ドコモ光の「10ギガ」プランが新登場!提供エリアや月額料金、対応プロバイダをまとめてみた。




ドコモ光は2020年3月23日から最大通信速度が10ギガ(10Gbps)のプランを受付開始します。それまではドコモ光を契約した場合の最大通信速度は1ギガ(1Gbps)でしたが、10ギガプランを契約する事で最大通信速度が今までの10倍の速さになるので魅力的です。

管理人
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、2020年3月23日に受付を開始するドコモ光の速度が速いプラン「10ギガ」の契約可能な提供エリアや毎月支払う月額料金、10ギガプランに対応しているプロバイダ、契約できる建物などをまとめてご紹介してみたいと思います。

ドコモ光の10ギガを契約可能なエリアと建物タイプについて

ドコモ光の通常プランの最大通信速度1ギガ(1Gbps)と比較すると速度が10倍速い10ギガ(10Gbps)なので「契約したい!」と思った人も多いと思います。

しかし、ドコモ光の10ギガを契約可能な「エリア」と「建物」はかなり限定されています。

そこでまずは、ドコモ光の10ギガをサービス提供して契約可能なエリア(地域)と契約可能な建物をご紹介します。

10ギガの提供エリアは狭い

ドコモ光の通常プラン(最大通信速度1Gbps)の提供エリアは全国的で基本的にどの地域でも契約可能です。しかし、2020年3月23日から受付を開始する速度が速いドコモ光の「10ギガ」(最大通信速度10Gbps)の提供エリアは以下のように狭いです。

エリアドコモ光10ギガ
提供エリア
NTT東日本大田区、世田谷区、杉並区、練馬区、
板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区の一部
NTT西日本大阪府大阪市
愛知県名古屋市

出典:ドコモ光 10ギガ

上記表のように、ドコモ光の10ギガの提供エリアは狭く契約可能な地域が限定されています。

NTT東日本エリアの場合は東京都の8区の一部地域のみ、NTT西日本エリアの場合は大阪市と名古屋市のみとなっています。その為、東京都と大阪市、そして名古屋市以外の人は今のところドコモ光の10ギガプランを契約出来ない訳です。

10ギガは戸建限定でマンションは契約不可

上記でご紹介したドコモ光の10ギガプランに契約可能な提供エリアにお住まいの人は「契約してみよう」と考えたかもしれません。

しかし、ドコモ光の10ギガプランは契約可能な建物も限定されています。

ドコモ光10ギガ
契約プラン
(建物)
契約の有無
戸建契約可能
マンション契約不可
上記表のように、ドコモ光の10ギガプランを契約可能なプランは「戸建のみ」です。

一戸建て以外のマンションなど集合住宅にお住まいの人は、ドコモ光の10ギガを契約出来ないという訳です。

このように、ドコモ光の10ギガを契約可能な提供エリアにお住まいであっても「マンションタイプ」でこれから契約する人、もしくは契約中の人は10ギガプランが契約出来ないのです。

ドコモ光の10ギガに対応しているプロバイダと月額料金

ドコモ光を契約する際にはインターネットに接続する業者「プロバイダ」を選択する必要があります。ドコモ光の通常プラン(最大通信速度1Gbps)だと24社のプロバイダから1社を選択可能ですが10ギガプラン(最大通信速度10Gbps)だと対応しているプロバイダは7社です。

また、ドコモ光の10ギガプランで利用するプロバイダによってドコモ光の月額料金にも違いがあります。

そこでここからは、ドコモ光の10ギガプランに対応しているプロバイダをご紹介すると共に、ドコモ光の10ギガプランの月額料金も詳しく解説してみたいと思います。

10ギガに対応しているプロバイダについて

ドコモ光に対応しているプロバイダは24社ありますが、すべての24社のプロバイダが10ギガプランに対応している訳ではありません。

ドコモ光の10ギガプランに対応しているプロバイダは以下の7社です。

10ギガに対応している
プロバイダ
タイプA
  • ドコモネット
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • アンドライン
  • hi-ho
タイプB
  • エキサイト
  • アサヒネット

