商標登録取得のお知らせ

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」「解約新規」で乗り換える方法

ソフトバンクエアーの契約者は「速度が遅い!」「繋がらない!」という速度に不満がある人が多数派です。

速度に対する不満を持つ人はあなただけではありません!

私はインターネット回線の調査の意味もあって、ソフトバンクエアーとソフトバンク光の両方を契約していますが、皆さんと同じ気持ちでソフトバンクエアーの速度の遅さには驚かされています。

あなたもソフトバンクエアーの速度に不満があってソフトバンク光への乗り換えを検討中の事だと思います。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える方法は以下の2つです。

2つある乗り換え方法

  1. 「サービス変更」手続きでソフトバンク光へ乗り換える
  2. ソフトバンクエアーを「解約」してソフトバンク光を「新規契約」する

このどれか1つの方法で乗り換えが可能ですが、それぞれに【メリット】【デメリット】があります!

メリットとデメリットを理解するとどちらの方法があなたにとっての最適な乗り換え方法かを判断する事が出来ます。

この記事ではソフトバンクエア」からソフトバンク光へ乗り換える2つの方法を解説すると共に、各乗り換え方法のメリットとデメリット乗り換えの負担額比較、そして実際に乗り換える手続き方法を解りやすく解説します。

最後までお読み頂くとソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える最適な方法が解ります。
※以下、表示金額はすべて「税込」です。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換え方法【2選】

ソフトバンクエアーの「速度の不満」などの理由でソフトバンク光へ乗り換える方法は以下の2つです。

乗り換え方法【2選】

  1. 「サービス変更」で乗り換える方法
  2. 「解約からの新規契約」で乗り換える方法

1つ目の方法が「サービス変更」です。
ソフトバンクエアーの契約者は「サービス変更」と呼ばれる手続きでソフトバンク光へ乗り換えが可能です。

2つ目の方法が「解約からの新規契約」です。
契約中のソフトバンクエアーを一旦「解約」し、改めてソフトバンク光を「新規契約」して乗り換える方法です。

それぞれの乗り換え方法には以下のような【メリット】と【デメリット】があります。

乗り換え方法メリットデメリット
サービス
変更
契約解除料不要
利用不可期間がない
×残債一括払い
(分割契約の場合)
×開通工事が必要
×工事費支払が必要
解約・新規キャッシュバックがある
※代理店エヌズカンパニー限定
×解約解除料が必要
×残債一括払い
(分割契約の場合)
×開通工事が必要
×工事費支払が必要
×利用不可期間がある
ワンポイントアドバイス
上記表を見るとソフトバンクエアーを「解約して」ソフトバンク光を「新規契約」する乗り換え方法の方がデメリットが多く、「サービス変更」の方が良いように感じます。

しかし、私は「サービス変更」よりも「解約からの新規契約」の乗り換え方法がおすすめです。

以下、各乗り換え方法に分けてメリット・デメリットを詳しく解説します。

「サービス変更」のメリット・デメリット

以下ではソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える「サービス変更」のメリットとデメリットを解説します。

サービス変更のメリット①
解約時に本来必要な契約解除料(10,450円)の支払いが不要になる。

「サービス変更」のメリットの1つに契約解除料が免除される点が挙げられます。

「サービス変更」手続きでソフトバンク光へ乗り換えるとソフトバンクエアーは解約となります。

ソフトバンクエアーの解約は本来10,450円の契約解除料の支払いが必要ですが、「サービス変更」での解約はこの契約解除料が免除され無料となります。

サービス変更のメリット②
ソフトバンク光が開通するまでソフトバンクエアーを利用できる

「サービス変更」はインターネットに接続出来ないと困る人にはメリットです。

ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスなので、宅内へ回線を引き込む開通工事が必要です。開通工事が実施されるのは手続きから約1~2ヶ月後です。

開通工事が終了するまでがソフトバンクエアーの契約となるため「サービス変更」での乗り換えの場合、インターネットに接続出来ない期間がない点がメリットです。

サービス変更のデメリット①
「分割購入」契約の場合、残債があると一括で支払う必要がある。

デメリットとしては高額な残債を一括で支払う可能性がある事です。

ソフトバンクエアーの契約は【分割購入契約】と【レンタル契約】の2つがあります。

ソフトバンクエアーの契約者の多くは【分割購入契約】しており、ソフトバンクエアーの端末(Airターミナル)の端末代金を1,650円の36回分割払いで購入する契約となっています。

