商標登録取得のお知らせ

[豆知識]ソフトバンク光はNTT回線を使用する!なぜSoftBankなのにNTT機器が必要なのか?

ソフトバンク光はなぜNTT機器が必要なのかお調べですね。

ソフトバンク光はSoftBankが提供する「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。

ソフトバンク光はSoftBankとの契約となりますが、「新規契約」した場合はSoftBankと契約したはずなのにNTT機器が郵送されてきます。(立ち合い工事を実施する場合は工事当日に工事業者が持ってきます。)

フレッツ光から「転用」で、他社光コラボから「事業者変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合には、今まで利用していたNTT機器をそのまま継続利用します。

では、SoftBankが提供するソフトバンク光なのになぜNTT機器が必要なのでしょうか?

結論
ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光で利用する「光回線」を借りて提供されているので(NTT回線を利用するので)、ソフトバンク光ではNTT機器が必要です!

ソフトバンク光の契約・提供はSoftBankではありますが、インターネットに接続するために利用される「光回線」はNTT東日本・NTT西日本から借りて提供されていますので、ソフトバンク光を提供するSoftBankと契約したとしてもNTT機器が必要となります。

この記事では、ソフトバンク光で利用するNTT回線やNTT機器が必要な理由、ソフトバンク光を新規契約後に実施する開通工事の工事業者、NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用する際の疑問点などをまとめて解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\お得に契約可能な申込窓口/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中
※以下、記載金額はすべて税込です。

ソフトバンク光はNTT回線を利用したサービス

ソフトバンク光でインターネットに接続するために利用する回線は「光回線」です。

光回線は以前普及していたISDNやADSLといったインターネット回線よりも速度が速く、現在では自宅等で契約可能なインターネット接続サービスで多く利用されている回線です。

そこで、まずはNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光について解説すると共に、ソフトバク光でインターネットに接続するために利用する「光回線」について解説します。

NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光について

まずは「フレッツ光」というインターネット接続サービスについて解説します。

フレッツ光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスでNTT東日本・NTT西日本が提供しています。

以下、フレッツ光でインターネットに接続するまでの簡単なイメージです。

フレッツ光はNTT東日本又はNTT西日本と「光回線利用契約」を行います。

フレッツ光は契約先であるNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を利用して自宅とプロバイダの間が結ばれており、プロバイダがインターネットに接続します。

ワンポイントアドバイス
NTT東日本・NTT西日本はフレッツ光の契約者に対してインターネットに接続するために利用する「光回線」を直接提供していることになります。

ソフトバンク光はNTT東西から光回線を借りている

ソフトバンク光もフレッツ光同様に「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。

ソフトバンク光で利用される「光回線」は、NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光で利用される「光回線」をSoftBankが借りて提供されているサービスです!

以下、ソフトバンク光でインターネットに接続するまでの簡単なイメージです。

フレッツ光でも利用されている「光回線」をNTT東日本・NTT西日本がSoftBankへ貸し出しています。

その為、「フレッツ光」と「ソフトバンク光」で利用する光回線はまったく同じという事になります!

全国の隅から隅まで光回線を整備するには莫大は費用が掛かってしまいますので、既に整備されているNTT東日本・NTT西日本の光回線をSoftBankなどの事業者へ貸し出して(卸売りして)います。

光コラボとはNTT回線を利用するサービス

ソフトバンク光は「光コラボレーション(以下、光コラボ)」と呼ばれるサービスです。

光コラボとは
NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて自社サービスとして提供しているインターネット接続サービスのことを「光コラボ」と呼びます。

ソフトバンク光もインターネットに接続するために利用する「光回線」をNTT東日本・NTT西日本がSoftBankの貸し出している「光コラボ」です!(ソフトバンク光はSoftBankと契約しますが、NTT東西の光回線を利用している。)

このようにNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の「光回線」を借りて自社サービスとして提供している光コラボは、ソフトバンク光以外にも約100社以上が提供しています。

