ソフトバンク光のスマートレスキュー・CloudBox(クラウドボックス)のオプションとは?解約方法について

ソフトバンク光 スマートレスキューとクラウドボックスは解約せよ




ソフトバンク光やソフトバンクエアー(SoftBank Air)など、SoftBankが提供するインターネットの月額料金が高いので調べてみると「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「CloudBox(クラウドボックス)」など有料のオプションに加入していた!そんな人も多いのではないでしょうか?

監修者長井
アクセスありがとうございます。
「トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ソフトバンク光やソフトバンクエアーの多くの契約者が月額料金が高くて被害にあっている有料サービス「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「CloudBox(クラウドボックス)」とはどんなサービスなのか、解約は出来るのか、そして何故見覚えのない有料サービスに加入しているのかなど詳しくご紹介したいと思います。

長文ですが最後まで読むと、不必要なサービスにあなたが契約している理由と契約させた悪質な会社が解ります。
ソフトバンク光新規契約で
33,000円キャッシュバックに増額中!
▼2020年9月30日終了予定▼
キャンペーンサイトはこちら
ソフトバンク光 とく放題は即時解約せよ!

ソフトバンク光のオプション「とく放題」について。不要なら今すぐ解約しよう!

ソフトバンク光 特典の条件がウォーターサーバー!?

ソフトバンク光の特典条件がウォーターサーバー!?悪質な代理店には気を付けよう!

ソフトバンク光 Yahoo!BB基本サービス

ソフトバンク光のYahoo! BB基本サービスは強制加入?解約はできるの?

ソフトバンク光のスマートレスキューやクラウドボックスとは

SoftBankが提供するソフトバンク光やソフトバンクエアーなどのインターネット接続サービスを契約している人が月額料金が高いので調べてみると「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「CloudBox(クラウドボックス)」などの有料オプションサービスに勝手に加入させられていたと口コミサイトやツイッターなどで投稿があります。

「なぜ、こんな高額な有料オプションに勝手に加入させられているのか!」「SoftBankにクレームだ!」と思った人は冷静になってこの記事を読んでください。

まず、「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」とはどんなサービスなのかをご紹介していきます。

ソフトバンク光のオプションではない

ソフトバンク光の月額料金が高い原因として毎月支払いが必要な有料「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」に加入している人がいるようです。

まず、理解しておかなければならない事があります。

それは「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」はソフトバンク光やソフトバンクエアーのSoftBankが提供している有料オプションではないという事を理解しておく必要があります。

SoftBankのサービスではない!?

「でも、SoftBankから請求が来ているよ!」という人もいるでしょう。

SoftBankから請求が来ているのにSoftBankが提供しているサービスではない。意味が解りませんよね。理由は後で詳しくご説明します。

質問者
えっ!?スマートレスキューやクラウドボックスってSoftBankのサービスじゃないの?
監修者長井
そうなんですよ。スマートレスキューやクラウドボックスというサービスは、SoftBank社が提供しているサービス(オプション)ではありません。

スマートレスキュー丸ごと安心パックとは

そもそも「スマートレスキュー丸ごと安心パック」とはどんなサービスなのでしょうか?

このスマートレスキューという有料のサービスは、SoftBankではなく「スマートレスキュー株式会社」という会社が提供しているサービスです。

引用:http://smart-rescue.co.jp/marugoto/
サービス名スマートレスキュー
丸ごと安心パック
提供会社スマートレスキュー株式会社
月額料金1,078円(税込)

出典:丸ごと安心パック

スマートレスキューの「丸ごと安心プラン」は月額1,078円(税込)もします。年間で12,936円もの出費となる計算です。

パソコンで解らないトラブルが発生したら電話サポートを受けられたり、電話によるトラブル解決が出来ない場合やパソコンの初期設定や接続など解らない場合には自宅へ訪問サポートをしてくれるサービスです。また、パソコンやソフト、プリンターなどの周辺機器を最安値で購入する事も出来ます。

監修者長井
スマートレスキューはスマートレスキュー株式会社が提供しているパソコンなどのトラブルを電話などでサポートしてくれるサービスだと思ってください。

CloudBox(クラウドボックス)とは

もう1つ、ソフトバンク光などの契約者が知らない内に加入させられている事が多い「CloudBox(クラウドボックス)」というサービスについて簡単に説明します。

「クラウドボックス」という有料サービスは、株式会社クラウドボックスという会社が提供しているサービスです。

クラウドボックス社のサイト
サービス名CloudBox
提供会社株式会社クラウドボックス
月額料金990円
(税込:1,089円)

出典:CloudBox

クラウドボックスというサービスは月額990円(税込:1,089円)です。このサービスも年間で13,068円もの出費となります。

クラウドボックスには2つのサービスがセットになっています。1つがスマホの写真などのデータをクラウド上に(インターネット上に)バックアップとして保存できるサービスです。もう1つが「トランクルーム」サービスで、1箱20Kgまで自宅では邪魔だけど捨てられないものを保管してくれます。

