商標登録取得のお知らせ

【全ガイド】ビッグローブ光はIPv6が無料で利用可能!設定申込方法や確認方法などを徹底解説!

ビッグローブ光のIPv6についてお調べですね。

インターネット初心者の方でもIPv6だと「速度が速い」「速度が改善される」という認識の方が増えています。

ビッグローブ光では「IPv6オプション」と呼ばれるオプションを申し込むとIPv6が利用可能です。

IPv6オプションとは
ビッグローブ光を契約の方がIPv6を利用可能にするオプションサービスのこと。

他社のインターネット回線はIPv6を利用するには別途料金の支払いが必要だったり、専用のルーターをレンタルしなければ利用できない場合がありますが、ビッグローブ光ではIPv6を利用するためのIPv6オプションは初期費用・月額料金ともに無料です。

ビッグローブ光
IPv6オプション
初期費用無料
月額料金無料

ビッグローブ光はIPv6を無料で利用できますが「IPv6オプション」の申し込みが別途必要です!

完全無料の「IPv6オプション」を申し込むことでビッグローブ光はIPv6が利用可能です。
但し、Wi-FiでもIPv6でインターネットに接続した場合には対応した無線LANルーターが必要です。

ビッグローブ光を契約中で速度が遅いと感じる方はIPv6を利用できる「IPv6オプション」は無料なので申し込みすることで速度が改善する可能性があります!

この記事ではビッグローブ光でIPv6を無料で利用できる「IPv6オプション」の概要や設定申込方法、IPv6で接続できているかの確認方法、Wi-FiでもIPv6で接続するためのIPv6接続対応の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)をまとめて解説します。

※以下、表示金額はすべて「税込」です。

\ビッグローブ光未契約の方/
インターネット契約の申込はこちら
公式サイトなら40,000円キャッシュバック中

ビッグローブ光で利用可能なIPv6を理解しよう

ビッグローブ光では「IPv6オプション」に申し込むことでIPv6接続が利用可能です。

実際にビッグローブ光でIPv6接続している方の口コミを見ると「速度が速くなった」というものが多いです。

しかし、インターネット初心者の方にとっては「IPv6って何?」という方も少ながらずいらっしゃいます。

そこでまずは、理解を深めて頂くために「IPアドレスとは何か」「IPv6とは何か」を解説します。

以下、「既に知っている!」という方は読み飛ばして頂いても構いません。

IPアドレスとは

ビッグローブ光のIPv6オプションを解説する前に「IPアドレス」を解りやすく解説します。

インターネットに接続する全ての端末(パソコンやスマホ、タブレットなど)には「IPアドレス」と呼ばれる認識番号が割り当てられています。

全ての端末に割り当てられている「IPアドレス」は「電話番号」に例えると解りやすくなります。

すべての電話には「電話番号」が必ず割り当てられています。
相手に電話する場合には「相手の電話番号」に電話をしないと当然繋がりません。

自分の電話番号と相手の電話番号があると通話出来る訳です。

そして、電話番号は1つとして同じ番号は存在しません。

IPアドレスも電話番号と同様の役割をしています。

例えば、あなたの持っているパソコンに割り当てられたIPアドレスが「555.66.777.8」だったと仮定します。そして、楽天市場のホームページデータが収められているサーバーのIPアドレスが「111.22.333.4」だったと仮定します。

上記のような場合に、楽天市場を閲覧しようとすると、楽天市場のホームページデータがあるサーバーのIPアドレス「111.22.333.4」から閲覧するパソコンに割り当てられたIPアドレス「555.66.777.8」へインターネットを介してデータが送られる事で楽天市場が閲覧できる訳です。

もちろん、電話番号同様にIPアドレスは1つとして同じ番号は存在していません。

実はあなたが持っているパソコンやスマホにも必ずIPアドレスが割り当てられているのです!