要は毎月1,650円を分割で払っている訳です。

もし「サービス変更」の時点で端末代の分割払いが終わっていない場合(残債がある場合)、残りの分割額(残債額)を一括で支払わなくてはなりません。

サービス変更のデメリット②
ソフトバンク光の開通工事及び工事費の支払いが必要。

開通工事実施と工事費払いが必要になる点もデメリットです。

ソフトバンク光は光回線を利用してインターネットに接続するサービスなので、回線を宅内へ引き込む開通工事を実施する必要があります。

また、この開通工事の工事費(最大26,400円)も負担する必要があります。

ワンポイントアドバイス
「サービス変更」で乗り換える場合、契約解除料(10,450円)の支払いが不要になる点がメリットです。

しかし、「分割購入」契約で端末代の分割残債がある場合は一括で支払う必要がある点、そしてソフトバンク光の開通工事の実施と工事費の支払いが必要になる点がデメリットと言えます。

「解約・新規」のメリット・デメリット

ソフトバンクエアーを「解約」してから、ソフトバンク光へ「新規契約」で乗り換える方法のメリットは1つです。

「解約からの新規契約」のメリット
ソフトバンク光の代理店エヌズカンパニーなら「新規契約」で37,000円がキャッシュバックされる

◉ソフトバンク光の正規代理店エヌズカンパニー限定で新規契約すると以下のキャッシュバックが受け取れます!

エヌズカンパニー
代理店限定特典
キャッシュバック
戸建住宅
(ファミリータイプ)
37,000円
キャッシュバック
集合住宅
(マンションタイプ)
37,000円
キャッシュバック

ソフトバンクエアーを一度「解約」してから改めてソフトバンク光を「新規契約」の申し込みをする際に正規代理店エヌズカンパニーで手続きすれば37,000円キャッシュバックされます。

※特典終了予定は2021年9月30日です。

この新規契約で貰えるキャッシュバックが「解約からの新規契約」でソフトバンクエアーからソフトバンク光へ契約を乗り換える最大のメリットです!

\37,000円キャッシュバック/
ソフトバンク光の詳細はこちら
正規代理店エヌズカンパニー
「解約からの新規契約」のデメリット①
「分割購入」契約の場合、残債があると一括で支払う必要がある。

上記の「サービス変更」のデメリットでも解説した事と同じで、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「解約からの新規契約」で乗り換える際もソフトバンクエアーの端末代を「分割購入」契約している場合で端末代残債(分割の残り)がある場合は残債を一括で支払う必要があります。

「解約からの新規契約」のデメリット②
ソフトバンク光の開通工事及び工事費の支払いが必要。

また「サービス変更」のデメリットと同様に、ソフトバンク光は光回線を利用したインターネット接続サービスなので、ソフトバンク光を新規契約した際には宅内へ回線を引き込む開通工事が必要です。

また、開通工事費の支払い(最大26,400円)も必要になる点もデメリットです。

「解約からの新規契約」のデメリット③
開通工事までインターネット(Wi-Fi)が利用できない。

「解約からの新規契約」でソフトバンク光へ乗り換える場合、契約中のソフトバンクエアーを一旦「解約」する必要があるため、ソフトバンク光の開通工事が終了するまでインターネット(Wi-Fi)が利用できる環境がなくなってしまいます。

※但し、ソフトバンク光を契約後に開通工事が終了するまでの期間、申請すれば「ソフトバンクエアー」を無料でレンタルする事が可能なので、厳密に言えばインターネット接続できない期間はありません。
ワンポイントアドバイス
「解約からの新規契約」で乗り換える際、ソフトバンクエアーの契約解除料の支払いなどが必要になるものの、正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約した場合は37,000円のキャッシュバックが貰えます。

ソフトバンクエアーの契約解除料やソフトバンク光の工事費、契約事務手数料の支払いに貰ったキャッシュバックを利用すれば「サービス変更」よりも実質負担額が少なく乗り換えが可能となります。

「サービス変更」と「解約からの新規契約」の負担額比較

上記ではソフトバンクエアーからソフトバンク光へ契約を乗り換える「サービス変更」と「解約からの新規契約」の2つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説しました。

しかし、なるべく負担を少なく乗り換えたいですよね!

