商標登録取得のお知らせ

[2段階定額]ソフトバンク光のファミリーライトを徹底解説!定額プランの違いと契約可能な建物と地域について

ソフトバンク光のファミリーライトについてお調べですね。

ソフトバンク光は基本的に「定額」で毎月の月額基本料金は変わりません。

しかし、ソフトバンク光のファミリーライトは「2段階定額」と呼ばれる料金形態で、インターネットを利用したデータ通信量によって毎月の月額基本料金が変動するプランです。

以下、記載金額はすべて税込です。

契約プラン月額基本料
ソフトバンク光
ファミリータイプ
(2年自動更新プラン)
5,720円
定額制
ソフトバンク光
ファミリーライト
(2年自動更新プラン)
4,290円~6,160円
2段階定額制

出典:SoftBankファミリーライト

戸建住宅でソフトバンク光を契約する場合は、「ファミリータイプ」と呼ばれる契約プランで通常契約して月額基本料金は5,720円の定額制となっています。

しかし、この記事で解説するソフトバンク光の「ファミリーライト」と呼ばれるプランは、インターネットを利用したデータ通信量により変動して月額基本料金が4,290円~6,160円となる「2段階定額」と呼ばれる料金形態となっています。

この記事では、ソフトバンク光のファミリーライトの2段階定額の意味と変動する月額基本料金、契約できる建物と地域、どんな方にファミリーライトがおすすめなのか、そしてファミリーライトを契約する際の注意点について解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\お得に契約可能な申込窓口/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中!

ソフトバンク光ファミリーライトの料金形態は「2段階定額」

ソフトバンク光は戸建住宅で契約すると通常は「ファミリータイプ」でのプランで契約し、月額基本料金は5,720円と定額制で料金が変更することはありません。

しかし、ソフトバンク光のファミリーライトと呼ばれるプランは月額基本料が変動する「2段階定額」です。

そこでまずは、ソフトバンク光の定額プラン「ファミリータイプ」と2段階定額プラン「ファミリーライト」の料金形態の違いと、ファミリーライトの月額基本料金を解説します。

ファミリータイプとファミリーライトの違い

ソフトバンク光の「ファミリータイプ」と「ファミリーライト」は料金形態に違いがあります。

契約プラン料金形態
ファミリータイプ定額制
ファミリーライト2段階定額制

ソフトバンク光のファミリータイプの料金形態は「定額制」で、月額基本料金は5,720円です。

定額制なので、毎月のデータ通信量に関係なく月額基本料金は変動しません。

ソフトバンク光を戸建住宅で契約する場合は、基本的に定額制の「ファミリータイプ」で契約します。

一方、ソフトバンク光のファミリーライトの料金形態は「2段階定額制」で、月額基本料金が4,290円~6,160円の間で変動します。(上限は6,160円です。)

2段階定額制なので、毎月のデータ利用量に応じて月額基本料が変動します。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の「ファミリータイプ」と「ファミリーライト」の大きな違いは料金形態(料金の仕組み)です。

「ファミリータイプ」は定額で月額基本料金は変動しませんが、「ファミリーライト」は2段階定額で月額基本料金がデータ利用量に応じて変動する仕組みとなっています。

ファミリーライトの変動する月額基本料金について

ソフトバンク光のファミリーライトは2段階定額と呼ばれる料金形態で、インターネットを利用したデータ通信量に応じて月額基本料金が変動する仕組みとなっています。

ソフトバンク光のファミリーライトの変動する料金イメージは以下です。
2年自動更新プランの場合)

データ通信量月額基本料金
3GB未満4,290円
3~10GB
(従量課金部分)
  • 3GB~9.9GB未満
    100MBにつき26.4円
  • 9.9GB~10GB
    100MBにつき48.4円
10GB以上6,160円

出典:SoftBank

ソフトバンク光のファミリーライトは月間で利用したデータ通信量が3GB未満なら月額基本料金は4,290円です。

月間で利用したデータ通信量が3GB以上10GB未満の場合は従量課金制となり、月額基本料金4,290円に利用したデータ通信量100MBにつき26.4円が加算される仕組みです。

