ソフトバンク光とソフトバンクエアーの違いを徹底比較!




SoftBankが提供しているインターネット接続サービスと言えば「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)」の2つがあります。ソフトバンク光とソフトバンクエアーはインターネットに接続する方法が全然違いますので、速度や工事の有無、月額料金に至るまでまったく異なったサービスです。

監修者の長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の違いを比較しながらご紹介すると共に、どちらと契約すべきかのご紹介とお得に契約可能な正規代理店もまとめてご紹介してみたいと思います。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの最低限知っておくべき違い

SoftBankが提供する「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)」はどちらもインターネットに接続するサービスとしては共通しています。しかし、インターネットに接続する方法や月額料金などが全然違うサービスです。

そこでまずは、ソフトバンク光とソフトバンクエアーの違いを理解できるように比較しながらご紹介します。

①接続する回線が最大の違い

まず、大前提として知っておくべき「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の最大の違いは、インターネットに接続する為の「回線の違い」です。

サービス名回線
ソフトバンク光光回線
SoftBank Air電波
(AXGP)

ソフトバンク光は、「光回線」という線を利用してインターネットに接続するサービスです。

一方、ソフトバンクエアーは、AXGPと呼ばれる「電波」を利用してインターネットに接続するサービスです。要は携帯電話やスマホでインターネットをするように「電波」を利用しているのがソフトバンクエアーです。

以下、さらに詳しくイラストを使ってご紹介します。

ソフトバンク光で利用する「光回線」について

上記でもご紹介したように、ソフトバンク光「光回線」や「光ファイバー」と呼ばれる回線を利用してインターネットに接続します。

ソフトバンク光で利用する回線は「光回線」

どこにでもある電柱ですが、電話回線や送電線以外にもインターネット回線の1つである「光回線」も通っています。ソフトバンク光を契約する建物の近くにある電柱などから光回線を宅内へ引き込んでインターネットに接続しています。

もっと簡単に言えば、光回線という「線を利用」しているのがソフトバンク光です。

ソフトバンクエアーで利用する「電波」について

一方、ソフトバンクエアーはソフトバンク光のように「光回線」などの線を利用せず「電波」を利用してインターネットに接続します。

SoftBank Airで利用する回線は「電波」

携帯電話やスマホは、電話回線のような線を利用せずに、電波塔から発信されている電波を利用して通話やインターネットに接続できますよね。それに似ていて、ソフトバンクエアーはAXGPと呼ばれる「電波」を使ってインターネットに接続するサービスです。

もっと簡単に言えば、線を使わない無線の「電波を利用」しているのがソフトバンクエアーです。
ソフトバンクエアーのネット接続で利用されるAXGPという「電波」はPHSの電波をベースに、さらに高速化されたモバイル通信方式の事です。
出典:AXGPの概要
監修者の長井
ソフトバンク光は「光回線」を、ソフトバンクエアーは「電波」を利用してインターネットに接続するサービスなので、利用する回線が全然違います。

②開通工事の有無

次にご紹介する「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の違いですが、新規契約後の開通工事が「必要か」「不要か」の違いです。

サービス名新規契約後の
開通工事の有無
ソフトバンク光開通工事
必要
SoftBank Air開通工事
不要

ソフトバンク光は上記でご紹介したように「光回線」を利用してインターネットに接続します。その為、ソフトバンク光を新規契約した場合は、契約した自宅内に光回線を引き込む開通工事が必要です。開通工事はソフトバンク光契約後の約1ヶ月後に実施されるので、すぐにインターネットを始める事が出来ません。

一方、ソフトバンクエアーは「電波」を利用してインターネットに接続するサービスです。その為、ソフトバンクエアーを契約後は「Airターミナル」と呼ばれる機器をコンセントに差すだけなので開通工事が不要です。「Airターミナル」が届いたらインターネットが始められます。

ソフトバンク光は開通工事が必要とご紹介しましたが、現在「フレッツ光を契約中」もしくは「他社光コラボを契約中」の場合は、転用・事業者変更という手続きをすれば、工事不要で契約を乗り換える事が可能です。
監修者の長井
ソフトバンク光は新規契約後は「光回線」を引き込む開通工事が必要で、ソフトバンクエアーは「電波」を利用するので開通工事が不要なんです。

③「最大通信速度」と「速度の安定性」の違い

続いて知っておくべき「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」の違いですが、「最大通信速度」と「安定性」の違いです。

最大通信速度について

サービス名最大通信速度
ソフトバンク光下り最大1Gbps
(1000Mbps)
SoftBank Air
  • Airターミナル4
    下り最大962Mbps
  • Airターミナル3
    下り最大350Mbps
  • Airターミナル2
    下り最大261Mbps
  • Airターミナル
    下り最大110Mbps

出典:[SoftBank 光]通信速度について教えてください。
出典:[SoftBank Air]通信速度を教えてください。

ソフトバンク光はフレッツ光と同じ「光回線」をNTT東日本・NTT西日本から借りて提供しています。その為、ソフトバンク光の最大通信速度はフレッツ光と同じで下り最大1Gbps(1000Mbps)です。※利用する回線タイプで下り最大通信速度が200Mbpsや100Mbpsになる場合があります。

