ビッグローブ光のプロバイダはどこ?料金や契約後の変更は可能などプロバイダの気になる点をまとめてみた!

ビッグローブ光 プロバイダはどこ?




ビッグローブ光を契約しようと検討している初心者の人にとってはプロバイダの事が解らない人もいるかもしれません。プロバイダはインターネットに接続する為に重要な役割を果たしています。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ビッグローブ光を契約するとプロバイダはどこになるのか、月額料金にプロバイダ料金が含めれているのか、そしてビッグローブ光の契約後にプロバイダ変更は可能なのかなど初心者向けに解りやすくご紹介したいと思います。

ビッグローブ光新規契約で
最大44,000円キャッシュバック中!
▼2020年9月30日まで!▼
キャンペーンサイトはこちら

ビッグローブ光のプロバイダについて(初心者向け)

「ビッグローブ光を契約すれば自宅でインターネットが出来る」そのぐらいはご理解頂けていると思います。しかし、更に理解しておいた方が良いのが「プロバイダについて」です。

そこでまずは初心者の人向けに、プロバイダとはどんな役割をしているのか、そしてビッグローブ光を契約するとプロバイダはどこになるのかをご紹介します。

インターネット接続に重要なプロバイダの役割

ビッグローブ光は「光回線」を使ってインターネットに接続するサービスですが「光回線」以外にインターネット接続に重要な役割をしているのが「プロバイダ」です。

プロバイダがインターネットに接続してくれている

自宅に引き込まれた回線(ビッグローブ光の場合は「光回線」)は、電柱などをつたって「プロバイダ」と繋がっています。そしてプロバイダがインターネットに接続してくれています。

プロバイダを日本語にすると「インターネット接続業者」です。その名の通り、プロバイダはインターネットに接続する為に大変重要な役割をしているのです。

質問者
インターネット接続にはプロバイダの役割が重要なんですね。
監修者長井
はい、そうなんです。プロバイダとは「インターネット接続業者」の事で、インターネットに接続する為にはプロバイダも利用しなければネット接続出来ないんです。

ビッグローブ光のプロバイダはどこ?

上記でご紹介したように、プロバイダはインターネットに接続する為に重要な役割を果たしています。では、ビッグローブ光を契約するとプロバイダはどこを利用する事になるのでしょうか?

ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」
ビッグローブ光で利用するプロバイダは「BIGLOBE(ビッグローブ)」です。

そもそもビッグローブ光というインターネット接続サービスは、プロバイダである「BIGLOBE」が提供しているサービスです。その為、ビッグローブ光を契約するとプロバイダは自動的に「BIGLOBE」になる訳です。

ちなみにビッグローブ光を契約する際に「BIGLOBE」以外のプロバイダを選択する事は出来ません。

ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」限定なので、ヤフーBBや楽天ブロードバンド、ぷらら、ニフティ、OCNなどのプロバイダは利用できません。
質問者
ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」を利用するってこと?
監修者長井
はい、その通りです。ビッグローブ光で利用するインターネット接続業者プロバイダは、ビッグローブ社が提供している「BIGLOBE」限定です。

ビッグローブ光のプロバイダ変更は可能か

上記でご紹介したように、ビッグローブ光を契約するとプロバイダは「BIGLOBE」を利用する事になります。フレッツ光などの場合はプロバイダのみを変更する事は可能ですが、ビッグローブ光の場合はプロバイダ変更は出来るのでしょうか?

プロバイダ変更は不可

ビッグローブ光で利用するプロバイダは「BIGLOBE」限定です。
その為、ビッグローブ光を契約後にプロバイダ変更する事は出来ません。

上記でご紹介したようにプロバイダはインターネット接続に重要な役割があります。プロバイダによって速度やプロバイダのサービスに違いがあります。その為、プロバイダ「BIGLOBE」が気に入らない場合にプロバイダだけ変更したいと考える人もいます。

しかし、ビッグローブ光はプロバイダ「BIGLOBE」が提供しているインターネットサービスですので、利用できるプロバイダは「BIGLOBE」だけとなります。

もし、ビッグローブ光を契約後にプロバイダ変更したい場合にはビッグローブ光自体を解約、もしくは他社光コラボへ事業者変更をしなければなりません。

質問者
ビッグローブ光で利用する「BIGLOBE」から違うプロバイダへの変更は出来ないんですね?
監修者長井
はい、そうです。ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」限定で他社プロバイダへ変更出来ません。