但し、9.9GB~10GBまでは100MBにつき48.4円。

例えば、月間のデータ利用料が8GB(8000MB)だった場合は、3GBまでの4,290円に加えて残りの5GB(5000MB)の従量課金として1,320円が加算され、月額基本料金は5,610円となります。

月間で利用したデータ利用量が10GB以上の場合には従量課金は終了し、月額基本料金は6,160円の定額となります。

月間のデータ通信量が10GB以上は定額の6,160円となります。
(20GBや30GBなど10GB以上のデータ利用量は月額基本料は6,160円の定額です。)

以下の表は1ヶ月間のデータ通信量の目安です。
あくまでも目安であり利用状況によってデータ通信量は変動します。

データ
通信量
Webメール動画音楽通話
Yahoo Japan
トップページ閲覧
テキスト
メール
写真添付
メール
youtube
標準画質
Netflix
HD画質
ストリーミング
再生音声[中]
Skype/LINE
音声通話
1GB約3,000ページ200,000通334通2.3時間0.8時間11.5時間56時間
3GB約10,000ページ600,000通1,000通6.7時間2.4時間34.5時間167時間
8GB約25,000ページ1,600,000通2,667通17.8時間6.2時間92時間445時間
10GB約30,000ページ2,000,000通3,334通22.3時間7.7時間115時間556時間

出典:SoftBank

ソフトバンク光ファミリーライトの速度と契約可能な建物と地域

料金形態が2段階定額のソフトバンク光「ファミリーライト」は契約可能な建物と地域が限定されています!

また、ソフトバンク光「ファミリーライト」の速度についても理解しておきましょう。

最大通信速度100Mbps
契約可能な建物戸建住宅
契約可能エリアNTT東日本エリア

「ファミリーライト」はすべての建物と地域で契約できるプランではありません。

以下で詳しく解説します。

ファミリーライトの最大通信速度は100Mbps!

ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスですが、ソフトバンク光で利用する光回線には「回線品目(回線の種類)」があり回線品目によって最大通信速度に違いがあります。

以下、ソフトバンク光で利用する「回線品目」と「下り最大通信速度」です。

接続方式が「IPv6 IPoE + IPv4」の場合

回線品目
(回線の種類)
下り最大速度
ギガスピード1Gbps
ハイスピード1Gbps
ファミリー100Mbps
ファミリーライト100Mbps

出典:SoftBank

ソフトバンク光で利用する回線が「ギガスピード」「ハイスピード」の場合には下り最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)ですが、2段階定額のファミリーライトで利用する回線の「ファミリーライト」の下り最大通信速度は100Mbpsです。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の回線品目(回線の種類)である「ハイスピード」は通常の下り最大通信速度は200Mbpsですが、ソフトバンク光の契約者が有料でレンタルできる「光BBユニット」を利用すると「IPv6 IPoE + IPv4」という接続方式が利用でき、下り最大通信速度は1Gpbsとなります。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

ファミリーライトは戸建住宅限定!

ソフトバンク光の料金形態が2段階定額である「ファミリーライト」は戸建住宅限定です。

ソフトバンク光のファミリーライトは、戸建住宅の限定プランで集合住宅では契約できません。

ファミリーライトは戸建住宅限定となっていますが、集合住宅の共有部分に接続装置が設置されていない場合はファミリーライトを契約出来る可能性があります。但し、その場合には電柱などから契約する部屋まで回線を繋げる工事が必要となりますので管理会社や大家などの許可が必要です。

ファミリーライトはNTT東日本エリア限定!

