ドコモ光の工事費無料について。キャンペーン終了は?いつまで無料なの?【2020年度版】

ドコモ光 工事費について




ドコモ光を新規契約するとドコモ光で利用する「光回線」を自宅へ引き込む開通工事が実施されます。開通工事の工事費は本来契約者が負担するのですが、ドコモ光では不定期に工事費無料のキャンペーンを実施します。工事費無料キャンペーン期間中にドコモ光を新規契約すれば、高額な工事費の支払いが必要なくなるのでお得です。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、本来支払うべき工事費が無料となるキャンペーンに加えて、ドコモ光の工事費全般の内容を解りやすくまとめてご紹介してみたいと思います。

お知らせ
ドコモ光の開通工事費無料キャンペーン2020年9月1日より実施中です。
ドコモ光 最新版!お得なキャンペーン比較

【2020年9月版】ドコモ光契約時キャンペーンの比較方法!ネット契約だけで高額キャッシュバックを貰うには…

ドコモ光の工事費無料の終了はいつまで?延長はある?

ドコモ光の工事費無料キャンペーンにはいつまで実施しているのでしょうか?
このキャンペーンはずっと実施している特典ではなく終了期間があります。

2020年9月1日~終了日未定

今ならドコモ光を申し込んでおけば工事費が無料となります。

監修者長井
ドコモ光の工事費無料特典の終了は未定となっていますが、未定になっている時に限って突然終了する場合が多いので、ぜひ工事費無料の時期のお申し込みがおすすめです。

ドコモ光の工事費無料特典を詳しく解説

ドコモ光を新規契約するとドコモ光で使用する「光回線」を引き込む開通工事が行われます。このドコモ光の新規契約の際に実施される開通工事費は本来契約者が負担しなければなりません。

工事費無料特典
しかし、現在ドコモ光を新規契約した場合、本来支払うべき工事費が無料となる特典があります。その名も「ドコモ光新規工事料無料特典」です。

そこでまずは「ドコモ光新規工事料無料特典」についてご紹介します。

工事費無料となる特典

上記でご紹介したように、ドコモ光を新規契約した場合は高額な工事費の支払いが必要です。しかし、NTT docomoは不定期に工事費無料となるキャンペーンを実施します。

建物タイプ基本工事費
戸建住宅19,800円

無料
集合住宅16,500円

無料

出典:ドコモ光新規工事料無料特典

「ドコモ光新規工事料無料特典」を実施している時にドコモ光を新規契約すると、戸建住宅の基本工事費19,800円が無料集合住宅の基本工事費が無料になり、負担なくドコモ光を契約出来ます。

別途支払いが必要な場合がある

ドコモ光の工事費無料の特典が実施中でも、以下の場合には別途が必要です。

  • 契約事務手数料
  • 土日祝の工事
  • ドコモ光電話の工事

基本工事費は無料となりますがドコモ光契約時に必要は契約事務手数料の3,000円(税抜)の支払いは必要です。また、工事実施日を土日祝で指定する場合は追加工事費の3,000円(税抜)が必要です。

「ドコモ光電話」などのオプション工事費やドコモ光の工事内容(複雑な工事が必要な場合など)によって追加工事費が必要な場合があります。

通常のドコモ光のプランの最大通信速度は1Gpbs(1000Mbps)ですが、最大通信速度が10Gbpsの「ドコモ光 ファミリー・10ギガ」は工事費無料特典の対象外です。
監修者長井
ドコモ光を新規契約するタイミングは工事費無料となる「ドコモ光新規工事料無料特典」を実施している時ですが不定期に「開催」「終了」を繰り返しています。工事費無料の特典期間中だったら、ドコモ光を契約するタイミングかもしれません。

工事費無料の適用条件は新規契約のみ

ドコモ光の工事費が無料となる「ドコモ光新規工事料無料特典」には対象があります。

ドコモ光の工事費が無料となる「ドコモ光新規工事料無料特典」が対象となるのはドコモ光を「新規契約」した場合のみとなります。

以下の場合は工事費無料の対象外です。

工事費無料対象外

  • 転用する場合
  • 事象者変更する場合
  • NTT docomo提携サービスから乗り換える場合
  • ドコモ光契約中で引っ越し先で工事する場合
  • 法人契約の場合

