商標登録取得のお知らせ

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へサービス変更で乗り換える方法!手続き方法と工事費等の負担額を徹底解説!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光へ乗り換えをご検討中ですね。

「速度が遅い!」「繋がらない!」などの速度に対する不満を持っているソフトバンクエアーの利用者が非常に多く、「ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換えたい!」と希望する方も多いです。

この記事へアクセスしたあなたもソフトバンクエアーの速度に不満がありソフトバンク光に乗り換えを検討中の事だと思います。

監修者長井
私はインターネット回線の調査の意味もあって、ソフトバンクエアーとソフトバンク光の両方を契約していますが、皆さんと同じ気持ちでソフトバンクエアーの速度の遅さには驚かされています。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える方法は以下の2つが考えられます。

考えられる2つの乗り換え方法

  1. 「サービス変更」手続きでソフトバンク光へ乗り換える。
  2. ソフトバンクエアーを「解約」してからソフトバンク光を申し込みをする。
    ※「解約新規」でソフトバンク光に乗り換える。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える方法の1つ目としては「サービス変更」という手続きを行う事です。

「サービス変更」は1番単純な解りやすい乗り換え方法です。

2つの目のソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える方法は「解約新規」です。

現在契約しているのソフトバンクエアーを一旦「解約」してから、解約後に乗り換え先であるソフトバンク光を改めて新規契約をする乗り換え方法の事を「解約新規」と呼びます。

「解約新規」はサービス変更に比べると少々面倒な手続きとなります。
また、ソフトバンクエアーを解約後すぐにソフトバンク光を申し込むと新規契約として扱われない可能性もあります!
この記事ではソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える2つの方法である「サービス変更」と「解約新規」を解説すると共に、「解約新規」で乗り換える際の注意点、乗り換えで発生する負担額(工事費)、そして実際に乗り換える手続き方法を解りやすく解説します。
この記事の監修・執筆:長井 智
インターネット販売代理店で10年以上、各社光回線やプロバイダなどを販売。現在は豊富な経験を活かし回線情報を配信し、自らネット回線の販売代理店としても活動中。総務省届出番号:J2034807
プロフィール

\解約新規の方/
ソフトバンク光の申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー
※以下、記載金額はすべて税込です。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光にサービス変更で乗り換えを推薦!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光への乗り換えには、以下の2つの方法があります。

  • 「サービス変更」で乗り換える方法
    ソフトバンクエアーを「サービス変更」と呼ばれる手続きでソフトバンク光へ乗り換る方法です。
  • 「解約新規」で乗り換える方法
    契約中のソフトバンクエアーを一旦「解約」し、改めてソフトバンク光を「新規契約」して乗り換える方法です。

結論から先に申し上げますと、ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換えは「解約新規」よりも「サービス変更」の方法がおすすめです!

サービス変更による乗り換えをおすすめする理由は以下の3つです。

サービス変更おすすめ理由
  1. 乗り換え(申し込み)の手続きが1回で済む!
  2. 契約解除料(10,450円)の支払いが不要になる!
  3. 開通するまでソフトバンクエアーを利用できる!

以下で「サービス変更」での乗り換えをおすすめする理由を解説します。

解約新規での乗り換えをおすすめしない理由

おすすめ理由①:乗り換え(申し込み)の手続きが1回で済む!

「解約新規」という乗り換え方法は、現在契約中のソフトバンクエアーを一旦「解約」して、解約後にソフトバンク光を「新規契約」しなければならず、2回の手続きを行う必要があります。

「解約新規」での乗り換えは、解約と契約の2回の手続きを踏む必要があり二度手間です。

しかし、「サービス変更」という乗り換え方法は1回の手続きで済みます!

サービス変更は、現在契約しているソフトバンクエアーの「解約」と、乗り換え先となるソフトバンク光の「契約」を1度に行うことが出来るので手間が掛からない!

サービス変更での乗り換え方法はこちら

おすすめ理由②:契約解除料(10,450円)の支払いが不要になる!