ソフトバンク光のファミリーライトは戸建住宅である他にも契約可能な地域が限定されています。

ソフトバンク光は光回線を利用してインターネットに接続するサービスですが、NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光の光回線を借りて提供されています。

フレッツ光にも料金形態が2段階定額のプランがあります。

エリア建物2段階定額プラン
(回線品目)
NTT東日本戸建住宅フレッツ光ライトプラス
フレッツ光ライト
ファミリータイプ
集合住宅フレッツ光ライト
マンションタイプ
NTT西日本戸建住宅フレッツ光ライト
ファミリータイプ
集合住宅フレッツ光ライト
マンションタイプ

フレッツ光の2段階定額プランは、NTT東日本では戸建住宅の「フレッツ光ライトプラス」と「フレッツ光ライトファミリータイプ」・集合住宅の「フレッツ光ライトマンションタイプ」の3つのプランがあります。

NTT西日本では戸建住宅の「フレッツ光ライトファミリータイプ」・集合住宅の「フレッツ光ライトマンションタイプ」の2つのプランがあります。

ソフトバンク光の2段階定額である「ファミリーライト」は、NTT東日本が提供する2段階定額の「フレッツ光ライトプラス」の回線を利用して提供されています。

その為、ソフトバンク光の「ファミリーライト」はNTT東日本エリアにお住まいの方限定となります!

NTT東日本エリアの都道府県
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
上記のNTT東日本エリアで「戸建住宅」にお住まいの方がソフトバンク光のファミリーライトを契約できる!

NTT西日本エリアの方はソフトバンク光のファミリーライトは契約できない。

ワンポイントアドバイス
フレッツ光の2段階定額プラン「フレッツ光ライトファミリータイプ」又は「フレッツ光ライトマンションタイプ」からソフトバンク光へ「転用」する場合は、ソフトバンク光の定額プランへ品目変更を伴う転用となり、転用時に回線工事が必要となります。

但し、フレッツ光ライトプラスからソフトバンク光ファミリーライトへは工事不要で転用可能です。

ソフトバンク光ファミリーライトがおすすめの方とは

ソフトバンク光をNTT東日本エリアの戸建住宅で契約する場合には、定額プランの「ファミリータイプ」か、2段階定額の「ファミリーライト」の2つの選択肢があります。

契約プラン月額基本料
ソフトバンク光
ファミリータイプ
(2年自動更新プラン)
5,720円
定額制
ソフトバンク光
ファミリーライト
(2年自動更新プラン)
4,290円~6,160円
2段階定額制

出典:SoftBankファミリーライト

ソフトバンク光の定額プランの「ファミリータイプ」は月額5,720円です。

一方、2段階定額の「ファミリーライト」は3GBまでなら月額4,290円で利用できますが、10GB以上のデータ通信を行った月の月額基本料は6,160円になってしまい、定額プランの「ファミリータイプ」の方がお得なってしまいます…。

ソフトバンク光の2段階定額の「ファミリーライト」をおすすめする方は以下です。

ファミリーライトがおすすめの方
  • 10GBを超える月が年9回(9ヶ月)の方
  • 月のデータ通信量が8.4GB未満の方

以下で詳しく解説します。

10GBを超える月が年9回(9ヶ月)の方

ソフトバンク光の定額プランの「ファミリータイプ」は月額5,720円で年間総額は68,640円の支払いとなります。

ソフトバンク光の定額プラン「ファミリータイプ」と2段階定額プラン「ファミリーライト」のどちらと契約するかお悩みの方は、月間のデータ通信量が10GBを超える月は何ヶ月あるのかで判断しましょう!

以下は、3GB未満の月と10GB以上の月の年間総支払額をまとめた表です。

3GBを
超えない月
10GBを
超える月
年間総額
(12ヶ月合計)
4,290円×1ヶ月
=4,290円
6,160円×11ヶ月
=67,760円
72,050円
4,290円×2ヶ月
=8,580円
6,160円×10ヶ月
=61,600円
70,180円
4,290円×3ヶ月
=12,870円
6,160円×9ヶ月
=55,440円
68,310円
4,290円×4ヶ月
=17,160円
6,160円×8ヶ月
=49,280円
66,440円
4,290円×5ヶ月
=21,450円
6,160円×7ヶ月
=43,120円
64,570円
4,290円×6ヶ月
=25,740円
6,160円×6ヶ月
=36,960円
62,700円
4,290円×7ヶ月
=30,030円
6,160円×5ヶ月
=30,800円
60,830円
4,290円×8ヶ月
=34,320円
6,160円×4ヶ月
=24,640円
58,960円
4,290円×9ヶ月
=38,610円
6,160円×3ヶ月
=18,480円
57,090円
4,290円×10ヶ月
=42,900円
6,160円×2ヶ月
=12,320円
55,220円
4,290円×11ヶ月
=47,190円
6,160円×1ヶ月
=6,160円
53,350円