では、実際に「サービス変更」と「解約からの新規契約」のどちらで乗り換えた方が負担額が少ないのかを計算してみましょう。

「サービス変更」での乗り換え負担額

「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合の負担額の例を計算しました。

以下の負担額の例はソフトバンクエアーを【分割購入】で36回分割契約している場合です。

SoftBank Air
解約月
12ヶ月目24ヶ月目37ヶ月目
以降
【1】
契約解除料
免除
【2】
サービス変更
手数料
2,200円
【3】
ソフトバンク光
開通工事費
26,400円
【4】
SoftBank Air

端末代残債
(分割購入契約の場合)
25回残債
1,650円×25
=41,250円
13回残債
1,650円×13
=21,450円
0回残債
0円
合計負担額69,850円50,050円28,600円

【1】契約解除料
「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合は、ソフトバンクエアーの契約解除料は免除されるので0円です。

【2】サービス変更手数料
「サービス変更」による乗り換えの際は手数料として2,200円の支払いが必要です。

【3】ソフトバンク光開通工事費
ソフトバンク光の開通工事費として26,400円の支払いも必要です。

【4】SoftBank Air 端末代残債
ソフトバンクエアーを【分割購入】契約している場合は端末代残債の支払いが厄介です。

例えば、12ヶ月目にサービス変更する場合は残り25回分の端末代残債41,250円(分割額1,650円×残債分25回)の支払いも必要となり、【2】2,200円+【3】26,400円+【4】41,250円=69,850円の負担額となります。

但し、36回の分割払いが終了した37ヶ月目以降は端末代残債を考える必要がありません。

サービス変更の費用計算方法
【サービス変更手数料】2,200円+
【開通工事費】26,400円+
【端末代残債】1,650円×(36回-契約経過期間
=以上、合計額がサービス変更の負担額

以下の表は「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換えた場合の負担額の一覧です。

「解約・新規」での乗り換え負担額

続いて、ソフトバンクエアーを「解約」してソフトバンク光へ「新規契約」で乗り換えた場合の実質負担額を計算しました。

以下の負担額の例はソフトバンクエアーを【分割購入】で36回分割契約しており、ソフトバンク光の新規契約を正規代理店エヌズカンパニーで申し込みした場合で計算しています。

SoftBank Air
解約月
12ヶ月目24ヶ月目37ヶ月目
以降
【1】
契約解除料
10,450円契約解除料
不要
(更新期間)
10,450円
【2】
ソフトバンク光
開通工事費
26,400円
【3】
ソフトバンク光
契約事務手数料
3,300円
【4】
SoftBank Air

端末代残債
(分割購入契約の場合)
25回残債
1,650円×25
=41,250円
13回残債
1,650円×13
=21,450円
0回残債
0円
小計81,400円51,150円40,150円
【5】
キャッシュバック
(代理店エヌズカンパニー)
36,000円
キャッシュバック
実質負担額45,400円15,150円負担
なし

【1】契約解除料
「解約からの新規契約」でソフトバンク光へ乗り換える場合、ソフトバンクエアーを通常通りに解約するため契約解除料10,450円の支払いが必要です。

但し、ソフトバンクエアーの契約期間が終了する24ヶ月目毎の1ヶ月間は「更新月」と呼ばれる期間です。
この「更新月」の1ヶ月間と契約が自動更新された翌月、翌々月に解約すると契約解除料の支払いが不要です。
【関連記事】ソフトバンクエアーの契約期間と更新月について

【2】ソフトバンク光開通工事費
ソフトバンク光で利用する回線を宅内へ引き込む工事の開通工事費が26,400円です。

【3】ソフトバンク光契約事務手数料
ソフトバンク光を契約する際には契約事務手数料として3,300円の支払いも必要です。

【4】SoftBank Air 端末代残債
ソフトバンクエアー「分割購入」契約の解約時には契約経過期間に応じて端末代残債(分割の残りの額)を一括で支払わなくてはならばい場合があります。

例えば、12ヶ月目に解約する場合は残り25回分の端末代残債41,200円(分割額1,650円×残債分25回)の支払いとなり、【1】10,450円+【2】26,400円+【3】3,300円+【4】41,200円=81,400円の負担額となります。

ここに注目!!!
上記記載の通り、ソフトバンクエアーを12ヶ月目で「解約」してソフトバンク光へ「新規契約」した場合の負担額は81,400円にもなります。

しかし、正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約すると【5】キャッシュバック(36,000円)が貰えるため【負担額81,400円】-【キャッシュバック36,000円】=実質負担額が45,400円になります!

