ソフトバンク光の電話オプションであるホワイト光電話、光電話(N)、BBフォンの違い




ソフトバンク光はインターネットに接続できるサービス以外にもオプションとして、固定電話サービスも提供しています。ソフトバンク光の固定電話サービスは主に「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の3つのオプションがあります。しかし、それぞれの電話オプションサービスの違いが解りづらいですよね。

管理人
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ソフトバンク光の「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の内容の違いや電話料金の違い、電話回線は何を使うのか、転送電話は可能なのかなどを中心にご紹介したいと思います。

ソフトバンク光新規契約で
33,000円キャッシュバックに増額中!
▼2020年6月30日終了予定▼
キャンペーンサイトはこちら

ソフトバンク光の電話サービスとは(初心者向け)

最近は携帯電話やスマートフォンの普及で自宅に固定電話を置かないご家庭も増えてきましたね。しかし、まだまだ固定電話の需要はあります。ソフトバンク光でインターネット接続サービスを利用中であれば、オプションで固定電話を設置することができます。

光ファイバー回線を使用した電話サービス

以前よくあった電話といえばNTT加入電話で「電話回線」で接続して通話をしていました。しかし、現在は高速な光ファイバー回線が普及したので、インターネット接続でも使用する光ファイバー回線を使って接続する電話サービスが一般的になりつつあります。

このようにソフトバンク光は光ファイバー回線を使って電話サービスもオプションとして提供しているのです。

ちなみに、以前は固定電話という言葉はNTT加入電話で電話回線を使った電話のことを意味していました。しかし、現在では、ひかり電話やIP電話と言われる電話回線以外の回線を使った電話でも「自宅に置いている電話のことを固定電話」と言っている人も増えてきています。

ソフトバンク光の「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の違い

ソフトバンク光がインターネットでも使用している光ファイバー回線を使ってオプションで提供している電話サービスは主に以下の3つのサービスです。

  • ホワイト光電話
  • 光電話(N)
  • BBフォン

上記3つのサービスは、ソフトバンク光を利用している人(これから利用する人)がオプションとして申し込める光ファイバー回線を利用した電話サービスです。

しかし、ここで問題なのが「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」それぞれ何が違うのか、という点でしょう。実はこれら3つのオプション電話サービスの違いが解らない人がたくさんいるように思えます。

詳しい違いは後で説明するとして、簡単にソフトバンク光の電話サービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」それぞれの違いを説明すると以下のようになります。

電話サービス名簡単な違い
 ホワイト光電話電話番号は市外局番。
提供はソフトバンク。
光電話(N)電話番号は市外局番。
提供はNTT東日本、NTT西日本。
 BBフォン電話番号は050。
提供はソフトバンク。

出典:ホワイト光電話光電話(N)BBフォン

ホワイト光電話と光電話(N)の違いは提供会社

光回線を利用して提供しているソフトバンク光のオプション電話サービスの1つが「ホワイト光電話」です。このホワイト光電話というサービスはソフトバンクから提供されています。電話番号は、東京なら03、大阪なら06のように市外局番の電話番号が利用できるようになります。

光電話(N)は、上記でご説明したホワイト光電話とあまり変わず、光ファイバー回線を使用して提供されており、市外局番の電話番号が利用できる電話サービスです。

ただし、サービス提供先が「ホワイト光電話」と「光電話(N)」で違います。

電話サービス名サービス提供会社
 ホワイト光電話 ソフトバンク
光電話(N) NTT東日本・NTT西日本

ホワイト光電話というサービスを提供しているのはソフトバンクです。

一方、光電話(N)というサービスを提供しているのはNTT東日本とNTT西日本なのです。もう気づいている人もいると思いますが、光電話(N)の(N)とはNTTのNなのです。

管理人
ソフトバンク光の「ホワイト光電話」はソフトバンクが、「光電話(N)」はNTTが提供している電話サービスなんです。

ソフトバンク光のBBフォンの電話番号は050

最後の3つ目のソフトバンク光のオプション電話サービスが「BBフォン」です。

上記で簡単にご説明した「ホワイト光電話」と「光電話(N)」同様にインターネット回線を使って提供されているソフトバンク光のオプション電話サービスの1つです。

しかし、BBフォンの「ホワイト光電話」と「光電話(N)」との大きな違いは電話番号でしょう。「ホワイト光電話」と「光電話(N)」の場合は市外局番の電話番号を使用しますが、BBフォンで使用する電話番号は050から始まる電話番号です。

管理人
BBフォンで利用する電話番号は市外局番ではなく「050」を利用するサービスです。

結局ソフトバンク光の電話サービスはどれがよい?