主な大手の光コラボ:
ソフトバンク光、ドコモ光、ビッグローブ光、OCN光、So-net光、@nifty光、楽天ひかり、ぷらら光、エキサイト光、@TCOMヒカリ、U-next光、IIJmioひかり、AsahiNet光、DTI光、Marubeni光、GMO光アクセスなど

上記すべてのサービスはNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線を借りて提供されている「光コラボ」です。

ソフトバンク光ではNTT機器が必要な理由とレンタル料

ソフトバンク光を新規契約後に実施する開通工事が完了するとNTT機器が設置されます。

ソフトバンク光を契約する建物の配線状況によりNTT機器の種類が異なりますが、主に上記のようなブラックやホワイトのNTT機器が利用されています。

固定電話オプションサービス「光電話(N)」へ加入する方はNTT機器を2台設置する場合があります。

フレッツ光を利用中でソフトバンク光へ「転用」する方、他社光コラボを利用中でソフトバンク光へ「事業者変更」する場合には、今まで設置していたNTT機器をそのまま利用します。

しかし、「ソフトバンク光を契約したのに、なぜNTT機器が必要なの?」という疑問を持っている方がいらっしゃいます。

NTT回線を利用するのでNTT機器が必要!

ソフトバンク光を提供する「SoftBank」と「NTT東日本・NTT西日本」はまったくの別会社です。

その為、「ソフトバンク光を契約したのNTT機器があるのは不自然!」と思う方もいらっしゃいます。

しかし、ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を利用しています。

ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を利用しているので、ソフトバンク光を契約後には必ず「NTT機器」が設置されるという訳です!

ワンポイントアドバイス
SoftBankが「NTT東日本・NTT西日本の光回線」を借りて、SoftBankが提供するプロバイダ「Yahoo!BB」とセット契約となる光コラボレーションサービスが「ソフトバンク光」です。

NTT機器の種類と月額レンタル料

ソフトバンク光を契約後に設置されるNTT機器には主に3機種があります。

これらの機器はソフトバンク光を提供するSoftBankからレンタルされるものではなく、ソフトバンク光で利用する「光回線」の所有会社であるNTT東日本・NTT西日本からレンタルされる機器となります。

各NTT機器のレンタル料は以下です。

NTT機器の種類レンタル料
ONU無料
ホームゲートウェイ月額495円
VDSL無料

出典:SoftBank

ソフトバンク光を契約後に設置されるNTT機器は「ONU」と「VDSL」は無料でレンタルされますが、「ホームゲートウェイ」は月額495円のレンタル料の支払いが発生します!

ホームゲートウェイはNTT東日本又はNTT西日本からレンタルされますが、毎月のレンタル料はソフトバンク光の料金と合算されてSoftBankから請求されます。

ソフトバンク光を契約後には「どのNTT機器が設置されるのか」、「どんな役割をするのか」を以下で詳しく解説します!

ソフトバンク光のNTT機器の役割と設置される機種の違い

ソフトバンク光を契約後に設置されるNTT機器には主に3機種があります。

ソフトバンク光で主に利用されるNTT機器には「ONU(光回線終端装置)」「ホームゲートウェイ」「VDSL」の3機種があり、ソフトバンク光を契約する建物の環境などにより設置される機器に違いがあります。

NTT機器の種類利用環境
ONU建物内配線が
光ファイバーの場合
ホームゲートウェイ
  • 建物内配線が
    光ファイバーの場合
  • 光電話(N)を
    利用する場合
VDSL建物内配線が
VDSL回線の場合
(電話回線の場合)

以下で詳しく解説します。

NTT機器「ONU(光回線終端装置)」とは

ソフトバンク光で「ONU(光回線終端装置)」を利用するイメージは以下です。

NTT機器である「ONU(光回線終端装置)」は、ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「光ファイバー」で、固定電話オプションサービス「光電話(N)を利用しない」場合に設置される機器です。

ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「光ファイバー」の場合、「光信号」でホームページや動画などのデータが送られてきますが、光信号のままではパソコンなどでは利用できません。

「ONU(光回線終端装置)」は、パソコンやスマホなどのデジタル端末で利用できるよう「光信号」から「デジタル信号」へ変換する役割をする大変重要な機器です!