ワンポイントアドバイス
電話したい相手の「電話番号」が解らないと通話したくても出来ませんよね。

それと同じように、インターネットに接続する端末にも「IPアドレス」がないと、閲覧したいホームページのデータをどの端末へ送って良いか判断できずに閲覧できないのです。

IPv6はIPアドレスの進化版

上記で解説したIPアドレスにはバージョンがあります。

今まではIPアドレスのバージョン4である「IPv4」を一般的に使われてきましたが、現在ではIPアドレスのバージョン6である「IPv6」が普及しています。

IPアドレス利用可能数
IPv4約43億個
IPv6約340澗個

IPv4で利用できるIPアドレスは約43億個ですが約43億のIPアドレスでは足りなくなっています。

そこで登場したのが「IPv6」です。

IPv6で利用できるIPアドレスは約340潤個(340兆の1兆倍の1兆倍)です。

IPv6が登場した経緯

約10年前はインターネットに接続する端末はパソコンぐらいでした。

しかし、今では1人に1台インターネットに接続できるスマホを所有する時代となりました。また、スマホ以外にもiPadなどのタブレット端末やゲーム機をはじめ、テレビ、冷蔵庫、エアコン、デジタルカメラなどの家電でもインターネットに接続できる端末が増加しています。

このようにインターネットに接続出来る端末の増加が原因でIPv4で利用できる約43億個のIPアドレスでは足りない時代となり大問題となっていた時に問題解説のために登場したのがIPv6なのです。

登場したIPv6のおかげでIPアドレスは約340潤個を利用できるため、当分の間はIPアドレスが不足する問題は解消されました。

ワンポイントアドバイス
IPv4で足りなくなるIPアドレスを改善するために登場したものがIPv6であり、IPv6は速度を速くするための技術ではありません!

ビッグローブ光はIPv6の「IPoE方式」が利用できるので速度が速い

インターネットの速度を速くして改善できるのはIPv6で利用できる「IPoE接続方式」です。

重要なのはインターネットの接続方式である「IPoE」なのです。

「IPoE接続方式」と「PPPoE接続方式」について

インターネットに接続するには「IPoE接続方式」と「PPPoE接続方式」の2つの接続方式があります。

IPoE
接続方式
PPPoE
接続方式
IPv4×
IPv6
(速度が速い)

「IPoE接続方式」はIPv6でのみ利用可能な接続方式です。

一方「PPPoE接続方式」はIPv4/IPv6共に利用可能な接続方式です。

IPv6では「IPoE接続方式」と「PPPoE接続方式」の両方の接続方式を利用可能ですが、「IPoE接続方式」の方がインターネットの速度が速いのが最大の特徴です。

以下で「IPoE接続方式」と「PPPoE接続方式」の違いをイラストを使って解説します。

「PPPoE接続方式」は従来の接続方式で一方通行のトンネルを通るイメージで、インターネット利用者が増加すると混み合って速度が遅くなります。

一方、「IPoE接続方式」はIPv6のみで利用できる最新の接続方式車線が複数あるトンネルを通るイメージです。

車線が複数あるのでインターネットの利用者が増加してもスムーズに通ることができるため速度が低下しません。

ワンポイントアドバイス
要は「IPv6」で尚且つ接続方式が「IPoE接続方式」ならばインターネットの速度が速いことになります。

ビッグローブ光はIPv6のIPoE接続方式

上記で解説したように、IPv6であっても従来の「PPPoE接続方式」よりも「IPoE接続方式」の方がインターネット利用者が増加しても混雑による速度低下が改善される可能性があります。

ビッグローブ光はIPv6オプションに申し込むとIPv6が利用可能で、接続方式も速度が速い「IPoE接続方式」が利用できます。

接続方式はIPoE接続方式
ビッグローブ光のIPv6オプションは最新の「IPoE接続方式」が採用されている!