現在契約しているソフトバンクエアーのプランが「2年自動更新プラン」の場合、契約期間中(24ヶ月間)に解約すると契約解除料(解約金・違約金)として10,450円の支払いが発生します。

「解約新規」の場合、ソフトバンクエアーを一旦解約する乗り換え方法なので契約解除料(10,450円)の支払いが発生する可能性があります…。

しかし、「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換えると契約解除料は不要です!

サービス変更でソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換えると、今まで契約していたソフトバンクエアーは解約となりますが、本来解約時に支払いが必要な契約解除料は免除される!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーの契約解除料についてですが、ソフトバンクエアーを「Air 4G/5G共通プラン」で契約中の方はいつ解約しても契約解除料は不要です。

また、ソフトバンクエアーを「2年自動更新プラン」で契約中の方で、契約月から24ヶ月目の「契約満了月」と契約が自動更新された「1ヶ月目と2ヶ月目」の合計3ヶ月間は「契約解除料 不要期間」で、この期間に解約すると契約解除料の支払いは不要です。

サービス変更での乗り換え方法はこちら

おすすめ理由③:開通するまでソフトバンクエアーを利用できる!

「解約新規」という乗り換え方法は、現在契約中のソフトバンクエアーを一旦「解約」してからソフトバンク光を「新規契約」するため、ソフトバンク光の開通工事が完了するまでインターネットに接続できません。

「解約新規」の乗り換えイメージは以下です。

「解約新規」による乗り換えの場合、ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光を新規契約します。ソフトバンク光の新規契約の申し込み後は回線工事の実施まで約1ヶ月程度掛かります。

ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光の工事が完了するまでの期間はインターネットを利用することが出来ません!(「解約新規」の場合はインターネットが利用できない期間が生まれる。)

しかし、「サービス変更」による乗り換えの場合はソフトバンク光が利用できるまで(回線工事が完了するまで)はソフトバンクエアーが利用できるのでインターネットが利用できない期間は発生しません!

「サービス変更」の乗り換えイメージは以下です。

「サービス変更」による乗り換えの場合、ソフトバンク光の回線工事が実施された月の月末までソフトバンクエアーが利用できますのでインターネットに接続できない期間は生まれません。

サービス変更の場合、ソフトバンク光の回線工事実施月の末日にソフトバンクエアーは「自動解約」される。

上記イメージの場合、ソフトバンク光の回線工事が1月途中に実施されていますので、回線工事実施月である1月末日にソフトバンクエアーは自動解約される仕組みです。

ワンポイントアドバイス
乗り換え先であるソフトバンク光の回線工事に伴う工事費用は契約者負担です。(乗り換え方法が「解約新規」であっても回線工事費の支払いは発生します。)

乗り換えに伴う費用はこちら


ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ解約新規での乗り換えは非推薦!

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光への乗り換えには「サービス変更」又は「解約新規」の2つの乗り換え方法があります。

ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光を新規契約する「解約新規」による乗り換えをおすすめしている某ブログ等もありますが、「解約新規」は一切おすすめしません!

解約新規による乗り換えをおすすめしない理由は以下です。

解約新規を非推薦の理由
  • 解約後すぐに新規契約しても「新規契約扱い」とはならない!
  • 新規契約のキャッシュバックを受け取れない!

以下で「解約新規」での乗り換えをおすすめしない理由を詳しく解説します。

解約後すぐに新規契約しても「新規契約扱い」とはならない!

ソフトバンクエアーを一旦「解約」してからソフトバンク光を改めて「新規契約」する乗り換え方法が「解約新規」です。

しかし、「解約新規」による乗り換えはソフトバンク光が「新規契約扱い」にならない場合があります!

新規契約にならない場合
ソフトバンクエアーの解約日から約3ヶ月以上経過していない状態で、ソフトバンク光を新規契約で申し込みしたとしても新規契約の扱いとはなりません!

ソフトバンクエアーを解約してから3ヶ月~半年経過してからソフトバンク光を申し込むと「新規契約」として認められます。

しかし、ソフトバンクエアーを解約してから3ヶ月以上経過していない状態でソフトバンク光を「新規契約」してもSoftBankは新規契約としては認められず「サービス変更」という判断をします!