「ONU(光回線終端装置)」はNTT東日本・NTT西日本から無料でレンタルされます。(ソフトバンク光を解約時にはNTTへ返却が必要です。)

NTT機器「ホームゲートウェイ」とは

ソフトバンク光で「ホームゲートウェイ」を利用するイメージは以下です。

NTT機器である「ホームゲートウェイ」は、ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「光ファイバー」で、尚且つ固定電話オプションサービス「光電話(N)を利用する」場合に設置される機器です。

建物内の配線が「光ファイバー」で「光電話(N)を利用しない」場合は、上記で解説したONUが利用されます。

ホームゲートウェイは、光信号からデジタル信号へ変換する「ONU機能」に加えて、光電話(N)で利用する「光電話ルーター機能」、そしてWi-Fiが利用できる「無線LANルーター機能」の3つの機能が1つになっているNTT機器です。

ソフトバンク光の固定電話オプションサービスである「光電話(N)」に加入すると「ホームゲートウェイ」をNTT東日本・NTT西日本から有償でレンタルする必要があります!

また、ホームゲートウェイに内蔵されている「無線LANルーター機能」でWi-Fiを利用したい場合には、別途「無線LAN(N)」と呼ばれる有料オプションへ加入する必要もあります!

ホームゲートウェイ
レンタル料
月額495円
無線LAN(N)月額330円
Wi-Fi機能を利用する場合

出典:SoftBank

ソフトバンク光を契約する建物内部の配線が「光ファイバー」で、「光電話(N)を利用しない(加入しない)」場合には、ONUと呼ばれるNTT機器が無料レンタルされます。

しかし、建物内部の配線が「光ファイバー」で尚且つ「光電話(N)を利用する(加入する)」場合には、ホームゲートウェイが必要となり毎月レンタル料も発生します。

NTT機器「VDSL」とは

ソフトバンク光で「VDSL」を利用するイメージは以下です。

NTT機器である「VDSL」は、ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「VDSL回線」場合に設置される機器です。

VDSL回線は、主にマンションやアパートなどの集合住宅の建物内の配線として利用されている「電話回線」のことです。

比較的新しいマンションの建物内配線は「光ファイバー」であることが多いのですが、築年数が経過している集合住宅の場合には電話回線である「VDSL回線」が建物内の配線として利用されていることが多いです。

ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「VDSL回線(電話回線)」の場合、「アナログ信号」でホームページや動画などのデータが送られてきますが、アナログ信号のままではパソコンなどでは利用できません。

「VDSL」のNTT機器は、パソコンやスマホなどのデジタル端末で利用できるよう「アナログ信号」から「デジタル信号」へ変換する役割をする大変重要な機器です!

「VDSL」はNTT東日本・NTT西日本から無料でレンタルされ、ソフトバンク光を今後解約する際にはNTTへ返却する必要がありますので大切に利用しましょう。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光を契約する建物内の配線が「VDSL回線」の場合はNTT機器の「VDSL」が設置されますが、固定電話オプションサービスの「光電話(N)」へ加入する場合には「ホームゲートウェイ」を有料でレンタルする必要があります。

ソフトバンク光を新規契約後に実施する工事はNTT委託業者

ソフトバンク光を「新規契約」した場合には回線工事が実施されます。

転用・事業者変更でソフトバンク光へ乗り換える方は工事不要。

ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本が所有する光回線を利用する「光コラボ」なので、新規契約後に実施するソフトバンク光の開通工事はNTTの委託工事業者が訪問して実施します。

ソフトバンク光を新規契約で契約した場合の大まかな流れは以下です。

新規契約の流れ
  1. ソフトバンク光の契約申し込みを行う
  2. NTT又はSoftBankから工事実施日の電話がある
  3. NTT委託工事業者が訪問して工事を実施する
  4. NTT機器の接続設定を行う

以下で詳しく解説します。

Step①:ソフトバンク光の契約申し込みを行う

ソフトバンク光の契約申し込みはSoftBank公式サイトやソフトバンクショップ、一部の家電量販店の店舗などでも可能ではありますが、おすすめの申込窓口は正規代理店のエヌズカンパニーです。

SoftBank正規代理店エヌズカンパニーが自社で運営する申込受付サイト経由でソフトバンク光を「新規契約」すると37,000円「転用」「事業者変更」で15,000円限定キャッシュバック特典を受け取れます!

