ソフトバンク光の工事費をまとめて徹底解説!

ソフトバンク光をこれから契約予定の人が気になる費用として挙げられるのが工事費です。ソフトバンク光の開通工事費の基本は新規契約で24,000円(税抜)ですが、工事業者の「派遣工事あり」と「派遣工事なし」で工事費に違いがあります。また、他社からソフトバンク光へ契約乗り換えで開通工事費が無料となるキャンペーンや新規契約でも工事費を実質無料にする方法などのテクニックもあります。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
「トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ソフトバンク光を契約時に気になる初期費用の1つである工事費に焦点を当てて、インターネット回線の初心者の方でも解りやすく解説していみたいと思います。

ソフトバンク光の開通工事費について

ソフトバンク光を契約予定の人は開通工事費が一番気になる点だと思います。私もその一人でした。まず、ソフトバンク光を契約した際に工事費の支払いが必要な人は以下です。

  • フレッツ光を未契約
  • ソフトバンク光以外の「他社光コラボ」を未契約
  • インターネット契約自体が未契約

上記のように、「フレッツ光」やソフトバンク光以外の「他社光コラボ」が未契約、そして自宅の固定インターネット回線の契約が未契約の人は、ソフトバンク光で利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が必要となり、その工事費は契約者が負担する事になっています。

ご利用環境開通工事費
(税抜)
派遣工事あり①24,000円
派遣工事あり②9,600円
派遣工事なし
(無派遣工事)
2,000円

参照:初期費用(契約事務手数料・開通工事費)はいくらですか?

上記のソフトバンク光の開通工事費を見ていただければ解るように、「派遣工事あり①」「派遣工事あり②」「派遣工事なし」で工事費が大きな違いがあることが解ります。

この工事費の違いについては後でご紹介しますが、ソフトバンク光の開通工事費は「最大24,000円の支払いが必要」だと思っていてください。

工事費は基本「分割払い」

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の新規契約後の開通工事費は最大で24,000円です。しかし、24,000円の工事費は契約の初期費用としては負担が大きいですよね。

ソフトバンク光の開通工事費の支払いは「一括」か「分割」を選択すること可能です。

開通工事費の「一括払い」を選択した場合は、初回請求時に「月額料金」や「契約事務手数料」などに加えて24,000円が合算されて1度だけ請求が来ます。

一方、開通工事費の「分割払い」を選択した場合は、「24回」「36回」「48回」「60回」の分割回数を選択できます。例えば開通工事費を24回分割払いにした場合は、工事費を24回に分割した額(24,000円÷24回=1,000円)が24ヶ月間毎月請求が来ます。

一括支払いの他に、24回/36回/48回/60回からお選びできます。
※ 3,000円未満の金額は初回一括請求です。
※ 一度お選びしたお支払い回数の変更はできません。
参照:[SoftBank 光]工事費の分割払いはできますか?

ソフトバンク光の開通工事費を支払う多くの人は、一括払いでなく「分割払い」の「24回」を選択している人が多いようです。その理由は、ソフトバンク光の最低契約期間が2年間(24ヶ月)だからです。

土日祝の工事費は+3,000円が請求

上記でご紹介した工事費は平日にソフトバンク光の開通工事を実施する場合です。しかし、平日では仕事をしている人が多い為、土日祝日に工事を依頼する人が大半で工事業者も土日祝に返上して開通工事を実施しています。

その為、土日祝日の休日に開通工事を実施する場合には、上記工事費にプラスして「土日休日工事割増金」3,000円が別途必要になります。
土日休日工事割増金+3,000円(税抜)

参照:SoftBank 光(光回線) 料金(価格・初期費用)

なるべく平日にソフトバンク光の開通工事を実施する事をおすすめします。しかし、どうしても土日祝にしか工事に立ち会えない場合は、開通工事費に追加してプラス3,000円の工事割増金が必要だという事を頭の片隅に覚えておいてください。

工事不要で工事費の支払いがない場合

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の開通工事費は最大24,000円、土日祝の休日の工事にはプラス3,000円が工事費に加算されて請求されます。

