ドコモ光とフレッツ光の違いを徹底比較してみた!

ドコモ光フレッツ光違いは何?




インターネット契約を考えている人の中で「ドコモ光」と「フレッツ光」の違いをよく理解していない人もいるようです。ドコモ光とフレッツ光は「光回線」を利用したインターネット接続サービスで共通していますが、それ以外に様々な違いがあります。フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供していますが、ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用した光コラボレーション(略して、光コラボ)というサービスです。しかし、よく解らない点が多すぎますよね。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、ドコモ光とフレッツ光を様々比較しながら共通点や違いをインターネット初心者の方でも解りやすくご紹介してみたいと思います。

\ドコモ光ネット契約のみで15,000円還元中/
シークレットページはこちら
安心のプロバイダDTIの公式サイト

ドコモ光とフレッツ光の共通点とは

ドコモ光とフレッツ光の違いをご紹介する前に共通点をご紹介しましょう。

ネット接続で利用する回線は「光回線」

インターネットに接続する為に利用する回線は様々あります。

ネット接続に利用する回線は様々

例えば「電波」を使ってインターネットに接続するサービスがあります。携帯電話やスマホも電波を利用してインターネットに接続して動画を見たり、SNSをしたりしていますよね。また、「光回線」や「ADSL回線」などの回線を直接宅内へ引き込んでインターネットに接続するサービスもあります。

「光回線」を利用したサービス
ドコモ光とフレッツ光は「光回線」を利用したネット接続サービスが共通点です。

ドコモ光は「光コラボレーション」

ドコモ光は「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と呼ばれるサービスです。

「光コラボ」とは、フレッツ光で利用されているNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を借りて提供されているインターネット接続サービスの事です。
少し解りづらいので下記ではイラストを使って「光コラボ」を説明します。

フレッツ光はNTT東西が自社の光回線を使って提供

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が「自社の光回線」を使ってサービスを提供しています。

ドコモ光はNTT東西の光回線をドコモが借りて提供

一方、ドコモ光はNTTドコモがサービスを提供していますが、インターネットに接続する為の「光回線」は自社では所有しておらず「NTT東日本・NTT西日本の光回線」を借りています。要するにフレッツ光とドコモ光で利用される「光回線」は全く同じという訳です。

このようにNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光で利用されてる「光回線」を借りて提供しているインターネット接続サービスの事を「光コラボ」と呼んでいます。ドコモ光もNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を利用しているので「光コラボ」です。
ドコモ光以外の大手「光コラボ」サービス
ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、ニフティ光、ぷらら光、U-NEXT光など

質問者
ドコモ光で利用する光回線ってフレッツ光の光回線と同じなんですね。
監修者長井
その通りです。ドコモ光はフレッツ光で利用されている「光回線」をNTT東日本とNTT西日本から借り入れて、NTTドコモが提供している「光コラボ」サービスです。その為、ドコモ光とフレッツ光で利用される「光回線」は同じで共通しています。

ドコモ光とフレッツ光の違いを比較

上記ではフレッツ光とドコモ光で利用する「光回線」が共通して同じであることをご紹介しましたが、ここからはドコモ光とフレッツ光の違いについてご紹介したいと思います。

最低限知っておくべきドコモ光とフレッツ光の違いは以下の4つです。

  1. 提供会社の違い
  2. 契約内容の違い
  3. 月額料金の違い
  4. 初期費用の違い

上記の違いについては下記で詳しく解説します。

①ドコモ光とフレッツ光は「提供会社」に違いがある

ドコモ光を提供しているのは「NTTドコモ」です。
一方、フレッツ光を提供しているのは「NTT東日本」と「NTT西日本」です。

違い①
ドコモ光とフレッツ光は提供会社に違いがあります。
もっと言えば、契約先が違うという事です。
提供会社(契約先)に違いがある
ドコモ光フレッツ光
提供会社
(契約先)
NTT docomoNTT東日本
NTT西日本

「NTTドコモ」「NTT東日本」「NTT西日本」の3社は同じNTTです。しかし、NTTグループ会社の関係というだけでこの3社は別会社です。

余談ですが、上記イラストで気づいた人もいるかもしれませんが、同じサービス名のフレッツ光でもNTT東日本とNTT西日本では、フレッツ光のロゴに違いがありますよね。名前は一緒なのにロゴに違いを出しているのは別会社だからなのです。

②ドコモ光とフレッツ光は「契約内容」に違いがある

ドコモ光とフレッツ光の契約内容に違いがあります。

違い②
ドコモ光はプロバイダとのセット契約です。
フレッツ光はプロバイダと別途個別に契約が必要です。
ドコモ光フレッツ光
プロバイダ契約不要
(セット契約)
必要

