ドコモ光へ乗り換え手順方法はこちら!契約乗り換えの手続きでお得にキャッシュバックを貰う方法!

現在契約中のインターネット接続サービスからドコモ光へ乗り換えを検討している人は、乗り換えの手順方法が気になる点だと思います。また、ドコモ光へお得に乗り換えられる契約手続き方法も知りたいところですよね。

そこで今回は、契約中のインターネット接続サービスからドコモ光へ乗り換える手順方法、そして乗り換えの手続きをお得にできる申し込みキャンペーンサイトをご紹介したいと思います。

ドコモ光へ契約乗り換えをお得に出来る申し込み方法

ドコモ光へ契約乗り換えを検討しているという事は、現在ドコモ光以外のインターネット接続サービスを契約しているのだと思います。「契約中のサービスに不満がある」「携帯やスマホをNTT docomoで契約している」などの理由でドコモ光へ乗り換えを考えているのだと思います。

そこでまずは、ドコモ光へ乗り換えを検討している人向けに、お得に乗り換え申し込みができるキャンペーンサイトをご紹介したいと思います。

店舗での乗り換え手続きはお得でない

せっかくドコモ光へ乗り換えるから「お得に契約したい」と多くの人が思っているはずです。ドコモ光への契約乗り換え手続きは、ドコモショップや家電量販店などの店舗で手続きする人がほとんどだと思います。

しかし、ドコモ光へ乗り換える申込手続きは店舗ではお得ではありません。
店舗で乗り換えてもお得じゃないの!?

ドコモショップや家電量販店などの店舗で、ドコモ光への契約乗り換え手続きをしても、手続きをした店舗独自キャッシュバック特典がありません。あったとしても少額のキャッシュバック額です。

「嘘でしょ?」と思った人は、ぜひ一度ドコモショップへ行って「現在の契約からドコモ光へ乗り換えたいけど、こちらの店舗でいくらキャッシュバックしてくれますか?」と尋ねに行ってください。

管理人
他社からドコモ光へ乗り換える手続きは、ショップなどの店舗で手続きをするとキャッシュバックが貰えない事がほどんどなんですね。

乗り換え手続きするならプロバイダ「GMOとくとくBB」

上記でご紹介したように、ドコモ光へ他社のインターネット接続サービスから乗り換え手続きは、店舗などではキャッシュバックがない場合が多くお得に契約申込が出来ません。では、どこで手続きをすればお得なのでしょうか?

ドコモ光で利用できる「GMOとくとくBB」という人気プロバイダがあります。プロバイダ「GMOとくとくBB」のホームページには、ドコモ光の契約申込ができるキャンペーンページがあります。

「GMOとくとくBB」キャンペーンページ

上記画像がドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトです。このキャンペーンサイトでドコモ光への乗り換え申し込みをすると、プロバイダ「GMOとくとくBB」限定のキャッシュバックを貰うことが出来ます。

また、プロバイダ「GMOとくとくBB」限定でWi-Fiルーターを無料レンタルできたり、訪問サポートが初回無料で利用できたり、セキュリティソフトが1年間無料で利用できるなど、お得にドコモ光へ乗り換えが可能です。

ドコモ光への乗り換え申込はこちら
GMOとくとくBB
キャンペーンページ
管理人
ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンページで乗り換え申込手続きをすると、キャッシュバックや様々な限定特典があるのでお得に乗り換えられるんですね。

他社からドコモ光へ契約を乗り換える手順

上記ではドコモ光へお得の乗り換え手続き方法をご紹介しました。しかし、実際にドコモ光へ他社インターネット接続サービスから乗り換える手続きや手順が解らないと不安ですよね。

実は、現在あなたが契約中の他社サービスによって、ドコモ光の乗り換え手順に違いがあります。

そこでここからは、他社インターネット接続サービスに分けてドコモ光への乗り換え手順について、簡単に解りやすくご紹介したいと思います。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える人向けの手順からご紹介します。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順