一方、ソフトバンクエアーの下り最大通信速度は、利用する「Airターミナル」のバージョンによって違いがあります。最新の「Airターミナル4」を利用した場合のソフトバンクエアーの最大通信速度は下り最大962Mbpsです。

速度の安定性について

ソフトバンクエアーは携帯電話やスマホのように「電波」を利用してインターネットに接続します。その為、「光回線(有線)」を利用するソフトバンク光と比べて、「電波」を利用するソフトバンクエアーの速度は安定性がありません。

また、ソフトバンクエアーの場合は利用状況によって速度が低下する「速度制限」が実施されます。

サービス名速度の安定性速度制限
ソフトバンク光安定性が高い制限なし
SoftBank Air安定性が低い
(エリアにより異なる)
速度制限あり

こんな経験は今までありませんか?

電車の中や地下などで携帯電話やスマホを使ってインターネットをしていると速度が遅いと感じたり、圏外になって繋がりにくかったりした経験はありますよね。その原因は、利用する場所や時間帯によって「電波」が弱く速度が落ちているからです。それと同様に「電波」を利用するソフトバンクエアーも利用する場所により速度が遅く感じる場合もあります。

一方、ソフトバンク光で利用する「光回線」は電波のように利用状況や利用時間、場所によって速度は左右されにくいので速度が安定しています。

監修者の長井
ソフトバンク光とソフトバンクエアーはインターネットに接続する回線に違いがある為、最大通信速度や速度の安定性、そして速度制限の有無に違いがあるんです。

④月額料金と初期費用の違い

ソフトバンク光とソフトバンクエアーは、毎月固定で支払う「月額料金」と契約時に支払う「初期費用」にも違いがあります。

以下、ご紹介する料金や費用すべて税別です。

月額料金について

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの月額料金は以下のように違いがあります。

サービス名月額料金
ソフトバンク光戸建住宅集合住宅
5,200円3,800円
SoftBank Air

Airターミナル
分割払い(購入)
  • 基本料
    4,880円
  • 賦払金
    1,650円(税込)×36回
  • 月月割
    -1,650円割引(税込)×36回

合計4,880円

Airターミナル
レンタル
  • 基本料
    4,880円
  • レンタル料
    490円

合計5,370円

出典:SoftBank 光(光回線) 料金
出典:SoftBank Air 料金・価格

ソフトバンク光の月額料金は解りやすくシンプルで、戸建住宅で契約すると月額5,200円集合住宅で契約すると月額3,800円です。

一応、ソフトバンクエアーの月額料金は利用する機器「Airターミナル」を「分割払い」で購入するか「レンタル」するか月額料金に違いがあります。Airターミナルを分割払いで契約する場合は月額4,880円・レンタルで契約する場合は月額5,370円です。

初期費用について

ソフトバンク光とソフトバンクエアーを契約時に1度だけ支払う初期費用は以下のように違いがあります。

サービス名初期費用
ソフトバンク光
  • 契約事務手数料
    3,000円
  • 開通工事費(新規契約のみ)
    24,000円
SoftBank Air契約事務手数料
3,000円

契約時に支払う契約事務手数料は、ソフトバンク光とソフトバンクエアーともに3,000円です。一方、上記でもご紹介したようにソフトバンク光のみ新規契約した場合は、実施する開通工事の工事費の支払いが必要となります。

監修者の長井
ソフトバンク光とソフトバンクエアーの契約形態と月額料金はまったく違うんですね。また、契約事務手数料は同じですが、ソフトバンク光の新規契約の時のみ開通工事費が初期費用として必要になるんです。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーは結局どちらと契約すべきか

上記ではソフトバンク光とソフトバンクエアー(SoftBank Air)の違いについてインターネット回線の初心者の方でもご理解いただけるように比較しながらご紹介しました。上記の比較でおおよそ違いをご理解いただけたと思います。

しかし、違いは理解できたとしても「ソフトバンク光」と「ソフトバンクエアー」のどちらと契約した方がおすすめかまでは解らない、という人もいる事だと思いますので上記の比較を交えてどちらと契約すべきかをご紹介しましょう。

ソフトバンク光をおすすめする人とは

ソフトバンクエアーよりもソフトバンク光の契約をおすすめする人は以下のような人です。

  1. 速度が速いインターネットを利用したい
  2. 安定した速度でインターネットをしたい
  3. 動画やゲームなどをする機会が多い
  4. 即日インターネットを開通させる必要がない

やはりソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するので、「電波」を利用するソフトバンウエアーよりもソフトバンク光の方が速度が速く安定性があります。

