建てについてまとめてみた!

現在、戸建て住宅(一軒家など)にお住まいで、これからソフトバンク光を契約しようと考えてる人もたくさんいる事だと思います。ソフトバンク光の料金は戸建て住宅と集合住宅とで違いますし、インターネットの速度の速さが遅いのかも気になる所だと思います。

ソフトバンク光は光回線を利用してインターネットに接続するサービスなので、戸建て住宅でも光回線を引き込む工事が必要です。その為、工事費や工事内容も気になる点の1つですよね。

そこで今回は、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約予定の人向けに、料金や速度、工事、解約に伴う解約金など総合的に解りやすくご紹介したいと思います。

かなり長文ですが最後まで読んでいただくと、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約予定の人には知っておくべき情報がすべて理解出来ます。

ソフトバンク光の戸建て住宅の月額料金や初期費用について

ソフトバンク光を契約すると当然ですがインターネットを利用する為の月額料金の支払いが必要になります。また、ソフトバンク光の契約時には契約事務手数料などの初期費用の支払いも必要です。

そこで、まずはソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金プラン、事務手数料などの初期費用、そしてなぜ集合住宅よりも戸建ての方が月額料金が高いのかをご紹介したいと思います。

※以下でご紹介する金額はすべて税別です。

戸建住宅プランの月額料金

ソフトバンク光を一軒家など戸建て住宅のプランで契約した場合の月額料金をご紹介します。

戸建住宅
ソフトバンク光
月額料金
5,200円
(プロバイダ料込み)

上記料金表のように、ソフトバンク光の戸建て住宅の月額料金は5,200円です。

ちなみに、NTTフレッツ光などの場合には月額料金とは別にプロバイダ料の支払いが必要です。しかし、ソフトバンク光の場合にはこの月額5,200円の料金の中にプロバイダ料が含まれています。

ソフトバンク光は「光回線」と「プロバイダ」の契約がセットになっている為、フレッツ光とは違い月額料金の中にプロバイダ料が含まれている契約となります。
管理人
ソフトバンク光を一軒家などの戸建て住宅で契約すると月額料金は5,200円で、この料金の中にはプロバイダ料も含まれているコミコミ料金なんですね。

戸建て住宅の契約時に必要な初期費用

上記ではソフトバンク光を戸建て住宅で契約した場合の月額料金についてご紹介しました。しかし、ソフトバンク光に限らず全ての光回線のインターネット契約には「契約事務手数料」と「工事費」の初期費用も考慮しておく必要があります。

そこでソフトバンク光を戸建て住宅で契約する際に初期費用として必要な「契約事務手数料」と「工事費」を分けてご紹介したいと思います。

契約事務手数料について

ソフトバンク光を契約する際には「契約事務手数料」という初期費用の料金支払いが必要です。

契約事務手数料3,000円

上記のように、ソフトバンク光の契約事務手数料は3,000円で初回のみ1度だけ請求されます。

「えっ?契約するのに3,000円も払うの!?」と思った人もいるかもしれませんが、携帯電話やスマホ、その他のインターネット回線を契約する際も契約時にほぼ3,000円程度の手数料の支払いが契約時に必要です。決してソフトバンク光だけが請求している手数料ではありません。

ちたみに、ドコモ光やauひかりなども契約時に3,000円の手数料を取られます。

管理人
ソフトバンク光を契約する際には初期費用として戸建住宅・集合住宅に関係なく、契約事務手数料の3,000円が必要なんですね。

工事費について

ソフトバンク光は「光回線」を使った高速のインターネット接続サービスです。

ソフトバンク光を契約するとインターネットに接続する為に利用する「光回線」を自宅内へ引き込む工事(開通工事)が必ず必要です。この工事費は契約者負担となっています。

工事費
新規契約の場合
  • 立会い工事が必要な場合
    24,000円
  • 立会い工事が不要な場合
    2,000円
フレッツ光からの
転用の場合
工事費不要

現在、NTTフレッツ光が未契約の場合は、新規契約となりますので光回線を引き込む工事費として24,000円の支払いが必要です。(24回分割支払いの場合は月額1,000円)

工事業者が来ない(立ち会い工事が不要な)場合の工事費は2,000円ですが、そのようなケースはほとんどありませんので、ソフトバンク光の工事費は24,000円と考えていてよいでしょう。

しかし、既にNTTフレッツ光を契約中の場合は、フレッツ光で利用している「光回線」をソフトバンク光でも利用する為に工事費は不要です。

管理人
ソフトバンク光を新規契約すると工事費は戸建住宅・集合住宅に関係なく工事費は基本的に24,000円なんですね。ただし、フレッツ光を契約中でソフトバンク光へ転用する際は工事費不要なんですね。

集合住宅よりも戸建住宅が高い理由

少し余談となりますが、ソフトバンク光の評判などを検索して調べていると、よくインターネット上には以下のような口コミを見かける事があります。

「ソフトバンク光は集合住宅よりも戸建て住宅の方が月額料金が高い!