現在、フレッツ光を契約中ドコモ光へ乗り換えを検討している人の場合、比較的簡単に契約を乗り換える方法があります。それが「転用(てんよう)」という手続き方法です。

ドコモ光では、フレッツ光で利用している「光回線」を使ってインターネットに接続しているサービスです。その為「転用」という手続きをすれば、契約中のフレッツ光で利用している「光回線」を再利用する事ができますので開通工事不要で乗り換えられます。

1、ドコモ光へ転用手続きをする

まずは、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える為の申し込み手続きを行います。

乗り換え手続きは上記でもご紹介した、ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」で手続きをするとキャッシュバックなどもあるのでお得です。

2、転用承諾番号を取得する

契約中のフレッツ光を提供しているNTT東日本・NTT西日本でドコモ光へ転用する為に必要な「転用承諾番号」という番号を発行してもらいます。

「転用承諾番号」は以下の電話番号から取得可能です。

NTT東日本で
契約中の人
NTT西日本で
契約中の人
電話
番号
0120-140-2020120-553-104
受付
時間
9時~17時9時~17時

「転用承諾番号」を取得するには、契約中のNTTフレッツ光の「お客さまID」が必要です。フレッツ光の「お客さまID」は、「CAF」や「COP」から始まる番号で、フレッツ光を契約時に郵送されてきた「開通のご案内」という書類に記載されていますので確認してください。

3、転用承諾番号を伝える

上記の方法でNTT東日本・NTT西日本からドコモ光へ乗り換えに必要な「転用承諾番号」を取得したら、ドコモ光へ乗り換え申込の手続きをしたところに「転用承諾番号」を伝えます。

今回、ご紹介している手順では、プロバイダの「GMOとくとくBB」へ「転用承諾番号」を伝えます。

4、乗り換え完了

乗り換え申し込みをした先に「転用承諾番号」を伝えると、フレッツ光からドコモ光へ契約を乗り換える「転用」手続きが進みます。

フレッツ光を提供するNTT東日本・NTT西日本が、フレッツ光で利用していた「光回線」をドコモ光で再利用できるような作業をします。この作業は10日~20日後に終了します。

無事に10日~20日後に転用が完了すると、フレッツ光の契約は自動で解約され、ドコモ光へ契約が乗り換えされます。

以上がフレッツ光からドコモ光へ乗り換える簡単な手順のご紹介でした。

フレッツ光からドコモ光へ転用で気になる工事費用や違約金、メリットデメリットなどまとめてみた

光コラボからドコモ光へ乗り換える手順

今度は、光コラボからドコモ光へ乗り換える人向けの手順からご紹介します。

光コラボからドコモ光へ乗り換える手順

「光コラボ」とはNTTの光回線を利用して提供しているインターネット接続サービスの総称です。

大手の光コラボは以下です。
ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、ソネット光、@nifty光、楽天ひかり、ぷらら光など

上記のような「光コラボ」を現在契約中の人は、ドコモ光へ「事業者変更」という手続きで工事不要で乗り換える事が可能です。

ドコモ光も「光コラボ」です。その為、他社「光コラボ」を契約中ならドコモ光と同じ光回線を再利用できます。契約中の光コラボで利用する「光回線」をドコモ光でも再利用して工事不要で乗り換える手続きの事を「事業者変更」と言います。

1、ドコモ光へ事業者変更する手続き

まずは、契約中の光コラボからドコモ光へ乗り換える為の申し込み手続きを行います。

上記でもご紹介したように、他社光コラボからドコモ光へは「事業者変更」という手続きをすれば、工事不要で契約を乗り換える事ができます。

2、事業者変更承諾番号を取得する

現在、契約している光コラボからドコモ光へ事業者変更で乗り換える場合、「事業者変更承諾番号」という番号を取得する必要があります。

「事業者変更承諾番号」は契約中の光コラボへ電話をして発行してもらいます。

事業者変更承諾番号の取得方法は以下の関連記事に詳しく記載しています。

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

3、取得した「事業者変更承諾番号」を伝える

現在契約中の光コラボからドコモ光へ乗り換えに必要な「事業者変更承諾番号」を取得したら、その「事業者変更承諾番号」をドコモ光へ乗り換え申込の手続きをしたところに伝えましょう。