上記表のように、ドコモ光に対応しているプロバイダは「タイプA」と「タイプB」の2つに分けられています。

ドコモ光の10ギガプランに対応しているプロバイダは「タイプA」は5社、「タイプB」は2社の合計7社のみです。それ以外のプロバイダは10ギガプランで利用できません。

ドコモ光10ギガプランの月額料金

ドコモ光で利用する2つに分けられたプロバイダ「タイプA」と「タイプB」によって月額料金に違いがあります。

※以下の金額はすべて「税抜」です。また、以下の金額は「プロバイダ料金込み」です。

10ギガ対応
プロバイダ
月額料金
タイプA
  • ドコモネット
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • アンドライン
  • hi-ho
2年定期契約 6,300円
(定期契約なし:7,800円)
タイプB
  • エキサイト
  • アサヒネット
2年定期契約 6,500円
(定期契約なし:8,000円)

出典:ドコモ光 10ギガ

ドコモ光の10ギガを契約する際に「タイプA」に属しているプロバイダを利用すると2年契約で月額6,300円「タイプB」に属しているプロバイダを利用すると2年契約で月額6,500円です。「タイプB」のプロバイダを利用するよりも「タイプA」のプロバイダを利用した方が毎月200円安い計算です。

また、契約期間がない「定期契約なし」で契約するよりも、契約期間が2年間で携帯電話やスマホ同様に自動更新される「2年定期契約」でドコモ光の10ギガを契約した方が月額料金が安いこともご理解いただけると思います。

「10ギガ」と「1ギガ」の月額料金比較

上記ではドコモ光の最大通信速度10Gpbsの「10ギガ」を契約した場合の月額料金をご紹介しましたが、念のためドコモ光の通常プランである最大通信速度1Gpbsで契約した場合の月額料金と比較してみたいと思います。

10ギガ
月額料金
1ギガ
月額料金
タイプA2年定期契約
6,300円
2年定期契約
5,200円
タイプB2年定期契約
6,500円
2年定期契約
5,400円

出典:ドコモ光 10ギガ料金プラン(ドコモ光 1ギガ)

「タイプA」に属するプロバイダを利用して「10ギガ」を契約すると月額6,300円、「1ギガ」を契約すると月額5,200円です。1ギガよりも10ギガの方が毎月900円、年間で10,800円高い計算です。「タイプB」のプロバイダを利用する場合も同様に、1ギガよりも10ギガの方が毎月900円高いですね。

ドコモ光「10ギガ」の考えられる3つのデメリット

上記では、ドコモ光の10ギガプランの契約可能なエリアや建物、対応プロバイダ、月額料金についてご紹介しました。ドコモ光の10ギガプランは通常プランの最大通信速度1Gbpsと比較すると10倍の速さ(10Gpbs)なので魅力的でメリットばかりに感じますがデメリットはないのでしょうか?

そこで最後に、ドコモ光の10ギガを契約する前に最低限知っておくべきデメリットを3つご紹介したいと思います。

ドコモ光10ギガの3つのデメリット

  1. 通常プランよりも月額料金が高い
  2. 10Gbps対応のルーターやケーブルが必要
  3. 光電話が契約できない

デメリット① 通常プランよりも月額料金が高い

まず、ドコモ光の10ギガのデメリットとして考えられるのが月額料金の高さです。上記でもご紹介しましたが、ドコモ光の通常プラン(最大通信速度1Gbps)よりも10ギガプラン(最大通信速度10Gbps)は月額料金が毎月900円高いです。

「タイプA」のプロバイダを利用してドコモ光を契約すると…

10ギガ
月額料金
1ギガ
月額料金
24ヶ月間の
支払い総額
総額
151,200円
(月額6,300円×24ヶ月)
総額
124,800円
(月額5,200円×24ヶ月)

2年定期契約(2年契約自動更新)だと「1ギガプラン」は月額5,200円ですが「10ギガプラン」は月額6,300円です。2年契約(24ヶ月間)の支払い総額は10ギガプランの方が21,600円高い計算です。(900円×24ヶ月=21,600円)

管理人
最大通信速度1Gpbsの通常プランでも普通にインターネットを楽しむのに十分の速度ですので、「どうしても速度が速くないと無理な人」「月額料金の支払い総額を気にしない人」以外は通常プランで十分かと思います。

デメリット② 10Gbps対応のルーターやケーブルが必要

ドコモ光の10ギガプランを契約してインターネットに接続する場合、10Gpbsの速度に対応できる「ルーター」や「LANケーブル」を用意する必要があります。

10ギガの速度を利用可能な
対応ルーターとケーブルが必要
10Gbps対応ルーターやケーブルを利用しないと、せっかくドコモ光の10ギガプランを契約しても最大通信速度10Gbpsの恩恵を受ける事が出来ません。

特に自宅でWi-Fiを利用する場合は、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)が利用可能な「10Gbps対応ルーター」を購入するなどして用意しなければ、速度が速い最大通信速度10Gbpsを最大限利用する事が出来ません。

10Gbps対応ルーターの購入はこちら(amazon)

月額500円で10Gbps対応ルーターをレンタル可能

ドコモ光の10ギガを契約後に契約者自身で「10Gbps対応ルーター」を購入するなどして準備する事も可能ですが、よく解らない人は「10Gbps対応ルーター」を月額500円でレンタルする事も可能です。

10Gbps対応ルーター
月額レンタル料金
月額500円(税抜)

出典:ドコモ光 10ギガ

「10Gbps対応ルーター」をレンタルする場合は、ドコモ光10ギガプランの月額料金に加えて月額500円のレンタル料が必要になるのもデメリットの1つでしょう。

ドコモ光
10ギガ タイプA
月額料金
月額6,300円
10Gbps対応ルーター
レンタル料金
月額500円
月額
支払い総額
月額6,800円(税抜)
管理人
「10Gbps対応ルーター」をレンタルする場合には、ドコモ光の月額支払い総額は上記のように月額6,800円にもなってしまいますね。

デメリット③ 光電話が契約できない

ドコモ光の10ギガプランで最後にご紹介するデメリットは「光電話が契約不可」という点です。ドコモ光をはじめ「光回線」を利用したインターネット接続サービスを契約する人で、自宅の固定電話を「光電話」にしている人も結構います。

光電話はNTT一般加入電話の固定電話に比べて、月額料金や通話料が安いのが魅力です。
【関連記事】ドコモ光の「光電話」の電話料金や電話回線、工事費、ルーターなどの基礎知識

しかし、残念ながらドコモ光10ギガでは「光電話」に未対応なので契約する事ができないのもデメリットの1つです。

ドコモ光 10ギガのまとめ

この記事では、ドコモ光が2020年3月23日から受付を開始する最大通信速度10Gpbsの「10ギガプラン」についてまとめてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。

ドコモ光の通常プラン(1ギガ)に比べて10ギガプランは最大通信速度が10倍の10Gbpsなので速度が魅力的ですが、契約可能な提供エリアが大変狭い点と戸建タイプ限定でマンションタイプでは契約できない点がまず注意すべきところです。また、ドコモ光の10ギガに対応しているプロバイダはまだ7社しかありませんし、月額料金も1ギガに比べて10ギガは月額900円高いのも契約前に注意すべき点でしょう。

ドコモ光の10ギガのデメリットとしては、月額料金が1ギガより900円高い以外にも10Gbpsに対応したルーターを購入もしくは月額500円でレンタルしなければいけない点、そして光電話を契約できない点がデメリットと言えます。

ドコモ光新規契約で
最大20,000円キャッシュバック!
▼今なら開通工事費無料!▼
キャンペーンサイトはこちら

スポンサーリンク