ビッグローブ光のIPv6オプションの接続方式は「PPPoE接続方式」でなく「IPoE接続方式」が採用されているため、速度が安定したインターネットを利用することが出来ます。

ビッグローブ光はIPv6のIPoE接続方式なので、映画などの動画配信サービスを視聴する際に読み込み(ダウンロード)が安定しているのでストレスなく動画を視聴することが出来ます。

ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光のIPv6オプションは混雑しても速度低下が少ないIPoE接続方式なのでおすすめです。

ビッグローブ光のIPv6オプションの初期費用と月額料金は共に無料

ビッグローブ光は基本的にIPv4でインターネットに接続しますが、別途「IPv6オプション」を申し込むとIPv6でのインターネット接続が可能となります。

初期費用無料
月額料金無料

ビッグローブ光でIPv6が利用可能となる「IPv6オプション」は、”オプション”とサービス名に付いているので有料だと思っている人がいますが「IPv6オプション」は初期費用・月額料金共に無料です。

ワンポイントアドバイス
一部の他社の場合はIPv6を利用するためには月額料金が別途発生したり、IPv6接続するためのルーターを有料でレンタルしなければならない場合がありますが、ビッグローブ光はインターネット月額料金のみでIPv6を利用できます。

ビッグローブ光でIPv6接続できているか確認する方法

ビッグローブ光を契約中の方は「私はビッグローブ光でIPv6接続出来ているの?」と疑問を持ちませんでしたか。

ビッグローブ光でIPv6接続出来ているかは公式サイトへアクセスすると簡単に確認可能です。

公式サイトのIPv6オプションページにアクセスしたら表示されているアイコンを確認してください。

表示アイコン接続状況
IPv6で接続中
IPv4で接続中

【Connected via IPv6】と表示されればIPv6でインターネットに接続中であることが解ります。

また、もし【Connected via IPv4】と表示されたらIPv4でインターネットに接続中です。

ワンポイントアドバイス
もし、ビッグローブ光を契約中にも関わらずIPv4接続だった場合は、「IPv6オプションを申し込んでいない」「IPv6対応のルーターではない」など様々な原因が考えられます。

ビッグローブ光契約中でIPv6接続出来ない場合には後ほど解説する対処方法をお試しください。
IPv6接続出来ない場合の対処方法

ビッグローブ光のIPv6オプション申し込み方法と適用タイミング

ビッグローブ光はIPv6が無料で利用可能ですが、自動的にIPv6が適用される訳ではありません。

ビッグローブ光でIPv6を利用したい方は別途「IPv6オプション」の申し込みが必須です!

ビッグローブ光のインターネット契約を「契約中」か、それともこれから契約予定の「未契約」か、によってIPv6オプションの申し込み方法に違いがあります。

IPv6オプション申込方法
  • ビッグローブ光契約中の方はBIGLOBEマイページで申し込みする
  • ビッグローブ光未契約の方は新規契約時に同時申し込みをする

以下で詳しく解説します。

【契約中】の方はBIGLOBEマイページで申し込む

既にビッグローブ光のインターネットを契約中の方は、IPv6オプションを24時間いつでも「BIGLOBEマイページ」から申し込みすることが可能です。

ビッグローブ光【契約中】の方
申込方法BIGLOBEマイページ
適用タイミングIPv6オプション申込後、
2~24時間以内の適用。
既に契約中の場合
IPv6オプションを申し込む
BIGLOBEマイページ

上記の「IPv6オプションを申し込む」ボタンを押すとBIGLOBEマイページへアクセスできますので、「ユーザID」と「パスワード」を入力してログインするとIPv6オプションに申し込めます。

IPv6が利用できるようになるタイミングですが、BIGLOBEマイページでIPv6オプションを申し込んでから早くて2時間後、遅くても24時間以内です。

ワンポイントアドバイス
IPv6オプションを申し込んでも「IPv6が利用できない!」という方がたまにいらっしゃいますが、BIGLOBEマイページでIPv6オプションを申し込んですぐにIPv6は利用できません。

数時間待ってからIPv6が利用出来ているかを確認してください!