月間のデータ通信量が3GB未満の月が3回(3ヶ月)10GBを超える月が9回(9ヶ月)の場合の年間総支払額(12ヶ月間の合計額)は68,310円となり、定額プラン「ファミリータイプ」の年間総支払額68,640円を超えません。

3GB未満の月が2回・10GBを超える月が10回の場合は年間総支払額が70,180円となるため、定額プラン「ファミリータイプ」の年間総支払額68,640円よりも高くなります…。

月のデータ通信量が8.4GB未満の方

ソフトバンク光の料金形態が2段階定額の「ファミリーライト」で契約するかお悩みの方は、月間のデータ通信量がどのくらいかを調べてみるのも判断基準の1つとなります。

2年自動更新プラン月額基本料
ファミリータイプ
(定額制)
5,720円
ファミリーライト
(2段階定額制)
  • 8.4GBの場合
    5,715円
  • 8.5GBの場合
    5,742円

ソフトバンク光を「ファミリーライト」で契約して月間のデータ通信量が8.5GB(8500MB)だった場合、月額基本料金の支払い額は5,742円となりますので定額プランの「ファミリータイプ(月額5,720円)」の方がお得になります。

ファミリーライトの料金計算方法
ファミリーライトで月間データ通信量が「8.5GB」だった場合の料金計算方法は…

ソフトバンク光のファミリーライトは月間データ通信量が3GBまで4,290円です。
残りの5.5GB(8.5GB-3GB)は従量課金制となり100MBあたり26.4円となりますので、5.5GB(5500MB)の従量課金分は1,452円となります。

その為、ファミリーライトで月間データ通信量が8.5GBだった場合は、4,290円+1,452円=5,742円となります。

以上の計算から算出すると、
インターネットを利用する毎月のデータ通信量を調べて「毎月8.4GB未満」であれば2段階制プランの「ファミリーライト」を契約した方がお得という事になります。

但し、インターネットを利用する毎月のデータ通信量を調べて「毎月8.5GB以上」を利用しているのであれば2段階制プランの「ファミリーライト」よりも、定額プランの「ファミリータイプ」を契約した方がお得です。

ソフトバンク光では月間で利用したデータ通信量をMy SoftBankなどで確認できません。
その為、ソフトバンク光の回線(Wi-Fi)で接続したパソコンやスマホ等で月間で使用したデータ通信量を調べるしか方法がありません。各端末のデータ使用量の調べ方は以下に記載しています。

他社プロバイダ等では月間のデータ通信量を公表している場合もあります。

パソコンのWindows10に接続したソフトバンク光のデータ使用量の調べ方は以下です。

  1. 左下のスタートメニューから「設定」を選択する
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択する
  3. ネットワーク状況で過去30日のデータ使用量が確認できる

パソコンのMacに接続したソフトバンク光のデータ使用量の調べ方は以下です。

  1. MacのDock内の「Finder」を選択する
  2. 左側にある「アプリケーション」を選択し「ユーティリティ」を選択する
  3. ユーティリティフォルダにある「アクティビティモニタ」を選択する
  4. 「受信したデータ」と「送信したデータ」を確認する

ソフトバンク光の通信(Wi-Fi)に接続したiPhoneのデータ使用量の調べ方は以下です。

  1. ホーム画面にある「設定」アイコンをタップする
  2. 設定画面の「モバイル通信」をタップする
  3. 「現在までの合計」を確認する(※1)

※1:「現在までの合計」に記載されているデータ使用量はiPhone購入からの合計となっています。月間のデータ使用量を調べたい場合には「モバイル通信」画面の下までスクロールすると「統計情報をリセット」がありますので初月にリセットすると良いでしょう。
ソフトバンク光の通信(Wi-Fi)に接続したandroidのデータ使用量の調べ方は以下です。