しかし、ソフトバンク光を契約しても以下の場合は工事不要です。

  1. フレッツ光を契約中でソフトバンク光へ「転用」する場合
  2. 他社光コラボを契約中でソフトバンク光へ「事業者変更」する場合

上記のどれかに当てはまる契約をする場合、開通工事をする必要がありませんので工事費の支払いが不要となります。

①「転用」する場合に工事費不要となる理由

ソフトバンク光で利用する「光回線」は、NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光で利用する「光回線」をSoftBankが借りて提供しています。その為、フレッツ光とソフトバンク光で利用する「光回線」は同じです。

現在、フレッツ光を契約中でソフトバンク光へ契約を乗り換える場合、「転用」という手続きをすれば、フレッツ光で利用していた「光回線」をソフトバンク光で再利用する事ができますので、開通工事をする必要がありません。
監修者長井
フレッツ光からソフトバンク光へ「転用」した場合は、開通工事不要なので工事費を支払う必要がありません。

②「事業者変更」する場合に工事費不要となる理由

上記でご紹介したように、ソフトバンク光はNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を利用しています。このようにNTTの「光回線」を借りて提供しているサービスの事を「光コラボ」と言います。「光コラボ」はソフトバンク光以外にも以下のようなサービスがあります。

大手の光コラボの例:ドコモ光、ビッグローブ光、OCN光、ニフティ光、ぷらら光、楽天ひかり、ソネット光、AsahiNet光、、IIJmioひかり、enひかり、DMM光、hi-ho ひかり、USEN光、U-NEXT光・・・など
上記の光コラボとソフトバンク光で利用する「光回線」はNTTの同じ「光回線」という訳です。

現在、上記のような「光コラボ」と契約中の場合、「事業者変更」という手続きをすれば、今まで利用してきた「光回線」をソフトバンク光で再利用する事ができますので、開通工事をする必要がなく契約だけを乗り換える事が可能です。
監修者長井
光コラボを契約中でソフトバンク光へ「事業者変更」により契約を乗り換える場合は、光回線を再利用するので開通工事不要なので工事費を支払う必要がありません。

ソフトバンク光の工事費無料・支払い不要になる3つのパターン

ソフトバンク光で開通工事を実施すると、工事費は契約者が負担しなければなりません。しかし、開通工事を実施しても工事費無料・工事費支払い不要になる場合が3パターンあります。

ソフトバンク光のキャンペーンで工事費無料、もしくは支払い不要になる場合とは以下です。

上記のように「他社からソフトバンク光へ乗り換える際に開通工事が必要だった場合」そして、「ソフトバンク光を契約中で引っ越し先でも開通工事を行い継続契約して利用する場合」には、本来支払いが必要な開通工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。

以下で詳しく解説してみましょう。

①他社から乗り換えた場合は工事費が実質無料

他社からソフトバンク光へ乗り換える人を対象に「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を実施しています。このキャンペーンを適用すれば開通工事費が実質無料となります。

このキャンペーンは他社からソフトバンク光へ契約を乗り換える際に開通工事が必要だった場合、本来支払う開通工事費の総額相当を「キャッシュバックで還元」する、もしくは「月額料金を割引」するキャンペーンです。
開通工事費還元額・値引額
工事費が
24,000円だった場合
24,000円
キャッシュバック
もしくは
24ヶ月間
月額1,000円割引
工事費が
9,600円もしくは
2,000円だった場合
10,000円
キャッシュバック
もしくは
10ヶ月間
月額1,000円割引

参照:SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

他社から乗り換えてソフトバンク光の開通工事費が24,000円だった場合は、「24,000円キャッシュバック」もしくは「24ヶ月間、月額1,000円割引」のどちらかを選択可能です。これで開通工事費は支払うもののキャッシュバックや月額料金割引で実質無料となる訳です。

「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」で工事費が実質無料となる適用条件や注意点については公式サイトにてご確認ください。

