商標登録取得のお知らせ

ビッグローブ光電話の完全ガイド!光電話の基礎知識や月額基本料・通話料、工事費、申し込み方法を解説!

ビッグローブ光電話についてお調べですね。

ビッグローブ光のインターネット契約に付加できる固定電話オプションサービス「ビッグローブ光電話」はNTT一般加入電話よりも月額料金や通話料が安いのが最大のメリットです。

ビッグローブ光電話「基本プラン」の月額基本料と通話料は以下です。

月額基本料550円
光電話機器
利用料
220円
※光電話セット割で無料
主な通話料
  • 一般加入電話宛
    8.8円/3分
  • 携帯電話宛
    17.6~19.8円/60秒
  • 050IP電話宛
    11.55~11.88円/3分
  • PHS宛
    11円/60秒

NTT一般加入電話の月額基本料は約1,900円程度しますが、ビッグローブ光電話の月額基本料は550円です。

また、ビッグローブ光電話からの通話料もNTT一般加入電話よりも安くなる点もメリットです。

ビッグローブ光電話では光電話機器が必要で利用料は220円ですが、BIGLOBEから月額550円で「レンタル無線LANルータ(Wi-Fiルーター)」をレンタルしている方は光電話機器利用料は無料です。

ビッグローブ光電話はNTT一般加入電話よりも月額基本料や通話料は安くなるメリットは理解できますが「光電話とは一体どんなサービスなのか?」「使用している電話番号はどうなるのか?」など疑問をお持ちの方が多いです。

この記事ではビッグローブ光電話へ加入予定の方に向けて、光電話の基礎知識加入後の工事費(初期費用)、毎月の支払いとなる月額基本料、通話した際の通話料、光電話の付加機能(オプションサービス)、光電話の接続方法などをまとめて解説します。

目次

ビッグローブ光電話へ加入前に知っておくべき基礎知識

ビッグローブ光電話に加入予定の方が最低限知っておくべき基礎知識があります。

以下の4つの基礎知識をまずは理解しておきましょう。

ビッグローブ光電話の基礎知識
  1. ビッグローブ光のネット契約に付加できるサービス
  2. 光回線を利用する固定電話サービス
  3. 電話番号と電話機は継続利用ができる
  4. auスマートバリューの適用条件

上記の基礎知識を以下で詳しく解説します。

基礎知識① ビッグローブ光のネット契約に付加できるサービス

ビッグローブ光のインターネットに付加して加入可能なオプションサービスは様々あります。

ビッグローブ光電話もビッグローブ光のインターネット契約に付加できる「固定電話のオプションサービス」です。

ビッグローブ光電話は、ビッグローブ光のインターネット契約中、もしくはインターネット契約申込と同時申し込みした方のみが加入できるオプションサービスです。

その為、ビッグローブ光のインターネット未契約の方は光電話のみ加入は一切出来ません。

ワンポイントアドバイス
「ビッグローブ光電話のみ加入できませんか?」という質問がたまにあります。

しかし、ビッグローブ光電話はインターネット契約に付加できる”オプションサービス”なのでビッグローブ光電話のみは加入不可であることをまずは理解しておきましょう。

基礎知識② 光回線を利用する固定電話サービス

数年前まではNTT一般加入電話(固定電話)は「ISDN回線」「ADSL回線」などのアナログ回線と呼ばれる電話回線を利用するのが一般的でした。

しかし、現在固定電話で利用する回線はインターネット接続でも利用する「光回線」が一般的になりつつあります。

ビッグローブ光の「光」とは光回線のことです。

ビッグローブ光のインターネット接続には「光回線」が利用されます。

そんな光回線を利用してインターネットに接続するサービス「ビッグローブ光」のオプションサービスがビッグローブ光電話なのでビッグローブ光電話で利用する回線も「光回線」です。

要はビッグローブ光電話で利用する回線は「光回線」という訳です。

ワンポイントアドバイス
「ビッグローブ光電話の回線は光回線です。」と説明すると、一般加入電話との違いを気にされる方がいらっしゃいますが、光電話は一般加入電話と同じ使い方音声品質もほぼ同じです。

光電話は一般加入電話より品質が劣る…ということはありません。

基礎知識③ 電話番号と電話機は継続利用ができる

ビッグローブ光電話を加入予定の方の質問で「電話番号は変わってしまうのか?」「電話機は新しく買い替える必要があるのか?」というものが意外に多いです。

確かに今現在、固定電話を利用している方がビッグローブ光電話に加入すると「利用している電話番号や電話機はどうなってしまうのか」という疑問を持ってしまうことでしょう。

電話番号・電話機共に継続利用OK
ビッグローブ光電話へ加入しても現在利用している電話番号や電話機は基本的にそのまま利用可能!