今回の手順では、プロバイダの「GMOとくとくBB」へ「事業者変更承諾番号」を伝えます。

4、ドコモ光へ乗り換えが完了

「事業者変更承諾番号」を受けて、契約中だった光コラボで利用していた「光回線」をドコモ光で再利用する為の作業が行われます。この作業は「事業者変更承諾番号」を伝えてから10日以上かかります。

無事に事業者変更の手続きがすべて完了すると、契約していた光コラボは自動解約されて、ドコモ光へ契約が乗り換えられます。

以上が光コラボからドコモ光へ乗り換える簡単な手順のご紹介でした。

その他のサービスからドコモ光へ乗り換える手順

上記では「フレッツ光」と「光コラボ」を契約中の人がドコモ光へ乗り換える手順をご紹介しましたが、「フレッツ光」と「光コラボ」以外を契約中の場合の乗り換え手順は基本的にすべて同じです。

以下でご紹介するドコモ光の乗り換え手順は、以下の主なサービスを契約中の人が対象です。

  • auひかり
  • NURO光
  • ジェイコム
  • ADSL
    (ヤフーBBなど)
  • ポケットWi-Fi
    (WiMAX、ワイモバイルなど)
  • 電力系インターネット
    (eo光、コミュファ光、ピカラ光、メガエッグ光、ビビック光)

上記の主要インターネット接続サービスからドコモ光へ乗り換える手順は以下です。

1、ドコモ光の新規契約を申し込む

契約中のサービスを解約する前にドコモ光の契約申込をします。

先に契約しているインターネット接続サービスを解約してしまうと、もしドコモ光が契約できないとインターネットに接続出来なくなってしまうからです。契約中のサービスの解約は、ドコモ光が開通してインターネットに接続できる状況になってから解約手続きをする事がポイントです。

2、開通工事が実施される

ドコモ光の新規契約が完了すると、今度は回線を自宅へ引き込む開通工事が実施されます。

上記でご紹介した対象サービス(auひかりやNURO光など)でインターネットに接続する為に利用する回線はドコモ光で再利用できません。その為、開通工事が必ず必要です。

3、初期設定をして開通させる

ドコモ光で利用する回線を引き込む開通工事が終了すると、インターネットに接続する為の自分で初期設定をする必要があります。

ちなみに、ドコモ光へ乗り換える申込をプロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンページで手続きをすると、初期設定を代行してくれる「訪問サポート」が初回無料で利用できます。インターネット回線の初心者の方は「GMOとくとくBB」で乗り換え手続きする事をおすすめします。
訪問サポートの特典詳細こちら

4、解約して乗り換え完了

無事にドコモ光でインターネット接続が可能となったら、今まで契約していたインターネット接続サービスの解約手続きをしましょう。

今まで契約していた契約を解約すれば、ドコモ光への乗り換えが完了です。

ドコモ光へ乗り換えた後に解約手続きをしますが、今まで契約していたサービスの契約内容によっては解約時に違約金(解約金)の支払いが高額となる場合があります。その為、ドコモ光へ乗り換え手続きをする前に、事前に契約中のサービスへ電話をして解約した場合の解約金はいくらになるのかを問い合わせしておきましょう。

まとめ

今回はドコモ光へ乗り換え手順を中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。現在契約中のサービスからドコモ光へ乗り換える申し込み手続きは、ドコモショップや家電量販店などの店舗でも可能ですがキャッシュバックがないのでお得ではありません。ドコモ光のプロバイダでもある「GMOとくとくBB」のキャンペーンページなら、ドコモ光の契約乗り換え申し込みをすると、キャッシュバックがもらえる他、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるなどの特典が満載です。現在、フレッツ光を契約中なら「転用」という手続きをすれば、工事不要でドコモ光へ乗り換えられます。また、光コラボを契約中なら「事業者変更」という手続きで工事不要でドコモ光へ乗り換える事が可能です。しかし、フレッツ光・光コラボ以外を契約しているのであれば、インターネットに接続する回線を再利用できないので、ドコモ光は新規契約・契約中サービスは解約する方法でしか乗り換える事ができません。

スポンサーリンク