商標登録取得のお知らせ

[詐欺を見破る]ソフトバンク光の悪質代理店を見抜く方法!注意したい詐欺まがいな手口と安心の申込窓口の選び方!

この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

ソフトバンク光の勧誘が詐欺でないかお調べですね。

ソフトバンク光を提供している「ソフトバンク株式会社(以下、SoftBank社)」は日本に住んでいる方なら誰もが1度は聞いたことがある会社名であり、東証一部(現:東証プライム)にも上場している信頼のある大企業です。

そんなSoftBank社がソフトバンク光を詐欺まがいな勧誘をするとは到底考えられません!

では、どこがソフトバンク光の詐欺まがいな勧誘をしているのでしょうか?

勧誘(営業)を行う会社
ソフトバンク光を詐欺まがいな方法で勧誘している正体は「正規代理店」です!

正規代理店はSoftBankから許可を得てSoftBankが提供するソフトバンク光などのインターネット回線契約の勧誘(営業)や申込受付を代行している会社の事です。

誠実にソフトバンク光を勧誘する正規代理店もある中で、電話や訪問、メール、チラシなどを使って詐欺まがいな方法でソフトバンク光を勧誘する悪質な正規代理店も存在しています。

監修者長井
長文ではありますが、最後までお読み頂くと悪質な正規代理店が行っている詐欺まがいな手口でソフトバンク光を勧誘する方法や安心してお得に契約できる正規代理店を理解することができます。
この記事では、ソフトバンク光を電話や訪問などで勧誘する正規代理店とはどんな会社なのか、悪質な正規代理店が行う詐欺まがいな手口、詐欺にあったと思った際の連絡先、そして安心してソフトバンク光を申し込める窓口を徹底解説します。

\優良で安心の申込窓口/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で確実に37,000円を受取れる!
※以下、記載金額はすべて税込です。

ソフトバンク光を電話・訪問などで勧誘してくる正規代理店

基本的にSoftBank社は自社サービスであるソフトバンク光を勧誘(営業)することはありません。

SoftBank社はソフトバンク光などのサービスを勧誘したり契約を受け付ける「正規代理店」を何社も抱えており、その一部の「正規代理店」があなたにソフトバンク光を勧誘しています。

電話や訪問などで勧誘する正規代理店とは

正規代理店を一言で説明すれば、SoftBank社の「業務委託会社」です。

SoftBankから審査を受けて合格した会社のみが正規代理店として活動できます。
正規代理店はSoftBankの営業業務などを委託された提携会社のようなもの。

正規代理店になった会社は、SoftBankに代わって「勧誘・営業」などを行い、ソフトバンク光などのサービスの契約申込を代行して受け付ける業務が主な仕事内容です。

正規代理店を大きく分けると2つあります。

正規代理店の違い

  • ソフトバンクショップや家電量販店など店舗で営業している正規代理店
  • 電話や訪問、チラシなどで勧誘する店舗を持たない正規代理店

ソフトバンク光を契約申込ができる「ソフトバンクショップ」や「家電量販店」も正規代理店です。

ソフトバンクショップはSoftBank社が運営する直営店だと思っている方が多くいますが、実はほどんどソフトバンクショップはSoftBank社と提携した「正規代理店」が店舗を運営しています。

また、ソフトバンクショップなどの店舗を持っていない正規代理店もあります。

店舗を持っていない正規代理店の場合、「電話営業」や「訪問販売」、「チラシ」、「メール」、「Webサイト」など様々な方法でソフトバンク光を勧誘して営業活動を行っています。

ここがポイント
特に店舗を持たない正規代理店の一部が詐欺まがいな手口でソフトバンク光を勧誘しています!

詐欺まがいな勧誘の方法として特に多いのが「電話営業」「訪問販売」「チラシ」です。

詐欺まがいな勧誘手口は後ほど詳しく解説します!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の勧誘(営業)はSoftBank社でなく、SoftBank社と提携して業務委託された「正規代理店」が行っており、主に店舗を持たない一部の正規代理店が電話や訪問などで勧誘している。

ただし、店舗を持たない正規代理店であってもほとんどが「正当な方法」で勧誘しています。

一部の悪質な正規代理店が詐欺まがいな勧誘を行っている

ほどんどの正規代理店は正当な方法でソフトバンク光を勧誘しています。

しかし、ごく一部の正規代理店の営業マンは、詐欺まがいな手口でソフトバンク光を勧誘します。

詐欺まがいな勧誘をする理由
正規代理店の給与形態は「成果報酬型」を採用しているから!