  1. ホーム画面のアプリ一覧より「設定」をタップする
  2. 設定画面の「ネットワークとインターネット」をタップする
  3. Wi-Fiを選択してWi-Fi画面の「Wi-Fiデータ使用量」を確認する

ソフトバンク光のファミリーライトを契約する前の注意点

ソフトバンク光の「ファミリーライト」はインターネットをあまり利用しない方におすすめですが、契約可能な地域は「NTT東日本エリア」のみとなり、契約可能な住居も「戸建住宅」のみです。

その他にもファミリーライトを契約前に知っておくべき注意点は以下です。

ファミリーライトの注意点
  • ファミリーライトから定額プランへの変更は費用が発生する
  • フレッツ光ライトから転用すると定額プランとなり工事費も発生する

以下で詳しく解説します。

ファミリーライトから定額プランへの変更は費用が発生する

ソフトバンク光の2段階定額制の「ファミリーライト」を契約後に定額制「ファミリータイプ(月額5,720円の定額)」へ変更する場合は以下の費用が発生してしまいます。

料金形態が定額制「ファミリータイプ」から2段階定額制「ファミリーライト」へ変更する場合も以下の費用が発生します。
事務手数料3,300円
回線工事費
  • 派遣工事あり①の場合
    26,400円
  • 派遣工事あり②の場合
    10,560円
  • 派遣工事なし

出典:SoftBank

  • 2段階定額「ファミリーライト」から定額プラン「ファミリータイプ」へ変更する場合
  • 定額プラン「ファミリータイプ」から2段階定額「ファミリーライト」へ変更する場合

上記のように、「ファミリーライトからファミリータイプ」及び「ファミリータイプからファミリーライト」へ変更する場合は事務手数料(3,300円)の支払いが発生します。

また、「ファミリーライト」と「ファミリータイプ」は使用する回線の種類が異なるため、変更する場合には回線工事が必要となり、最大26,400円の工事費の支払いも発生します。

契約する地域や建物の環境により工事費が異なります。

ワンポイントアドバイス
契約中の2段階定額の「ファミリーライト」から定額制の「ファミリータイプ」へ、その逆の定額制の「ファミリータイプ」から2段階定額の「ファミリーライト」へ変更することを「品目変更」と言います。

「ファミリーライト」と「ファミリータイプ」は利用する回線の種類(回線品目)が違うため、回線の種類を変更する「品目変更」するには回線工事を伴います。

フレッツ光ライトから転用すると定額プランとなり工事費も発生する

フレッツ光からソフトバンク光へ「転用」で契約を乗り換える際は基本的に工事不要です。

しかし、フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト ファミリータイプ」又は「フレッツ光ライト マンションタイプ」を契約中の方がソフトバンク光へ転用する場合には以下の注意点があります。

注意点
  • ソフトバンク光の2段階定額「ファミリーライト」への転用は不可。
    (定額制のプランへ変更となる。)
  • 転用の際に回線工事を実施しなければならない。
    (工事費の支払いが発生する。)

フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト ファミリータイプ」又は「フレッツ光ライト マンションタイプ」を契約中の方がソフトバンク光へ転用する場合には、ソフトバンク光の2段階定額「ソフトバンク光 ファミリーライト」への転用はできません。

但し、NTT東日本が提供する2段階定額「フレッツ光ライトプラス」を契約中の方は、ソフトバンク光の2段階定額「ソフトバンク光 ファミリーライト」への転用は可能です。

2段階定額の「フレッツ光ライト ファミリータイプ」を契約中の方がソフトバンク光へ転用すると、定額プランの「ソフトバンク光 ファミリータイプ(月額5,720円)」へ変更となります。

また、2段階定額の「フレッツ光ライト マンションタイプ」を契約中の方がソフトバンク光へ転用すると、定額プランの「ソフトバンク光 マンションタイプ(月額4,180円)」へ変更となります。

また、フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト ファミリータイプ」又は「フレッツ光ライト マンションタイプ」を契約中の方がソフトバンク光の「定額プラン」へ転用する場合には回線工事が必要となり、「事務手数料」と「工事費」の支払いが発生します。

