ビッグローブ光が遅い原因と対策について。

ビッグローブ光のインターネット回線の速度が遅いという口コミを見かける事があります。ビッグローブ光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスなので、他の回線より速いはずですが、「速度が遅い」「Wi-Fiが遅い」というツイートを見かけます。速度が遅い理由は様々な要因が考えられます。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
「トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ビッグローブ光のインターネットの速度は遅い原因を探ると共に、速度を改善する方法など総合的にご紹介してみたいと思います。

ビッグローブ光が遅い原因は何か

ビッグローブ光の速度に関する情報をツイッターで検索してみると以下のようなツイートをしている人を見かける機会があります。

上記の方々のように、ビッグローブ光の速度が遅いというツイートをしている人がいます。もし、あなたが既にビッグローブ光を契約中で速度が遅いと感じているのであれば原因は何かを探ってみる必要があると思います。

そこでまずは、ビッグローブ光が遅い場合に考えられる原因の調べ方と対策方法をご紹介します。

Wi-Fiが遅い場合はIPv6接続しているかを確認

インターネットの通信方式には「IPv4」と「IPv6」があり「IPv6」で接続すると速度が速いとされています。ビッグローブ光は月額料金不要の無料でIPv6接続が可能です。

IPv4IPv6より遅いとされる
IPV6IPv4より速いとされる

もし、ビッグローブ光をWi-Fi接続して速度が遅い場合IPv6で接続していない可能性があります。IPv6接続できているかを調べる方法は簡単です。

上記の「IPv6オプション」と記載のボタンを押して、BIGLOBEの公式サイトへアクセスすると、「Connected via IPv6」もしくは「Connected via IPv4」という表示があります。

IPv6接続可能なWi-Fiルーターを使っている

「Connected via IPv6」と表示があれば現在ご利用のWi-Fiルーター(無線LANルーター)はIPv6接続に対応していますので、ビッグローブ光の速度が遅いのは他が原因だという事が解ります。

IPv6に未対応のWi-Fiルーターの可能性がある
一方、「Connected via IPv4」と表示されれば速度が速いとされるIPv6でWi-Fi接続出来ていない証拠となりますので、IPv6接続可能なWi-Fiルーターを購入するかレンタルする必要があります。
レンタル機種NEC Aterm WG1200HS3
レンタル料月額500円(税抜)

出典:IPv6オプション

IPv6接続可能なWi-Fiを利用したい場合、BIGLOBEからIPv6に対応したWi-Fiルーターが月額500円(税抜)でレンタル可能です。

ただし、10ヶ月以上レンタルする場合には購入した方が安いです。
レンタル機種と同等の機種は安い

BIGLOBEから月額500円でレンタルできる「NEC Aterm WG1200HS3」と同等の機種「NEC Aterm WG1900HP3」がAmazonで8,000円程度で販売されています。

NEC Aterm WG1900HP3(Amazon)

もし、ビッグローブ光の速度が遅い場合でWi-FiがIPv6接続出来ていなかった場合、IPv6接続可能なWi-Fiルーターをレンタルしてもいいですが購入してしまった方が結果的に安く利用できます。
監修者長井
ビッグローブ光で自宅に設置しているWi-FiルーターがIPv6に対応していない事が原因で速度が遅い場合も考えられますので、一度Wi-Fi接続するパソコンやスマホなどでIPv6接続できてるか確認して、IPv4だった場合にはIPv6接続可能なWi-Fiルーターをレンタルするか購入してみてください。

関連記事
IPv6の詳細は以下の記事が参考になります。
初心者でも解る!ビッグローブ光のIPv6を解説してみた!

ビッグローブ光が夜に遅い原因とは

ビッグローブ光の速度が遅い原因をツイッターで検索すると「夜に遅い」というツイートをしている人をたまに見かける事があります。

夜になるとビッグローブ光の速度が遅い原因はなぜなのでしょうか?