「解約新規」という乗り換え方法は、ソフトバンクエアーを解約後すぐにソフトバンク光を新規契約してもサービス変更という判断をされますので、最初から「サービス変更」の手続きで乗り換えた方が手間がありません!
ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーを解約して3ヶ月以上の期間を空けないとソフトバンク光は新規契約として扱われません。

その為、ソフトバンクエアーを解約して「すぐに」ソフトバンク光を新規契約したとしてもSoftBankの判断は「サービス変更」となります。

新規契約のキャッシュバック特典を受け取れない!

某ブログや某情報サイトなどでは、ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光を新規契約する「解約新規」による乗り換え方法だと「キャッシュバックが受け取れるのでお得だ!」と解説していますが大間違いです!

確かに、SoftBank正規代理店各社ではソフトバンク光を「新規契約」で申し込みした方に正規代理店の限定特典として37,000円程度のキャッシュバックを実施しています。

その為、ソフトバンクエアーを一旦「解約」してから正規代理店経由でソフトバンク光を「新規契約」で申し込むとキャッシュバックが受け取れるので「解約新規」による乗り換え方法がお得に感じますが間違っています!

以下、例として正規代理店エヌズカンパニー限定特典の内容をご紹介します。

正規代理店エヌズカンパニー
申込受付サイト
限定特典37,000円
キャッシュバック
条件
  • エヌズカンパニー経由で
    ソフトバンク光を新規契約する
  • 申込月を含む6ヶ月以内に
    ソフトバンク光を開通させる
  • 申込日から30日以内に
    支払い方法の登録を完了させる
特典期間2022年6月30日
終了予定

しかし、ソフトバンクエアーを解約して間もない時期に(解約から3ヶ月以上経過せずに)ソフトバンク光を正規代理店経由で「新規契約」したとしても新規契約扱いとはならず、正規代理店の限定特典のキャッシュバックを受け取ることができません!

ただし、ソフトバンクエアーを解約してから3ヶ月以上経過している方なら正規代理店エヌズカンパニー経由でソフトバンク光を新規契約した方が37,000円が受け取れるのでお得です。
ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーを解約して3ヶ月以上経過せずにソフトバンク光を新規契約しても新規契約扱いとはならず、キャッシュバックは受け取れないほか、サービス変更で乗り換えれば不要だったソフトバンクエアーの契約解除料の支払いが発生しますし、インターネットが利用できない期間も生まれます。
\解約から3ヶ月以上経過した方/
ソフトバンク光の申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換えるサービス変更費用

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える際には費用が発生します。

以下は、サービス変更で乗り換える際に発生する費用です。

サービス変更の費用
  1. Airターミナル端末代の残債払い
    ソフトバンクエアーの端末分割残金
  2. 回線工事費(最大26,400円)
    ソフトバンク光で利用する回線工事
  3. 契約事務手数料(3,300円)
    ソフトバンク光の契約手数料

以下でサービス変更に伴う費用について詳しく解説します。

費用①:Airターミナル端末代の残債払い

ソフトバンクエアーは「Airターミナル」と呼ばれる接続端末を利用してインターネットに接続しますが、このAirターミナルは契約時に「購入契約」又は「レンタル契約」を選択します。

Airターミナルを「購入契約」すると月額基本料金の割引(月月割)が適用されレンタル契約よりも安く利用できるため、多くの方がAirターミナルを「購入契約」しています。

最新端末「Airターミナル5」は購入契約のみ

Airターミナルを購入契約する場合、端末代を「一括」又は「分割」で購入契約します。

以下、36回分割購入している場合の月々の端末代の支払い額です。

購入機種36回分割
支払い額
Airターミナル5月々1,980円
(36ヶ月間)
Airターミナル4 / 4NEXT月々1,650円
(36ヶ月間)

ソフトバンクエアーの端末を36回分割購入している方で、端末機種が「Airターミナル5」の場合は月々1,980円・「Airターミナル4又はAirターミナル4 NEXT」の場合は月々1,650円を36ヶ月間支払う契約となっています。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合でAirターミナルの分割支払いが完済していない場合(残金がある場合)には、そのまま継続して完済するまで分割支払額を支払い続ける必要があります!
24ヶ月目にサービス変更する場合
ソフトバンクエアーの「Airターミナル」を36回分割購入している場合で、契約から24ヶ月目にソフトバンク光へサービス変更すると、残り12ヶ月分(分割12回分)の支払いが残っていますのでサービス変更後も月々1,980円を12ヶ月間支払う必要があります。