電話営業や訪問販売などでソフトバンク光を勧誘する正規代理店の多くは「成果報酬型」という給与形態を採用しているため、営業マンは詐欺まがいな方法を使ってもソフトバンク光の契約を取ろうとします。

主な成果報酬型とは

  • 基本給に加えて契約1件で〇万円を上乗せする!
  • 月に〇件以上のノルマを達成しないと給与が減る!

例えば、基本給が15万円でソフトバンク光の契約が1件取れたら1万円が追加で支払われる成果報酬型を採用している正規代理店の場合は、月に30件の契約が取れたら給与は45万円にもなります。

また、基本給が30万円であっても、ソフトバンク光の契約が月に30件以上のノルマを達成しなければ給与から10万円が削減されて20万円になってしまう、という厳しい正規代理店もあります。

その為、正規代理店の営業マンは「何が何でも契約と取る!」という意気込みより、逆効果で「契約さえ取れればそれでいい!」「契約者の立場はどうでもいい!」という悪い方向の意識になってしまい詐欺まがいな手口で勧誘する営業マンが登場してしまうのも事実です。

ワンポイントアドバイス
一部の正規代理店が採用する「成果報酬型」の給与形態が影響して、その正規代理店で働く営業マンは1件でも多くの契約を取る為に詐欺まがいな手口で勧誘してしまう傾向にある。

また、悪質な正規代理店の場合は詐欺まがいな手口を営業マンに強制している場合もある。

ソフトバンク光の悪質な正規代理店が行う詐欺まがいな手口を徹底解説!

ソフトバンク光を正当な方法で勧誘する優良な正規代理店が多い中、詐欺まがいな手口を使ってソフトバンク光を勧誘している一部の悪質な正規代理店も残念ながら存在しています。

ソフトバンク光の勧誘方法として特に利用される「電話営業」「訪問販売」「チラシ」の3つに分けて詐欺まがいな手口を詳しく解説します!(手口を事前に知っておけば勧誘された際に冷静な判断が出来ます。)

ワンポイントアドバイス
勧誘方法に関わらずSoftBankやNTTなどの社名を使って、まるで「SoftBankの社員」「NTTの社員」のように振る舞い、相手を信用させて勧誘している場合が多く見受けられます。

SoftBankやNTTは基本的に電話や訪問などで勧誘はしていません。

電話営業による詐欺まがいな手口

ソフトバンク光の勧誘方法として最も多い方法が「電話営業」です。

悪質な正規代理店の場合は、突然電話がかかってきて詐欺まがいな手口で強引な電話営業を行います。

ソフトバンク光を詐欺まがいな勧誘で電話営業している正規代理店は、市外局番でなく携帯電話の「080」「090」やIP電話などの「050」の電話番号から電話をすることも多くあります。

ソフトバンク光を電話で勧誘する詐欺まがいな主な営業トークは以下です。

電話による詐欺まがいな営業トーク

  • ソフトバンク光へ乗り換えると料金が安くなりお得です!
  • ソフトバンク光にするとSoftBankやY!mobileが毎月安くなります!
  • フレッツ光から工事不要でソフトバンク光に切り替えられます!
  • お住まいの地域でインターネット回線が切り替わります!
  • 古くなった機器(モデム)を無料で交換します!

ソフトバンク光を勧誘する営業トークの中で最も多いのが「現在契約しているインターネット回線からソフトバンク光へ乗り換えると安くなる!お得になる!」というものです。

しかし、正規代理店の営業マンがあなたが現在契約しているインターネット回線の契約内容(毎月の支払料金など)を把握しないまま「料金が安くなる!」と案内しています!

営業マンがあなたが現在契約している回線の契約内容を知っている訳がありません!
(契約内容や毎月の支払額を知っていたら、更に大問題です!)