現在、フレッツ光を契約中でドコモ光へ「転用」する場合、他社光コラボを契約中でドコモ光へ「事業者変更」する場合工事費無料特典の適用外です。

また、NTT docomoと提携しているケーブルテレビからドコモ光へ乗り換えの場合やドコモ光を契約中で引っ越し先の工事工事費無料特典の適用外となります。

ドコモ光を「法人契約」する場合も工事費無料の対象外です。

監修者長井
ドコモ光の工事費が無料となるのは「新規契約のみ」で、フレッツ光からの「転用」、他社光コラボからの「事業者変更」、NTT docomoの提携しているサービスからの契約乗り換えなどの工事費無料は対象外です。

ドコモ光の開通工事と工事費の基礎知識

上記でご紹介したように、NTT docomoが「ドコモ光新規工事料無料特典」を実施する期間中にドコモ光を新規契約しても、契約後に行われる開通工事の工事費は負担することなく無料です。

しかし、なぜドコモ光を新規契約した際に開通工事が必要なのか、本来工事費はいくらなのか、工事費は分割できないのか、など解らない点も多いかと思います。

新規契約で開通工事が必要な理由と工事内容

ドコモ光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。
新規契約すると開通工事が必要

ドコモ光を「新規契約する」という事は、ドコモ光で利用する「光回線が引き込まれていない」状態です。その為、ドコモ光を新規契約した際は「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が必要です。

開通工事は遠隔で出来ないのでドコモ光を契約した自宅へ工事業者が訪問します。
NTT東西の委託工事業者が訪問

ドコモ光を提供しているNTT docomoは、同じNTTグループの別会社である「NTT東日本」「NTT西日本」から光回線を借りています。その為、ドコモ光の開通工事は、NTT docomoが実施するのではなくNTT東日本・NTT西日本の委託工事業者が訪問して実施されます。

開通工事は基本的に「屋外工事」と「宅内工事」の2つの工事が実施されます。
「屋外工事」と「宅内工事」

「屋外工事」はドコモ光で利用する光回線を建物と繋げる工事です。また「宅内工事」は光回線を宅内へ引き込み「回線終端装置(モデム)」を設置する工事です。

工事内容はドコモ光を契約する建物の配線状況によって異なります。配線状況によっては屋外工事が不要の場合もありますし、屋外工事も宅内工事も不要の場合もあります。

本来支払う工事費について

上記でご紹介したように、ドコモ光を新規契約すると契約した自宅に工事業者が訪問して「光回線」を宅内へ引き込む開通工事を実施します。「光回線」を引き込む工事以外に自宅内に回線終端装置(モデム)も設置されます。

ドコモ光を新規契約すると開通工事が必要

このように、ドコモ光を新規契約すると工事業者が開通工事を実施し、この開通工事の工事費はドコモ光を契約した契約者が本来は負担します。

建物タイプ基本工事費
戸建住宅19,800円
(税込)
集合住宅16,500円
(税込)

出典:工事料分割払い

ドコモ光を新規契約した際の開通工事費は、戸建住宅の場合は19,800円・集合住宅の場合は16,500円です。この工事費の負担が大きくドコモ光の契約を悩んでいる人もいると思います。

監修者長井
「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中であれば、これらの高額な工事費が無料になります。ドコモ光の新規契約を検討中の人は「ドコモ光新規工事料無料特典」実施中がお得に契約できます。

工事費は分割も可能

NTT docomoが「ドコモ光新規工事料無料特典」を実施していない場合は、ドコモ光を新規契約した際の工事費の支払いは必要です。しかし、工事費は高額で一括で支払うのは大変です。

そこで、ドコモ光の工事費は分割払いする事も可能です。工事費を分割払いする場合は「12回」「24回」「36回」「48回」「60回」から選択可能です。

※以下の工事費は「税込」です。

戸建住宅の場合

ドコモ光を戸建住宅で新規契約した場合の「一括」と「分割」の工事費は以下です。

支払方法工事費
一括払い一括19,800円
12回
分割払い
月々1,650円
24回
分割払い
月々825円
36回
分割払い
月々550円
48回
分割払い
月々412円
60回
分割払い
月々330円

集合住宅の場合

ドコモ光を集合住宅(マンション)で新規契約した場合の「一括」と「分割」の工事費は以下です。

支払方法工事費
一括払い一括16,500円
12回
分割払い
月々1,375円
24回
分割払い
月々687円
36回
分割払い
月々458円
48回
分割払い
月々343円
60回
分割払い
月々275円