【未契約】の方はビッグローブ光の契約申込と同時に申し込む

ビッグローブ光のインターネット契約が【未契約】でこれからビッグローブ光の契約申込をする方はIPv6オプションも同時に申し込むことも可能です。

ビッグローブ光【未契約】の方
申込方法ビッグローブ光の契約申込と同時に
IPv6オプションを申し込む。
適用タイミングビッグローブ光開通後、
4~5日後の適用。

ビッグローブ光のインターネット契約の申し込みは公式サイトがおすすめです!

ビッグローブ光公式サイトの申込受付特設ページでビッグローブ光を新規契約するとBIGLOBEより40,000円がキャッシュバックされます!

公式
限定特典
  1. 40,000円
    キャッシュバック
  2. 新規工事費実質無料
  3. IPv6対応の
    無線LANルーター
    1年間無料レンタル
期間2021年9月30日終了予定

ビッグローブ光の公式サイトからインターネット契約の申し込みをするとどこよりもお得にビッグローブ光を契約可能です!

ビッグローブ光公式サイトで「新規契約」もしくは「転用」もしくは「事業者変更」を申し込むと40,000円がキャッシュバックされるほか、新規契約時に実施する開通工事費が実質無料となります。

さらに、IPv6対応の無線LANルーターが12ヶ月間無料でレンタル可能です!

\40,000円受取可能/
ビッグローブ光の申し込みはこちら
公式サイトの特設ページ

ビッグローブ光でIPv6を利用するための条件

上記で解説したように、ビッグローブ光でIPv6を利用するには「IPv6オプション」の申し込みが必須です。

実は「IPv6オプション」の申し込み以外にもIPv6を利用するための条件があります。

IPv6利用条件
  1. 光電話対応のホームゲートウェイ
  2. BIGLOBEでレンタル可能な無線LANルーター
  3. MAP-E機能搭載の市販無線LANルーター

上記の①、②、③のいずれか1つビッグローブ光でIPv6を利用するための条件です。

【IPv6オプション申込】+【①、②、③のいずれか1つに当てはまる】=IPv6接続可能!

※注意※
上記の①、②、③は全てが条件ではなく、いずれか1つに当てはまればIPv6が利用可能です!

条件① 光電話対応のホームゲートウェイ

ビッグローブ光で固定電話のオプションサービスである「光電話」にも加入した場合には、光電話対応機器である「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機器が設置されます。

ホームゲートウェイには様々な種類(型番)があります。

以下で記載するホームゲートウェイの種類(型番)であればIPv6の利用が可能です。

IPv6利用可能な
光電話対応ルーター
(ホームゲートウェイ)
  • PR-600 シリーズ
  • RX-600シリーズ
  • PR-500 シリーズ
  • RT-500シリーズ
  • RS-500シリーズ
  • PR-400シリーズ
  • RV-440シリーズ
  • RT-400シリーズ
  • RT-S300シリーズ
  • PR-S300シリーズ
  • RV-S340シリーズ

自宅に設置された光電話対応のホームゲートウェイが上記型番であれば、IPv6に対応していない無線LANルーターのWi-Fiでも基本的にIPv6が利用可能です。

もちろん、IPv6対応の無線LANルーターでもOKです。

無線LANルーターをお持ちでない場合には、ビッグローブ光から「レンタルする」か、もしくは個別にAmazonなどで「購入する」必要があります。

ワンポイントアドバイス
ホームゲートウェイは基本的に光電話へ加入した際に必要となる機器です。
光電話へ加入しない場合には設置されません。

条件② BIGLOBEでレンタル可能な無線LANルーター

BIGLOBEからレンタル可能なIPv6対応の無線LANルーターを利用することでもWi-FiでIPv6が利用可能です。

ビッグローブ光のインターネット契約後に設置されるNTTのロゴが付いた機器「ONU(回線終端装置)」とレンタルした無線LANルーターを接続するとWi-FiはIPv6での接続となります。