基本的に現在固定電話で利用している電話番号と電話機はビッグローブ光電話で継続利用可能です。

しかし、電話番号を発番した方法によって現在利用する電話番号を継続利用不可の場合があります。

現在使用している電話番号を発番したのが「NTT一般加入電話」又は「フレッツ光電話」の場合番号ポータビリティを申し込むことでビッグローブ光電話でも同じ電話番号を継続して利用可能です。

固定電話の電話番号がなくビッグローブ光電話で初めて固定電話を設置する場合には、加入後にビッグローブ光電話で利用する電話番号が発番されます。

しかし、他社インターネットサービスの光電話で発番した電話番号はビッグローブ光電話で継続不可です。

まとめると以下のようになります。

  • NTT一般加入電話で発番した電話番号
    ビッグローブ光電話でも継続利用可!
  • フレッツ光電話で発番した電話番号
    ビッグローブ光電話でも継続利用可!
  • その他、他社光電話で発番した電話番号
    ビッグローブ光電話では継続利用不可!
    但し、ひかり電話相当サービスの場合は継続利用可能!
ワンポイントアドバイス
一般加入電話で利用している電話番号をビッグローブ光電話でも継続利用する場合には「番号ポータビリティ」の申し込みが必須です。番号ポータビリティは1番号毎に同番移行工事費(2,200円)とNTT休止工事費(2,200円)の支払いが発生します。

基礎知識④ auスマートバリューの適用条件

auの携帯スマホを契約中の方はビッグローブ光のインターネット契約に加えて「ビッグローブ光電話」にも加入することでauスマートバリューと呼ばれる割引が適用可能となります。

auスマートバリューとは
ビッグローブ光のインターネット契約と光電話に加入するとauスマートバリューが適用可能となり、適用後には契約しているauモバイル契約の月額料金から毎月最大1,100円割引されます。

auスマートバリューの毎月割引額は契約中もauモバイル契約プランによって異なります。

主なauスマートバリューの割引額は以下です。

au契約プラン毎月の割引額
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
  • 1GBまで
    適用外
  • 1GB超~7GBまで
    550円割引
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
1,100円割引
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超〜20GBまで
550円割引

その他のau契約プラン割引額はこちら

ワンポイントアドバイス
契約中のau携帯スマホ代が毎月割引されるauスマートバリューは、ビッグローブ光のインターネット契約のみでは適用できません。auスマートバリューを適用するにはビッグローブ光のインターネット契約に加えて「ビッグローブ光電話」への加入が必須となっています。

ビッグローブ光電話への加入時に必要は初期費用(工事費)

ビッグローブ光電話はインターネット契約と同時に申し込むことが可能です。
また、ビッグローブ光のインターネット契約中でも後から光電話へ加入することも可能です。

ビッグローブ光電話への加入時には初期費用として以下の工事費の支払いが発生します。

光電話の主な工事費
  • 基本工事費
  • 機器工事費(設置費・設定費)
  • 同番移行工事費(番号ポータビリティ)
  • その他工事費

以下で各工事費(初期費用)に分けて解説します。

基本工事費

ビッグローブ光電話へ加入後には「基本工事」が最低必要です。

光電話の基本工事に対する基本工事費は以下のような違いがあります。

加入状況基本工事費
ネット+光電話
同時申し込み
0円
ネット契約済み
光電話のみ申し込み
  • 派遣工事なし
    1,100円
  • 派遣工事あり
    4,950円

ビッグローブ光のネット契約と同時に光電話の申し込みをした場合光電話の基礎工事費の支払いは不要です。

その為、ビッグローブ光のインターネットがまだ未契約の方でビッグローブ光電話への加入予定を予定している方は光電話の基本工事費が不要となるのでインターネット契約と同時に申し込むことをおすすめします。

しかし、既にビッグローブ光のインターネット契約済みの方で後から光電話へ加入した場合には基本工事費の支払いが必要です。

ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光のネット契約済みで後から光電話へ加入した場合の基本工事費は契約状況によって違いがあります。工事業者の訪問が不要の「派遣工事なし」の場合は1,100円、工事業者の訪問が必要な工事「派遣工事あり」の場合は4,950円の基本工事費となります。