監修者長井
現在のインターネット回線からソフトバンク光へ乗り換えると、毎月の支払料金が高くなる可能性もありますし、現在利用しているオプションサービス(光電話など)が利用出来なくなる可能性もあります。

また、フレッツ光を契約中の方には「工事不要で簡単な手続きだけでソフトバンク光へ切り替えられます!」と勧誘している場合が多々あります。

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換える「転用」という手続きは、フレッツ光で利用している回線をそのままソフトバンク光で再利用し、基本的には工事不要で乗り換えられます。

監修者長井
フレッツ光からソフトバンク光へ「転用」で乗り換える場合は基本的に工事不要とはなるものの、フレッツ光で利用する回線がソフトバンク光では再利用できず、転用であっても工事が発生する場合もあります。

さらに、「お住まいの地域やマンションのインターネット回線が切り替わりますので、乗り換えないと利用できなくなります。」、という詐欺まがいな営業トークもあります。

監修者長井
地域で回線が切り替わる場合は現在契約中のインターネット提供会社から直接ハガキなどでお知らせが事前に来ます。また、お住まいのマンションで回線が切り替わる事は99%ありません。あったとしても管理会社から連絡があるはずです。

「現在契約中のインターネット回線で利用している機器(モデム)を無料で新しく交換します。」という詐欺まがいな営業トークもあります。

監修者長井
「モデム交換を無料で行う」という勧誘も危険です。
モデムはインターネットに接続する際に部屋などに設置されている機器のことですが、モデムを無料で変更すると言われたのでお願いしたら「いつの間にかソフトバンク光に切り替わっていた」という詐欺手口もあります。
このように、「安くなる!」「お得になる!」「工事不要で乗り換えられる!」「回線が切り替わるので乗り換えが必要!」「モデム交換を無料で交換・点検する!」という電話営業は注意が必要です!

営業トークは事実なのか・詐欺なのかを自分で確かめることが重要です!!!
電話営業でそのまま契約してはいけません!

例えば、「回線が切り替わる」「モデムを交換する」と言われたら現在契約中のプロバイダ等に連絡する、「安くなる」と言われたら鵜呑みにせずに自分で確かめるなど、営業マンを信用してはいけません。

ワンポイントアドバイス
あなたの個人情報(氏名や生年月日、住所など)や現在契約中のインターネットの契約内容は安易に営業マンに伝えると勝手に契約させられるリスクが高まりますので、絶対に伝えてはいけません!

また、パソコンの操作を求められた場合は特に注意が必要です。
電話で言わるがままにパソコンを操作すると「遠隔操作ツール」をインストールさせられて、遠隔操作によって勝手に契約申し込みをする詐欺手口も横行しています。

訪問販売による詐欺まがいな手口

悪質な正規代理店は「訪問販売」でもソフトバンク光を詐欺まがいな方法で勧誘しています。

アポなしで突然自宅に訪問してきて「現在のネット回線からソフトバンク光の乗り換え」やネット回線を契約していない方には「ソフトバンク光の新規契約」をしつこく勧誘してきます。

マンションの入口(エントランス)がオートロックであっても、他の入居者が出入りする際にマンション内へ入り、各部屋の玄関前でインターフォンを押す、悪質な営業マンもいます。

ソフトバンク光を訪問で勧誘する詐欺まがいな主な営業トークは以下です。

訪問販売の詐欺トーク

  • 本日はインターネット機器の点検に伺いました!
  • 現在のモデム交換が必要なので伺いました!
  • この地域の回線担当となりましたのでご挨拶に伺いました!
  • マンションの回線が切り替わりますので案内に伺いました!
  • 近所で(マンション内で)回線工事が行われるので説明に伺いました!

詐欺まがいな正規代理店の場合は「SoftBankです!」や「NTTです!」「〇〇電力です!」と名乗ってから回線業者や電力会社の関係者と誤認させる手口から始まります。

基本的に訪問してきた悪質な正規代理店の営業マンは名刺を渡しません。
その為、突然訪問してきた場合には「名刺をください!」と言ってドアチェーンをしたままで名刺を受け取って確認してください。(SoftBankなどのロゴを入れた虚偽の名刺の可能性もある。)

訪問販売の詐欺トークとしては「インターネット機器の点検」や「モデム交換」を理由に自宅に侵入してきて、強引な勧誘で契約させる事例が発生しています。

監修者長井
突然訪問してきて「インターネット機器の点検」や「モデム交換」を行う事は絶対にあり得ません!インターネット機器の無料点検など聞いたことがありません。また、本当にモデム(機器)の交換が必要なら事前にアポを取ってから訪問してくるはずです。