監修者長井
他社からソフトバンク光へ乗り換える際に開通工事が必要だった場合、工事費相当額をキャッシュバック、もしくは月額料金を割引してくれるから実質工事費無料です。
関連記事
その他、ソフトバンク光が実施中のキャンペーン一覧は以下の記事をお読みください。
ソフトバンク光契約者対象のキャンペーン一覧

②引っ越し先で継続利用する場合は工事費無料

現在、すでにソフトバンク光を契約中契約住所から引っ越しする場合、引っ越し先でもソフトバンク光を継続利用する場合に限り、引っ越し先で実施する開通工事費は無料です。

このキャンペーンは、ソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用する人限定で、引っ越し先で必要な開通工事の工事費をSoftBankが負担して無料にしてくれる「SoftBank光 お引っ越し工事無料キャンペーン」です。
ソフトバンク光
引っ越し先工事費
派遣工事あり
既設設備なり
光コンセントなし
通常工事費
24,000円が
0円
派遣工事あり
既設設備あり
光コンセントあり
通常工事費
9,600円が
0円
無派遣工事通常工事費
2,000円が
0円

参照:SoftBank 光 引っ越しのお手続き

契約中のソフトバンク光を引っ越し先でも利用する場合、引っ越し先の建物でも「光回線」を引き込む開通工事を実施しなければなりません。しかし、引っ越し先でも継続してソフトバンク光を利用してくれる人に対しては工事費の支払いは不要になる特典があります。

監修者長井
ソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用する場合、引っ越し先の開通工事費は無料になるので負担なく引っ越し手続きが可能です。
関連記事
その他、ソフトバンク光が実施中のキャンペーン一覧は以下の記事をお読みください。
ソフトバンク光契約者対象のキャンペーン一覧

③Yahoo!BB ADSLから乗り換える場合も工事費不要

SoftBankが提供している「Yahoo!BB ADSL」を契約中の人が「ソフトバンク光」へ契約を乗り換える場合、本来必要な開通工事費を無料にするキャンペーンを実施しています。

実は、以前普及していた「ADSL」は2024年3月末に提供をすべて終了します。
出典:Yahoo! BB ADSL

その為、SoftBankは「Yahoo!BB ADSL」から「ソフトバンク光」への乗り換えを勧めている段階で、「Yahoo!BB ADSL」契約者が「ソフトバンク光」へ乗り換える負担を無くす為にに開通工事費を無料にするキャンペーンを実施しています。

監修者長井
Yahoo!BB ADSLを契約している人がソフトバンク光へ乗り換える場合は、キャンペーンとして開通工事費をSoftBankが無料にしてくれるキャンペーンを実施しています。
関連記事
ADSLからソフトバンク光へ乗り換え予定の方は以下の記事をお読みください。
Yahoo!BB ADSLからソフトバンク光へ乗り換えよう!

ソフトバンク光の新規契約時の工事費を実質無料にする方法

ソフトバンク光の工事費について上記で詳しく解説してきましたが、結局のところ、ソフトバンク光を「新規契約」すると最大24,000円の開通工事費が必要になる訳です。

しかし、この新規契約時に必ず必要となる工事費の負担を少しでも減らす方法があります。
  1. 正規代理店NEXT社でソフトバンク光を新規契約する
  2. 新規契約後にNEXT社からキャッシュバックされる
  3. キャッシュバックをソフトバンク光の工事費に利用する

それは、ソフトバンク光の正規代理店である株式会社NEXTのキャンペーンサイトで新規契約の申し込みをして開通後にキャッシュバックを貰うのです。

そして、その正規代理店NEXT社から受け取ったキャッシュバックを工事費に利用すれば実質工事費無料となるテクニックです。

36,000円キャッシュバックで工事費を支払う

以下の画像が株式会社NEXTがソフトバンク光の契約を受け付けているキャンペーンサイトです。

株式会社NEXTのキャンペーンサイト
正規代理店NEXT社のキャンペーンサイトでソフトバンク光を新規契約すると限定で36,000円がキャッシュバックされます。

ソフトバンク光を新規契約すると開通工事を伴い、最大24,000円の工事費の支払いは契約者が負担する事はご紹介したと思いますが、ソフトバンク光の工事費よりも多いキャッシュバック額も貰える点に着目すればお解りですよね。