機器工事費(設置費・設定費)

ビッグローブ光電話の利用には「光電話対応機器」が必要です。

光電話対応機器は「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機器のことです。

この「光電話対応機器」の機器工事費の支払いが別途必要となる場合があります。

機器工事費
  • 設置費
    1,650円
  • 設定費
    1,100円

機器工事費には「設置費(1,650円)」と「設定費(1,100円)」の2種類があります。
合計すると機器工事費は2,750円です。

しかし、設置費と設定費の支払いが不要となる場合があります。

◉機器工事費「設置費」が不要となる場合

フレッツ光の光電話対応機器を利用中の方でビッグローブ光のインターネット契約と同時にビッグローブ光電話へ加入した場合、設置費の支払いは不要となります。

◉機器工事費「設定費」が不要となる場合

ビッグローブ光電話で利用する光電話対応機器の設定をBIGLOBEへ依頼する場合には設定費の支払いは必要となるものの、契約者自身で設定する場合には設定費の支払いは不要となります。

ワンポイントアドバイス
機器工事費(設置費・設定費)が必要か不要かの判断が出来ない方は、機器工事費の2,750円の支払いが発生するものとして初期費用を考えておくと良いでしょう。

同番移行工事費(番号ポータビリティ)

現在利用中の電話番号をビッグローブ光電話でも継続利用するためには別途工事費の支払いが必要です。

同番移行工事費BIGLOBEに
2,200円
利用休止工事費NTTに
2,200円

「同番移行工事費」とは、現在利用中の電話番号をビッグローブ光電話でも継続利用する場合に発生する工事費です。(番号ポータビリティ工事費とも言います。)

「同番移行工事費」は2,200円でBIGLOBEへ支払うものです。

一方「利用休止工事費」とは、NTT一般加入電話からビッグローブ光電話へ乗り換える際にNTT一般加入電話の利用を一時停止(休止)するために行う工事に対するものです。

「利用休止工事費」は2,200円でNTTへ支払います。

要は利用中の電話番号をビッグローブ光電話でも継続利用するには「同番移行工事費」と「利用休止工事費」の合計4,400円の支払いが発生します。

ワンポイントアドバイス
固定電話の電話番号を持っていない方は、ビッグローブ光電話へ加入すると新しい固定電話の電話番号が発番されます。その際の電話番号発番費用はかかりません。

その他工事費

ビッグローブ光電話への加入時の工事費は上記で解説した「基本工事費」「機器工事費」「同番移行工事費」の3つの工事費を最低限把握しておけば良いです。

しかし、「ビッグローブ光電話A(エース)」へ加入する場合や「付加サービス(光電話のオプション)」へ加入する場合には以下のような工事費が別途発生することも念のため理解しておきましょう。

ビッグローブ光電話
A(エース)
工事費
1,100円

ビッグローブ光電話には2つのプランがあります。

その中で「6つの付加サービス」と「528円/月の無料通話分」が付いた【ビッグローブ光電話A(エース)】に加入した場合には1,100円の工事費が別途発生します。

光電話付加サービス
(光電話のオプション)
工事費
追加番号770円
複数チャネル1,100円
発信者番号表示1,100円
ナンバー・リクエスト1,100円
通話中着信通知1,100円
自動転送1,100円
迷惑電話ブロック1,100円
着信お知らせメール1,100円
FAXお知らせメール1,100円

また、ビッグローブ光電話の付加サービス(光電話のオプション)に個別加入する場合には、それぞれの付加サービスに対しての工事費が別途発生します。

ビッグローブ光電話の月額基本料と通話料

ビッグローブ光電話では通話しない月があっても月額基本料の支払いが毎月発生します。

また、ビッグローブ光電話で通話した際には当然ですが通話料の支払いも発生します。

そこでここからは、ビッグローブ光電話へ加入した際に毎月支払いが発生する「月額基本料」、そして通話した(相手に電話した)際に発生する「通話料」について解説します。

月額基本料は550円もしくは1,650円

ビッグローブ光電話には「基本プラン」と「A(エース)プラン」の2つがあります。

各プランによって月額基本料とサービス内容に違いがあります。

プラン基本プランビッグローブ光電話
A(エース)
月額基本料550円1,650円
無料通話528円分の
無料通話付
付加機能以下6つの付加機能付

  1. 発信者番号表示
  2. 通話中着信通知
  3. 自動転送
  4. ナンバー・リクエスト
  5. 迷惑電話ブロック
  6. 着信お知らせメール

ビッグローブ光電話「基本プラン」の月額基本料は550円です。
基本プランには無料通話や付加機能が付いていません。

一方「ビッグローブ光電話A(エース)」の月額基本料は1,650円です。

ビッグローブ光電話A(エース)は基本プランよりも月額基本料が毎月1,100円高いですが、毎月528円分の無料通話が付いてくるほか、6つの付加サービスが付いてきます。