また、youtubeなどの動画やインターネットゲームなどを楽しみたい人など、速度重視の人はソフトバンクエアーよりもソフトバンク光との契約がおすすめでしょう。

ソフトバンクエアーをおすすめする人とは

ソフトバンク光よりもソフトバンクエアーの契約をおすすめする人は以下のような人です。

  1. 開通工事をしたくない
  2. 開通工事が出来ない建物・場所に住んでいる
  3. 一刻も早くインターネットを始めたい

ソフトバンクエアーは「電波」を利用するインターネット接続サービスなので、「光回線」を利用するソフトバンク光よりもソフトバンクエアーは速度に弱点があります。

しかし、「光回線の開通工事をしたくない」もしくは「開通工事が出来ない建物や場所」に住んでいる場合は、ソフトバンクエアーは「電波」を利用するので開通工事不要なのでソフトバンク光よりもおすすめです。

監修者の長井
ソフトバンクエアーは工事不要で自宅がネット環境が出来るので手軽ですが、やはり日頃インターネットをするのであれば速度重視で契約した方が今後のためです。その為、私であれば工事が必要だとしてもソフトバンクエアーよりもソフトバンク光との契約を強くおすすめします。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーをお得に契約できる代理店

現段階でソフトバンク光とソフトバンクエアーのどちらと契約するか悩んでいる人でも、契約申込をする際はお得にキャッシュバックが確実に貰えるキャンペーンサイトで申し込みしてください。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーは、ソフトバンクショップや家電量販店などの店舗でも契約可能ですがキャッシュバックが少ないのであまりお得に契約する事が出来ません。

SoftBank正規代理店である株式会社NEXTのキャンペーンサイトで契約すると、以下のように代理店限定のキャッシュバックが貰えるのでお得に契約できます。

サービス名正規代理店
NEXT限定
キャッシュバック
ソフトバンク光
  • 新規契約で
    33,000円
    キャッシュバック
  • 転用・事業者変更で
    15,000円
    キャッシュバック
SoftBank Air新規契約で
30,000円
キャッシュバック

ソフトバンク光新規契約で33,000円

SoftBankから正規に許可を得てソフトバンク光の契約申込みを受け付けている「正規代理店」の株式会社NEXTは、ソフトバンク光の契約申込が可能なキャンペーンサイトを自社運営しています。

ソフトバンク光がお得に契約可能

上記の正規代理店NEXTが自社運営しているキャンペーンサイトでソフトバンク光を契約すると、NEXT限定で以下の3つの特典から1つを選択する事が出来ます。

選べる特典A
  • 新規契約で
    33,000円キャッシュバック
  • 転用・事業者変更で
    15,000円キャッシュバック
選べる特典B新規契約で
28,000円キャッシュバック
+NEC製Wi-Fiルータープレゼント
選べる特典C新規契約で
Nintendo Switchプレゼント
ソフトバンク光新規契約で
33,000円キャッシュバックに増額中!
▼2020年1月31日終了予定▼
キャンペーンサイトはこちら

ソフトバンクエアー契約で30,000円

上記でご紹介したソフトバンク光同様に、正規代理店NEXTはソフトバンクエアーの契約申込を受け付けているキャンペーンサイトを自社運営しています。

SoftBank Air契約で3万円が貰える

上記画像の正規代理店NEXTが自社運営するキャンペーンサイトでソフトバンクエアーを契約すると、NEXT社限定で契約成立から最短2ヶ月後に30,000円がキャッシュバックされる限定特典があります。

正規代理店
NEXT限定
30,000円
キャッシュバック

ソフトバンク光とソフトバンクエアーのまとめとよくある質問

この記事ではこれから契約予定の人、そしてソフトバンク光やソフトバンクエアーへ乗り換えを検討している人向けに、最低限知っておいた方が良い違いを比較しながらご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

ソフトバンク光とソフトバンクエアーの最大の違いはインターネットに接続する為に利用する「回線」です。ソフトバンク光は開通工事を伴う「光回線」を利用してインターネットに接続しますので、速度が速く安定してます。一方、ソフトバンクエアーは「電波」を利用してインターネットに接続するので開通工事不要で手軽に始められますが速度に不安要素があります。

どちらと契約するにせよ、契約申込はソフトバンクショップなどの店舗で手続きするよりも正規代理店NEXTが運営するキャンペーンサイトで手続きをすると、ソフトバンク光新規契約で33,000円キャッシュバック、ソフトバンクエアー契約で30,000円キャッシュバックされるのでお得に契約可能なので覚えておいて損はありません。

A. 大きな違いはネット接続で利用する「回線」です。
ソフトバンク光は「光回線」、ソフトバンクエアーは「電波」を利用しています。
A. はい、違いがあります。
ソフトバンク光の最大通信速度は1Gbpsで「光回線」を利用しているので安定した速度です。しかし、ソフトバンクエアーの最大通信速度は962Mbpsで「電波」を利用しているので速度が安定していません。
A. ソフトバンク光は新規契約の場合のみ工事が必要ですが、フレッツ光からの転用・他社光コラボからの事業者変更の場合は工事不要です。
A. 速度を重視したいのであれば「ソフトバンク光」がおすすめです。
開通工事をしたくない、速度も気にしないという人は「ソフトバンクエアー」がおすすめです。
A. 正規代理店NEXTのキャンペーンサイトで契約するとキャッシュバックがあるのでおすすめです。

【サービス変更】ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合のサービス変更とは

スポンサーリンク