ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換え方法や違いをご紹介!

現在、ビッグローブ光を契約中でドコモ光へ乗り換えを希望している人は、事業者変更という手続きで契約を乗り換える事が出来ます。しかし、ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換える方法が解らない人も多いと思います。また、ビッグローブ光とドコモ光の違いも理解していた方がいいでしょう。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
「トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ビッグローブ光を契約中の人向けにドコモ光へ契約を乗り換えられる「事業者変更」という手続きについてや乗り換え方法をご紹介します。また、ビッグローブ光とドコモ光とでは何に違いがあるのかも含めて総合的にご紹介したいと思います。

ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換え可能な事業者変更(再転用)

現在、ビッグローブ光を契約中の人で「ドコモ光」へ乗り換えたいと考えている人もいると思います。ビッグローブ光とドコモ光は同じ「光回線」を利用したインターネット接続サービスですが、どのような手続きをすればビッグローブ光からドコモ光へ契約を乗り換える事ができるのでしょうか。

そこでまずは、初心者の方にも理解できるようにビッグローブ光とドコモ光で利用する「光回線」、そして乗り換える手続きである「事業者変更」について解説します。

ビッグローブ光とドコモ光は同じ「光コラボ事業者」

インターネット回線の初心者の方の中でも「光コラボレーション(以下、略して「光コラボ」)」という言葉を聞いた事がある人もいるかもしれません。

この「光コラボ」とは簡単に説明するとNTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」の光回線各事業者が借りて自社サービスとして提供しているインターネット接続サービスの事です。

言葉だけの説明では解りづらいと思いますので以下イラストを使って詳しく解説します。

NTT東日本NTT西日本が提供するフレッツ光

NTT東日本とNTT西日本は「フレッツ光」というインターネット接続サービスを提供しています。フレッツ光で利用する「光回線」は提供先でもあるNTT東日本とNTT西日本が所有しています。

このフレッツ光でも利用されている「光回線」をNTT東日本とNTT西日本から借りて提供しているインターネット接続サービスの事を「光コラボ」と言います。
ビッグローブ光とドコモ光は光コラボ

「ビッグローブ光」と「ドコモ光」はNTT東日本・NTT西日本が所有するフレッツ光で利用している「光回線」を借りてサービス提供している「光コラボ」です。

要はビッグローブ光とドコモ光同じ「光回線」を利用している訳です。

質問者
ビッグローブ光とドコモ光で利用している光回線は同じってこと?
監修者長井
はい、その通りです。
NTT東西の光回線をNTT docomoが借りて「ドコモ光」を、ビッグローブが借りて「ビッグローブ光」をそれぞれ提供している光コラボレーションです。

光コラボ同士なら「事業者変更」で乗り換え可能

上記でご紹介したように、ビッグローブ光もドコモ光も「光コラボ」であり、NTT東日本とNTT西日本から「光回線」を借りて自社サービスとして提供しています。

光コラボ同士「事業者変更」(再転用)という手続きで契約乗り換えが可能です。
「事業者変更」という手続きは2019年7月に総務省が導入した光コラボ間を工事不要で乗り換えられる手続きの事です。

関連記事
事業者変更の詳細を知りたい方は以下の記事が参考になります。
光コラボ間の事業者変更(再転用)で乗り換えが簡単に!

ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える方法

上記で詳しく解説したのでお解りになったと思いますが、光コラボ間の乗り換えは「事業者変更」という手続きをすれば光回線を再利用するので工事不要となり簡単に契約だけを乗り換えられます。

そこでここからは、契約中のビッグローブ光から「事業者変更」手続きでドコモ光へ契約を乗り換える方法を詳しく解説します。下記はビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える流れです。

事業者変更の流れ

  1. ビッグローブ光へ「事業者変更承諾番号」の発行を依頼する
  2. 乗り換え先のドコモ光へ事業者変更を申し込む
  3. 事業者変更の切替日に契約が乗り換えられる
  4. ビッグローブ光への解約金支払いとレンタル機器の返却

以下で事業者変更手続きの流れを詳しく解説します。

①ビッグローブ光へ「事業者変更承諾番号」の発行を依頼する

ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更(再転用)する場合には、まずビッグローブ光で利用してきた光回線をドコモ光でも再利用できるよう「事業者変更承諾番号」という番号を取得します。

「事業者変更承諾番号」はビッグローブ光へ発行依頼します。

事業者変更承諾番号は以下の「ビッグローブ光 事業者変更窓口」へ電話をして取得します。

ビッグローブ光 事業者変更窓口
  • 電話番号:0120-907-505(通話料無料)
    ※携帯電話・PHS・IP電話の場合は03-6479-5716(通話料有料)
  • 受付時間:9時~18時まで(365日受付)

参照:「ビッグローブ光」解約手続き(事業者変更)