ビッグローブ光電話A(エース)に付いてくる付加サービスを個別ですべて加入すると月額1,870円にもなります。

ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光電話でよく通話をする方、そして6つの付加機能を利用したい方は月額基本料が1,650円の「ビッグローブ光電話A(エース)」に加入すると良いでしょう。

しかし、光電話をほとんど利用しない方、付加機能が必要ない方は月額基本料が550円の「基本プラン」で加入すると良いでしょう。

通話料は一般加入電話より安くなる

ビッグローブ光電話で通話した際(相手に電話した際)には月額基本料に加えて通話料が発生します。

ビッグローブ光電話の通話料は一般加入電話よりも安くなるメリットがあります。

ビッグローブ光電話の主な通話料は以下です。

通話宛通話料
  • ビッグローブ光電話
  • 一般加入電話
  • INSネット
  • NTT東西ひかり電話
8.8円/3分
  • NTTドコモ
  • ワイモバイル
17.6円/60秒
  • au
  • ソフトバンク
  • 沖縄セルラー
  • 東日本
    19.25円/60秒
  • 西日本
    19.8円/60秒
050IP電話11.44円~11.88円/3分
PHSへの通話11円/36~60秒

出典:通話料・通信料

上記表のようにビッグローブ光電話の国内通話料は一般加入電話よりも安いのが特徴です

また、国際電話の通話料も一般加入電話よりも安いです。

国際電話の通話料はこちら(PDF)

ワンポイントアドバイス
もし、今現在NTT一般加入電話を利用しているのであればビッグローブ光電話への加入も検討しましょう。

ビッグローブ光のインターネット契約と同時に光電話にも加入することで一般加入電話よりも月額基本料と通話料が安いため毎月のコストが削減できるメリットがあります。

ビッグローブ光電話の付加サービス(オプションサービス)

ビッグローブ光電話専用の付加サービス(オプションサービス)へも加入可能です。

付加サービスへ加入することでビッグローブ光電話の様々なサービスを利用できます。

そこで、ここからはビッグローブ光電話の契約に付加できるオプションサービスについて解説します。

光電話付加サービスは9種類

ビッグローブ光電話の付加サービス(オプションサービス)は全部で9種類あります。

9種類の付加サービスとサービス内容は以下です。

光電話に付加可能なオプション
  1. 発信者番号表示
    電話をしてきた人の電話番号を表示するサービス。
    別名を「ナンバーディスプレイ」とも言います。
    利用にはナンバー・ディスプレイ対応の電話機が必要
  2. ナンバー・リクエスト
    非通知で電話してきた相手に電話番号を通知して掛け直しするよう、音声でメッセージを流すサービス。
    利用には「発信者番号表示」への加入が必要
  3. 迷惑電話ブロック
    迷惑電話を受けた後に電話機に登録することにより、同じ電話番号からかかってきた際に自動音声で「この電話はお受けできません」と自動応答するサービス。
  4. 通話中着信通知
    通話中に違う相手(第三者)から電話がかかってきた際に保留にして第三者との通話ができるサービス。別名を「キャッチホン」とも言います。
  5. 自動転送
    電話がかかってきた際に前もって指定していた電話番号へ転送するサービス。
  6. 着信お知らせメール
    電話がかかってきた際に前もって指定したメールアドレスへ通話があったことをお知らせするサービス。
  7. FAXお知らせメール
    電話番号へFAXがあると、前もって指定したメールアドレスへFAXがあったことをお知らせし、FAX内容をパソコンから確認できるサービス。(紙ではFAXを受信できません。)
  8. 複数チャネル
    光電話1契約で同時に2回線分の通話・着信が可能となるサービス。
  9. 追加番号
    光電話1契約で最大4番号まで電話番号を利用できるサービス。

上記9種類のオプションをビッグローブ光電話に付加することが可能です。

光電話付加サービスの月額利用料と初期費用(工事費)