上記の説明でソフトバンク光のオプション電話サービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の違いが何となくご理解いただけたと思います。しかし、「結局どのオプション電話サービスがいいの?」という声が聞こえてきそうです。

そこで、ソフトバンク光のそれぞれのオプション電話サービスの内容や特徴からどんな人にオススメなのかをメリットやデメリットも含めてご紹介したいと思います。

ホワイト光電話がオススメの人は、
市外局番の電話番号を使いたい人

ソフトバンク光のオプション電話サービスの1つ「ホワイト光電話」で使用する電話番号は「03」などから始まる市外局番の一般的な電話番号を利用できます。

BBフォンの場合は050から始まる携帯電話やPHSのような電話番号ですが、050から始まる電話番号が嫌だという人は、市外局番の電話番号が使える「ホワイト光電話」がオススメです。

ホワイト光電話は、現在使っている市外局番の同じ電話番号をそのまま使うことができますが、同じ電話番号を使う場合は「NTT電話加入権」を持っている必要があります。

光電話(N)がオススメな人は、
現在利用中の同じ電話番号をそのまま使いたい人

もし現在、市外局番から始まる固定電話の電話番号を使っていて、そのまま同じ電話番号をソフトバンク光のオプション電話サービスで使いたいなら「光電話(N)」がオススメです。

上記でご紹介した「ホワイト光電話」も利用中の電話番号をそのまま利用できますが「NTT電話加入権」を持っている必要があります。もし、NTT電話加入権がなくても使用できる市外局番の電話番号をお持ちで、そのまま同じ電話番号を使用したいのであれば「光電話(N)」が良いということになります。

BBフォンがオススメな人は、
おうち割 光セットを適用させたいだけの人

ソフトバンクの携帯電話やスマートフォン代が毎月割引になる「おうち割 光セット」。おうち割 光セットは、インターネット回線(ソフトバンク光)と携帯スマホをソフトバンクにセットで利用すると適用できる割引サービスです。

おうち割 光セットを適用するには、ソフトバンク光電話サービスの以下のオプションのどれか1つに加入しなければなりません。

  • ホワイト光電話
  • 光電話(N)+BBフォン
  • BBフォン

上記3つの電話サービスでおうち割 光セットを適用させる為だけにどの電話サービスに加入すべきかを悩んでいるなら「BBフォン」にしましょう。

「ホワイト光電話」や「光電話(N)」の場合は初期費用が1,000円~2,000円程度必要ですが、BBフォンの場合は初期費用が必要ありません。そのため、固定電話を置く予定はないけど、おうち割 光セットをただ適用させたいという人は「BBフォン」がオススメです。

「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」違いまとめ

上記でソフトバンク光の電話サービスである3つのサービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」を説明してきましたが、一目で解るように違いを表としてまとめてみました。

 ソフトバンク光
電話サービス
ホワイト
光電話
光電話(N)BBフォン
提供会社ソフトバンクNTT東日本
NTT西日本
ソフトバンク
電話番号市外局番から
始まる番号
市外局番から
始まる番号
050から
始まる番号
初期費用
(工事費)
1,000円~
2,000円
1,000円~
4,000円
工事不要
使用中の
電話番号
そのまま利用可能
(電話加入権必要)
そのまま利用可能利用不可
月額
基本料
●基本プラン
⇒467円
●基本プランα
⇒943円
●だれとでも定額
⇒1,410円
●基本プラン(N)
⇒500円
●スマート基本プラン(N)
⇒1,500円
不要

出典:ホワイト光電話光電話(N)BBフォン

ソフトバンク光の電話料金(通話料)

ソフトバンク光のオプションの電話サービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の違いは上記で何となくご理解いただけたと思います。が電話料金(通話料)はいくらになるのか気になります。

「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」各サービスの内容に違いがあるように、各電話サービスによって電話料金や月額基本料金、通話料にも違いがあります。

以下、ソフトバンク光の各電話サービスに分けて電話料金を表にしてまとめてみました。

ソフトバンク光「ホワイト光電話」の電話料金

ソフトバンク光の電話サービス「ホワイト光電話」の基本プランの場合の電話料金は以下のようになります。

ホワイト光電話 電話料金
(基本プランの場合)
月額基本料金 月額467円
 ホワイト光電話、
おうちのでんわ、
BBフォン、
BBフォン(M)、
BBフォン光、
ケーブルライン、
ひかりdeトークS、
NURO 光 でんわ
通話料無料
ソフトバンクの
携帯電話
・ホワイトコール24申込の場合
⇒通話料無料
・ホワイトコール24申込なしの場合
⇒通話料16円/分
 国内固定電話、
他社IP電話
全国一律
7.99円/3分
携帯電話
(ソフトバンク以外)
 16円/分
 PHS 16円/分
 国際電話アメリカの場合
7.99円/3分