また、「この地域のインターネット回線の担当になりましたのでご挨拶に伺いました!」も嘘です。

監修者長井
NTTなどのインターネット回線に地域担当者はいません!
悪質な正規代理店の上司から「この地域を営業する担当になれ!」と言われただけです。

マンション内の回線が切り替わりますので乗り換えないと使えなくなる!」と勧誘したり、「近所で回線工事が実施されるので説明に来た!」と虚偽の説明をする営業マンもいます。

監修者長井
マンション内の回線切替は大規模工事となりますので、管理会社から工事実施の数ヶ月前からエントランスにお知らせされたり、封書でお知らせが来ます。(マンション内の回線切替は莫大な工事費用がかかるので、まず回線切替はあり得ません。)

また、近所で回線工事が行われるとしても騒音などは発生しませんし、回線工事の実施時間も1時間程度で終了することので、わざわざ説明に来ることはありません!(例えば、水道工事はそこそこの騒音が出る工事ではありますが、近所で水道工事が実施される前に説明に来た事はありますか?ないと思います。)

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光を訪問販売で契約したとしてもキャッシュバックなどの特典は一切受け取れませんので、お得に契約することが出来ません!その為、訪問販売によるソフトバンク光の勧誘は詐欺でなくても「詐欺かもしれない!」と疑って対応した方があなたの大切なお金や時間を守る事に繋がります。

チラシによる詐欺まがいな手口

ソフトバンク光を勧誘する悪質な正規代理店は「チラシ」も利用します。

無差別にポストへ投函されるチラシには、虚偽説明を行う場合が多く見受けられます。

ソフトバンク光をチラシで勧誘するよくある詐欺まがいな文言は以下です。

チラシでよくある詐欺文言

  • 住んでいる地域でネット回線が使えなくなります!今すぐにご連絡を!
  • お住まいのマンションに回線設備の導入が既に完了しております!
  • 速度制限なく使い放題!定額でWi-Fiが利用できます!
  • 受付期間は〇月〇日迄です!お急ぎください!
  • 受付期間内にご連絡を頂ければWi-Fiの手配を行います!

まず、注意したいのが危機感を煽るような詐欺チラシです。

インターネット回線が使えなくなる事実はないにも関わらず、「住んでいる地域で回線が使えなくなる」と危機感を煽ってチラシに記載した電話番号へ電話をさせる詐欺チラシがあります。

また、虚偽説明をする詐欺チラシも注意が必要です。

お住まいのマンションやアパートなどに既に回線設備が導入されているにも関わらず、あたかも最近マンションに回線設備の導入されたように案内して電話をさせる詐欺チラシがあります。

この詐欺手口でチラシを投函する事例は多いです。

「回線設備が導入されたマンションです。」とチラシで案内しておきながら、チラシを投函したマンションには回線設備が未導入だったとして、2021年6月に消費者庁がチラシを投函した悪質な正規代理店を景品表示法違反(おとり広告)で改善措置命令を出したニュースがありました。

[参考]光回線ないのにチラシでネット契約勧誘(朝日新聞)

また、受付期限を設けているチラシにも注意してください。

悪質な正規代理店は1日でも早く相手から電話をしてもらってソフトバンク光などのインターネット回線の契約を結ばせようとするため、詐欺チラシには必ず「受付期限」を設けています。

〇月〇日迄に連絡しないと「キャッシュバックがない!」「お得にならない!」「Wi-Fiの手配ができない!」など知識がない方を焦らせて電話をさせようとしています!

ワンポイントアドバイス
詐欺チラシに記載の電話番号へ電話をしてしまうと、ソフトバンク光のインターネット契約以外にも様々な不要な有料オプションサービスに加入させられるリスクがあります。また、安くなると思っていたら逆に毎月の支払が高くなってしまった方々もいらっしゃいます。

インターネット契約は詐欺チラシからではなく、優良の正規代理店で申込手続きをおすすめしまう!

監修者長井
悪質な正規代理店はあなたの事など一切考えておらず、自分たちの利益のみを考えている集団です。電話や訪問、チラシなどで勧誘されたらそのまま申し込むと多くのリスクがあることを皆様に理解して頂き、安心してより良いインターネット環境を整えて頂きたいと願っています!

ソフトバンク光の高額キャッシュバック詐欺にも注意しよう!