光電話付加サービスへ加入した場合は初期費用(工事費)の支払いが初回のみ必要です。

また、各付加サービスを利用するための月額利用料の支払いも発生します。

付加サービス初期費用
(工事費)
月額利用料
発信者番号表示1,100円440円
ナンバー・リクエスト1,100円220円
迷惑電話ブロック1,100円220円
通話中着信通知1,100円330円
自動転送1,100円550円
着信お知らせメール1,100円110円
FAXお知らせメール1,100円110円
複数チャネル1,100円220円
追加番号770円110円

出典:付加サービス利用料

ビッグローブ光電話で利用したい付加サービス(オプションサービス)は1つからでも加入可能です。

しかし、複数の付加サービスを1つ1つ加入するとその分月額利用料が加算されてしまいますので、本当に必要な付加サービスだけに加入するようにしましょう!

ワンポイントアドバイス
光電話の主要6つの付加サービスを利用するなら1つ1つ加入するよりも「ビッグローブ光電話A(エース)に加入した方がお得になる可能性がありますので検討してみましょう。

主要6つの付加サービスがお得に利用可能な「A(エース)」

上記でも解説しましたが、ビッグローブ光電話には「基本プラン」と「A(エース)プラン」があります。

「ビッグローブ光電話A(エース)プラン」は基本プランよりも月額基本料が高いものの主要付加サービスが6つ付いているお得なプランです。

ビッグローブ光電話A(エース)の月額基本料と月額基本料で利用可能な付加サービスは以下です。

ビッグローブ光電話A(エース)
月額基本料1,650円
利用できる
付加サービス
  1. 発信者番号表示
    ※通常440円/月
  2. 通話中着信通知
    ※通常330円/月
  3. 自動転送
    ※通常550円/月
  4. ナンバー・リクエスト
    ※通常220円/月
  5. 迷惑電話ブロック
    ※通常220円/月
  6. 着信お知らせメール
    ※通常110円/月

ビッグローブ光電話A(エース)の月額基本料は1,650円です。
通話しなかった月でも1,650円の支払いが発生します。

月額基本料1,650円で6つの付加サービスが利用可能です。

ワンポイントアドバイス
上記6つの付加サービスを個別にすべて加入すると合計月額1,870円もしますので、主要な付加サービスを利用したい方は基本プラン(月額基本料550円)よりも「ビッグローブ光電話A(エース)」に加入した方がお得になります。

ビッグローブ光電話の申し込み方法

ビッグローブ光電話の申し込み方法(加入方法)ですが、現在の状況によって違いがあります。

以下の4つのパターンでどれに当てはまるかを確認してください。

現在の契約状況
  1. ビッグローブ光を新規契約する方
  2. ビッグローブ光を契約中の方
  3. フレッツ光を契約中の方
  4. 他社光コラボを契約中の方

上記4つの状況によってビッグローブ光電話の申し込み方法が異なります。

以下で詳しく解説します。

申込方法① ビッグローブ光を新規契約する方

ビッグローブ光のインターネット契約が「新規契約」の方は、ネット契約の申し込みと同時に光電話を申し込むことが可能です。

新規契約とは
「フレッツ光を契約中、又は他社光コラボを契約中」以外の方ビッグローブ光のネット契約は新規規約となります。

フレッツ光を契約中の場合は「転用」、他社光コラボ契約中の方は「事業者変更」という手続きでビッグローブ光へ契約を乗り換えることができるため新規契約ではありません。

ビッグローブ光の「新規契約」申し込みは公式サイトがお得です!

公式サイト
新規契約特典
  • 40,000円
    キャッシュバック
  • 新規工事費
    実質無料
  • 無線LANルーター
    1年間無料レンタル

ビッグローブ光の「新規契約」を公式サイトの特設ページから申し込むと、40,000円キャッシュバックされるほか、新規契約後に実施する開通工事の工事費が実質無料になり、さらに無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が1年間無料でレンタル可能です!

\3つの特典が受け取れる/
ビッグローブ光の新規契約はこちら
公式サイトの特設ページがお得!

