楽天ひかりとauひかりの違いとは?違いを理解して契約の乗り換え方法までご紹介!

「楽天ひかり」も「auひかり」も光回線を利用してインターネットに接続するサービスです。しかし、これからインターネット契約をする初心者の人にとっては、楽天ひかりとauひかりにはどんな違いがあるのか解りませんよね。また、既にauひかりを契約中で楽天ひかりへ乗り換えたい人もいるかもしれません。

そこで今回は、楽天ひかりとauひかりの違いを様々比較しながらご紹介すると共に、auひかりの契約者が楽天ひかりへ乗り換える流れまでご紹介してみたいと思います。

楽天ひかりとauひかりの違いを比較しながらご紹介

これから「楽天ひかり」と「auひかり」のどちらかと契約を検討している人によって、月額料金や提供エリアなどサービス内容にどんな違いがあるのかを理解しておきたいところですね。楽天ひかりもauひかりも「光回線」を利用したインターネット接続サービスである点は共通していますが、契約内容などに違いがあるので理解しておくべきでしょう。

そこでまずは、最低限知っておくべき「楽天ひかり」と「auひかり」の違いを様々比較しながらご紹介してみたいと思います。

提供会社と契約先の違いについて

まず知っておくべき違いですが、楽天ひかりとauひかりをサービス提供している会社が違います。

サービス名サービス提供会社
(契約先)
楽天ひかり楽天モバイル株式会社
auひかりKDDI株式会社

「楽天ひかり」というインターネット接続サービスは、楽天のグループ会社である「楽天モバイル株式会社」が提供しているサービスです。当然ですが、楽天ひかりは楽天モバイル社と契約します。

一方、「auひかり」をサービス提供しているのは、携帯電話やスマホも提供している「KDDI株式会社」です。auひかりはKDDI社と契約する事になります。

このように、楽天ひかりとauひかりは、提供会社が違いますので契約する会社も当然違う訳です。

管理人
楽天ひかりもauひかりもインターネット接続サービスで共通していますが、サービスを提供している会社が全然違うんですね。

利用する光回線とエリアの違いについて

楽天ひかりは、「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と呼ばれるインターネット接続サービスです。しかし、auひかりは、光コラボではありません。

「光コラボ」とは、自社で光回線を所有しておらず、NTT東日本・NTT西日本が所有する光回線を借りて提供しているサービスの事です。ちなみに、「光コラボ」で利用するNTT東日本・NTT西日本の光回線は、NTTフレッツ光とまったく同じ光回線です。
サービス名光回線提供エリア
楽天ひかりNTT東日本・西日本の
光回線を利用
(光コラボ)
全国的
auひかり基本的にKDDIの
光回線を利用
一部のエリア

NTT東日本・NTT西日本が所有する光回線を借りて、サービス提供している光コラボである「楽天ひかり」は、全国に張り巡らされたNTTの光回線を利用するので提供エリアも全国的です。

しかし、auひかりで利用する光回線は、基本的にKDDIの光回線を利用するので、契約可能な提供エリアが楽天ひかり(光コラボ)よりも狭いです。

管理人
楽天ひかりとauひかりでは、インターネットに接続する「光回線」に違いがある為、契約できるサービス提供エリアにも違いがある訳ですね。

開通工事費と初期費用について

上記でもご紹介しているように、楽天ひかりもauひかりも「光回線」を利用したインターネット接続サービスです。その為、楽天ひかりもauひかりも新規契約後には、自宅へ「光回線」を引き込む開通工事が必要で、その工事費の支払いは契約者負担です。

また、楽天ひかりもauひかりも契約時には「登録料」という初期費用も必要になります。

開通工事費と登録料などの初期費用の違いは以下の表にまとめました。

※以下の金額はすべて税別です。

サービス名集合住宅戸建住宅
楽天ひかり
工事費
15,000円
キャンペーンの
ページで契約すると
工事費無料
18,000円
キャンペーンの
ページで契約すると
工事費無料
auひかり
工事費
37,500円
60ヶ月間毎月
650円割引で