申込窓口正規代理店
エヌズカンパニー
申込受付サイト
限定特典
  • 新規契約で
    37,000円
    キャッシュバック
  • 転用・事業者変更で
    15,000円
    キャッシュバック
条件
  • ソフトバンク光を
    エヌズカンパニーの
    申込受付サイト経由で契約する
  • 申込月を含む6ヶ月以内に
    ソフトバンク光を開通させる
  • 毎月の月額料金等の
    支払方法の登録を
    申込日から30日以内に完了させる
受取申請申込後の電話確認の際に
口座情報を伝えるだけ!
(超簡単!)
受取時期ソフトバンク光の
開通月の翌々月末日
特典期間2022年5月31日
終了予定
ワンポイントアドバイス
正規代理店エヌズカンパニーの申込受付サイトで申し込み後、早くて申込即日にエヌズカンパニーの担当者より申し込み内容の確認電話があります。その確認電話の際にエヌズカンパニー限定特典のキャッシュバックを振り込んで欲しい銀行などの口座情報を伝えてください。
\新規契約で37,000円/
ソフトバンク光の申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー

Step②:NTT又はSoftBankから工事実施日の電話がある

正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約の申し込みを行って申し込み内容の確認電話が終了すると、確認電話から2~3日後にNTT又はSoftBankから回線工事の実施日時の相談で電話があります。

ソフトバンク光を「新規契約」した場合には、基本的に回線工事に立ち会う必要があります。

その為、回線工事に立ち会える日時を電話で伝えてください。
事前に1~3程度の希望日時を準備しておくと良いでしょう。)

フレッツ光から「転用」で、他社光コラボから「事業者変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合は、利用している光回線を再利用するので工事不要となります。

Step③:NTT委託工事業者が訪問して工事を実施する

ソフトバンク光の回線工事実施日/実施時間となったらNTTから委託された工事業者が訪問して回線工事を実施します。

ソフトバンク光はSoftBankとの契約となりますがNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を利用するため、ソフトバンク光の回線工事にはNTT委託工事業者が訪問します。

ソフトバンク光を「戸建住宅」で新規契約した場合には、基本的に電柱から建物まで回線を繋げる「屋外工事」と、建物内の配線を繋ぐ「宅内工事」の2種類の工事をNTT委託業者が実施します。

既に回線が建物と繋がっている場合には「宅内工事のみ」となる場合もあります。

戸建住宅で「屋外工事」と「宅内工事」の両方を実施する場合は約1時間~1時間30分程度の立ち会いが必要となります。

ソフトバンク光を「集合住宅」で新規契約した場合には、基本的にマンション内の配線は部屋まで繋がっている状態の場合が多く「宅内工事のみ」となることがほとんどです。

集合住宅で「宅内工事のみ」となる場合は約15分~30分程度の立ち会いで完了します。

Step④:NTT機器の接続設定を行う

ソフトバンク光の開通工事が完了したらNTT機器が設置されます。

工事業者が回線工事を終えて帰ったら、ソフトバンク光の契約者自身でNTT機器等の配線を接続した後、インターネットが利用できるようパソコンなどを使って接続設定を行います。

NTT工事業者は「回線工事のみ」で接続設定は行いません。(契約者自身で行う。)