Airターミナルを契約時に一括購入している方は当然ながら残債(残金)はありません。

ワンポイントアドバイス
Airターミナルの分割残債回数(残りの分割回数)は、ソフトバンクエアーのMy SoftBankへログインすると確認可能となっています。そのため、ソフトバンク光へサービス変更する場合には、Airターミナルの「支払い残債額」や「支払い残回数」も確認しておくと良いでしょう。

費用②:回線工事費(最大26,400円)

ソフトバンク光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。

その為、ソフトバンクエアーからソフトバンク光へサービス変更する場合には、ソフトバンク光でインターネットに接続する「光回線」を利用できるよう回線工事が必要となります。

ソフトバンクエアーは携帯電話やスマホ同様に「電波」を利用するため工事不要ですが、ソフトバンク光は「光回線」を利用するためサービス変更の乗り換えであっても回線工事が必要です。

サービス変更後のソフトバンク光の回線工事費は以下です。

派遣工事回線工事費
派遣工事
あり
  • 室外工事+室内工事
    26,400円
  • 室内工事のみ
    10,560円
派遣工事
なし
2,200円

出典:SoftBank

ソフトバンク光を契約する建物や環境によって工事内容が異なり、それに伴い回線工事費も異なります。

ソフトバンク光の回線工事費は【室外工事+室内工事】の場合は26,400円【室内工事のみ】の場合は10,560円です。

稀にソフトバンク光を契約する建物や室内の環境により工事業者が訪問しない場合があり、その場合の回線工事費は2,200円となります。(工事業者は訪問しませんが局内工事が実施されます。)

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える場合には、ソフトバンク光で利用する回線の工事費として「最大26,400円」の支払いが発生する、と覚えておきましょう!

土日祝日に回線工事を実施した場合には「土日工事割増金」として別途3,300円が請求されます。

また、17時~22時に回線工事を実施した場合には「夜間割増金」として最大7,590円が、22時~8時に回線工事を実施した場合には「深夜割増金」として最大19,030円が別途請求されます!

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光の回線工事に伴い支払いが発生する工事費は「一括」又は「分割」での支払いが可能です。(一括の場合は、ソフトバンク光の初回請求時に月額料金と合算されて請求されます。)

工事費を分割で支払う場合には24回・36回・48回・60回から支払い回数を選択可能です。(但し、工事費が2,200円の場合は一括払いのみとなります。)

費用③:契約事務手数料(3,300円)

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合には契約事務手数料の支払いも発生します。

契約事務手数料3,300円

出典:SoftBank

ソフトバンク光の契約に対する契約事務手数料は3,300円です。

契約事務手数料(3,300円)は乗り換え先となるソフトバンク光に対する手数料です。ソフトバンクエアーに対する「サービス変更」の手数料や「契約解除料」の支払いは不要です。
ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合には、ソフトバンク光の回線工事費(最大26,400円)に加えて、ソフトバンク光の契約事務手数料(3,300円)の支払いが必要となり、回線工事費と契約事務手数料で最大29,700円の支払いが発生すると理解しておくと良いでしょう。

サービス変更での乗り換え方法はこちら

ソフトバンクエアーからサービス変更でソフトバンク光へ乗り換える流れ

この記事の最後に、契約中のソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光に「サービス変更」で乗り換える流れを詳しく解説します。

サービス変更による乗り換えの流れは以下です。

サービス変更の流れ
  1. サービス変更の申し込みを行う
  2. 回線工事の実施日を打ち合わせる
  3. 工事実施後に接続・設定を行う
  4. Airターミナルを返却する(レンタルのみ)

以下で詳しく解説します。

Step①:サービス変更の申し込みを行う

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換える場合には、以下に記載の電話番号へ電話をするか、もしくはソフトバンクショップへ来店して手続きを開始します。