申込方法② ビッグローブ光を契約中の方

既にビッグローブ光のインターネット契約中の方追加で光電話への申し込みが可能です。

ビッグローブ光電話を追加申し込みをする方は以下の電話番号へ電話をします。

光電話の追加申込
BIGLOBEカスタマーサポート
電話番号:0120-86-0962(通話料無料)
携帯電話、IP電話の場合:03-6385-0962(通話料有料)
受付時間:9時~18時まで

上記の電話番号へ受付時間内に電話をするとオペレーターに繋がりますので「ビッグローブ光電話を追加で申し込みたい」旨を伝えて手続きを開始してください。

市外局番の固定電話(一般加入電話)を利用中の方「番号ポータビリティで電話番号を引き継ぎたい」と伝えると、現在ご利用中の電話番号をそのままビッグローブ光電話で継続利用することが可能です。

ワンポイントアドバイス
固定電話(一般加入電話)を利用していない方は、ビッグローブ光電話へ加入すると市外局番の新しい電話番号が発番されます。

申込方法③ フレッツ光を契約中の方

フレッツ光を契約中の方「転用」手続きで比較的簡単にビッグローブ光へ契約を乗り換えられます。

転用とは
転用とは、フレッツ光を契約中の方が光コラボへ契約を乗り換える手続きのことです。

「転用」手続きをするとフレッツ光で利用していた回線をそのままビッグローブ光へ再利用されますので開通工事不要で契約だけを乗り換えられます。

フレッツ光電話を利用中の方
現在、フレッツ光を契約中で「ひかり電話」を利用中の方は、ビッグローブ光へ転用すると光電話もビッグローブ光電話へ引き継がれます。(電話番号も引き継がれます。)その為、ビッグローブ光へ転用すれば個別に光電話の申し込みは不要です。

フレッツ光電話も一般加入電話も利用していない方
現在、フレッツ光を契約中で「フレッツ光電話」又は「NTT一般加入電話」を利用していない方は、フレッツ光からビッグローブ光へ転用で契約を乗り換えた後にビッグローブ光電話を追加申し込みしてください。

一般加入電話を利用中の方
現在、フレッツ光を契約中で「NTT一般加入電話」を利用中の方は、一旦ビッグローブ光の転用申し込みを行います。フレッツ光からビッグローブ光へ転用が完了した後に、個別にビッグローブ光電話を追加申し込みを行ってください。

\フレッツ光から転用する/
ビッグローブ光へ転用する方はこちら
★転用で40,000円キャッシュバック中★

申込方法④ 他社光コラボを契約中の方

他社光コラボを契約中の方「事業者変更」手続きでビッグローブ光へ契約を乗り換え可能です。

主な大手の光コラボ
ドコモ光、ソフトバンク光、ぷらら光、OCN光、ソネット光、ニフティ光、楽天ひかり、など
事業者変更とは
事業者変更とは、光コラボを契約中の方が他社の光コラボへ契約を乗り換える手続きのことです。

「事業者変更」手続きをすると契約していた光コラボで利用していた回線をそのままビッグローブ光へ再利用されますので開通工事不要で契約だけを乗り換えられます。

光電話も一般加入電話も利用していない方
現在、ビッグローブ光以外の光コラボを契約中で「光電話」又は「NTT一般加入電話」を利用していない方は、契約中の光コラボからビッグローブ光へ事業者変更で契約を乗り換えた後にビッグローブ光電話を追加申し込みしてください。

光電話を利用中の方
現在、ビッグローブ光以外の光コラボを契約中で「光電話」を利用中の方は、ビッグローブ光へ事業者変更をすると光電話もビッグローブ光電話へ引き継がれます。
ただし、他社光コラボで電話番号を発番した光電話の場合は電話番号を継続利用できませんので電話番号が変更となります。

一般加入電話を利用中の方
現在、ビッグローブ光以外の光コラボを契約中で「NTT一般加入電話」を利用中の方は、一旦ビッグローブ光の事業者変更の申し込みを行います。他社光コラボからビッグローブ光へ事業者変更が完了した後に、個別にビッグローブ光電話を追加申し込みを行ってください。

\光コラボから事業者変更する/
ビッグローブ光へ事業者変更する方はこちら
★事業者変更で40,000円キャッシュバック中★

ビッグローブ光電話の解約について

ビッグローブ光電話はビッグローブ光のインターネット契約に付加できるオプションサービスであるため、ビッグローブ光のインターネット契約を解約すると光電話も同時解約となります。