監修者長井
このクラウドボックスというサービスもソフトバンク光のオプションではなく、SoftBankが提供しておらず株式会社クラウドボックスという会社が提供しているサービスです。
ちなみに、スマートレスキュー社とクラウドボックス社は、SoftBankグループでもなければ、SoftBankの子会社でもない、SoftBankとはまったく関係ない会社です。

スマートレスキューとクラウドボックスの解約方法

上記でもご紹介したように、「スマートレスキュー丸ごと安心パック」と「クラウドボックス」は、ソフトバンク光やソフトバンエアーの有料オプションではありません。

その為、「スマートレスキュー丸ごと安心パック」と「クラウドボックス」はSoftBankへ解約を申し出ても解約出来ません。

「スマートレスキュー丸ごと安心パック」と「クラウドボックス」はまったく必要ない!という人の解約方法をご紹介したいと思います。

必要ないという人は即刻解約しましょう!

スマートレスキューの解約方法

ソフトバンク光などの請求と一緒に毎月請求されているサービス「スマートレスキュー丸ごと安心パック」の解約は、SoftBankではなく提供会社であるスマートレスキュー株式会社へ電話をして解約手続きをします。

電話番号:0120-952-621
受付時間:10時~20時(年末年始除く)
出典:SMART RESCUE

上記のスマートレスキュー株式会社の電話番号へ電話をして「スマートレスキュー丸ごと安心パックが不要なので解約したい」「ソフトバンク光と合算請求が来ている」と伝えればスムーズに解約手続きが可能です。

監修者長井
後で詳しくご紹介しますが、スマートレスキュー社はこの契約に関して、まったく悪くありません。解約の際はクレームなど言わないようにしましょう。

CloudBox(クラウドボックス)の解約方法

スマートレスキュー同様にソフトバンク光の月額料金に合算されて請求が来ている人が多い「クラウドボックス」の解約も、SoftBankではなくてサービス提供会社である株式会社クラウドボックスへ解約を申し出ます。

電話番号:0120-952-621
受付時間:10時~20時(年末年始除く)
出典:CLOUD BOX

クラウドボックスの解約は、上記の株式会社クラウドボックスの電話番号へ電話をしましょう。「ソフトバンク光と合算請求されており不要なので解約したい」と伝えてください。

監修者長井
これも後で詳細を書きますが、株式会社クラウドボックスはソフトバンク光と合算請求されている「CloudBox」の契約を勝手にした訳ではありませんので解約の際は怒らないようにしましょう。
以下では、ソフトバンク光やソフトバンクエアーの請求に「スマートレスキュー」や「クラウドボックス」がなぜ合算されているのか?そして、なぜ・どこで申し込んでしまったのか?理由や核心に迫ります!

ソフトバンク光の料金にスマートレスキューが合算されている理由

ソフトバンク光やソフトバンクエアーを契約している人が月額料金が予想以上に高くて調べてみると「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」という見知らぬサービスの請求がある人が多発しています。

ソフトバンク光の月額料金に合算されている

上記でご紹介したように、これら2つのサービスはSoftBankが提供しているサービスではありません。では、なぜ、ソフトバンク光やソフトバンクエアーの月額料金の請求に合算されて請求されているのでしょうか?

以下、疑問点を整理してみます。

疑問点の整理

  • スマートレスキューとクラウドボックスはSoftBankが提供していない。
  • 解約もSoftBankではなく各提供会社へ連絡をする。
  • でも、なぜにソフトバンク光の請求と合算されているのか。

SoftBankの料金回収代行サービスを利用

SoftBank社は他社サービスの料金請求を代行しているサービスも行っています。

その証拠に下記画像のように、ソフトバンク光の請求詳細を見てみると「スマートレスキュー」と「クラウドボックス」の項目には「他社サービス利用料金回収代行」とありますね。

他社の料金を代わりに請求している

SoftBank社はスマホや携帯電話の月額料金、ソフトバンク光などの月額料金などと合算して他社のサービスの料金を代行して請求するサービスを行っています。

何度もご紹介したように、「スマートレスキュー」と「クラウドボックス」はSoftBankが提供していません。しかし、他社のサービス(今回の場合は、スマートレスキュー株式会社と株式会社クラウドボックス)の月額料金をSoftBank社が代行して請求してあげている訳です。

図解で説明!他社サービス利用料金回収代行とは

上記でSoftBank社が「スマートレスキュー」や「クラウドボックス」など他社サービスの料金を代行して請求している事をご紹介しましたが、解りづらい点もあると思います。

そこで以下はイラストを使って説明してみます。

あなたは各サービスと契約している

あなたが「知らないうちに」かもしれませんが、「スマートレスキュー丸ごと安心パック」というサービスはスマートレスキュー社と、「クラウドボックス」というサービスはクラウドボックス社とあなたは間違いなく契約しています。(※SoftBankと契約している訳ではない。)