確かに上記の口コミのように、ソフトバンク光の月額料金はマンションなどの集合住宅よりも一軒家などの戸建て住宅の方が高いのは事実です。

戸建住宅集合住宅
ソフトバンク光
月額料金
5,200円
(プロバイダ料込み)
3,800円
(プロバイダ料込み)

上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると月額5,200円です。しかし、集合住宅で契約すると月額3,800円です。戸建て住宅の方が月額1,400円も高いですね。

ソフトバンク光に限らず戸建て住宅の方が月額料金が高いですが、それには理由があります。

戸建住宅は「光回線」を独占して利用している

ソフトバンク光で利用する「光回線」は、戸建て住宅の場合は直接引き込まれ光回線を独占して利用出来ます。一方、集合住宅の場合は一度建物の共有部分にある機器に接続され光回線を各部屋と共有しています。

このように戸建て住宅の方が高い理由は「光回線」を独占して利用するためなのです。

管理人
ちなみに、戸建て住宅の方が高いですが「光回線」を独占して利用できるので、「光回線」を共有して利用する集合住宅よりも速度が安定しています。詳しくは以下でご紹介します。

ソフトバンク光は戸建ての速度は遅い?

インターネットを契約する前に重要視されているのは「速度」です。速度が遅ければホームページの表示も遅いですし、動画は途中で途切れて見れたものではありませんからね。

そこでここからは、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると、インターネットの速度は速いのか遅いのか、速さについてご紹介したいと思います。

戸建て住宅の速度について

ソフトバンク光を戸建て住宅で契約すると「回線の種類」によって速度に違いがあります。

以下の表のように、ソフトバンク光のインターネット接続で利用される「光回線」には様々な種類があります。その光回線の種類によって速さに大きな違いがあるのです。

エリア回線種類
(回線タイプ)
下り最大速度
IPv6高速ハイブリッド
東日本
エリア
ファミリー・ギガスピード1Gbps
(1000Mbps)
ファミリー・ハイスピード1Gbps
(1000Mbps)
ファミリー100Mbps
ファミリー・ライト100Mbps
西日本
エリア
ファミリー・スーパーハイスピード1Gbps
(1000Mbps)
ファミリー・ハイスピード1Gbps
(1000Mbps)
ファミリー100Mbps
ファミリー・ライト100Mbps

東日本エリアの戸建て住宅にお住まいの人で「ファミリー・ギガスピード」と「ファミリー・ハイスピード」という種類の回線なら最大速度が1Gbpsです。一方、「ファミリー」と「ファミリー・ライト」という種類の回線なら最大速度が100Mbpsと遅いです。

1Gbps=1000Mbpsです。その為、1Gpbsとは100Mbpsの10倍の速さという事になります。

速度が違う回線の種類は選べるのか

上記でご紹介したように、ソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合、インターネットに接続する回線の種類によって速度に違いがある事がご理解頂けたと思います。そこで疑問が1つ沸きますよね。それは速度が「遅い回線」よりも「速い回線」の種類を選べるのか?という疑問です。

残念ながら回線の種類を選ぶ事は出来ません。

回線種類は選べない

例えば、ソフトバンク光を契約する戸建て住宅の近くまで「速度が速い回線」が来ている場合は最大速度は1Gpbsで提供されます。しかし、戸建て住宅の近くに「速度が速い回線」が来ておらず、「速度が遅い回線」のみが近くに来ていた場合は最大速度100Mbpsで提供されます。その為、「最大速度が遅い100Mbpsの回線だから、速い回線に替えて欲しい」とお願いしても出来ない、という事になります。

要は、ソフトバンク光を契約する戸建住宅の近くにどんな回線が来ているのか最大速度が違いがあり回線の種類は選べないという訳です。
管理人
ちなみにソフトバンク光を戸建て住宅で契約する場合の速度ですが、申込後に正確な最大速度が解りますので、気になる人は一度申し込みをして検討してください。