インターネット契約は継続して光電話のみを契約することも可能です。

そこでここからはビッグローブ光電話のみを解約する方法を中心に解説します。

光電話の解約は電話で手続きをする

ビッグローブ光電話のみを解約する場合はBIGLOBEカスタマーサポートの電話で手続きをします。

光電話の解約手続き
BIGLOBEカスタマーサポート
電話番号:0120-86-0962(通話料無料)
携帯電話、IP電話の場合:03-6385-0962(通話料有料)
受付時間:9時~18時まで
但し、ビッグローブ光電話を解約してしまうと利用していた電話番号は利用できなくなります。

ビッグローブ光電話で利用していた電話番号を継続利用したい方は以下で解説する方法をご覧ください。

「NTT一般加入電話」で電話番号を継続利用する

ビッグローブ光電話で利用していた電話番号を「NTT一般加入電話」でも継続利用する場合には「アナログ戻し」という手続きが必要となります。

アナログ戻しの注意点
ビッグローブ光電話で利用していた電話番号をNTT一般加入電話で継続利用するための「アナログ戻し」ですがアナログ戻しが出来る場合アナログ戻しが出来ない場合があります。

アナログ戻しが出来る場合
NTT一般加入電話で利用していた電話番号をビッグローブ光電話へ「番号ポータビリティ」で引き継ぎした方は、ビッグローブ光電話解約後にNTT一般加入電話へアナログ戻しが可能です。

アナログ戻しが出来ない場合
ビッグローブ光や他社光コラボで発番された電話番号はNTT一般加入電話で利用できません。
ビッグローブ光電話の解約と同時に利用していた電話番号は消滅します。

アナログ戻しの手順

  1. まずはNTTへアナログ戻しの連絡する
    NTT西日本の場合:0800-2000116
    NTT東日本の場合:0120-116-000
  2. アナログ戻しが実施される
    手数料としてNTTから2,200円が請求されます。
    その他工事費が発生する場合があります。
  3. アナログ戻し完了後はビッグローブ光電話は自動解約される

ビッグローブ光を解約して他社の光電話で継続利用する場合

ビッグローブ光を「事業者変更」で他社光コラボやフレッツ光へインターネット契約を乗り換える場合は、「NTT光電話相当サービス」を利用すればビッグローブ光電話で利用していた電話番号をを継続利用することが基本的には可能です。

光電話相当サービスとは
光電話相当サービスとは、フレッツ光の回線を利用している光コラボで提供している「NTTフレッツ光の光電話」と同等の光電話サービスのことです。

光電話相当サービスとは、他社光コラボによってサービス名称が異なっています。
光電話相当サービスの場合の月額基本料は550円です。

ワンポイントアドバイス
ビッグローブ光から他社光コラボへ事業者変更する際に、他社光コラボで申し込む際に「ビッグローブ光電話で利用していた電話番号を継続利用したい」旨を伝えるとスムーズです。

但し、他社光コラボやフレッツ光以外のインターネット回線へ契約を乗り換える場合は、ビッグローブ光電話で発番された電話番号は継続利用できません。

まとめ

この記事ではビッグローブ光のインターネット契約に付加できる固定電話のオプションサービス「ビッグローブ光電話」についてまとめて解説しました。

ビッグローブ光電話加入前に知っておくべき基礎知識は以下です。

  1. ビッグローブ光のネット契約に付加できるサービス
  2. 光回線を利用する固定電話サービス
  3. 電話番号と電話機は継続利用ができる
  4. auスマートバリューの適用条件

基礎知識の詳細はこちら

また、ビッグローブ光電話へ加入する際の主な初期費用(工事費)は以下です。

基本工事費
  • ネット+光電話
    同時申込の場合
    0円
  • 光電話を追加で
    申し込みする場合
    1,100円もしくは4,950円
機器工事費
  • 設置費
    1,650円
  • 設定費
    1,100円
同番移行工事費
(番号ポータビリティ)
  • 同番移行工事費
    2,200円
  • 利用休止工事費
    2,200円

初期費用(工事費)の詳細はこちら

ビッグローブ光電話には「基本プラン」と「A(エース)プラン」があり、各プランによって月額基本料やサービス内容に違いがあります。

プラン基本プランビッグローブ光電話
A(エース)
月額基本料550円1,650円
無料通話528円分の
無料通話付
付加機能以下6つの付加機能付

  1. 発信者番号表示
  2. 通話中着信通知
  3. 自動転送
  4. ナンバー・リクエスト
  5. 迷惑電話ブロック
  6. 着信お知らせメール

月額基本料と通話料の詳細はこちら

ABOUT US

長井
トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。