ショップ検索はこちら

サービス変更の手続き(申し込み)を電話で行う際は、以下のSoftBankインターネットサポートの電話番号へ電話をします。

電話番号0800-1111-820
(通話料無料)
受付時間9時~19時まで

上記の電話番号へ受付時間内に電話をしてオペレーターに繋がったら「サービス変更でソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換えたい」旨を伝えると手続きが開始されます。

手続きの際いは必ずサービス変更で発生する費用(全額)も尋ねておきましょう。

SoftBankインターネットサポートの電話番号はソフトバンクエアーとソフトバンク光の契約者が利用する電話番号であり、サービス変更以外にも様々な問い合わせを受け付けていますので大変繋がりにくいです。

ワンポイントアドバイス
電話をしてもオペレーターに繋がらない場合には、文字を打ち込んで問い合わせできる「チャットサポート」や指定した日時に電話をもらう「折り返し電話予約サービス」を利用すると良いでしょう。

詳しい問い合わせ方法は以下の関連記事が参考になります。

Step②:回線工事の実施日を打ち合わせる

サービス変更の手続きが完了したら、続いてソフトバンク光で利用する「光回線」の回線工事を実施する日時についてSoftBank又は委託工事業者より連絡が入ります。

ソフトバンク光の回線工事は工事業者が訪問して実施されるため、基本的には立ち合いが必要です。

回線工事の実施日時について連絡が入ったら工事に立ち会える(在宅している)日時を希望しましょう。

ただし、土日祝に回線工事を依頼すると回線工事費に加えて「土日工事割増金(3,300円)」が別途発生するほか、実施時間帯を夜間や深夜に依頼すると「夜間割増金(最大7,590円)」や「深夜割増金(最大19,030円)」が別途発生します。

その為、回線工事の実施日時は「平日」で尚且つ「9時~16時」を指定すると良いでしょう。

Step③:工事実施後に接続・設定を行う

Step②で打ち合わせた日時に委託工事業者が訪問して回線工事が実施されます。

ちなみに、回線工事の所要時間の目安は以下です。

住居タイプ回線工事
所要時間
(目安)
戸建住宅
(ファミリータイプ)
1~1時間半程度
集合住宅
(マンションタイプ)
30分程度

回線工事が終了したら、契約者自身でNTT機器などの接続と設定を行います。

NTT機器と差込口(光コンセントや電話モジュール)をケーブルで接続し、続いてNTT機器とパソコンを接続します。(接続に必要な各種ケーブルは機器に同梱されています。)

SoftBankから光BBユニットをレンタルしている方はNTT機器と接続します。

ケーブルで接続後はパソコンで設定を簡単な設定を行って終了です。

接続や設定については、SoftBank公式サイトにある「らくらく配線ツール」ページに詳しく記載されています。

ワンポイントアドバイス
ソフトバンク光で利用する「NTT機器」は工事実施日に回線工事を実施する業者が持参してきます。また、SoftBankから光BBユニットをレンタルしている方は工事実施日の2日前までに郵送されてきます。

NTT機器の必要性や機種などについては以下の関連記事が参考になります。

Step④:Airターミナルを返却する(レンタルのみ)

ソフトバンク光の回線工事後に接続・設定が終了してソフトバンク光でインターネットに接続できることを確認したら、ソフトバンクエアーでレンタルしていた端末(Airターミナル)を返却します。

Airターミナルを「レンタル契約」している方のみが返却が必要です。

ただし、Airターミナルを「購入契約(割賦契約)」している方は、Airターミナルの所有は契約者ですので返却不要!

Airターミナル
返却対象者
レンタル契約の方
返却期限ソフトバンク光の
工事完了日が属する月の
翌月20日まで
返却物
  • Airターミナル本体
  • 同梱物
    ・電源アダプター
    ・LANケーブル
返却送料契約者負担
※配送業者指定なし

また、Airターミナルの返却先住所は以下です。

返却先住所
〒272-0001 千葉県市川市二俣678-55
ESR市川ディストリビューションセンター3階 北棟N8
ソフトバンク返品センター係
電話番号:0800-1111-820

ワンポイントアドバイス
ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ「サービス変更」で乗り換えた後(ソフトバンク光の回線工事が終了した後)には、Airターミナルを「レンタルしていた方」はSoftBankへ返却する必要があります。