ソフトバンク光の契約者が回線工事完了後に大まかな接続設定の流れは以下です。

接続設定の流れ

  1. NTT機器等に配線を接続する
  2. 配線を接続したら電源ケーブルをコンセントに挿す
  3. パソコン等を利用して接続設定を行う

まずは、配線を接続します。
各配線(ケーブル)は機器に同梱されています。

NTT機器と光コンセント(又は電話のモジュラージャック)を接続します。
SoftBankから光BBユニットをレンタルしている方はNTT機器と接続します。

次にお持ちのパソコンとNTT機器を接続します。
光BBユニットをレンタルしている方は光BBユニットとパソコンを接続します。

ソフトバンク光の固定電話オプションサービスである「光電話」にも加入した方は、お持ちの固定電話とも接続します。

各配線を接続したら、NTT機器等の電源ケーブルをコンセントに挿します。

最後に接続したパソコンで接続設定を行うと終了です。
インターネットに接続できるかをご確認ください。

パソコンをお持ちでない方は別の方法でも接続設定が可能です。
詳しい配線接続や設定はSoftBank公式サイトの「らくらく配線ツール」に詳しく記載されています。
ワンポイントアドバイス
「NTT機器はいつ届くのですか?」という質問を頂く事が多いです。

立ち会い工事が必要な場合は、回線工事実施日にNTT委託工事業者がNTT機器を持参します。但し、立ち会い工事不要(無派遣工事)となった場合は、工事実施日(利用開始日)の2日前までに郵送されてきます。

ソフトバンク光はNTT機器以外に光BBユニットも必要なのか

ソフトバンク光では有料オプションサービスとして「光BBユニット」と呼ばれる機器をレンタルすることが可能ですが、NTT機器以外にも「光BBユニットのレンタルは必要なのか?」と疑問を持っている方がいらっしゃいます。

上記のSoftBankのロゴが付いた機器が「光BBユニット」です。

光BBユニットのレンタルは「任意」でインターネット接続に絶対に必要な機器ではありません。

但し、以下のような場合には光BBユニットのレンタルが必要です。

光BBユニットが必要なケース
  • ホワイト光電話又はBBフォンを利用する場合
  • Wi-Fiを利用したい場合
  • おうち割光セットを適用したい場合

以下で詳しく解説します。

ホワイト光電話又はBBフォンを利用する場合

ソフトバンク光のインターネット契約に付加できるオプションサービスには「ホワイト光電話」「BBフォン」「光電話(N)」の3つの固定電話サービスがあります。

この3つある固定電話サービスの中で「ホワイト光電話」又は「BBフォン」を利用する際には光BBユニットと呼ばれる機器のレンタルが必要となります。

光BBユニットには「ホワイト光電話」又は「BBフォン」を利用する際に必要な「電話ルーター機能」が内蔵されていますので、ホワイト光電話・BBフォンを利用(加入)する場合には光BBユニットをレンタルして設置する必要があります。

その為、ソフトバンク光のインターネット契約に加えて「ホワイト光電話」又は「BBフォン」のいずれかの固定電話サービスに加入した場合には、NTT機器と光BBユニットの2台の機器を設置することになります。

ちなみに、「光電話(N)」はNTT機器のホームゲートウェイを基本的に利用しますが、設置しているNTT機器が「ONU」又は「VDSL」の場合には光BBユニットをレンタルすれば「光電話(N)」が利用できるようになります。

光BBユニットレンタル料は以下です。

利用する
電話サービス
光BBユニット
ホワイト光電話レンタル料
月額513円
BBフォンレンタル料
月額513円
光電話(N)
  • レンタル料
    月額513円
  • 光電話機能利用料
    月額409円

出典:光BBユニット光電話機能

光BBユニットのレンタル料は月額513円です。

但し、光BBユニットで「光電話(N)」を利用する場合にはレンタル料(月額513円)に加えて、別途「光電話機能利用料」として月額409円の支払いが発生します…。

「ホワイト光電話」又は「BBフォン」の場合は光電話機能利用料は発生しません。(光BBユニットレンタル料のみ。)

Wi-Fiを利用したい場合

光BBユニットにはWi-Fiが利用できる「無線LANルーター機能」が内蔵されています。

光BBユニットには各光電話サービスで利用する「光電話ルーター機能」以外にも「無線LANルーター機能」が内蔵されているため、NTT機器と光BBユニットを接続すればWi-Fiが利用できるようになります。

但し、光BBユニットの無線LANルーター機能で「Wi-Fi」を利用する場合には「Wi-Fiマルチパック」と呼ばれる有料オプションサービスに加入する必要があります。

Wi-Fiマルチパックに加入する事で光BBユニットからWi-Fiが発信されます。

光BBユニット
レンタル料
513円
Wi-Fiマルチパック1,089円
合計/月1,602円

出典:光BBユニットWi-Fiマルチパック

ワンポイントアドバイス
光BBユニットのレンタル料と内蔵されている無線LANルーター機能を利用する「Wi-Fiマルチパック」にも加入すると、ソフトバンク光のインターネット料金に加えて月額1,602円もかかります。

しかし、おうち割光セットを適用すると月額550円で利用できます!