ビッグローブ光が夜遅くなる人はマンションなど集合住宅にお住まいではないでしょうか?
マンションの場合、回線を各部屋で共有

マンションの場合、ビッグローブ光で利用する「光回線」は一度共有スペースに設置された「スプリッタ」という機器に接続され、その「スプリッタ」から各部屋へ回線を共有して接続しています。

夜や休日はネット接続する人が多い

昼間の平日の場合、仕事や学校などに出かけている人が多いので自宅でインターネット接続している人は少ないのが現状です。しかし、夜や休日になると自宅にいる人が多いのでインターネット接続する人が同時に増える事が容易に予想できます。

特にマンションでビッグローブ光を契約中の場合、各部屋で回線を共有していますので、ネット接続利用者が多い夜や休日に速度が遅い現象が起きる場合があります。
監修者長井
このようにマンションで夜に速度が遅い現象は、ビッグローブ光に限らずどのインターネット接続サービスでも起こりうる現象です。

ビッグローブ光が遅いその他の原因

上記では、ビッグローブ光の速度が遅い場合にIPv6接続かの確認、そして夜遅い原因などをご紹介しました。しかし、その他にもビッグローブ光の速度が遅い原因はないのでしょうか。

そこでここからは、ビッグローブ光の速度が遅い考えられる原因をご紹介します。

ネット接続する端末のスペックが原因

インターネットに接続する端末はパソコンやスマホ、タブレットを利用している人が多いですが、これら端末が原因でビッグローブ光の速度が遅い可能性も考えられます。

端末が原因で速度が遅い場合がある
ビッグローブ光で利用する「光回線」や「プロバイダ」に問題がないのに速度が遅い場合には、インターネットに接続する端末に問題がある可能性があります。

パソコンの起動が遅い場合などは、パソコンのメモリ不足が原因です。パソコンのメモリはパソコンの起動や動作に大きな影響がある為、メモリを増設するなどの対応をすると遅いインターネットの速度が改善する可能性があります。

また、スマホやタブレットなどの場合はWi-Fi機能のエラーや故障により速度が遅くなる場合もあります。実際、私も経験があるのですが速度が遅かった原因はスマホの故障によるものでした。

監修者長井
ビッグローブ光の速度が遅い場合、インターネットに接続するパソコンのスペックやスマホ・タブレットの故障なども一度疑ってみるのも解決方法の1つです。

Wi-Fiが原因で速度が遅い場合もある

ビッグローブ光を契約中の方の多くは、自宅にWi-Fiルーター(無線LANルーター)を設置しているのではないでしょうか。Wi-Fiルーターを設置する事でスマホなどでもビッグローブ光の回線でインターネットに接続できるようになります。

Wi-Fiが原因で速度が遅い場合もある
このWi-Fiが原因でビッグローブ光の速度が遅い場合も考えられます。

Wi-Fiが利用可能のなる機器「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」の多くは、「2.4GHz」と「5GHz」の2つのWi-Fiの周波数を利用する事が出来ます。

Wi-Fiには2つの周波数がある
  • 2.4GHz
  • 5GHz

※「GHz」の読み方は「ギガヘルツ」

それぞれWi-Fiの周波数「2.4GHz」と「5GHz」ではメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
2.4GHz壁など障害物を
通しやすい
5GHzより
速度が遅い
5GHz2.4GHzより
速度が速い
壁など障害物を
通しにくい

例えば、Wi-Fiの周波数「2.4GHz」で接続している場合、壁などの障害物を通しやすいのでWi-Fiルーターを設置している部屋でなく別の部屋でもネット接続が可能ですが、5GHzよりも速度が遅いです。

一方、Wi-Fiの周波数「5GHz」で接続している場合、2.4GHzより速度は速いですが壁などの障害物を通しにくい性質があるので、別の部屋に移動するとWi-Fiが繋がりにくくなり速度が低下します。