ソフトバンク光の戸建て住宅の工事内容について

上記のソフトバンク光の開通工事費の箇所でも少し書きましたが、ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。その為、ソフトバンク光を新規契約すると「光回線」を自宅内へ引き込む開通工事が必要です。

しかし、特に戸建て住宅でソフトバンク光を契約する人は「どんな工事をされるのか」「建物に穴を開けられるのか」と工事内容について心配事があると思います。

そこでここからは、戸建にお住まいの人で心配であろう、ソフトバンク光の工事内容について解りやすくご紹介したいと思います。

新規契約では開通工事が必要な理由

上記でもご紹介したように、ソフトバンク光は「光回線」を使ってインターネットに接続します。

光回線を近くの電柱から建物へ繋げる工事

このインターネットに接続する為に使用される「光回線」は、ソフトバンク光を新規契約する自宅の電柱まで来ています。

その為、自宅の近くの電柱から「光回線」をまず繋げる工事が必要です。そして、電柱から建物と繋げた「光回線」を自宅へ引き込む工事が必要となります。

管理人
ソフトバンク光を新規契約すると戸建住宅へ光回線を繋ぐ工事、そして繋いだ後に光回線を自宅へ入れる麹が必要なんですね。

工事内容その1|建物と光回線を繋げる工事

ソフトバンク光の開通工事は、まずは「光回線」を電柱から戸建住宅の建物へと繋ぐ工事が行われます。この工事をしなければ先に進みませんよね。

建物へ光回線を繋ぐ工事

では、どのようにして「光回線」を電柱から建物へ繋げるのでしょうか?

建物に穴を空けて金具をビス止めする。

電柱から戸建住宅へ「光回線」を繋ぐ工事ですが、建物の壁などに小さい穴を空けて「引留金具」をビス止めします。そして、建物の壁に装着された「引留金具」を利用して「光回線」を電柱から繋げます。

この工事で電柱から建物へ「光回線」を繋ぐ工事が一旦終了です。

管理人
ソフトバンク光の開通工事は戸建住宅の建物に金具を取り付けて、電柱から光回線を繋ぐ工事が行われるんですね。

工事内容その2|光回線を自宅へ引き込む工事

上記のように、ソフトバンク光の工事内容はまず建物へ「光回線」を繋ぐ工事が必要です。この工事が終了した後は「光回線」を自宅へ引き込む工事が行われます。

建物の繋いだ「光回線」を自宅内へ引き込む工事

では、電柱から建物と繋がった「光回線」はどのようにして自宅内へ引き込まれるのでしょうか?

エアコンダクトなどを利用して引き込まれる

戸建住宅の建物へ繋がった「光回線」は、既に空いている穴(エアコンダクトなど)を利用して建物内へ引き込まれます。その為、ソフトバンク光の工事の為に外壁に室内まで貫通するような穴を空ける工事は基本的に行いません。

管理人
特に新築の戸建住宅の人は穴をなるべく空けたくないですよね。基本的にソフトバンク光の開通工事の際、光回線を室内へ引き込む際はエアコンダクトを極力利用しているようですよ。

ソフトバンク光の戸建て限定の割引やキャンペーンはある?

せっかく戸建て住宅でソフトバンク光を契約するのですから、戸建住宅限定の割引やキャンペーンなどはあるか気になりますよね。残念ながらソフトバンク光は戸建住宅限定の割引やキャンペーンは実施していません。

しかし、戸建住宅や集合住宅に関係なく、正規代理店のキャンペーンサイトでソフトバンク光を申し込めば代理店限定の現金キャッシュバックが貰えますし、SoftBankの携帯・スマホ契約者がソフトバンク光も契約すると「おうち割 光セット」と呼ばれる割引が適用出来たりします。

戸建・集合住宅問わずお得なキャンペーン

ソフトバンク光はソフトバンク公式サイトやソフトバンクショップ、家電量販店の店舗などでも契約申込が可能です。しかし、一番お得なソフトバンク光の申込方法は正規代理店の株式会社NEXTが運営するキャンペーンサイトです。

キャッシュバックがあるお得なサイト

上記のキャンペーンサイトは、SoftBankが正式にソフトバンク光の申込受付代行を許可している株式会社NEXTという正規代理店が運営しているキャンペーンサイトです。