上記の受付時間内に電話をするとオペレーターが対応します。オペレーターが出たら「事業者変更承諾番号を取得したい」旨を伝えてください。

事業者変更承諾番号の意味

少し余談とはなりますが、「事業者変更承諾番号」は以下のような「アルファベット1文字」と「10桁の数字」で構成されています。

事業者変更番号の例

①の「アルファベット1文字」は【F】か【T】になります。【F】は事業者変更する住所が「NTT東日本エリア」、【T】は「NTT西日本エリア」を示しています。

②の4桁の数字は有効期限です。上記例ですと取得した事業者変更承諾番号の有効期限は12月31日までとなります。それ以降は利用出来ませんので再発行が必要です。

③の6桁の数字は判別番号と思ってください。

質問者
ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える場合、ビッグローブ光で「事業者変更承諾番号」を取得するんですね?
監修者長井
はい、その通りです。
間違えて乗り換え先となるドコモ光へ電話をしないように注意してくださいね。

関連記事
事業者変更承諾番号については以下の記事も参考になります。
事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

②乗り換え先のドコモ光へ事業者変更を申し込む

上記でご紹介したように、ビッグローブ光で「事業者変更承諾番号」を取得します。

ビッグローブ光で「事業者変更承諾番号」を取得したら、次に乗り換え先となるドコモ光へ事業者変更の手続き(申し込み)を行います。

質問者
ドコモ光へ乗り換える事業者変更の申し込みはどこで手続きするんですか?
監修者長井
はい、そこが重要なんです。
ドコモ光の事業者変更手続きはドコモショップや大手家電量販店などの店舗でも可能ですが、店舗での事業者変更手続きはキャッシュバックがありません。そこでおすすめする事業者変更手続きの窓口はプロバイダです。

ドコモ光への事業者変更による契約乗り換え手続きは、ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」がおすすめです。

おすすめ理由
プロバイダのGMOとくとくBB」の公式サイトにあるドコモ光のキャンペーンページから事業者変更手続きをするとキャッシュバックが貰えます!
ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」の公式サイトのキャンペーンページから事業者変更をすると5,500円キャッシュバックされます。

詳細は各プロバイダのキャンペーンページにてご確認ください。
\事業者変更で5,500円還元中/
キャンペーンページはこちら
ドコモ光プロバイダ「GMOとくとくBB」

質問者
ドコモ光のプロバイダの公式キャンペーンページから事業者変更の手続きが完了するとキャッシュバックがプロバイダから貰えるってこと?
監修者長井
はい、その通りです。ドコモショップなどでも事業者変更手続きが可能ですが、せっかくドコモ光へ契約を乗り換えるのですからキャッシュバックが貰えた方がお得です。

③事業者変更の切替日に契約が乗り換えられる

ビッグローブ光から取得した「事業者変更承諾番号」を使ってドコモ光へ乗り換え申し込み(事業者変更手続き)が無事に完了するとドコモ光から「切替日」が伝えられます。

事業者変更の手続き完了後の約10日後ごろに契約がドコモ光へ切り替わります。

事業者変更手続きが完了するとドコモ光から書類が郵送されてきます。

ドコモ光から郵送されてくる書類にはビッグローブ光からドコモ光へ切り替わる「事業者変更切替日」、そしてドコモ光でインターネットをする為の「設定方法」などが記載されています。

郵送されてきた書類は大切に保管してください。

質問者
事業者変更の手続きが終わると、ドコモ光へ自動で契約が切り替わるの?契約していたビッグローブ光の解約手続きはしないの?
監修者長井
事業者変更の手続き完了後、郵送されてくる書類にビッグローブ光からドコモ光へ契約が切り替わる「切替日」が記載されています。その「切替日」になると今まで契約していたビッグローブ光は自動で解約され、ドコモ光の契約が始まります。その為、今まで契約していたビッグローブ光の自動解約となるため解約手続きは不要です。

④ビッグローブ光への解約金支払いとレンタル機器の返却

「事業者変更切替日」にドコモ光へ契約が変更になったら、ビッグローブ光は自動解約されるので個別に解約手続きは不要です。

今まで契約していたビッグローブ光はドコモ光への事業者変更により自動解約され解約手続きは不要ですが、ビッグローブ光への「解約金の支払い」「工事費残債の支払い」「レンタル機器の返却」が必要です。

以下で詳しく解説します。

解約金の支払い

ドコモ光へ事業者変更により解約手続き不要で契約していたビッグローブ光は解約されます。事業者変更は解約手続き不要ですが、ビッグローブ光の解約金の支払いは通常通り必要です。

ビッグローブ光は契約更新月以外の解約には以下の解約金の支払いが必要です。

契約していた
ビッグローブ光のプラン
解約金
(違約金)
2年プランの場合9,500円
(不課税)
3年プランの場合20,000円
(不課税)