36,000円-24,000円=12,000円

正規代理店NEXT社から貰った36,000円のキャッシュバックを、ソフトバンク光の開通工事費24,000円に利用しても12,000円も残る計算です。

ソフトバンク光の新規契約時の開通工事費を実質無料にする方法は、正規代理店NEXT社のキャンペーンサイトから契約申込する事なのです。
ソフトバンク光新規契約で
\36,000円キャッシュバックに増額中/
キャンペーンサイトはこちら
▲2020年10月31日終了予定▲

関連記事
ソフトバンク光代理店のキャンペーン情報詳細は以下の記事をお読みください。
お得に契約したい!ソフトバンク光のキャッシュバック情報を徹底比較

ソフトバンク光の工事費に違いがある理由を初心者向けに解説

もう一度おさらいでソフトバンク光の開通工事費をご紹介しておきます。

  • 「フレッツ光ネクスト」以外のフレッツ光を契約中
  • フレッツ光が未契約
  • インターネット自体が未契約

上記のどれか1つでも当てはまる場合は、下記の開通工事費の支払いが必要となります。

ご利用環境開通工事費
(税抜)
派遣工事あり①24,000円
派遣工事あり②9,600円
派遣工事なし
(無派遣工事)
2,000円

参照:SoftBank 光 料金(月額費用・初期費用)

しかし、ソフトバンク光の開通工事費には大きな違いがあります。
24,000円と9,600円と2,000円では大違いです…。

そこでここからは、ソフトバンク光の開通工事費に違いがある理由を「戸建住宅」と「集合住宅」に分けて解説してみたいと思います。工事費に違いがある事が気になる方は最後までお読みください。

「戸建住宅」の工事費の解説

一戸建てをはじめとする「戸建住宅」でソフトバンク光の開通工事が必要な場合、工事費は「24,000円」と「9,600円」になる場合が考えられます。

そこで、戸建住宅で工事費が「24,000円になる場合」と「9,600円になる場合」に分けて違いをご紹介します。

戸建住宅で工事費が24,000円になる場合

戸建住宅に回線が繋がっていない場合

ソフトバンク光はフレッツ光の「光回線」を借りて提供している「光コラボ」と呼ばれるサービスです。その為、戸建住宅の建物にフレッツ光の「光回線」が繋がっていない場合開通工事費が24,000円になります。

上記イラストのように、戸建住宅にまったく「光回線」が繋がっていない場合は、電柱から建物の間に「光回線」を繋げる「屋外工事」が必要になります。そして、建物に繋がった「光回線」を自宅内へ引き込む「宅内工事」を実施します。

「屋外工事」と「宅内工事」

このように、ソフトバンク光を契約後に「屋外工事」と「宅内工事」の両方の工事を必要とする場合は、開通工事費が24,000円となる訳です。

戸建住宅で工事費が9,600円になる場合

戸建住宅で既に回線が繋がっている場合

特に「賃貸」の戸建住宅であることですが、以前住んでいた方がフレッツ光などを契約していて回線をそのまま残している場合があります。このような場合は、ソフトバンク光の開通工事費が9,600円となります。

「宅内工事」のみとなる

既に回線が建物の繋がっている状態の場合は「屋外工事」をする必要がなく「宅内工事」だけとなるので開通工事費が9,600円と少し割安となっているのです。

ちなみに、戸建住宅の場合は「派遣工事なし」の工事費2,000円になることはありません。
監修者長井
戸建住宅の工事費の違いは、簡単に言えばソフトバンク光で利用する「光回線」が建物と繋がっているか、繋がっていないかで工事費に違いがある訳です。