このキャンペーンサイトからソフトバンク光の新規契約をすると現金33,000円が正規代理店NEXT社からキャッシュバックされます。また、フレッツ光からの転用でも現金15,000円がキャッシュバックされます。

キャッシュバックの条件は戸建て住宅・集合住宅問わず、「ソフトバンク光をこのキャンペーンサイトから契約申込をする事」です。それ以外に有料オプションに強制加入させられるような悪質な正規代理店ではありませんので、安心してソフトバンク光を申し込めるキャンペーンサイトです。

その他のキャンペーンやおうち割 光セットについては関連記事にてご確認ください。

戸建住宅も集合住宅もお得!
正規代理店のキャンペーンサイト
高額キャッシュバック実施中

ソフトバンク光は引っ越しに伴う戸建・マンション間の変更は可能か

今まで戸建住宅に住んでいた人がマンションへ引っ越しする事もあるでしょう。その逆でマンションから戸建住宅へ引っ越しする場合もある事です。

このように住んでいた住宅のタイプが引っ越しによって変更になった場合、ソフトバンク光を「戸建タイプからマンションタイプへ」「マンションタイプから戸建タイプへ」変更する事は可能なのでしょうか?

戸建タイプからマンションタイプへ、その逆も契約変更は可能

ソフトバンク光を契約していた建物が引っ越しに伴い「戸建て」からマンションなどの「集合住宅」へ、その逆の「集合住宅」から「戸建て」へ建物タイプが変更になる場合もありますよね。

建物タイプが変わる引っ越しもある

このような建物タイプが変更になる引っ越しの際、ソフトバンク光では「タイプ変更」という手続きをすれば、解約せずに引き続き引っ越し先でもソフトバンク光を継続契約が可能となります。

管理人
ソフトバンク光を契約中の建物タイプが引っ越しによって変更になる場合は「タイプ変更」という手続きをすればいいんですね。

ソフトバンク光の戸建タイプを解約すると解約金(違約金)はいくら?

ソフトバンク光の契約期間は契約する建物タイプが「戸建タイプ」「マンションタイプ」に関係なく基本的には2年間(24ヶ月間)契約の自動更新です。

ソフトバンク光の契約が開始された24ヶ月目に解約しても解約金(違約金)の支払いは不要です。しかし、24ヶ月目以外の契約期間中の解約には9,500円の解約金(違約金)の支払いが必要です。

解約金2年契約自動更新
9,500円

戸建タイプであってもマンションタイプであってもソフトバンク光の解約金は9,500円です。

ちなみに、「2年間契約の自動更新」とは契約は24ヶ月目で終了しますが、自動更新なので25ヶ月目が1ヶ月目となり再度契約が更新される契約です。

ソフトバンク光テレビは戸建て住宅限定のオプション

集合住宅のマンションの人は契約出来ないソフトバンク光の有料オプションがあります。それは戸建て住宅限定で提供されている「ソフトバンク光テレビ」という有料オプションサービスです。

上記でもご紹介しましたが、ソフトバンク光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスです。その「光回線」を使ってテレビ番組が視聴できるようになるサービスが「ソフトバンク光テレビ」です。

この有料オプションサービス「ソフトバンク光テレビ」は西日本エリアは戸建て住宅限定です。東日本エリアは戸建て住宅光配線方式の集合住宅でのみ提供されています。

この「ソフトバンク光テレビ」は普通に地デジなどを視聴しているだけの人なら料金を払ってまで地デジを見る必要がないので契約する必要はないと思います。

まとめ

今回はソフトバンク光を戸建住宅で契約予定の人向けに月額料金や初期費用、集合住宅より戸建住宅の方が高い理由、速度の違いや戸建住宅の開通工事内容など詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?これから戸建住宅でソフトバンク光を契約予定の人には有意義な情報だったと自負しています。ぜひ、このページを更に読み込んで納得した上で戸建住宅でもお得な正規代理店のキャンペーンサイトで申し込んでみてくださいね。

ソフトバンク光の品目変更とタイプ変更の違い。工事費や手数料は必要なのか?

ソフトバンク光の契約更新月・契約満了月の確認方法

ソフトバンク光でテレビを視聴できるサービスとは?視聴料金や工事、スカパーなどまとめてみた!

ソフトバンク光の解約方法はこちら!解約金は日割り計算?解約でルーター返却や工事は必要?

ソフトバンク光の引っ越し時手続きは?移転工事費用は必要?

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!