楽天ひかりへ転用方法!転用承諾番号の取得方法と転用でもお得に申し込む方法(初心者向け)

楽天ひかり フレッツ光から転用する方法




現在、NTTフレッツ光を契約している人は転用(読み方:てんよう)という簡単な手続きで、楽天ひかり(旧サービス名:楽天コミュニケーションズ光)へ乗り換える事が可能です。転用は現在契約中のNTTフレッツ光の回線をそのまま利用するので、楽天ひかりへ回線開通工事をする必要もなく簡単に乗り換える事が可能です。

監修者 長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、初心者の人でも解るように、楽天ひかりへの転用の注意点やNTTから転用承諾番号を取得する方法、そして転用の勧誘をされるがまま申し込むと損する情報をご紹介したいと思います。

楽天モバイル契約者なら
\楽天ひかりの月額料が1年間無料?!/

楽天ひかり公式サイト
キャンペーン詳細はこちら

フレッツ光から楽天ひかりへ転用するとは?

NTTフレッツ光を現在契約中の場合は、簡単な「転用」という手続きだけで楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)へ契約の変更をする事が出来ます。転用は工事をすることなく楽天ひかりへ契約変更する事なのですが、あまり詳しく知っている人が少ないように感じます。

そこで楽天ひかりの転用方法の詳細をご紹介する前に、そもそも「転用」とはどういう意味なのか、何が変更されるのかなど、初心者の人でも押さえておくべき事を解りやすく解説したいと思います。

NTTフレッツ光の契約の基礎知識

楽天ひかりへの転用を考えている人は、現在NTTフレッツ光を契約している人だと思います。しかし、NTTフレッツ光の契約や仕組みを理解していない人が多くいますので、簡単にご紹介します。

インターネットに接続する重要な役割をしているのが「光回線」と「プロバイダ」です。下記のイラストを見て頂ければ「光回線」と「プロバイダ」の役割の違いが何となくご理解頂けると思います。

「光回線」と「プロバイダ」が重要な役割

まず「プロバイダ」の説明をすると、プロバイダとは「インターネット接続業者」の事です。そのままですが、インターネットに接続してくれるのが「プロバイダ」です。そのプロバイダと自宅を繋いでいるのが「光回線」です。

では、フレッツ光の場合はどのような契約になっているのでしょうか?

「光回線」はNTTと、「プロバイダ」は各社と契約

上記イラストのように、フレッツ光の場合は「光回線」を利用する契約はNTT東日本もしくはNTT西日本と契約しています。そして「プロバイダ」は利用したいプロバイダと契約しているはずです。

  • 「光回線」 ⇒ NTT東日本・NTT西日本と契約
  • 「プロバイダ」 ⇒ 各プロバイダ1社と契約

上記のように、フレッツ光の契約は基本的に「光回線」の契約と「プロバイダ」の契約は別々なのです。その為、契約先は2ヶ所となるので請求も2社から来るので管理が面倒です。

管理人
フレッツ光の場合は「光回線」と「プロバイダ」は別々に契約しているんですね。

転用すると「光回線」と「プロバイダ」はセット契約になる

上記でご紹介したように、基本的にはフレッツ光の契約は「光回線」はNTT東日本・NTT西日本と契約し、「プロバイダ」は利用するプロバイダ1社と契約しています。

では、フレッツ光から楽天ひかりへ転用すると契約はどうなるのでしょうか?

「光回線」と「プロバイダ」のセット契約となる

楽天ひかりへ転用すると、ブレッツ光では別々だった「光回線」と「プロバイダ」の契約はセットとなり、すべて「楽天との契約」へ変更になります。

光回線
契約先
プロバイダ
契約先
フレッツ光NTT東日本・西日本と
契約
プロバイダ各社と
契約
楽天ひかり楽天のみと契約
(光回線+プロバイダのセット契約)

また、楽天ひかりへ転用手続きをすると、フレッツ光で利用していた「光回線」をそのまま利用します。その為、改めて「光回線」を引き込む開通工事は不要です。

管理人
フレッツ光から楽天ひかりへ転用すると「光回線」も「プロバイダ」も契約は楽天になるんですね。

転用するとNTTとの契約は自動解約

フレッツ光で利用する「光回線」は、NTT東日本・NTT西日本が所有しています。その為、フレッツ光の「光回線」契約はNTT東日本・NTT西日本と契約しています。

しかし、楽天ひかりへ転用するとNTT東日本・NTT西日本との「光回線」の契約は転用により自動解約されます。

転用によりフレッツ光は自動解約され、NTT東日本・NTT西日本との契約が終了します。転用によるNTT東日本・NTT西日本との自動解約では解約金は不要です。

管理人
楽天ひかりへ転用すると、フレッツ光で契約していたNTT東日本・NTT西日本との契約は自動解約され、転用の場合は解約金は必要ないんですね。

プロバイダが限定される

フレッツ光で利用できるプロバイダはたくさんありますので、プロバイダだけを乗り換える事も可能でした。しかし、楽天ひかりへ転用するとプロバイダは変更出来なくなります。

フレッツ光はプロバイダをいつでも変更可能

フレッツ光の場合は「光回線」の契約はそのままNTTと継続して、プロバイダだけを乗り換えて契約変更する事は可能なのです。

転用後はプロバイダの変更が出来ない

しかし、楽天ひかりへ転用後はプロバイダの変更が一切出来ません。

楽天ひかりへ転用の際には、プロバイダは「楽天ブロードバンド」限定です。例えば、楽天ひかり転用手続きをした場合、後々「OCN」「ビッグローブ」「ヤフーBB」など他のプロバイダへ変更が不可となります。