実質工事費無料
30,000円
24ヶ月間毎月
1250円割引で

実質工事費無料

楽天ひかりの開通工事費は、集合住宅の場合は15,000円、戸建住宅の場合は18,000円ですが、楽天ひかりの公式キャンペーンページで契約すると工事費が無料です。
公式キャンペーンページはこちら

また、auひかりの開通工事費は他社よりもかなり高額ですが、工事費分割と同額を割引してくれるので工事費は実質無料となっています。

サービス名登録料
楽天ひかり新規契約の場合
800円
auひかり3,000円

また、契約時に初回のみ支払いが必要な「登録料」は、上記の表の通りに「楽天ひかり」と「auひかり」で違いがあります。

管理人
楽天ひかりとauひかりの新規契約時の開通工事費は、今ならどちらも実質無料なんですね。ただ、契約時に必要な登録料は、楽天ひかりは800円でauひかりは3,000円と違いがありますね。

楽天ひかりとauひかりの月額料金と契約期間の違い

楽天ひかりもauひかりも、当然ですがインターネット契約ですので毎月の使用料である月額料金の支払いが必要です。しかし、この月額料金は楽天ひかりとauひかりとで違いがあり、また契約期間にも違いがあります。

楽天ひかりとauひかりは、契約内容がまったく違うので月額料金や契約期間をまとめて比較すると、逆に解りづらくなってしまいます。そこで、ここでは楽天ひかりとauひかりとで分けて月額料金や契約期間の違いをご紹介します。

※以下の金額はすべて税別です。

楽天ひかりの月額料金と契約期間

まずは、楽天ひかりを契約した場合の月額料金と契約期間についてご紹介します。

集合住宅戸建住宅
楽天ひかり
月額料金
(契約期間)
3,800円
(2年契約自動更新)
4,800円
(2年契約自動更新)

楽天ひかりの月額料金は、auひかりよりも解りやすくて単純明快です。

楽天ひかりを集合住宅で契約すると月額3,800円戸建住宅で契約すると月額4,800円です。また、楽天ひかりの契約期間は「2年契約」の自動更新です。

管理人
楽天ひかりの月額料金については、下記の関連記事にて詳しくご紹介しておりますので参考にしてみてくださいね。

楽天ひかりの料金まとめ!支払い方法や月額料金が戸建住宅とマンションで違う理由について

auひかりの月額料金と契約期間

続いて、auひかりを契約した場合の月額料金と契約期間についてご紹介します。上記でご紹介した楽天ひかりよりも契約内容が複雑です。

以下のauひかりの月額料金は、最大通信速度1Gbpsのプランで契約した場合です。

集合住宅の場合

auひかり
(集合住宅)
月額料金
マンションミニ
(光配線方式)
5,000円
マンションギガ
(光配線方式)
4,050円
タイプF
(光配線方式)
3,900円
タイプV
(VDSL方式)
8契約以上4,100円
16契約以上3,800円
都市機構デラックス
(VDSL方式)
3,800円
タイプE
(LAN配線方式)
8契約以上3,700円
16契約以上3,400円

上記のように、auひかりを集合住宅で契約した場合、建物の配線状況と契約世帯などによって月額料金に違いがあります。あなたがお住まいの集合住宅では、どんな配線なのか、契約世帯数はどのくらいいるのかで月額料金が変動してしまいます。

戸建住宅の場合

auひかり
(戸建住宅)
月額料金
ずっと
ギガ得プラン
(契約期間3年)
  • 1年目
    月額5,100円
  • 2年目
    月額5,000円
  • 3年目以降
    月額4,900円
ギガ得プラン
(契約期間2年)
月額5,200円
標準プラン
(契約期間なし)
月額6,300円

上記のように、auひかりを戸建住宅で契約した場合、契約期間に応じて月額料金に違いがある事がお解りになるかと思います。また、3年契約の「ずっとギガ得プラン」で契約すると月額料金が契約年数に応じて変動するのも特徴ですね。

管理人
楽天ひかりの月額料金は単純明快で解りやすいのに対して、auひかりの月額料金は複雑でインターネット回線の初心者には解りづらいですね。

auひかりから楽天ひかりへ乗り換える方法

上記では、楽天ひかりとauひかりの違いを様々比較しながらご紹介してみました。しかし、既にauひかりを契約中で楽天ひかりへ契約を乗り換えたい人もいるかもしれませんね。