正規代理店の方には自社で「申込受付サイト」を運営してソフトバンク光の申し込みを受け付けている正規代理店も多く存在していますが、その正規代理店の多くが実施しているのが代理店独自で実施している「キャッシュバック」特典です。

しかし、「高額キャッシュバック」を提示する正規代理店には要注意です!

以下のような正規代理店のキャッシュバック特典には注意しましょう。

詐欺まがいな特典内容
  • ネット契約だけでは受け取れない高額キャッシュバック額を大々的に提示している
  • キャッシュバックを受け取るためには面倒で複雑な受取手続きを要求している
  • 実質月額料金を提示してあたかも料金が安くなるように表記している

以下で詳しく解説します!

詐欺まがい①:高額キャッシュバック額を大々的に提示している!

せっかくソフトバンク光を契約するのだから「少しでも多くのキャッシュバックを受け取りたい!」と考えるのが多くの消費者の心理だと思います。(実際、私も同じ気持ちです。)

しかし、ソフトバンク光を高額キャッシュバックを大々的に表示している正規代理店で契約するのは危険です!

例えば、以下のような2社の正規代理店の申込受付サイトがあったとします。

あなただったらどちらで申し込みますか?

左側の正規代理店A社でソフトバンク光を申し込んだ場合は「75,000円が受け取れるように見える」ため、多くの方が勘違いをして契約申し込みをしてしまっています。

実は、右側の正規代理店B社でソフトバンク光を契約した方が断然お得です!

上記2社のキャッシュバック条件を冷静に見ていきましょう。

正規代理店キャッシュバック条件
正規代理店A社
(ライフバンク)
  • ソフトバンク光新規契約
    (ネット契約のみの場合)
    25,200円
  • ソフトバンク光新規契約
    +指定サービス同時加入
    ・光BBユニットレンタル
    ・Wi-Fiマルチパック
    ・BBフォン
    ・スマートレスキュー
    30,000円
  • ソフトバンク光新規契約
    +指定サービス同時加入
    ・光BBユニットレンタル
    ・Wi-Fiマルチパック
    ・BBフォン
    ・スマートレスキュー
    ・ホワイト光電話
    ・ソフトバンク 光TV
    ・ソフトバンクでんき
    75,000円
正規代理店B社
  • ソフトバンク光新規契約
    (ネット契約のみの場合)
    37,000円

出典:代理店ライフバンク

正規代理店A社の申込受付サイトに記載されていた75,000円キャッシュバックを受け取るためには、ソフトバンク光のインターネット契約(新規契約)に加えて、7つもの有料サービスに同時加入することが条件となっています!

有料サービスは毎月利用料の支払いが発生するため、毎月の通信料が高額になってしまいます。

一方、正規代理店B社の申込受付サイトでは、ソフトバンク光のインターネット契約(新規契約)だけで37,000円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます!

このように、高額キャッシュバックを大々的に表示してあたかもお得にソフトバンク光を契約できるように装って契約させる詐欺まがいな正規代理店があります。
ワンポイントアドバイス
高額キャッシュバックを提示しておきながら、実は「ソフトバンク光のネット契約だけでは受け取れないキャッシュバック額だった!」という場合がほとんどなので、高額キャッシュバック詐欺には注意しておきましょう!

確実にキャッシュバックを受け取れる代理店はこちら

詐欺まがい②:面倒で複雑な受取手続きを要求している!

正規代理店の申込受付サイトでソフトバンク光を契約が成立すると、自動的に申し込みをした正規代理店からキャッシュバックが振り込まれるのは当然だと思います。

しかし、詐欺まがいな手口でキャッシュバックを渡さないトラップ(仕掛け)をしている悪質な正規代理店が横行しています!

ここがポイント!
特に、高額キャッシュバックを表記している正規代理店の申込受付サイトに限って、キャッシュバックを受け取るために面倒で複雑な受け取り手続きを要求されて、手続き期限切れでキャッシュバックを受け取れません!