レンタルされる
無線LANルーター
NEC Aterm WG1200HS3
レンタル料月額550円

BIGLOBEではビッグローブ光契約者向けにIPv6に対応した無線LANルーター「NEC Aterm WG1200HS3」を月額550円でレンタルしています。

但し、レンタル料は月額550円なので年間で6,600円の支払いが発生します。
2年間レンタルすると13,200円、3年間レンタルで19,800円もの出費となります…。

ワンポイントアドバイス
IPv6のWi-Fiが利用可能な無線LANルーターを有料でレンタルもしていますが長期間レンタルするとその分毎月レンタル料の支払いが発生するため、購入した方がトータル的に安くなる可能性があります。

今なら12ヶ月間無料でレンタル可能!

条件③ MAP-E機能搭載の市販無線LANルーター

ビッグローブ光のWi-FiでIPv6を利用するにはBIGLOBEから無線LANルーターをレンタルする以外にもMAP-E機能が搭載された無線LANルーターであれば購入してもWi-FiでIPv6が利用可能です。

IPv6オプションに対応していることをBIGLOBEが動作確認をしている無線LANルーターは以下です。

メーカー動作確認
無線LANルーター
BUFFALO
  • WSR-3200AX4S [Version 1.00]
  • WXR-5700AX7S [Version 1.00]
  • WSR-5400AX6 [Version 1.00]
  • WSR-1800AX4 [Version 1.00]
  • WSR-2533DHPL2 [Version 1.00]
  • WSR-1166DHPL2 [Version 1.00]
  • WSR-2533DHP3 [Version 1.21]
  • WSR-1166DHPL [Version 1.00]
  • WSR-1166DHP4 [Version 1.00]
  • WSR-2533DHP2 [Version 1.11]
  • WXR-1750DHP [Version 2.49]
IO DATA
  • WN-DX1300GRN [Version 1.00]
  • WN-DAX3600XR [Version 2.00]
  • WN-DX1200GR [Version 1.00]
  • WN-DAX1800GR [Version 1.02]
  • WN-TX4266GR [Version 1.02]
  • WN-DX1167GR [Version 1.10]
  • WN-DX2033GR [Version 1.01]
  • WN-SX300GR [Version 1.01]
  • WN-SX300FR [Version 1.02]
  • WN-DX1167R [Version 1.01]
  • WN-AX2033GR2 [Version 1.00]
  • WN-AX1167GR2 [Version 1.11]
  • WN-AX1167GR [Version 3.21]
NTTドコモドコモ光ルーター 01 [Version1.3.0]
NEC
  • WX3600HP [Version 1.0.3]
  • WX1800HP [Version 1.0.2]
  • WX3000HP [Version 1.2.2]
  • WX6000HP [Version 1.1.0]
  • WG2600HP3 [Version1.2.0]
  • WG1900HP2 [Version1.1.2]
  • WG1200HP3 [Version1.1.1]
ELECOM
  • WRC-X1800GS-B [Version 1.07]
  • WRC-X3200GST3-B [Version 1.00]
  • WRC-X3000GSN [Version 1.0.2]
  • WMC-2LX-B [Version 1.00]
  • WMC-X1800GST-B [Version 1.00]
  • WMC-C2533GST-W [Version 1.00]
  • WMC-2HC-W [Version 1.00]
  • WRC-X3000GS [Version 1.0.15]
  • WRC-2533GS2-W [Version 1.00]
  • WRC-2533GS2-B [Version 1.00]
  • WRC-1167GS2-B [Version 1.00]
  • WMC-DLGST2-W [Version 1.00]
  • WMC-M1267GST2-W [Version 1.00]
  • WRC-2533GST2 [Version 1.01]
  • WRC-1900GST2 [Version 1.00]
  • WRC-1750GST2 [Version 1.00]
  • WRC-1167GST2 [Version 1.03]
TP-Link
  • Archer A10
    [Archer A10(JP)_V1_190624]
  • Archer A2600
    [Archer A2600(JP)_V1_190624]
Allied Telesis
  • AT-AR1050V [Version 5.4.9-1]
  • AT-AR4050S [Version 5.4.9-1]
  • AT-AR2010V [Version 5.4.9-1]
  • AT-AR2050V [Version 5.4.9-1]
  • AT-AR3050S [Version 5.4.9-1]