このように2社と各サービスを契約すると、本来は契約した2社から料金の請求があります。しかし、それら請求を1ヶ所からの請求にまとめられる便利なサービスがSoftBank社の「他社サービス利用料金回収代行」です。

SoftBankが他社のサービス料金を代行して請求
SoftBank社の「他社サービス利用料金回収代行」はソフトバンク光などの料金と合算されて請求されます。そして、SoftBank社が代わりに代行して請求した料金を、各サービス提供会社へ支払っているのです。
監修者長井
SoftBank社はあなたが契約している「スマートレスキュー」や「クラウドボックス」の月額料金を、ソフトバンク光の料金と共に各社に代わって請求している「だけ」なんです。

ソフトバンク光の申込時に代理店が申し込みした可能性大

最後に、ソフトバンク光の料金と「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「CloudBox(クラウドボックス)」の料金が合算請求されている人は「どこで」「いつ」各サービスの申し込み契約をしてしまったのか疑問に思っている事でしょう。

これらサービスの契約は、あなたがソフトバンク光やソフトバンクエアーの契約申し込みをした悪質な「代理店」が契約した可能性が高いです。

その理由や原因を以下で詳しく解説します。

悪質な代理店のキャッシュバックの条件

よく見かけるキャンペーンは、SoftBank正規代理店が行う「キャッシュバック」キャンペーンです。

優良な正規代理店「ソフトバンク光のみの契約」で約30,000円程度です。しかし、悪質な代理店は「70,000円キャッシュバック!」と高額なキャッシュバック額を表記している場合が多いです。

悪質な代理店はキャッシュバックが高額!
もしかして、あなたはソフトバンク光を申し込んだ会社(キャンペーンサイト)は、キャッシュバックが高額で方で選びませんでしたか?

確かに「70,000円」と「30,000円」では70,000円キャッシュバックの方で申し込みたくなる気持ちも解ります。そこに落とし穴があるのです。

ここからがポイントです!

しかし、70,000円くらいの高額なキャッシュバック額を提示している代理店は「ソフトバンク光の契約以外にも」有料オプション・有料サービスにも加入しなければキャッシュバックしてくれません。

悪質な代理店はソフトバンク光以外の「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」にも契約する事がキャッシュバックの条件となっているのです。

悪質な代理店はソフトバンク光以外の「スマートレスキュー」「クライドボックス」は簡単な説明しかせず、顧客からすれば「いつの間に!」「勝手に!」契約させられたように感じるのです。

結論を言えば、あなたはソフトバンク光を申し込んだ代理店が「スマートレスキュー」「クライドボックス」の【SoftBankとは関係ない契約が条件】でキャッシュバックするという、悪質な代理店から申し込んだことになります。
関連記事
ソフトバンク光代理店のキャッシュバック情報は以下の記事をお読みください。
お得に契約したい!ソフトバンク光のキャッシュバック情報を徹底比較

まとめ

この記事ではソフトバンク光やソフトバンクエアーの契約者が契約されられている事がある「スマートレスキュー丸ごと安心パック」や「クラウドボックス」について詳しくご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

各サービスはSoftBankが提供しておらず、スマートレスキュー社とクラウドボックス社というSoftBankとは関係ない会社のサービスだとご理解頂けたと思います。その為、これらのサービスの解約もSoftBankではなく各提供会社で解約手続きする必要があります。

今回のまとめイラストにしてみました。

あなたはソフトバンク光を申し込んだ「代理店が悪質だった」という事になります。ソフトバンク光以外にも「スマートレスキュー」と「クラウドボックス」の契約も条件でキャッシュバックする悪質代理店だったという事です。簡単に言えば、あなたは騙されたという事です。

悪いのはSoftBankではなく、サービス提供しているスマートレスキュー社でもなく、クラウドボックス社でもない。もちろん、あなたも悪くない。一番悪いのはあなたがソフトバンク光を申し込んだ悪質な代理店である事は間違いありません。

これからソフトバンク光を申し込む人は、このような悪質な代理店ではなく、SoftBankからも表彰されている安心の優良代理店から申し込みましょう!

A. ソフトバンク光のオプションサービスではないのでSoftBankへ連絡しても解約出来ません。スマートレスキューは0120-952-621、クラウドボックスは0120-952-621へ電話をすると解約可能です。
A. ソフトバンク光の契約申込をした代理店が悪質だったのでしょう。スマートレスキューやクラウドボックスの契約がキャッシュバックの条件になっており強制加入させられた可能性があります。
A. スマートレスキューやクラウドボックスはSoftBankが料金を代行して請求する「他社サービス利用料金回収代行」の利用が可能です。この仕組みを悪用した代理店でソフトバンク光の申し込みをした可能性があります。
A. スマートレスキューは「スマートレスキュー株式会社」、クラウドボックスは「株式会社クラウドボックス」が提供するサービスで、SoftBankのサービスではありません。

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。