正当な方法でソフトバンク光を契約した方にキャッシュバックを行う「優良正規代理店」と、面倒で複雑なキャッシュバック手続きを要求して手続き期限まで設けている「悪質正規代理店」の比較表は以下です。

正規代理店キャッシュバック
受取手続き方法
悪質な
正規代理店
  1. 代理店から送付書類を保管
    書類を失くしたら無効!
  2. LINEで友達申請する
    申請しないと無効!
  3. アンケートに答える
    答えないと無効!
    回答内容に誤りで無効!
  4. 申込月から10ヶ月目に
    サービス継続利用の確認
    10ヶ月目中に回答しないと無効!
  5. 申込月から11ヶ月目に
    キャッシュバックの振込先を登録
    口座情報に誤りがあると無効!
    11ヶ月目中に回答しないと無効!
優良な
正規代理店
  • ソフトバンク光を受付サイトで
    申し込み後に実施される確認電話の際、
    振込口座情報を伝えるだけ。
  • ソフトバンク光が開通した月の
    翌々月の月末に自動で振り込まれる。

出典:代理店ライフバンク

悪質な正規代理店は高額キャッシュバックを提示して契約申し込みをさせておきながら「何とかキャッシュバックをさせないような仕組み」を作っており、多くの方がキャッシュバックを受け取れなかったという事例が多数発生しています!

ワンポイントアドバイス
高額キャッシュバックを提示して勧誘する正規代理店に限って、キャッシュバックを渡さないように詐欺まがいな面倒な仕組みが構築されている。

ソフトバンク光の正規代理店を比較する際はキャッシュバック額だけでなく「キャッシュバックをどのような手続きをすれば受け取れるのか」「受け取れないリスクはあるか」などもよく確認しておくことが重要です。

確実にキャッシュバックを受け取れる代理店はこちら

詐欺まがい③:実質月額料金を提示して月額料金を安く見せる!

最近の傾向として、悪質な正規代理店は高額キャッシュバックの提示以外にも「実質月額料金」を提示してあたかも「この正規代理店で契約すると料金が安くなる」ように表記する詐欺まがいな手口も増えています。

ソフトバンク光のインターネット月額料金は以下です。

住居タイプ月額基本料
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円
集合住宅
(マンションタイプ)
4,180円

出典:SoftBank

ソフトバンク光を「戸建住宅(ファミリータイプ)」で契約した場合は月額5,720円・「集合住宅(マンションタイプ)」で契約した場合は月額4,180円です。(2年自動更新プランの場合)

ただし、悪質な正規代理店の申込受付サイトには以下のような詐欺まがいな料金を表記しています。

まるで、ソフトバンク光が1年間は月額2,080円で利用できるような表記です。

実は、この正規代理店から独自で実施する25,200円キャッシュバックをソフトバンク光の料金支払いに1年間(12ヶ月間)使用した場合の「実質料金」となっています。

実質料金の計算方法
【25,200円キャッシュバック】÷【12ヶ月】=実質2,100円割引

例えば、ソフトバンク光を某正規代理店で契約して25,200円キャッシュバックを受け取ったとすると、12ヶ月間で割ると実質2,100円割引されたことと同じ計算になります。

住居タイプ月額基本料
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,720円-2,100円
=実質3,620円
集合住宅
(マンションタイプ)
4,180円-2,100円
=実質2,080円
この表記は「実質料金」であり、ソフトバンク光の実際の料金値引きではありません!
景品表示法に抵触する恐れがあるグレーな表現です。

この計算が許されるのであれば、もっと安くソフトバンク光を利用できる正規代理店があります!

悪質な
正規代理店
優良な
正規代理店
(エヌズカンパニー)
独自特典
(新規契約時)
ソフトバンク光
ネット契約のみで
25,200円
キャッシュバック
ソフトバンク光
ネット契約のみで
37,000円
キャッシュバック
実質値引実質1年間
月/2,100円値引
(25,200円÷12ヶ月)
実質1年間
月/3,083円値引
(37,000円÷12ヶ月)
1年間の
実質月額料金
  • 戸建住宅:
    3,620円
  • 集合住宅:
    2,080円
  • 戸建住宅:
    2,637円
  • 集合住宅:
    1,097円

正当なキャッシュバック額を表記して、面倒な手続き不要でキャッシュバックを受け取れる正規代理店エヌズカンパニーの申込受付サイトでソフトバンク光を新規契約した場合は37,000円キャッシュバックが受け取れます。

この優良正規代理店エヌズカンパニーから受け取った37,000円キャッシュバックを1年間(24ヶ月間)のソフトバンク光の料金支払いに利用すれば実質3,083円/月が値引される事と同じです!

もうお解りですね!