事務手数料3,300円
回線工事費
  • 派遣工事あり①の場合
    26,400円
  • 派遣工事あり②の場合
    10,560円
  • 派遣工事なし

出典:SoftBank

  • フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト ファミリータイプ」からソフトバンク光の定額プラン「ソフトバンク光 ファミリータイプ」へ転用する場合
  • フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト マンションタイプ」からソフトバンク光の定額プラン「ソフトバンク光 マンションタイプ」へ転用する場合

上記のような場合には、転用であっても工事の実施と工事費の支払いが必要です。

ワンポイントアドバイス
フレッツ光の2段階定額「フレッツ光ライト ファミリータイプ/マンションタイプ」からソフトバンク光の定額制「ファミリータイプ/マンションタイプ」へ転用する場合には回線品目(回線の種類)を工事により変更しなければなりません。この事を「品目変更」と言います。

まとめ

この記事ではソフトバンク光の料金形態が2段階定額制のファミリーライトについて解説しました。

ソフトバンク光には戸建住宅向けの「ファミリータイプ」と集合住宅向けの「マンションタイプ」があり、いずれも毎月の料金(請求額)は変動しない定額制のプランです。

しかし、ソフトバンク光の「ファミリーライト」は、月間で利用したデータ通信量によって毎月の料金(請求額)が変動する「2段階定額」と呼ばれる料金形態となっています。

データ通信量月額基本料金
3GB未満4,290円
3~10GB
(従量課金部分)
  • 3GB~9.9GB未満
    100MBにつき26.4円
  • 9.9GB~10GB
    100MBにつき48.4円
10GB以上6,160円

ソフトバンク光の「ファミリーライト」の月額基本料金は、月間のデータ通信量が3GB未満なら月額4,290円・10GB以上なら月額6,160円です。

3GB以上10GB未満の間は4,290円に加えて「100MBにつき26.4円」が加算される従量課金となっています。(データ通信量:9.9GB~10GBの100MBは48.4円)

ソフトバンク光の2段階定額「ファミリーライト」は、「NTT東日本エリア」で「戸建住宅」にお住まいの方のみが契約できるプランとなっており、NTT東日本エリアであっても集合住宅にお住まいの方は契約できません。(また、NTT西日本エリアの方は一切契約不可です。)

ソフトバンク光の2段階定額「ファミリーライト」は月間データ通信量が3GBまで月額4,290円ですので、定額制の「ファミリープラン(月額5,720円)」よりも安いですが、毎月8.5GB以上のデータ通信をしている方は2段階定額「ファミリーライト」よりも定額制の「ファミリープラン」の方がお得です。

\お得に契約可能な申込窓口/
ソフトバンク光の申込はこちら
新規契約で37,000円還元中!
ソフトバンク光のファミリーライトとファミリータイプの違いは?
ソフトバンク光は基本的には戸建住宅の方は「ファミリータイプ」・集合住宅の方は「マンションタイプ」と呼ばれる毎月料金が変動しない定額制ですが、「ファミリーライト」はインターネットを利用した際のデータ通信量に応じて毎月の料金が変動する2段階定額と呼ばれる料金形態です。
ソフトバンク光のファミリーライトは誰でも契約できますか?
いいえ。ソフトバンク光の2段階定額「ファミリーライト」は、NTT東日本エリアで戸建住宅にお住まいの方向けのプランです。ファミリーライトはNTT東日本エリアの集合住宅では契約できませんし、NTT西日本エリアにお住まいの方も契約できません。
ソフトバンク光のファミリーライトの速度は?
ソフトバンク光の2段階定額「ファミリーライト」は最大通信速度は100Mbpsです。
定額プランから2段階定額(ファミリーライト)へ変更できますか?
はい。ソフトバンク光の定額プラン「ファミリータイプ」から2段階定額制の「ファミリーライト」へ変更は可能です。ただし、品目変更と呼ばれる手続きとなりますので回線工事が必要となり工事費の支払いが発生します。