ソフトバンクエアーを12ヶ月目に「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換えた場合の負担額は69,850円でしたが「解約からの新規契約」で乗り換えた場合の実質負担額は45,400円ですので、「サービス変更」より「解約からの新規契約」の方が負担額が少なく乗り換えが可能という事が解りますね!!!

解約・新規契約の費用計算方法
【SoftBank Air 契約解除料】10,450円+
【SoftBank Air 端末代残債】1,650円×(36回-契約経過期間)+
【ソフトバンク光 開通工事費】26,400円+
【ソフトバンク光 契約事務手数料】3,300円
=合計額-【キャッシュバック額】「解約からの新規契約」実質負担額

以下の表は、ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光を代理店エヌズカンパニーで新規契約の申し込みをした場合の実質負担額の一覧です。

【結論】乗り換え方法は「解約からの新規契約」がおすすめ

ソフトバンクエアーの不満を理由に、速度が安定して速いソフトバンク光へ乗り換えをSoftBankへ問い合わせすると100%の確立で「サービス変更」での乗り換えを勧められます。

上記で解説したように「サービス変更」は契約解除料(10,450円)が不要になるのでメリットですが、端末代の残債を一括で支払う必要があるため「サービス変更」時期によっては高額な支払いとなってしまいます。

結論(おすすめ)
「サービス変更」でなく「解約からの新規契約」で乗り換えると負担額が少ない!

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換えると高額な支払いが必要となるため、負担額を少なくするためにソフトバンクエアーを一旦「解約」して、正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を「新規契約」します。

そして、ソフトバンク光契約後に正規代理店エヌズカンパニーから貰えるキャッシュバック(36,000円)をソフトバンクエアーの解約金等に利用すれば負担が少なくなります。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える手順

では、実際に契約中のソフトバンクエアーからソフトバンク光へ契約を乗り換える手順を解説します。

「サービス変更」乗り換え手順

ソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合の手順は以下です。

「サービス変更」の手順

  1. SoftBankへ電話をする
  2. 開通工事の実施日を打ち合わせる

①SoftBankへ電話をする

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合、以下の電話番号へ連絡します。

電話番号0800-1111-820
(通話料無料)
受付時間9時~19時まで

上記の電話番号へ受付時間内に電話をしてオペレーターに繋がったら「サービス変更でソフトバンクエアーからソフトバンク光へ変更したい。」と伝えてください。

その電話の際にサービス変更にかかる費用(全額)も必ず尋ねるようにしましょう。

②開通工事の実施日を打ち合わせる

電話で「サービス変更」の申し込みが完了したら、次に工事業者から電話があります。

ソフトバンク光は光回線を利用してインターネットに接続するため、回線を宅内へ引き込む開通工事が必要となります。その開通工事の実施日時を工事業者の電話で打ち合わせします。

開通工事は約1時間程度の立ち合いが必要です。

開通工事が終了したら、契約者自身でパソコンなどを使って接続設定を行います。

接続設定後にインターネットに接続出来る事が確認できれば乗り換え完了です。

※ソフトバンクエアーの端末を【レンタル】契約している人は工事終了後にSoftBankへ速やかに返却します。

「解約・新規」乗り換え手順【おすすめ】

check!!!
少々面倒なものの「サービス変更」よりも実質負担額が少なく乗り換え可能「解約からの新規契約」がおすすめです!