詐欺まがいな「実質料金」を表記している正規代理店でソフトバンク光を契約するよりも、「実質料金」を表記せずに適正なキャッシュバック額を表記している正規代理店の方がお得であることが解ります!
ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の料金を独自で実施するキャッシュバックから値引いた「実質料金」を表記している正規代理店の方が安く利用出来そうに見えますが、実際には安くない事がご理解頂けたと思います!

確実にキャッシュバックを受け取れる代理店はこちら

もう騙されない!ソフトバンク光をお得に契約できる窓口の見分け方

一部の悪質な正規代理店は、電話や訪問、チラシ投函などの方法で詐欺まがいな手口を使ってソフトバンク光の勧誘(営業活動)を行っています。また、高額キャッシュバックを提示しているにも関わらずキャッシュバックを受け取れないような手口を使う正規代理店もあります。

しかし、安心してください!

詐欺まがいな手口を使って勧誘している正規代理店ばかりでなく、正当な方法で適正なキャッシュバック額を提示している優良の正規代理店もあります。

そんな優良の正規代理店の見分け方を解説すると共におすすめの正規代理店をご紹介します。

優良の正規代理店を見分ける方法

ソフトバンク光の契約を正規代理店が自社運営する申込受付サイトでお得に契約するには、以下の3つの条件がすべて当てはまれば安心して申し込める「優良の正規代理店」であるかを見分ける事が可能です!

優良代理店の特徴
  1. 適正なキャッシュバックを提示していること!
    2022年6月現在は37,000円程度が適正!)
  2. キャッシュバックの条件は「ネット契約のみ」であること!
  3. キャッシュバック受取手続きが簡単であること!

上記3つの特徴すべてに当てはまる代理店なら安心してソフトバンク光を申し込めます。

優良代理店①:適正なキャッシュバックを提示していること!

悪質の正規代理店の場合は「高額なキャッシュバック額」を提示して、どこよりもお得に契約できるかように見せえています。

一方、優良の正規代理店の場合は「適正な」キャッシュバック額を提示しています。

キャッシュバック適正額の目安
2022年6月現在、適正なキャッシュバック額は37,000円程度が目安です!

50,000円や70,000円などの高額なキャッシュバック額を提示している正規代理店は危険です。

優良の正規代理店からソフトバンク光を申し込むための目安(判断基準)としては、高額キャッシュバックを提示しておらず「適正なキャッシュバックを提示していること」です。

優良代理店②:キャッシュバックの条件は「ネット契約のみ」であること!

「37,000円程度のキャッシュバックが目安」と解説しました。

しかし、適正なキャッシュバック額を提示している正規代理店でもキャッシュバックを受け取る条件としてソフトバンク光の「インターネット契約」に加えて、有料のオプションサービスへの同時加入が条件の場合もあります。

キャッシュバック条件も確認!
キャッシュバックを受け取る条件が「ネット契約のみ」であることを確認する!

キャッシュバックの条件としてソフトバンク光のネット契約以外にも様々なサービスへの加入が条件の正規代理店もあります。(条件は小さい文字で見にくくしてある手口です。)

優良の正規代理店からソフトバンク光を申し込むための目安(判断基準)としては、キャッシュバックの条件が「ネット契約のみ」や「新規お申し込みで」などと記載されている正規代理店が良いでしょう。

「最大」や「ネット+指定オプション加入で」など曖昧な表見がある正規代理店は注意が必要です。

優良代理店③:キャッシュバック受取手続きが簡単であること!

悪質の正規代理店の場合は、キャッシュバックを受け取るための手続きを複雑化しており、尚且つ手続き期間が短期間であり「キャッシュバックは絶対に渡さない!」と言わんばかりです。

一方、ソフトバンク光の優良な正規代理店ではキャッシュバックの受取手続きが簡単です。

受取手続きが簡単であること!
ソフトバンク光が開通したら確実にキャッシュバックを受け取れる「手続きが簡単な」正規代理店を見つけましょう!

優良な正規代理店でよくあるキャッシュバック受取手続きは「電話確認時に口座情報を伝えるだけ」というものです。

優良の正規代理店の申込受付サイトで申し込むと、最短で申込当日に正規代理店の担当者から申込内容の確認電話があります。その電話の際にソフトバンク光開通後にキャッシュバックを振り込んで欲しい口座情報を担当者に伝えるだけの手続きとなります。

ソフトバンク光の開通後に自動的に口座へキャッシュバックが振り込まれます。

優良代理店の特徴すべてに当てはまる申込受付サイト

上記で解説した優良の正規代理店の特徴すべてに当てはまっている正規代理店3社をご紹介します!