おうち割光セットを適用したい場合

SoftBank・Y!mobileのモバイル契約(スマホなど)がおうち割光セット適用可能なプランで契約中の場合、ソフトバンク光のインターネット契約に加えて以下の3つのオプションに加入すると毎月のモバイル料金が割引されます!

おうち割光セット適用条件
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • 光電話(※1)

※1:「ホワイト光電話」又は「BBフォン」又は「光電話(N)+BBフォン」のいずれか。

ソフトバンク光のインターネット契約に加えて上記3つのオプションサービスに加入すると「おうち割光セット」が適用可能となり、毎月のSoftBank/Y!mobileの携帯スマホ代が割引されます。

おうち割光セットを適用すると、SoftBankのスマホ等が毎月最大1,100円Y!mobileのスマホ等が毎月1,188円割引されます。(家族が契約するSoftBank/Y!mobileも最大10回線まで適用可能!)

毎月の割引額はSoftBank/Y!mobileの契約プランにより異なる。

例えば、おうち割光セットの適用条件である「光BBユニットレンタル」「Wi-Fiマルチパック」、そして光電話を「BBフォン」の3つのオプションサービスに加入したとすると、3つの合計オプション料は「1,602円+通話料」となります。

光BBユニット
レンタル
513円
Wi-Fiマルチパック1,089円
BBフォン基本料0円
+通話料
合計/月通常1,602円+通話料が
おうち割光セット適用で
550円

しかし、おうち割光セットを適用すると、SoftBank/Y!mobileの携帯スマホ等の料金が毎月割引されるほか、適用条件の3つのオプションサービスが550円に割引されます!

まとめ

この記事では、ソフトバンク光で利用するNTT回線やNTT機器について徹底解説しました。

ソフトバンク光は光回線を利用してインターネットに接続するサービスですが、NTT東日本・NTT西日本からSoftBankが光回線(フレッツ光の回線)を借りて提供されています。

このようにNTT東日本・NTT西日本の光回線を利用するサービスを「光コラボ」と言い、ソフトバンク光もたくさん提供されている光コラボサービスの1つです。

ソフトバンク光はSoftBankが提供しSoftBankと契約しますが、NTT東日本・NTT西日本の光回線を利用しているためインターネット接続にはNTT機器が必要となり、契約後にはNTT機器が設置されることになります。

ソフトバンク光で利用されるNTT機器は主に「ONU(光回線終端装置)」「ホームゲートウェイ」「VDSL」の3機種があり、「ONU(光回線終端装置)」と「VDSL」は無料でレンタルされますが、「ホームゲートウェイ」は有料レンタルです。

\お得に契約可能な申込窓口/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中
ソフトバンク光はなぜNTT機器が必要なのですか?
ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線を利用しているため、ソフトバンク光を契約したとしても必ずNTT機器が設置されます。
ソフトバンク光のNTT機器が届かないのですが?
ソフトバンク光を新規契約した後に実施される回線工事が「立ち会いあり」の場合には工事実施日に工事業者が持参しますので届きません。但し、回線工事が「立ち会いなし」の場合には工事実施日(利用開始日)の2日前頃に郵送されてきます。
ソフトバンク光はNTT機器以外に光BBユニットが必要ですか?
ソフトバンク光の「光BBユニット」と呼ばれる機器はインターネット接続に直接関係ありませんが、「ホワイト光電話」又は「BBフォン」を利用する場合には必ず必要な機器です。また、光BBユニットのレンタルは「おうち割光セット」の適用条件の1つとなっており、おうち割光セットを適用したい方もレンタルが必要となります。