ソフトバンクエアーを解約してソフトバンク光を新規契約で乗り換える手順は以下です。

「解約からの新規契約」の手順
  1. ソフトバンク光が契約可能かのエリア確認をする
  2. ソフトバンクエアーを解約する
  3. 正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約する
  4. 「開通前レンタル」を申し込む
  5. 開通工事の実施日を打ち合わせる

以下で手順や流れを解説します。

①ソフトバンク光が契約可能かのエリア確認をする

乗り換えるソフトバンク光は「光回線」を利用したインターネット接続サービスですので、契約住所が「光回線」の利用できるエリア内でなければソフトバンク光は契約出来ません。

また、エリア内であっても開通工事が出来ない物件の場合もソフトバンク光は契約出来ません。

ソフトバンクエアーを解約する前にソフトバンク光が契約可能なエリアか(建物か)を必ず確認しておくことが重要です。

ソフトバンク光の提供エリア確認は以下の電話番号で可能です。

電話番号0120-964-769
(通話料無料)
受付時間9時~22時まで

上記電話番号へ受付時間内へ電話をするとオペレーターが対応します。

オペレーターに「ソフトバンク光を新規契約予定なので契約が可能か確認したい。」と伝えてください。

ソフトバンク光を契約する住所を伝えると契約可能なエリア・物件かを判断してくれます。

※契約可能だった場合は電話で契約せずに一旦電話を切りましょう!

ソフトバンクエアーを解約してソフトバンク光へ乗り換え予定である事は言わずに「ソフトバンク光へ新規契約したいので」とだけ伝えましょう。

ソフトバンクエアーを契約中である事が解ると「サービス変更」を勧められます…。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーを解約後にソフトバンク光を契約するのは危険です!

何故なら、契約住所がソフトバンク光の「提供エリア外」やお住まいの物件が「開通工事不可」の場合はソフトバンク光を契約出来ないからです。

その為、まずは解約前にソフトバンク光が【契約可能なエリア・建物か】を確認しておきましょう。

②ソフトバンクエアーを解約する

ソフトバンク光が契約可能な住所だった場合、次に契約中のソフトバンクエアーを解約します。

解約手続きは以下の電話番号のみで受け付けています。

電話番号0800-1111-820
(通話料無料)
受付時間10時~20時まで
ソフトバンクエアーの解約はMy SoftBankやショップの店舗では一切解約を受け付けていません。

受付時間内に電話をするとオペレーターが対応しますので「ソフトバンクエアーを解約したい。」と伝えましょう。

解約手続きの際「解約費用は総額いくらになるか」「解約日はいつになるか」も必ず確認しておきます。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの解約は電話のみで受け付けており、ショップやMy SoftBankから解約手続きが出来ません。

また、解約を受け付けている電話番号はいつも混雑しておりオペレーターに繋がるまで相当時間がかかるので、なるべく早く手続きする事をおすすめします。

③正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約する

ソフトバンクエアーの解約日が過ぎたら、次にソフトバンク光の新規契約の申し込みをします。

ソフトバンク光の新規契約は正規代理店の株式会社エヌズカンパニーのキャンペーンサイトで申し込みをしましょう。

正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を新規契約するとエヌズカンパニー限定のキャッシュバック特典が貰えます!

契約内容エヌズカンパニー限定
キャッシュバック
戸建住宅
(ファミリータイプ)
37,000円
キャッシュバック
集合住宅
(マンションタイプ)
37,000円
キャッシュバック

キャンペーン期間は2021年9月30日まで!

ここが重要!!!
代理店から貰えるこのキャッシュバックがソフトバンクエアーから乗り換える際の負担を軽くしてくれます!

正規代理店エヌズカンパニーで契約するメリットは以下です。

エヌズカンパニーのメリット

  • ソフトバンクエアーを過去に契約していてもキャッシュバックが貰える!
  • ソフトバンク光のネット契約だけ(オプション加入不要)でキャッシュバックされる!
  • ソフトバンク光開通後から最短2ヶ月後にキャッシュバックされる!