出典:工事料分割払い

しかし、何度もご紹介してるように「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中にドコモ光を新規契約すると、上記の工事費の支払いは一切不要です。
監修者長井
ドコモ光の工事費は契約時(初期費用)として一括で支払う余裕がない人は、上記のように分割払いで支払う事も可能です。工事費を分割払いする場合はドコモ光の月額料金と合算されて毎月請求されます。

ドコモ光の工事費無料は分割残債も不要になる

上記でご紹介したように、ドコモ光の工事費は分割払いも必要です。

「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中に契約するとドコモ光の工事費無料となり、途中解約しても工事費の残債の支払いも不要となります。

ちょっと難しいので以下で詳しく解説します。

途中解約した場合は残債の支払いが必要

ドコモ光の工事費は高額なので一括払いする人よりも「分割」を選ぶ人が多いです。

例えば、ドコモ光を「戸建住宅」で新規契約して工事費を「60回」の分割払いにした場合、毎月の工事費の分割払いは以下となります。

※以下の工事費は「税込」です。

支払方法工事費
60回
分割払い
月々330円

出典:工事料分割払い

工事費を60回払いにした場合、月々330円を支払います。

しかし、ドコモ光を24ヶ月目で解約した場合、36回(60回-24ヶ月)の分割払いの支払いが残ります。36回の残債である11,880円(36回×330円)解約時に一括で支払う必要があります。

監修者長井
ドコモ光を解約する際に工事費分割の残債がある場合、解約時に一括払いが必要です。

工事費無料期間の契約は残債の支払い不要

上記のように、ドコモ光の工事費を分割払いしている場合で、解約時に工事費の残債がある場合は解約時に一括で支払う義務があります。

しかし、工事費が無料となる「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中にドコモ光を契約すれば、解約時に工事費残債を支払う必要がありません。

ドコモ光以外にも「工事費無料」というキャンペーンを実施しているインターネット接続サービスはありますがほとんどが「実質無料」なのです。少し解りづらいので「ドコモ光」と「ビッグローブ光」の工事費無料を比較してみましょう。

※以下の工事費は「10%税込」です。
※以下「戸建住宅」の工事費です。

ドコモ光ビッグローブ光
工事費60回払いの場合
月々330円
825円
(40回払い)
特典工事費無料特典
期間中の場合

工事費無料
825円割引
40ヶ月間
工事費実質無料

出典:工事料分割払いキャンペーン情報

ドコモ光の場合は「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中なら工事費無料です。

一方、ビッグローブ光の場合は月々825円を40回払いする契約になりますが、40ヶ月間は月々825円を値引します。(工事費825円×40回)-(特典825円割引×40ヶ月間)となり工事費は無料となる訳です。

しかし、24ヶ月目で解約した場合は以下のようになります。

ドコモ光ビッグローブ光
工事費60回払いの場合
月々330円
825円
(40回払い)
特典工事費無料特典
期間中契約の場合

工事費無料
825円割引
40ヶ月間
工事費実質無料
24ヶ月目
の解約
残債36回分
60回-24ヶ月
残債16回分
40回-24ヶ月
解約時の
残債支払額
工事費無料特典
期間中契約の場合

不要
13,200円
825円×16回

ドコモ光を「ドコモ光新規工事料無料特典」期間中に契約した場合、24ヶ月目に解約しても工事費の残債の支払いは不要です。

しかし、ビッグローブ光の場合、24ヶ月目に解約すると16回(40回分割-24ヶ月)の残債があります。この16回の残債13,200円(825円×16回)の支払いが解約時に必要になってしまいます。

監修者長井
このようにドコモ光の工事費無料は解約時に「解約するなら工事費を支払え!」というものではなく「完全無料」なのです。しかし、「工事費無料」と言いながら「解約するなら工事費の残債を払え!」というインターネット接続サービスもあるのです。

まとめ

この記事ではドコモ光を開通させるための必要な工事費について総合的にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

工事費の支払額は戸建てタイプとマンションタイプで違う事が解りました。また、支払い方法は一括か分割で選択できますね。基本的に一括だと高額になりますので分割払いにする人が多いようです。

現在、新規契約者向けにドコモ光の工事費が無料となるキャンペーンを実施しています。このようなキャンペーン期間中にドコモ光を申し込めば結構負担が多い工事費を無料に出来るようになりますので、今の機会に新規契約の申し込みをする事をおすすめします。

ドコモ光新規契約・転用・事業者変更で
もれなく15,000円キャッシュバック中
▼只今、開通工事費が無料▼
キャンペーン詳細はこちら
オプション加入不要で特典ゲット

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。