ソフトバンクエアーの契約内容はMy SoftBankへログインするといつでも確認可能です。

まとめ

この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)からソフトバンク光に乗り換える方法を解説しました。

ソフトバンクエアーからソフトバンク光へは「サービス変更」又は「解約新規」の2つの方法で乗り換えが可能ですが、おすすめの乗り換え方法は解りやすく単純な「サービス変更」です。

サービス変更をおすすめする理由
  • 乗り換え(申し込み)の手続きが1回で済む!
  • 契約解除料(10,450円)の支払いが不要になる!
  • 開通するまでソフトバンクエアーを利用できる!

「サービス変更」は、乗り換え先であるソフトバンク光の申し込みと契約中のソフトバンクエアーの解約を1回の手続きで完了することが出来ますし、ソフトバンクエアーの解約に伴う契約解除料(違約金)も免除されます。また、ソフトバンク光の回線工事が終了するまでソフトバンクエアーを利用出来るため、インターネットが利用できない期間が発生しないので「サービス変更」での乗り換えがおすすめです。

解約新規をおすすめしない理由
ここにコンテンツを記載
  • SoftBank Air解約とソフトバンク光申し込みの2回の手続きが必要…
  • SoftBank Air解約後すぐにソフトバンク光を申し込んでも新規契約とはならない…
  • 新規契約で受け取れる代理店限定のキャッシュバックは受け取れない…

「解約新規」は、ソフトバンクエアーを一旦「解約」してからソフトバンク光を申し込み「新規契約」する乗り換え方法です。

しかし、「解約新規」は「ソフトバンクエアーの解約手続き」と「ソフトバンク光の契約申し込み」の2つの手続きが必要となり二度手間ですし、ソフトバンクエアーを解約後すぐにソフトバンク光を申し込んでも新規契約の扱いにはならず、正規代理店各社が実施するキャッシュバック特典も受け取れません…。

ソフトバンクエアーから「サービス変更」でソフトバンク光へ乗り換える場合の手続きは、SoftBankインターネットサポートの電話番号(0800-1111-820)へ受付時間の9時~19時に電話をします。

サービス変更による乗り換えには以下の費用が必要です。

  1. Airターミナル端末代の残債払い
    ※ソフトバンクエアーの端末分割残金
  2. 回線工事費(最大26,400円)
    ※ソフトバンク光で利用する回線工事
  3. 契約事務手数料(3,300円)
    ※ソフトバンク光の契約手数料

ソフトバンクエアーで利用する接続端末であるAirターミナルを分割購入しており、分割支払い額を完済していない場合にはサービス変更でソフトバンク光へ乗り換えた後も完済するまで月々の分割支払いを続ける必要があります。

また、ソフトバンク光は光回線を利用したインターネット接続サービスのため、サービス変更手続き後に実施する回線工事の工事費は契約者負担となっています。さらに、ソフトバンク光の契約に対する契約事務手数料も発生します。(契約事務手数料はどんな手続きであっても発生する費用です。)

\解約新規の方/
ソフトバンク光の申込はこちら
正規代理店エヌズカンパニー
ソフトバンクエアーからソフトバンク光へ乗り換える方法は?
ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える場合には「サービス変更」という手続きとなります。ソフトバンクエアーを解約してからソフトバンク光を改めて新規契約する「解約新規」という乗り換え方法もありますがおすすめしません。
サービス変更で乗り換える際の申し込み方法は?
ソフトバンクエアーからソフトバンク光に「サービス変更」手続きで乗り換える場合、ソフトバンクショップ、又はSoftBankインターネットサポート(0800-1111-820)へ電話をして手続きを開始してください。
サービス変更で乗り換える場合の費用は?
ソフトバンクエアーからソフトバンク光に「サービス変更」で乗り換える場合は「Airターミナル機器の残債」「回線工事費」「契約事務手数料」の費用が発生します。但し、「Airターミナル端末の残債」はAirターミナルを分割購入していた方のみとなります。端末残債(分割の残金)がある場合にはソフトバンク光へ乗り換え後も月々の分割支払いを完済するまで続ける必要があります。