キャッシュバックを実施している代理店は他にもありますが、ソフトバンクエアーを過去に契約していた人はキャッシュバック対象外となる代理店がほとんどです。

しかし、エヌズカンパニーは過去にソフトバンクエアーを契約していた人でもキャッシュバックの対象です。

ソフトバンク光のネット契約以外の有料オプション加入がキャッシュバックの条件の代理店もある中、エヌズカンパニーはソフトバンク光のネット契約のみでキャッシュバックされます。

また、エヌズカンパニーはソフトバンク光が開通したら最短2ヶ月後にキャッシュバックしてくれるのもおすすめの理由です。

\ソフトバンク光の申込はこちら/
代理店エヌズカンパニー
37,000円キャッシュバック実施中

④「開通前レンタル」を申し込む

ソフトバンク光は開通工事までインターネットに接続出来ません。

その為、ソフトバンク光の開通工事が完了するまで「ソフトバンクエアー」か「Pocket WiFi」を無料レンタル可能な【開通前レンタル】サービスを利用する事が可能です。

ソフトバンク光の開通工事が実施されるのは契約後の約1~2ヶ月後となります。

【開通前レンタル】をお願いすれば開通工事が完了するまでの期間、インターネットに接続できない期間が生まれませんのでぜひ活用しましょう。

ワンポイントアドバイス
正規代理店エヌズカンパニーのキャンペーンサイトで申し込みすると、代理店の担当者から申込内容に間違いがないかを電話で確認されます。その電話確認の際に【無料レンタル】をお願いしましょう!

⑤開通工事の実施日を打ち合わせる

正規代理店エヌズカンパニーで申し込み後、代理店担当者からの電話確認が行われ正式な契約となります。

その電話確認後、今度は開通工事を実施する工事業者から電話があります。

開通工事は立ち合いが必要です。

開通工事に立ち会える日時を工事業者と電話で打ち合わせしてください。

打ち合わせした日時に工事業者が訪問します。
※工事時間は約1時間程度で終了します。

ソフトバンク光の開通工事が終了したら、契約者自身で接続設定をします。

接続設定後に無事インターネットに接続できることを確認出来たら乗り換えがすべて完了となります。

以上でソフトバンクエアーの遅い速度から脱却し、晴れて快適なインターネットライフが過ごせます!

※上記④で解説した【無料レンタル】を利用していた人は開通工事後に端末を返却します。

※開通工事完了日から翌々月の末日に新規契約した代理店エヌズカンパニーからキャッシュバックが振り込まれます。(開通工事完了日が2月1日の場合は4月末日にキャッシュバック)

ワンポイントアドバイス
土日休日に工事を実施する場合は、工事費(26,400円)に加えて別途3,300円がかかりますのでなるべく平日に工事が出来るよう調節してみてください。

まとめ

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える方法は以下の2つです。

  • サービス変更
  • 解約からの新規契約

「サービス変更」はソフトバンクエアーの契約解除料(10,450円)が免除されソフトバンク光へ乗り換えられる方法です。

「解約からの新規契約」はソフトバンクエアーを通常通り解約して、改めてソフトバンク光を新規契約して乗り換える方法です。

ソフトバンクエアーの端末代を【分割購入】契約している場合、2つの乗り換え方法であっても端末代の残債がある場合は一括で残債を支払う必要があります。

どちらの乗り換え方法でも端末代残債額は高額となるため、負担額が少ない方で乗り換える事が重要となります。

【最終結論】
ソフトバンクエアーの端末代残債の支払い負担を軽減するためにも「サービス変更」でなく、ソフトバンクエアーを解約してから正規代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を「新規契約」する乗り換え方法がおすすめ。

ソフトバンク光の新規契約を正規代理店エヌズカンパニーで申し込みして、正規代理店から貰えるキャッシュバックで乗り換え費用を軽減する事ができる。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える方法は?
「サービス変更」と「解約・新規」の2つの方法で乗り換え可能です。
サービス変更とはどんな手続き?
ソフトバンクエアー契約者がソフトバンク光へ契約を乗り換える際に契約解除料が免除される手続きです。
「サービス変更」と「解約・新規」どちらが良い?
ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える際、手間がかからないのは「サービス変更」ですが高額な解約費用が必要な場合があります。少しでも負担額を少なく乗り換えたいのであれば「解約・新規」がおすすめです。
サービス変更で8万円近くの費用が必要と言われました。
ソフトバンクエアーの端末代残債とソフトバンク光の開通工事費の負担額だと思われます。その場合はソフトバンクエアーを解約して代理店エヌズカンパニーでソフトバンク光を契約すると37,000円がキャッシュバックされるので実質負担額が抑えられます。