管理人
楽天ひかりへ転用するとプロバイダの変更が出来なくなるんですね。楽天ブロードバンドを選ぶとずっと楽天ブロードバンドを利用する事になる訳ですね。

楽天ひかりの転用申込は公式サイトへ

楽天ひかりへ転用には「転用承諾番号」が必要

上記では、フレッツ光の基礎的な契約内容や楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)へ転用すると何が変わるのかをご紹介しました。さて、ここからが転用手続き方法となります。

ここからは、具体的に楽天ひかりへ転用する方法をご紹介したいと思います。

転用承諾番号が必要な理由

まず、転用手続きで必要なのが「転用承諾番号」です。

上記でもご紹介しましたが、楽天ひかりへ転用しても、フレッツ光で利用してきた「光回線」をそのまま利用します。

フレッツ光で利用していた光回線をそのまま利用

フレッツ光で利用してた「光回線」はNTT東日本とNTT西日本が所有していますが、楽天ひかりへ転用してもNTT東日本とNTT西日本が所有するまったく同じ「光回線」を利用してインターネットに接続します。

その為、光回線を所有するNTT東日本・NTT西日本へ「楽天ひかりへ転用しても、そのまま光回線を使うから承諾してね」という番号が必要になります。

この番号の事を「転用承諾番号」と言います。

管理人
現在契約しているフレッツ光の「光回線」を楽天ひかりへ転用しても利用するので、NTTから許可をもらう番号、「転用承諾番号」が転用の際に必要なんですね。

NTTから転用承諾番号を取得する

上記でご紹介したように、楽天ひかりへ転用手続きをする前に、必ずNTT東日本・NTT西日本から「転用承諾番号」という番号を取得する必要があります。

現在、NTT東日本とフレッツ光を契約している人はNTT東日本から「転用承諾番号」を取得します。また、NTT西日本とフレッツ光を契約している人はNTT西日本から「転用承諾番号」を取得します。

あなたがNTT東日本とNTT西日本のどちらとフレッツ光を契約しているか解らない人は、契約書を確認してください。

下記に記載の電話番号へ受付時間内に電話をすると「転用承諾番号」を取得できます。

転用承諾番号
取得先
NTT東日本NTT西日本
電話番号0120-140-2020120-553-104
受付時間9時~17時
(年末年始除く)
9時~17時
(年末年始除く)

出典:NTT東日本NTT西日本

上記の電話番号は「転用承諾番号」を取得する為の専用の電話番号です。「転用承諾番号」を取得するには以下の情報が必要となりますので、電話をする前に準備しておきましょう。

  • フレッツ光のお客様ID(登録電話番号でも可)
  • フレッツ光を契約名義人の名前
  • フレッツ光を契約している住所
  • フレッツ光の支払い方法

オペレーターから転用についての確認事項や注意点などを説明され、正式に「転用承諾番号」を取得する事が出来ます。口頭で伝えられますのでメモ帳もお忘れなく。

管理人
楽天ひかりではありませんが、私がフレッツ光からソフトバンク光へ転用した際に体験した「転用承諾番号」の取得方法は以下の関連記事に記載しておりますので参考にしてください。

失敗しない為の楽天ひかりの転用申込方法

上記でご紹介した方法で「転用承諾番号」を取得したら、次はフレッツ光から楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)への転用申し込みとなります。

次にここからは、楽天ひかりを勧誘されるがまま申し込んではいけない理由、そしてお得に申し込めるキャンペーンサイトをご紹介します。

転用を勧誘されるがまま申し込んではダメ

フレッツ光から楽天ひかりへ転用を検討している人の中で、営業電話で勧誘された人も多くいる事だと思います。一部の店舗などでも転用を勧誘しているようです。

実は私もフレッツ光を契約していた時にプロバイダの「SANNET」の営業マンから楽天ひかりへの転用を電話で勧誘された経験があります。

勧誘から転用手続きしてもお得じゃない!

しかし、電話営業や店舗で勧誘されるがまま楽天ひかりへ転用してもまったくお得ではありません。何故なら転用による特典がないからです。

転用する立場からすれば、せっかく楽天ひかり転用するのだから、お得な特典(現金キャッシュバックなど)が欲しいですよね。しかし、電話や店舗で勧誘されてそのまま転用手続きしても一切キャッシュバックなどは貰えません。

管理人
楽天ひかりの転用手続きは、勧誘されるがままに営業マンから申し込んでもキャッシュバックが一切ないんですね。
楽天ひかり新規申込で
1年間月額料金が無料?!
▼詳細はこちら▼
キャンペーン詳細はこちら

まとめ

この記事ではインターネット回線の初心者の方でも解るように、楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)の転用について様々な観点からご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

フレッツ光を現在契約している人なら転用という手続きだけで工事不要で楽天ひかりへ転用可能です。フレッツ光の場合は、光回線の契約はNTTと、プロバイダの契約は各プロバイダと契約は別々でしたが、楽天ひかりへ転用すると光回線もプロバイダもセット契約となります。楽天ひかりへ転用するにはNTTから転用承諾番号を取得する必要がありましたね。転用承諾番号を取得出来れば、後はどこで申し込めばお得に転用出来るかを考えるだけですね。

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。