上記のすべての無線LANルーターの機種でIPv6オプションを使えることをBIGLOBEは動作確認していますが動作を保証するものではありません。

また、BIGLOBEでは上記機器の動作をサポートしていません。

レンタル機器と同じ無線LANルーターを購入しよう

ビッグローブ光がレンタルしているIPv6対応の無線LANルーター「NEC Aterm WG1200HS3」をAmazonでは4,800円という低価格で購入することができます!

Amazon
購入価格
4,800円
2021年9月1日現在

ビッグローブ光で長期間IPv6対応無線LANルーターをレンタルするなら購入した方が安くなる可能性があります。

ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光でWG1200HS3をレンタルすると月額550円です。
AmazonでのWG1200HS3の購入価格は4,800円です。

購入価格4,800円÷レンタル料月額550円=約8.7となりますので、8ヶ月以上レンタルするのであれば購入してしまった方が安く費用を抑えられます!

\購入した方が安い/
Amazonで購入する
WG1200HS3

ビッグローブ光でIPv6接続できない原因と対処方法

上記の「IPv6接続できているか確認する方法」でも解説しましたが、もしビッグローブ光を契約中にも関わらずIPv6接続出来ていない場合には様々な原因が考えられます。

IPv6で接続されていない場合にはインターネットに接続する端末(パソコンやスマホなど)を再起動します。

接続端末(パソコンやスマホなど)を再起動すると「IPアドレスの再取得」が実行されてIPv6で接続できる可能性があります。

再起動してもIPv6接続出来ない場合は以下の原因が考えられます。

IPv6接続できない原因

  1. IPv6オプションを申し込んでいない
  2. IPv6オプションを申し込んだばかり
  3. パソコンのIPv6設定をしていない
  4. 障害やメンテナンス中である
  5. 配線が正しく接続されていない

原因① IPv6オプションを申し込んでいない

ビッグローブ光はIPv6接続が可能ですが別途「IPv6オプション(無料)」を申し込む必要があります。

原因①
もし、ビッグローブ光でIPv6接続できない場合はIPv6オプションを申し込んでいない可能性があります。

IPv6オプションを「申込済み」か「未受付」かはBIGLOBEカスタマーサポートへ電話をして確認することができます。

電話番号0120-86-0962
※携帯電話・IP電話の場合
03-6385-0962
受付時間9時~18時まで

上記の電話番号へ受付時間内に電話をしてオペレーターに繋がったら「IPv6オプションを申し込んでいるかを確認したい」旨を伝えてください。

対処方法
もし、IPv6オプションが未受付だった場合にはそのままオペレーターに申し込みをお願いするか、BIGLOBEマイページにログインして申し込みをしてください。

原因② IPv6オプションを申し込んだばかり

ビッグローブ光はIPv6接続が可能となる「IPv6オプション」を申し込んだのにも関わらずIPv6接続出来ていない場合、IPv6オプションを申込直後の可能性はありませんか?