「集合住宅」の工事費の解説

「集合住宅」でソフトバンク光を契約後の開通工事費には「24,000円」「9,600円」「2,000円」になる場合が3パターンあります。

建物の構造などで違いがありますので、正確な工事費はソフトバンク光を契約後に解ります。以下の集合住宅の工事費の違いはあくまでも目安としてご理解ください。

集合住宅で工事費が24,000円になる場合

上記でも少しご紹介しましたが、ソフトバンク光で利用する「光回線」はフレッツ光と同じ「光回線」を利用しています。ソフトバンク光を契約する集合住宅の建物内へフレッツ光の回線が繋がっていない場合開通工事費が24,000円となります。

集合住宅の建物に
回線が繋がっていない場合

上記のイラストのように、集合住宅の建物にソフトバンク光で利用すり回線が繋がっていない場合、電柱から建物へ回線を繋げる「屋外工事」と、契約する部屋まで回線を繋げる「建物内工事」が必要となってしまいます。

「屋外工事」と「建物内工事」が必要

このように、ソフトバンク光を契約する集合住宅に回線が繋がっていない場合は、電柱から建物内へ回線を繋げる「屋外工事」と、集合住宅の建物へ引き込んだ回線を契約する部屋まで繋げる「建物内工事」2つの工事が必要で、開通工事費は24,000円になっていまいます。

集合住宅で工事費が9,600円になる場合

ソフトバンク光を契約する集合住宅の建物内へ既に回線が繋がっている状態の場合、開通工事費が9,600円になります。

既に回線が建物内へ繋がっている場合

特に最近のマンションでは、回線を建物内へ繋げている集合住宅が多いです。このような場合は、電柱から集合住宅の建物へ回線を繋げる工事をする必要がありません。

既に回線が繋がっている
集合住宅なら「建物内工事」だけ

このように、既に集合住宅の建物へ回線が繋がっている状態の建物でソフトバンク光を契約後に実施する工事は「建物内工事だけ」となり、開通工事費も9,600円となります。

集合住宅で工事費が2,000円になる場合

ソフトバンク光の開通工事費が2,000円になる場合は、既に回線が建物内へ繋がっており、さらに部屋まで回線が既に来ている状態の時です。

部屋まで回線が来ていると
工事業者が来る必要がない

上記イラストのように、ソフトバンク光を契約する集合住宅の部屋まで既に回線が来ている状態なら、わざわざ工事業者が来る必要がありません。この状態だと遠隔でインターネットが繋がるような設定工事をするだけとなりますので、開通工事費も2,000円で済みます。

監修者長井
集合住宅の場合、ソフトバンク光の開通工事費に違いがあるのは、「回線が建物と繋がっていない場合」「回線が建物と繋がっているけど部屋まで来ていない場合」「回線が既に部屋まで来ている場合」で工事内容に違いがあるからです。

ソフトバンク光の工事費に関するまとめ

この記事ではソフトバンク光の開通工事費についてまとめてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

ソフトバンク光の開通工事費は最大でも24,000円です。但し、開通工事の実施日が土日祝の場合は工事費にプラン3,000円が加算されて請求が来ますので、なるべく安く抑えたいのであれば平日の工事をおすすめします。開通工事費の支払いは「一括払い」か24回・36回・48回・60回の「分割払い」を選択可能です。

フレッツ光から「転用」、他社光コラボからの「事業者変更」、Yahoo!BB ADSLからの乗り換えの場合は工事費の支払いは不要です。また、開通工事を伴う他社からソフトバンク光への乗り換えの場合はキャッシュバックにより実質工事費無料となるキャンペーンを実施中です。さらに、契約中のソフトバンク光を引っ越し先でも継続利用する場合の開通工事費はSoftBankが負担して無料となる特典があります。

開通工事費を支払うソフトバンク光の新規契約でも、正規代理店の株式会社NEXTのキャンペーンサイトで新規契約の申し込みをすれば36,000円のキャッシュバックが貰えますので、ソフトバンク光の開通工事費が24,000円だったとしてもキャッシュバックで十分に支払えるので実質無料にすることができます。