もし、別の部屋へ移動するとWi-Fiが弱くなり速度が遅い状態になる場合は、ビッグローブ光が問題ではなく、Wi-Fiの周波数「5GHz」で接続している可能性がありますので周波数「2.4GHz」で接続し直してみてください。
Wi-Fiルーターがある部屋でWi-Fiが遅いと感じる場合には、Wi-Fiの周波数を「2.4GHz」で接続している可能性がありますので、周波数「5GHz」で接続し直してみてください。

ビッグローブ光のプロバイダが原因で遅い場合もある

ビッグローブ光でインターネットに接続する為に利用する回線は「光回線」です。このビッグローブ光で利用する「光回線」NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光で利用する「光回線」を借りている事をご存じでしょうか?

NTTの光回線を利用

ご存じの人も多いかもしれませんが、NTT東日本とNTT西日本は「フレッツ光」というインターネット接続サービスを提供しています。フレッツ光でインターネットに接続する回線はNTTが所有する「光回線」です。

このフレッツ光でも利用されているNTTの「光回線」を借りてサービス提供しているのが「ビッグローブ光」です。このようにNTTの光回線を借りて提供しているサービスの事を「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と言います。
監修者長井
NTTの光回線を利用して提供している「光コラボ」は、ビッグローブ光以外にドコモ光、ソフトバンク光、OCN光、ニフティ光などがあります。
ビッグローブ光の光回線が原因で速度が遅いのであれば、同じ回線を利用するフレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光の速度も遅いという事になってしまします。その為、ビッグローブ光が遅い原因は回線以外に理由があるのでは?と考えるのが自然です。

プロバイダが原因なら事業者変更しよう

皆さんも一度は「プロバイダ」という言葉を聞いたことがあると思います。

プロバイダとは日本語にすると「インターネット接続業者」という意味です。その名の通り、インターネットに接続してくれているのが「プロバイダ」なのです。

実は、回線(光回線)よりもプロバイダの方がインターネットの速度に影響します。
ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE」

ビッグローブ光のプロバイダは「BIGLOBE(ビッグローブ)」限定です。ビッグローブ光を契約すると他社のプロバイダに変更する事が出来ません。その為、プロバイダが原因で速度が遅くてもビッグローブ光ではプロバイダ変更する事が一切出来ません。

光コラボプロバイダ
ビッグローブ光BIGLOBE限定
ドコモ光ドコモネット
plala
GMOとくとくBB
@nifty
DTI
andline
BIGLOBE…etc
合計24社から選択

出典:プロバイダ一覧

ビッグローブ光と同様にNTT東日本・NTT西日本の「光回線」をNTT docomoが借りて提供している光コラボに「ドコモ光」というサービスがあります。この「ドコモ光」であればプロバイダ24社からあなたが利用したいプロバイダ1社を選択する事が可能です。また、ドコモ光契約後もプロバイダ変更も可能です。

「ビッグローブ光の速度が遅いのでプロバイダを変更したい」と考えている人は、プロバイダを変更できないので、ドコモ光へ工事不要で契約を乗り換えられる「事業者変更」という手続きがおすすめです。

ドコモ光への事業者変更はこちら
キャンペーンサイト
プロバイダ「GMOとくとくBB」

事業者変更でもお得なキャンペーンを比較しよう!(2020年11月版)

光コラボ間の事業者変更(再転用)で乗り換えが簡単に!

まとめ

この記事ではビッグローブ光だけが遅いのか調査してみましたがいかがだったでしょうか?

ビッグローブ光の光ファイバー回線はNTT東日本とNTT西日本が所有している回線を利用しており、ドコモ光やソフトバンク光など光コラボレーションと呼ばれるサービスも同様なので、決してビッグローブ光だけの回線が遅いというわけではありません。また、WiFiの環境などにより速度が遅いと感じる場合もあるので、パソコンやルーターの原因であることも1つかもしれません。

\ 最大44,000円キャッシュバック /
キャンペーンサイトはこちら
ビッグローブ光の正規代理店NEXT