申込方法利用可能となる
タイミング
ビッグローブ光を契約中で
IPv6オプションを申し込んだ
申し込み後、
2~24時間以内
ビッグローブ光を新規契約して
開通工事終了後に
IPv6オプションを申し込んだ
開通後、
4~5日後

ビッグローブ光を契約中にも関わらずIPv6オプションを申し込んでいなかった場合、IPv6オプションを申し込んでからIPv6が利用できるまでは2時間後~24時間後となります。

IPv6オプションを申し込んだ直後はIPv6接続できません。

また、ビッグローブ光を新規契約した場合は開通工事終了後4~5日後にIPv6が利用可能となります。

対処方法
IPv6オプションを申し込んだ直後はBIGLOBE側でIPv6の設定が出来ていませんので、数時間経った後にIPv6接続できるかを確認するようにしましょう。

原因③ パソコンのIPv6設定をしていない

ビッグローブ光のインターネットをパソコンで接続している場合でIPv6接続出来ていない場合には、パソコン側のIPv6設定が正しく設定されていない可能性があります。

以下の手順に従ってパソコンでIPv6接続可能か確認してください。
※以下、パソコンのOSがWindows10の場合で解説します。

左下にある「Windowsマーク」を右クリックして、「ネットワーク接続」を選択します。

続いて「アダプターのオプションを変更する」を選択します。

Wi-Fiでインターネットに接続している場合は「Wi-Fi」のアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択します。

LANケーブルで接続している場合には「イーサイト」のアイコンを右クリックします。

プロパティ画面にある「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」と記載がある箇所を探して、左のチェックボックスにチェックが入っているかを確認します。

チェックが入っている場合は【OK】を選択します。

対処方法
もし「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」にチェックが入っていなかった場合にはチェックを入れてから【OK】を選択します。

そして、パソコンを一度再起動してからIPv6接続出来ているかを確認してください。

原因④ 障害やメンテナンス中である

ビッグローブ光でインターネットに接続する回線に障害が発生している場合やメンテナンス中の場合には一時的にIPv6で接続出来ない場合があります。

対処方法
公式サイトの「BIGLOBE障害・臨時メンテナンス情報」を確認する

ビッグローブ光の公式サイトで回線で障害が発生していないか、メンテナンス中ではないかを確認します。

「現在、報告されている障害はありません。」と表示されれば別の原因でIPv6接続できないと判断できます。

原因⑤ 配線が正しく接続されていない

初歩的な確認ですが、パソコンや接続機器(ONUや無線LANルーターなど)で使用しているLANケーブルが正しく配線されているか、差し込まれているかを確認してください。

誤ったLANポート(差込口)にLANケーブルを差し込んでいるとIPv6接続どころかインターネットに接続できません。

また、稀にLANケーブルに静電気が充填します。
LANケーブルに静電気が充填すると正しいインターネット接続ができません。

一度LANケーブルをLANポート(差込口)から抜いて、数秒待ってから再度キチンとLANケーブルLANポート(差込口)へ正しく差し込んでみてください。

まとめ

この記事ではビッグローブ光でIPv6が利用可能となるIPv6オプションを中心に解説しました。

IPv6オプションを以下の表にまとめてみました。

オプション名IPv6オプション
月額料金不要
※但し、申込は必要
条件以下、いずれか1つ

  1. 光電話対応のホームゲートウェイ
  2. BIGLOBEでレンタル可能な無線LANルーター
  3. MAP-E機能搭載の市販無線LANルーター
接続方式IPoE接続方式

ビッグローブ光ではIPv6接続が可能ですが「IPv6オプション」の申し込みが必要です。

IPv6接続が利用可能な「IPv6オプション」は月額料金不要で(インターネット月額料金だけで)利用可能です。

但し、「IPv6オプション」でIPv6接続するには3つある条件の最低1つに当てはまる必要があります。

IPv6は「IPoE接続方式」と「PPPoE接続方式」の2つの接続方式があり「PPPoE接続方式」よりも「IPoE接続方式」の方がインターネットの速度が安定して速いのが最大の特徴ですが、ビッグローブ光のIPv6オプションは速度が速い「IPoE接続方式」が採用されています。