参照:2年プラン3年プラン

ビッグローブ光は契約更新月以外の解約には上記の解約金の支払いが必要です。

工事費残債の支払い

ビッグローブ光を新規契約した人は、ビッグローブ光の契約後に開通工事を実施したと思います。この開通工事の工事費は以下のようになっています。

戸建住宅集合住宅
開通工事費750円
(40回分割払)
675円
(40回分割払)
値引毎月750円値引
(40ヶ月間)
毎月675円値引
(40ヶ月間)
実質
工事費
実質無料実質無料

参照:3年プラン

ビッグローブ光を新規契約した際の開通工事費は、戸建住宅の場合は毎月750円の40回の分割払いです。しかし、40ヶ月間毎月750円が値引されるので工事費は実質無料となります。

集合住宅の場合も同様で、工事費は675円の40回分割払いですが40ヶ月間は毎月675円値引されるので工事費が実質無料です。

本来支払うべき工事費の40回分割払いが事業者変更時に残債がある場合は一括で支払う必要があります。
ちょっと解りづらいのでさらに解説します。
例えば、ビッグローブ光を新規契約してから10ヶ月目にドコモ光へ事業者変更したとします。

ビッグローブ光の工事費は40回分割払いですが、工事費分割額と同額が40ヶ月間値引されているので工事費が実質無料になっています。しかし、10ヶ月目にドコモ光へ事業者変更すると、工事費を実質無料にしていた値引が無効となり、40回-10ヶ月目=30回分の分割残債を一括で支払う義務が生じます。

ビッグローブ光の新規契約から10ヶ月目に
ドコモ光へ事業者変更した場合の残債支払い額

  • 戸建住宅の場合
    工事費分割額(750円)×残債(30回)=22,500円を一括払い
  • 集合住宅の場合
    工事費分割額(675円)×残債(30回)=20,250円を一括払い

質問者
ビッグローブ光の工事費を実質無料にしていた値引が事業者変更に伴い無効になってしまい、残りの分割額を一括で支払う必要があるって訳ね?
監修者長井
はい、その通りです。ただ、ビッグローブ光を新規契約してから40ヶ月目以降に事業者変更すると、分割回数40回が完了し工事費残債がないので工事費の支払いは不要です。

レンタル機器の返却

ビッグローブ光でレンタルしている機器はありますか?

もし、ビッグローブ光から無線LANルーター(Wi-Fiルーター)などをレンタルしている場合は、ドコモ光への事業者変更後にレンタル機器をビッグローブへ返却する必要があります。

但し、「ONU」や「ホームゲートウェイ」と呼ばれるNTTのロゴが付いた機器は、ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更してもドコモ光で利用するので返却不要です。

質問者
ビッグローブ光でレンタルしていた機器があれば返却するのね?
監修者長井
はい、ビッグローブ光を契約していたからレンタル出来ていた機器もドコモ光へ事業者変更するとレンタル出来なくなるため返却しなければなりません。

関連記事
ビッグローブ光の解約については以下の記事も参考になります。
ビッグローブ光の解約方法はこちら!解約に伴う解約金や返却物、そして撤去工事などまとめてご紹介!

ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換える前に違いも理解すべし

上記では、契約中のビッグローブ光からドコモ光へ工事不要で契約を乗り換える「事業者変更」の概要と手続き方法を解説しました。しかし、ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換えると何が変わってしまうのか理解しないまま手続きするよりもある程度の違いを理解していた方が良いでしょう。

そこで最後に、ビッグローブ光とドコモ光を比較しながら最低限知っておくべき違いをご紹介したいと思います。

ビッグローブ光・ドコモ光の知っておくべき違い
  1. 契約会社の違い
    (事業者変更で契約先が変わる)
  2. 月額料金と契約期間の違い
    (事業者変更で月額料金が変わる)
  3. セット割の違い
    (事業者変更でセット割の適用が外れる可能性がある)

各違いについて以下で詳しく解説します。

①契約会社の違い

ご存じの方も多い事だとは思いますが、大事な事なのであえてご紹介しておくと「ビッグローブ光」と「ドコモ光」を提供している会社に違いがあります。

サービス名提供会社
(契約会社)
ビッグローブ光ビッグローブ株式会社
ドコモ光株式会社NTTドコモ

参照:ビッグローブNTTドコモ

ビッグローブ光はビッグローブ株式会社が、ドコモ光は株式会社NTTドコモがサービス提供しています。その為、ビッグローブ光の契約先はビッグローブ株式会社、ドコモ光の契約先は株式会社NTTドコモとなります。

ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換えると、今までの契約先であるビッグローブ株式会社から株式会社NTTドコモへ契約先が変更になります。
監修者長井
ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更するとビッグローブ光は自動解約となる為、ビッグローブ株式会社との契約は終了します。その代わりにドコモ光へ事業者変更するので契約先が株式会社NTTドコモへ変更になります。

②月額料金と契約期間の違い

ビッグローブ光とドコモ光は契約期間に違いがあり、契約期間によって月額料金に違いがあります。

サービス名戸建住宅集合住宅
ビッグローブ光
  • 2年契約の場合
    月額5,180円
  • 3年契約の場合
    月額4,980円
  • 2年契約の場合
    月額4,080円
  • 3年契約の場合
    月額3,980円
ドコモ光
(タイプAの場合)
  • 契約期間なし
    月額6,700円
  • 2年契約の場合
    月額5,200円
  • 契約期間なし
    月額5,000円
  • 2年契約の場合
    月額4,000円

参照:2年プラン3年プラン料金プラン(ドコモ光)

ビッグローブ光の場合、契約期間が2年間の「2年プラン」と3年間の「3年プラン」があります。一方、ドコモ光の場合は「契約期間がないプラン」と「契約期間が2年間のプラン」があります。

上記の月額料金表をご覧頂ければ、ビッグローブ光もドコモ光も契約する契約期間のプランによって月額料金に違いがある事がご理解頂けると思います。

ビッグローブ光からドコモ光へ事業者変更で乗り換えると、契約期間や月額料金が変更になる点を覚えておいてください。
監修者長井
ビッグローブ光とドコモ光は契約期間と月額料金に違いがある為、ドコモ光へ事業者変更で乗り換えた場合、今までの月額料金や契約期間が変更になりますので理解しておいてください。

③セット割の違い

最後にご紹介するビッグローブ光とドコモ光の違いは「セット割」です。

サービス名セット割対象者
ビッグローブ光auセット割
もしくは
auスマートバリュー
au
携帯・スマホの契約者
ドコモ光ドコモ光セット割ドコモ
携帯・スマホの契約者

参照:auセット割auスマートバリュードコモ光セット割

ビッグローブ光を提供しているビッグローブ株式会社へKDDIグループ会社です。KDDIと言えば携帯電話やスマホで知られる「au」を提供しています。その為、ビッグローブ光をauユーザーが契約すると「auセット割」もしくは「auスマートバリュー」と呼ばれる割引が適用可能です。

一方、NTTドコモの携帯電話やスマホを契約しているドコモユーザーがドコモ光を契約すると「ドコモ光セット割」という割引が適用可能です。

もし、auの契約者がビッグローブ光を契約していて「auセット割」もしくは「auスマートバリュー」の割引を適用している場合、ドコモ光へ事業者変更で乗り換える事で「auセット割」もしくは「auスマートバリュー」の割引が適用外になってしまいます。

しかし、ドコモユーザーがビッグローブ光を契約中でドコモ光へ事業者変更で乗り換える事で「ドコモ光セット割」が適用可能となります。

まとめ

この記事ではビッグローブ光を契約中でドコモ光へ乗り換えを検討している人向けに、工事不要で契約を乗り換えられる「事業者変更」とはどんな手続きか、事業者変更手続きによる乗り換え方法、そして、ビッグローブ光とドコモ光の違いについて解説してみましたがいかがだったでしょうか。

2019年7月まではビッグローブ光やドコモ光のように「光コラボ間」の契約乗り換えは工事を伴う面倒な手続きが必要でしたが、2019年7月より契約中の光コラボの光回線を契約乗り換え先の光コラボで再利用できる「事業者変更」という手続きが可能となりました。「事業者変更」手続きによりビッグローブ光からドコモ光へ工事不要で契約だけ乗り換える手続きが可能となります。

ビッグローブ光からドコモ光への乗り換え方法は、まずビッグローブ光で「事業者変更承諾番号」を取得します。そして、取得した「事業者変更承諾番号」を使ってドコモ光の申し込みを行います。事業者変更の申し込みから約10日後にビッグローブ光の契約は自動解約されてドコモ光へ契約が変更されます。

乗り換え前(事業者変更手続き前)に、ビッグローブ光とドコモ光の違いや手続き後に何が変わっていしまうのかもある程度理解した上で事業者変更の申し込みをしてください。

A. はい。事業者変更という手続きで工事不要で契約の乗り換えが可能です。
A. ビッグローブ光(0120-907-505)で「事業者変更承諾番号」を取得してください。取得後にドコモ光を事業者変更にて申込をします。
A. 事業者変更でドコモ光へ事業者変更手続き後、約10日前後で契約乗り換えが可能です。
ドコモ光新規契約・転用・事業者変更で
最大20,000円キャッシュバック中
▼只今、開通工事費が無料▼
キャンペーン詳細はこちら
GMOとくとくBB公式サイト