優良代理店
  1. 正規代理店エヌズカンパニー
  2. 正規代理店NEXT
  3. 正規代理店アウンカンパニー
独自特典
  • 新規契約で
    37,000円
    キャッシュバック
  • 転用・事業者変更で
    15,000円
    キャッシュバック

インターネット契約のみ!
オプション加入条件なし!

受取条件
  • 申込受付サイトで申し込む
  • 申込月を含む6ヶ月以内に
    ソフトバンク光を開通させる
  • 申込日から30日以内に
    支払い方法の登録を完了させる
受取手続き申込後の電話確認の際に
振込口座番号を伝えるだけ!
面倒な申請は不要!
受取時期ソフトバンク光開通月の
翌々月末に口座振り込み

特典は2022年6月30日終了予定です。
(延長される場合もあり。)

正規代理店エヌズカンパニーを含む3社の正規代理店は、「適正なキャッシュバック額である」他にも「ソフトバンク光のネット契約のみ(有料オプションサービス加入不要)でキャッシュバックを受け取れる」、そしてキャッシュバックを受け取るための「受取手続き方法が簡単」である特徴から、安心してソフトバンク光を申し込める正規代理店と判断することができます!

\優良な正規代理店/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円を受取れる!

まとめ

この記事では、ソフトバンク光を勧誘する悪質な正規代理店について徹底的に解説しました。

SoftBank社やNTT、電力会社を名乗り電話や訪問販売でソフトバンク光を勧誘しているのは「正規代理店」と呼ばれる業務委託された会社で、一部の正規代理店は自分たちの利益だけのために詐欺に近いグレーゾーンの手口で勧誘しています。

主に悪質な正規代理店の営業方法としては「電話営業」や「訪問販売」、「チラシ投函(ポスティング)」を行っており、詐欺まがいな手口や文言でソフトバンク光を勧誘しています。

主な詐欺まがいな手口や文言は以下です。

主な詐欺まがいな手口や文言
  • ソフトバンク光へ乗り換えると安くなると案内する
  • 工事不要で簡単にソフトバンク光へ切り替えられると案内する
  • お住まいの地域(マンション)で回線が切り替わると説明する
  • お使いのモデム機器を無料で点検・交換すると訪問する
  • ネット回線の担当者になったので挨拶にくる
  • 回線工事が実施されるので説明にくる
  • 回線設備の導入が既に完了したと案内する

上記のような内容を電話や訪問、チラシで勧誘されても無視しましょう!

また、高額キャッシュバック詐欺も横行しています。

正規代理店が自社で運営するソフトバンク光の申込受付サイトで70,000円などの高額キャッシュバックを提示している場合は、「有料オプションに加入させられる」「受取手続きが面倒」「受取手続きが短く手続きを忘れて無効になる」などのリスクがあります。

優良な正規代理店は適正なキャッシュバック額(37,000円程度)を表記していますし、キャッシュバック受取の手続きも簡単で、ソフトバンク光のネット契約のみで受け取れます。
ソフトバンク光を勧誘しているのは?

SoftBank社は電話や訪問などで勧誘は一切行っていません。電話や訪問などでソフトバンク光を勧誘しているのは、SoftBankからソフトバンク光の勧誘を許可されている正規代理店です。

ソフトバンク光を電話や訪問で勧誘するのは詐欺ですか?

電話営業や訪問販売、チラシなどでソフトバンク光を勧誘しているのは正規代理店なので問題ないのですが、その勧誘の仕方が詐欺まがいでグレーゾーンな手口の場合が多いです。「安くなる」や「回線が切り替わる」「モデムの交換が必要」などの勧誘は注意が必要です。

ソフトバンク光の高額キャッシュバックは詐欺ですか?

一部の悪質な正規代理店は、自社運営する申込受付サイトで70,000円など高額なキャッシュバックを提示しています。高額な場合はソフトバンク光のインターネット契約以外の有料オプションサービスに加入が条件です。(最悪の場合は強制的に加入させられます。)高額キャッシュバックでなく適正なキャッシュバック額(37,000円程度)を提示する代理店で申し込みましょう。