今後プロバイダ変更をしたいなら

上記でご紹介したように、ビッグローブ光はプロバイダ変更出来ません。しかし、契約後に「プロバイダを色々変更するかもしれない…」そう考える人はビッグローブ光はプロバイダ変更不可なのでおすすめしません。

そんな人はプロバイダが変更可能ドコモ光をおすすめします。

ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」限定です。しかし、ドコモ光のプロバイダは24社の中から1社を選択する事が可能ですし、ドコモ光を契約後にプロバイダを変更する事も可能です。

監修者長井
ビッグローブ光はプロバイダ変更不可なので、プロバイダを変更する予定がある人なら25社から変更可能なドコモ光が良さそうです。

ビッグローブ光のプロバイダ料金はいくら?

今まで一般的だったNTTフレッツ光の場合、光回線を利用する為の「光回線利用料」と使用するプロバイダの「プロバイダ料金」が個別に必要でした。

しかし、ビッグローブ光はプロバイダ「BIGLOBE」とセット契約なのでプロバイダ料金は不要です。(ビッグローブ光の月額料金にプロバイダ料が含まれている)

まずは、ビッグローブ光の月額料金を見てみましょう。

ビッグローブ光の月額料金について

ビッグローブ光を契約する際に「ファミリータイプ」と「マンションタイプ」に大きく2つに分けられます。

  1. ファミリータイプ
  2. マンションタイプ

「ファミリータイプ」はビッグローブ光を契約する自宅が一戸建ての人向けです。一方、「マンションタイプ」は自宅が集合住宅の人向けです。また、ビッグローブ光には「2年契約」と「3年契約」の2つの契約期間があり選べます。

ビッグローブ光は「ファミリータイプ」で契約するのか「マンションタイプ」で契約するのかで月額料金が違います。また、「2年契約」するのか「3年契約」するのかでも月額料金に違いがあります。

以上を理解した上で以下のビッグローブ光の月額料金を見てください。
※金額はすべて税別です。

契約期間2年契約3年契約
ビッグローブ光
ファミリータイプ
月額料金
5,180円4,080円
ビッグローブ光
マンションタイプ
月額料金
4,980円3,980円

出典:2年プラン月額費用3年プラン月額費用

ビッグローブ光を2年契約する場合、ファミリータイプの月額料金は5,180円、マンションタイプの月額料金は4,980円です。ビッグローブ光を3年契約する場合、ファミリータイプの月額料金は4,080円、マンションタイプの月額料金は3,980円です。

質問者
ビッグローブ光には「2年契約」と「3年契約」の2つのプランがあるってこと?
監修者長井
そうです。ビッグローブ光の月額料金は契約期間が長い「3年契約」の方が「2年契約」よりも安いんです。

月額料金にプロバイダ料金が含まている

では、ビッグローブ光で利用するプロバイダ「BIGLOBE」のプロバイダ料金はいくらになるか気になりますよね。

実は上記でご紹介したビッグローブ光の月額料金の中にプロバイダ料金が含まれています。その為、ビッグローブ光の月額料金以外にプロバイダ料金を支払う必要がありません。

NTTフレッツ光を契約していた人なら解ると思いますが、フレッツ光の場合はプロバイダ料金を別途支払う必要がありました。その為に「ビッグローブ光もプロバイダ料金を支払う必要がある」と勘違いしている人が多いようです。

監修者長井
ビッグローブ光はセットになっている「BIGLOBE」のプロバイダ料金を別途支払う必要がないんです。

ビッグローブ光のプロバイダまとめ

この記事ではビッグローブ光の気になるプロバイダはどこなのか、プロバイダ変更は可能なのか、プロバイダ料金はいくらなのかを中心にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

インターネットに接続するにはプロバイダの役割が重要です。ビッグローブ光を契約するとプロバイダは「BIGLOBE」を利用する事になります。ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」限定なので契約後に他のプロバイダへ変更する事は出来ません。

今後プロバイダを変更する予定がある人はドコモ光など契約後でもプロバイダへ変更可能なインターネット回線をおすすめします。ビッグローブ光のプロバイダ料金ですが月額料金の中に含まれているので別途プロバイダ料金を支払う必要はありません。

\ 最大44,000円キャッシュバック /
キャンペーンサイトはこちら
ビッグローブ光の正規代理店NEXT

A. BIGLOBE限定です。
A. いいえ。ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」から乗り換え不可です。
A. ビッグローブ光の月額料金にプロバイダ料が含まれています。

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。