そこでここからは、auひかりを契約中の人楽天ひかりへ乗り換える方法や流れについて解りやすくご紹介してみたいと思います。

Step1. auひかりの解約時の解約金を確認する

契約中のauひかりから楽天ひかりへ乗り換える手続きをする前に、必ずauひかりを解約した際に支払う解約金(違約金)を確認しておくことをおすすめします。

楽天ひかりへ契約を乗り換えた後に、いざauひかりを契約する際に考えもしなかった解約金などの支払いを請求される事があります。その為、事前にauひかりの解約費用も確認しておきましょう。

auひかりの解約金の問い合わせ先は、auひかりで利用しているプロバイダ各社へ問い合わせをしてください。各社プロバイダの問い合わせ先は以下です。

auひかりで
利用中
プロバイダ
解約や解約金の
問い合わせ先
電話番号
au one net
  • 電話番号
    0077-7068
  • 受付時間
    9時~20時
@nifty
  • 電話番号
    0570-03-2210
  • 受付時間
    10時~19時
@TCOM
  • 電話番号
    0120-805-633
  • 受付時間
    10時~20時(平日)
    10時~18時(土日祝)
ASAHIネット
  • 電話番号
    0120-577-108
  • 受付時間
    10時~17時(平日)
BIGLOBE
  • 電話番号
    0120-86-0962
  • 受付時間
    9時~18時
DTI
  • 電話番号
    0570-00-4740
  • 受付時間
    10時~17時(平日)
So-net
  • 電話番号
    0120-80-7761
  • 受付時間
    9時~18時
管理人
楽天ひかりへ乗り換え申し込みをする前に、契約しているauひかりを解約した時の解約金なども事前に確認しておいた方がいいんですね。

Step2. 楽天ひかりへ乗り換えの申し込み

上記でauひかりの解約金などを事前確認したら、続いて乗り換え先となる楽天ひかりの新規契約の申し込みを行います。

楽天ひかりは、公式キャンペーンページや正規代理店のキャンペーンサイトなどで新規契約の申し込みをすると、キャッシュバックがあったり、開通工事が無料になるなどの特典があります。
申込先特典
楽天ひかり
公式ページ
開通工事費
無料
正規代理店
キャンペーン
サイト
15,000円
キャッシュバック
楽天ひかり公式
キャンペーンページ
開通工事無料特典
楽天ひかり代理店
キャンペーンサイト
キャッシュバック
管理人
auひかりから楽天ひかりへ契約を乗り換える申し込みをするサイトによって、特典に違いがあるのでよく比較してください。

Step3. 楽天ひかりの開通工事など

楽天ひかりの契約が成立すると、次に楽天ひかりで利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が実施されます。また、開通工事には立ち合いが必要です。

auひかりで利用してきた「光回線」は、楽天ひかりで再利用できませんので、新たに楽天ひかりで利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が必要になります。

楽天ひかりの開通工事が終了して初期設定が終了すると乗り換えが完了します。

ただし、auひかりを戸建住宅で契約中の場合は「回線撤去工事」が必要となります。詳しくは以下の関連記事にてご確認ください。

【初心者向け】auひかり ホームの回線撤去義務化と工事費値上げ!拒否すると賠償金請求!?

Step4. auひかりの解約手続きをする

楽天ひかりの初期設定後にインターネットに接続できる事が確認できれば、契約していたauひかりの解約手続きを行ってください。

楽天ひかりが開通後にauひかりを解約手続きをしても良いですが、楽天ひかりの開通工事日が確定した時点でauひかりへ開通工事日に合わせて解約を予約する事をおすすめします。

auひかりの解約手続きが完了すれば、楽天ひかりへの契約乗り換えが全て完了です。

まとめ

今回はこれからインターネットを契約予定の人向けに、楽天ひかりとauひかりの違いを様々比較してご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。楽天ひかりとauひかりは、同じインターネット接続サービスですが、提供会社や提供エリア、開通工事費などの初期費用、月額料金など様々な違いがある事がご理解いただけたと思います。また、契約中のauひかりから楽天ひかりへの乗り換え方法もご紹介しました。

スポンサーリンク