出典:ホワイト光電話の料金

ソフトバンク光「光電話(N)」の電話料金

ソフトバンク光の電話サービス「光電話(N)」の基本プランの場合の電話料金は以下のようになります。

光電話(N) 電話料金
(基本プランの場合)
月額基本料金 月額500円
固定電話全国一律
8円/3分
ドコモ、
ワイモバイル
16円/分
au、
ソフトバンク
・東日本エリアの場合⇒17.5円/分
・西日本エリアの場合⇒18円/分
PHS・区域内の場合⇒10円/60秒
・~160kmの場合⇒10円/45秒
・160km超の場合⇒10円/36秒
・それ以外⇒1回につき10円
 PHS 16円/分
 国際電話アメリカの場合
9円/分

出典:光電話(N)の料金

ソフトバンク光「BBフォン」の電話料金

ソフトバンク光の電話サービス「BBフォン」の場合の電話料金は以下のようになります。

BBフォン 電話料金
月額基本料金0円(不要)
BBフォン光、
ホワイト光電話、
BBフォン、
ケーブルライン
全国一律
0円(無料)
一般固定電話全国一律
7.99円/3分
携帯電話全国一律
・8:00~23:00⇒25円/分
・23:00~8:00⇒20円/分
PHS10円/分+1通話につき10円
国内IP電話
(050)
全国一律
7.99円/3分
 国際電話アメリカの場合
7.99円/3分

出典:BBフォンの料金

ソフトバンク光の電話サービスは転送電話可能?

ご自宅に固定電話を置くと外出先では電話に出ることができません。そんな場合は指定した番号へ転送してくれれば便利ですよね。

今回ご紹介してきたソフトバンク光の電話オプションサービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」では転送電話が可能です。

各サービスとも指定した電話番号への転送には月額料金が必要です。光電話(N)のみ工事費が必要になります。詳しいソフトバンク光の転送電話サービスの料金は以下の表にまとめています。

ソフトバンク光
電話サービス名
ホワイト光電話光電話(N)BBフォン
転送オプション名着信転送サービス多機能転送着信転送サービス
申し込み必要必要必要
  初期費用
(工事費)
無料1番号ごとに
1,000円
無料
 月額料金500円500円500円

出典:ホワイト光電話光電話(N)BBフォンオプション

ソフトバンク光の各電話サービスとも、かかってきた電話を転送するには月額500円が必要です。

ホワイト光電話とBBフォンは「着信転送サービス」というオプション名ですが、光電話(N)は「多機能転送」というオプションでNTT東日本と西日本が提供する「ボイスワープ」という転送サービスとほぼ同じです。また、光電話(N)のみ転送する電話番号につき1,000円の工事費が必要です。

ソフトバンク光の電話はナンバーディスプレイ可能?

電話がかかってきた際に相手の電話番号が表示されるナンバーディスプレイというオプションは、電話の相手が電話に出る前に解るので安心ですよね。

ソフトバンク光のオプションの電話サービス「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の各サービスでもナンバーディスプレイは可能です。ただし、相手の電話番号が表示される機能(ナンバーディスプレイ対応)が付いている電話機を自分で準備する必要があります。

詳しいソフトバンク光のナンバーディスプレイサービスの料金は以下の表にまとめています。

ソフトバンク光
電話サービス名
ホワイト光電話光電話(N)BBフォン
オプション名番号表示サービスナンバーディスプレイ番号表示サービス
申し込み必要必要必要
  初期費用不要不要登録設定料
700円
 月額料金400円400円300円

出典:ホワイト光電話の料金光電話(N)の料金BBフォンの料金

そこで今回はソフトバンク光の「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」の内容の違いや電話料金の違い、電話回線は何を使うのか、転送は可能なのかなどを中心にご紹介したいと思います。

ソフトバンク光電話のまとめ

この記事ではソフトバンク光が提供している光ファイバー回線を使った電話サービスについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ソフトバンク光の電話サービスは「ホワイト光電話」「光電話(N)」「BBフォン」と3つのサービスがあり、違いがよく解らなかった人も何となくご理解いただけたと思います。ソフトバンク光の電話サービスの各サービス内容をよく理解した上で申し込みされてくださいね。今、ご利用中の電話回線を使った固定電話の料金よりも安く利用できますので、インターネットをソフトバンク光にするついでに光電話への加入もご検討してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク