ドコモ光のプロバイダをDTIにすると損をする!?

ドコモ光 DTIだと損!?




ドコモ光に対応したプロバイダにDTI(ディーティーアイ)があります。ドコモ光を新規契約やフレッツ光から転用する際、プロバイダを選択しなければなりませんが、その中に「DTI」というあまり聞きなれないプロバイダ名を目にした人もいるはずです。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、DTIというプロバイダを提供する会社の事や、ドコモ光のプロバイダであるDTIを選択するとお得なのか損なのか。そして、DTIが提供しているDTI光とドコモ光の違いなどをご紹介したいと思います。

ドコモ光新規契約・転用・事業者変更で
もれなく15,000円キャッシュバック中
▼只今、開通工事費が無料▼
キャンペーン詳細はこちら
オプション加入不要で特典ゲット

ドコモ光の対応プロバイダ「DTI」とは

ドコモ光に対応したプロバイダは24社ありますが「DTI」というプロバイダあります。しかし、DTIというプロバイダを知らない人もいるかもしれませんね。

そこでまずは「DTI」というプロバイダを知らない人の為に簡単にご紹介したいと思います。

ドコモ光対応プロバイダ24社の1社

ドコモ光は「光回線」と「プロバイダ」のセット契約です。

光回線とプロバイダのセット契約

ドコモ光は「光回線」を利用してインターネットに接続します。「プロバイダ」はインターネット接続業者の事で、プロバイダ契約しなければインターネットに接続する事が出来ません。

ドコモ光ではインターネットに接続する為に必要な契約(「光回線」の契約と「プロバイダ」の契約)をセット契約します。
ドコモ光でセット契約可能なプロバイダは24社

2020年7月現在、ドコモ光に対応したプロバイダは24社あります。

セット契約可能プロバイダ
ドコモネット、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、タイガースネット、ビッグローブ、アンドライン、シナプス、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikTik、hi-ho、ネクス、コアラ、OCN、@TCOM、TNC、アサヒネット、WAKWAK、ちゃんぷるネット
上記のようにドコモ光とセット契約可能はプロバイダは24社ありますが、その24社の中に今回ご紹介する「DTI」というプロバイダが含まれています。

プロバイダ「DTI」の運営会社について

DTIとは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットの社名の略(Dream Train Internet)です。もともとは、三菱電機や東京電力の子会社でしたが現在はフリービットの子会社です。

用:http://dream.jp/
商号株)ドリーム・トレイン・インターネット
略称:DTI
設立1995年10月26日
株主フリービット株式会社(100%)
事業者区分届出電気通信事業者
事業内容電気通信事業法に基づく電気通信事業
その他通信に関する事業

出典:会社概要

DTIはドコモ光に対応したプロバイダですが、その他にもフレッツ光やauひかり、WiMAX、DTIが独自で提供しているDTI光など、様々なインターネット接続サービスのプロバイダを提供している会社です。

監修者長井
インターネットのサービスにあまり詳しくない人は「DTI」というプロバイダを聞いたことがないと思いますが、インターネット接続事業者としては10年以上になる信頼できるプロバイダの1つなのです。

ドコモ光「タイプA」に属するプロバイダ「DTI」

上記でご紹介したように、ドコモ光とセット契約が可能なプロバイダは24社ありますが、「タイプA」と「タイプB」の2つのカテゴリに分類されています。

そこでここからは、「タイプA」と「タイプB」に分かれているドコモ光のプロバイダについて、そしてDTIはどちらに属しているのか、月額料金の違いをご紹介します。

プロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分けられる

ドコモ光のプロバイダはセット契約可能な24社から1社を選択しますが、プロバイダ24社は「タイプA」と「タイプB」の2つに分けられます。

「タイプA」は18社、「タイプB」は6社

ドコモ光の「タイプA」には18社のプロバイダが、「タイプB」には6社のプロバイダがそれぞれ属しています。

タイプA(18社)
ドコモネット、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、タイガースネット、ビッグローブ、アンドライン、シナプス、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikTik、hi-ho、ネクス、コアラ
タイプB(6社)
OCN、@TCOM、TNC、アサヒネット、WAKWAK、ちゃんぷるネット

今回ご紹介しているプロバイダ「DTI」「プランA」に属しているプロバイダです。
出典:プロバイダ一覧

DTIが属する「タイプA」は「プランB」より安い

ドコモ光のプロバイダがなぜ「タイプA」と「タイプB」に分けられているのか疑問ですよね。

実はドコモ光で利用するプロバイダが「タイプA」と「タイプB」とでは、ドコモ光の月額料金が以下のように違います。

※以下の金額は税抜です。
※2年定期契約で契約した場合の月額料金です。

タイプAタイプB
戸建住宅5,200円
(プロバイダ料込)
5,400円
(プロバイダ料込)
集合住宅4,000円
(プロバイダ料込)
4,200円
(プロバイダ料込)

出典:料金プラン

上記の月額料金の表をご覧頂ければお解りになると思いますが、ドコモ光で「タイプA」に属するプロバイダを利用した方が「タイプB」よりも月額200円(年間2,400円)も安いのです。

質問者
「タイプA」と「タイプB」で月額料金が違うのね。
今回ご紹介しているドコモ光のプロバイダ「DTI」「タイプA」に属しています。

「プランA」の方が「プランB」に比べてドコモ光の月額料金が安いため、特にプロバイダにこだわりがない限りドコモ光を契約するほとんどの人が「プランA」に属するプロバイダを利用します。

監修者長井
「DTI」は「タイプA」に属しているので「タイプB」のプロバイダを利用するよりもドコモ光の月額料金が200円安いです。

ドコモ光のプロバイダをDTIにすると損?

上記でもご紹介したようにドコモ光の月額料金は「プランA」よりも「プランB」の方が安いので、9割以上の人が「プランA」に対応しているプロバイダを選択しています。「プランA」に属するプロバイダは「DTI」も含めると18社ありますが、どこのプロバイダにすれば良いのか初心者の人には大きな悩みの一つです。

そんな人はプロバイダが独自で実施するキャンペーンを比較する事でお得にドコモ光に加入できるかを判断することが出来ます。

プロバイダ公式キャンペーンサイトがお得

ドコモ光のプロバイダは公式サイトでドコモ光の契約も受け付けるキャンペーンサイトがあります。プロバイダが独自で申込ページを用意してドコモ光の契約を受け付けているのです。

プロバイダ「DTI」も公式サイトでドコモ光の契約申込を受け付けています。
ドコモ光の申込を受け付けるDTIの公式サイト

上記の画像は、プロバイダ「DTI」の公式サイトにあるドコモ光の契約申込ができるシークレットページです。このシークレットページからドコモ光を契約するとDTIより15,000円もキャッシュバックしてくれるプロバイダ独自の特典が受けられます。

ドコモ光
契約形態
DTIシークレット
ページ限定
新規契約15,000円
キャッシュバック
フレッツ光からの
転用手続き
15,000円
キャッシュバック
他社光コラボからの
事象者変更
15,000円
キャッシュバック

まだ自宅でインターネット回線が未契約の方はドコモ光を「新規契約」します。既にフレッツ光を契約中の人は「転用」という手続きでドコモ光へ契約を乗り換えられます。また、ドコモ光以外の光コラボを契約中の人は「事業者変更」という手続きでドコモ光へ契約乗り換えができます。

今回ご紹介しているプロバイダ「DTI」の公式シークレットページからドコモ光の「新規契約」「転用」「事業者変更」をすると有料オプション加入不要最短2ヶ月後15,000円キャッシュバックしてくれます。

\ドコモ光契約で15,000円還元中/
プロバイダDTI
キャンペーンページ

キャッシュバックでお得に契約!

「DTI」と「GMOとくとくBB」のキャンペーン比較

DTIと同じくドコモ光の「プランA」に対応しているプロバイダに「GMOとくとくBB」というプロバイダもあります。

そこでここからは同じ「タイプA」に属するプロバイダ「GMOとくとくBB」と「DTI」のプロバイダ公式キャンペーンページでドコモ光を契約した際の特典を比較していみました。

※以下の料金は税抜です。

プロバイダDTIとくとくBB
ドコモ光
月額料金
(タイプA)
  • 戸建住宅
    月額5,200円
  • 集合住宅
    月額4,000円
  • 戸建住宅
    月額5,200円
  • 集合住宅
    月額4,000円
NTT docomo
公式特典
dポイント
2000pt
プレゼント
dポイント
2000pt
プレゼント
プロバイダ
独自特典
ドコモ光
契約のみで
15,000円
キャッシュバック
ドコモ光
契約のみで
5,500円
キャッシュバック

「DTI」も「GMOとくとくBB」もドコモ光の「タイプA」に属するプロバイダなので月額料金はまったく同じです。また、NTT docomoが契約者に対して実施している公式特典もまったく同じです。

ここからが重要です!

上記でご紹介したようにプロバイダ「DTI」の公式シークレットページからドコモ光を契約すると15,000円がDTIよりキャッシュバックされます。しかし、「GMOとくとくBB」のプロバイダ公式サイトで【ドコモ光だけ】を契約しても5,500円しかキャッシュバックされません。

監修者長井
ドコモ光のプロバイダに悩んだら「プランA」でプロバイダ独自で実施するキャンペーンで比較すれば、お得に加入できるか判断できます!

「ドコモ光」とDTIが提供する「DTI光」の違いを比較

ドコモ光のプロバイダに対応している「DTI」ですが、「DTI」を運営する株式会社ドリーム・トレイン・インターネットは「DTI光」というインターネット接続サービスを自社で提供もしています。

そこでここからは、「ドコモ光を契約してプロバイダDIT」を利用するのと「DTI光」を利用する場合、何に違いがあるのか、どちらと契約した方がいいのかをご紹介します。

「ドコモ光」も「DTI光」も同じ光回線

ドコモ光をプロバイダ「DTI」で契約するのと「DTI光」を契約するとでは、どこが違うのでしょうか?解りやすく図でご紹介します。

「ドコモ光」も「DTI光」も光コラボレーション(略して、光コラボ)と呼ばれるサービスです。「光コラボ」サービスは自社で光回線を所有しておらず、NTT東日本・NTT西日本の光回線を借りて提供しています。
ドコモ光とDTI光は同じ光回線を利用

ドコモ光はNTT docomoが、DTI光はドリーム・トレイン・インターネット社がNTT東日本・NTT西日本から光回線を借り入れてサービスを提供しています。その為、ドコモ光もDTI光も同じ光回線を利用しています。

また、ドコモ光でプロバイダ「DTI」を利用すると当然ながらプロバイダは「DTI」になります。DTI光を契約するとプロバイダは「DTI」になります。要はドコモ光でプロバイダ「DTI」で契約した場合DTI光を契約した場合同じプロバイダという訳です。

監修者長井
ということは、「ドコモ光(プロバイダはDTI)」と「DTI光」は、同じ光回線・同じプロバイダなのでまったく同じ品質で提供されている訳なんです!

ドコモ光とDTI光はどちらと契約すべきか

「ドコモ光(プロバイダはDTI)」と「DTI光」は利用する光回線もプロバイダも同じです。では、どちらと契約すべきなのか解らない人が多い事だと思います。

結論から先にお伝えすると、
携帯電話・スマホ契約がNTT docomoならドコモ光がおすすめです。
一方、携帯電話・スマホ契約がauならDTI光がおすすめです。

「NTT docomo」ならドコモ光がおすすめ

NTT docomoの携帯・スマホを契約しているのであれば、DTI光よりドコモ光がおすすめです。

NTT docomoで携帯電話やスマホを契約中なら「ドコモ光」と契約すると毎月NTT docomoの携帯代・スマホ代が割引「ドコモ光セット割」という割引が適用されます。
ドコモ光セット割が適用可能

NTT docomoの携帯電話やスマホを契約しているドコモユーザーが「ドコモ光」も契約することで「ドコモ光セット割」という割引が適用されます。「ドコモ光セット割」が適用されるとNTT docomoの携帯代・スマホ代が毎月割引されます。

以下のように、ドコモ光セット割の毎月の割引額は、NTT docomoで契約する携帯・スマホプランによって違いがあります。
NTT docomo
契約プラン
ドコモ光セット割
毎月の割引額
5Gギガホ1,000円割引
ギガホ1,000円割引
5Gギガライト
/ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,000円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,000円割引
  • ステップ2:~3GB
    500円割引
  • ステップ1:~1GB
    割引なし
パケットパックドコモ光セット割
毎月の割引額
ウルトラ
シェアパック100
3,500円割引
ウルトラ
シェアパック50
2,900円割引
ウルトラ
シェアパック30
2,500円割引
ベーシック
シェアパック
  • ステップ4:~30GB
    1,800円割引
  • ステップ3:~15GB
    1,800円割引
  • ステップ2:~10GB
    1,200円割引
  • ステップ1:~5GB
    800円割引
ウルトラデータ
LLパック
1,600円割引
ウルトラデータ
Lパック
1,400円割引
ベーシック
パック
  • ステップ4:~20GB
    800円割引
  • ステップ3:~5GB
    800円割引
  • ステップ2:~3GB
    200円割引
  • ステップ1:~1GB
    100円割引

出典:ドコモ光セット割

質問者
ドコモ光は「ドコモ光セット割」って割引があるからお得なんですね。
監修者長井
そうなんです。ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、毎月の携帯代・スマホ代が割引なる「ドコモ光セット割」が適用できるので、NTT docomo契約者ならDTI光よりドコモ光の契約をおすすめします。

\DTI with ドコモ光/
詳細はこちら
ドコモ光契約でキャッシュバック中

「au」ならDTI光がおすすめ

auの携帯・スマホを契約しているのであれば、ドコモ光よりDTI光がおすすめです。

auの携帯電話やスマホを契約している人は「DTI光」を契約すると毎月のDTI光の料金が割引になる「auセット割」が適用可能です。
DTI光はauセット割が適用可能

auの携帯電話・スマホを契約しているauユーザーが「DTI光」を契約すると「auセット割」という割引が適用可能です。「auセット割」は毎月のDTI光の月額料金から割引されます。

「auセット割」の割引額は「毎月1,200円割引」と「毎月500円割引」があります。au携帯・スマホの契約プランによって割引額に違いがあります。
毎月1,200円割引
auで以下のプランを契約中ならDTI光を契約すると「auセット割」の割引額は1,200円です。

  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)
    +データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)
    +データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)
    +データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)
    +データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
  • LTEフラット for Tab/Tab(L)
  • LTEフラット for Tab(i)
  • LTEフラット for DATA(m)
  • LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)
    +データ定額 5G(VK)/8G(VK)/10G(VK)/13G(VK)
  • スーパーカケホ(ケータイ)
    +データ定額 5G(ケータイ/V)

毎月500円割引
auで以下のプランを契約中ならDTI光を契約すると「auセット割」の割引額は500円です。

  • データMAX 5G
  • データMAX 5G ALL STARパック
  • データMAX 5G Netflixパック
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン7プラスN
  • auデータMAXプラン
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • LTEフラットcp(1GB)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)
    +データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)
    +データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック(V)、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)
  • シンプル+auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)
    +データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)、auピタットプランN(s)、auフラットプラン20N、auフラットプラン25 NetflixパックN
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)
    +データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)、auフラットプラン25 Netflixパック、auフラットプラン5(学割専用)、auピタットプラン(s)
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • タブレットプラン20
  • カケホ(電話カケ放題プラン/VK)
    +データ定額 2G(VK)/3G(VK)
  • カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付)
  • スーパーカケホ(ケータイ/V)
    +データ定額1G(ケータイ/V)、3G(ケータイ/V)

出典:DTI 光×auセット割

監修者長井
このようにauユーザーがDTI光を契約すると、DTI光が毎月最大1,200円割引なる「auセット割」が適用できるので、au契約者ならドコモ光よりDTI光の契約をおすすめします。

\DTI光/
詳細はこちら
auユーザーならドコモ光よりおすすめ

まとめ

この記事ではドコモ光の対応プロバイダであるDTIの紹介や同じタイプAのプロバイダGMOとくとくBBとのキャンペーン比較、そしてDTI自身で提供しているインターネット接続サービスDTI光とドコモ光を比較してみましたがいかがだったでしょうか?

ドコモ光のプロバイダに迷ったらプロバイダが独自で実施するキャンペーンを比較することでお得に申し込む事ができます。また、ドコモ光のプロバイダをDTIにしようと考えているのであれば、ドコモ光と同じ光回線を利用したDTI光も検討することをおすすめします。

ドコモ光 プロバイダ「ニフティ」

ドコモ光のプロバイダ「ニフティ」は遅い?速度やIPv6(v6プラス)の評判などをまとめてみた。

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。