少しプロバイダ契約について解りづらい点があるかもしれませんので、以下イラストを使ってプロバイダの役割やドコモ光とフレッツ光のプロバイダ契約の違いを説明します。

プロバイダがインターネットに接続している

プロバイダとは「インターネット接続業者」の事です。自宅から光回線で繋がっているプロバイダがあなたの代わりにインターネットに接続してくれています。

ドコモ光は光回線とプロバイダはセット契約

ドコモ光の契約の場合、「光回線」と「プロバイダ」はセット契約です。1つのドコモ光の契約だけで「光回線契約」と「プロバイダ契約」が成立します。

フレッツ光は光回線とプロバイダはそれぞれ契約が必要

一方、フレッツ光の契約の場合、「光回線」はNTT東日本・NTT西日本と契約します。また、プロバイダはフレッツ光で利用したいプロバイダと個別契約します。
フレッツ光の場合は「光回線契約」と「プロバイダ契約」のそれぞれの契約が必要となります。

質問者
ドコモ光は光回線とプロバイダの両方が1度に契約できるってこと?
監修者長井
そうですね。ドコモ光は光回線とプロバイダとのセット契約です。しかし、フレッツ光は光回線はNTT東西と契約し、プロバイダは別途個別に契約しなければなりません。

③ドコモ光とフレッツ光では「月額料金」に違いがある

ドコモ光もフレッツ光のインターネット接続サービスなので月額料金の支払いが毎月必要です。

違い③
ドコモ光とフレッツ光では月額料金に違いがあります。
ドコモ光フレッツ光
月額
料金
ドコモ光の
月額料金のみ
(プロバイダ料込)
光回線利用料
+
プロバイダ料

ドコモ光の場合、月額料金の中にプロバイダ料が含まれていますので、毎月の支払いはドコモ光の月額料金のみとなります。一方、フレッツ光の場合は、光回線契約をしたNTT東日本・NTT西日本へ「光回線利用料」の支払いに加えて、契約したプロバイダへ「プロバイダ料」を支払う必要があります。

ドコモ光の月額料金は単純明快で解りやすいです。
しかし、フレッツ光の月額料金はNTT東日本とNTT西日本で光回線利用料が違いますし、建物によっても光回線利用料に違いがあります。また、フレッツ光で利用するプロバイダによってプロバイダ料に違いがあります。

そこで以下の条件でドコモ光とフレッツ光の月額料金を比較してみます。

  • NTT東日本でフレッツ光を契約
  • 戸建住宅ではフレッツ 光ネクストギガファミリー・スマートタイプで契約
  • 集合住宅ではフレッツ光ネクストギガマンションスマートタイプ(プラン2)で契約
  • プロバイダはOCNを利用したと改定
  • ドコモ光は「1ギガ タイプA」で契約

上記の条件の場合で月額料金を比較した表が以下です。

ドコモ光フレッツ光
月額料金
  • 戸建住宅
    月額5,200円
    プロバイダ料込
  • 集合住宅
    月額4,000円
    プロバイダ料込
  • 戸建住宅
    月額6,100円
    光回線利用料5,000円
    プロバイダ料1,100円
  • 集合住宅
    月額4,150円
    光回線利用料3,250円
    プロバイダ料900円

※上記の月額料金は「税抜」です。
出典:ドコモ光料金プランOCN 光 with フレッツ

質問者
ドコモ光は光回線とプロバイダがセット契約だから、ドコモ光の月額料金にプロバイダ料が含まれているんですね。
監修者長井
そうです。ドコモ光の月額料金はプロバイダ料が含まれているので解りやすいです。しかし、フレッツ光の月額料金は「光回線利用料」と「プロバイダ料」に分かれているので若干解りづらいです。このようにドコモ光とフレッツ光では月額料金に違いがあります。

④初期費用(契約事務手数料と工事費)にも違いがある

ドコモ光もフレッツ光の契約時には「契約事務手数料」の支払いが必要です。また、新規契約の場合はインターネットに接続する為の「光回線」を引き込む工事費の支払いも必要です。

違い④
ドコモ光とフレッツ光では契約時に支払いが必要な「契約事務手数料」と「工事費」初期費用に違いがあります。

※以下の金額はすべて「税抜」です。

ドコモ光フレッツ光
契約事務手数料3,000円880円

出典:ドコモ光料金プランフレッツ 光ネクスト料金

ドコモ光を契約した際に初回のみ支払いが必要な契約事務手数料は3,000円です。一方、フレッツ光の契約時に必要な契約料は880円です。ドコモ光よりフレッツ光の方が契約事務手数料が安いです。

ドコモ光フレッツ光
工事費キャンペーン中で
工事費無料
  • 戸建住宅
    19,800円
  • 集合住宅
    16,500円

出典:新規工事料無料特典フレッツ 光ネクスト料金

ドコモ光もフレッツ光も新規契約した場合、光回線を宅内へ引き込む開通工事が必要で、開通工事費の支払いは契約者が負担します。

ドコモ光の場合、現在キャンペーン中で工事費無料です。一方、フレッツ光の場合は戸建住宅の場合は19,800円、集合住宅の場合は16,500円の工事費の支払いが必要です。

質問者
ドコモ光とフレッツ光では契約時の初期費用に違いがある訳ね。
監修者長井
そうなんです。ドコモ光とフレッツ光の契約時の初期費用には大きな違いがあります。契約事務手数料はフレッツ光の方が安いですが、新規契約時の開通工事費はドコモ光の方が工事費無料特典があります。

ドコモ光の方がフレッツ光よりメリットが多い

ドコモ光とフレッツ光のどちらと契約するか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

私でしたらフレッツ光よりもドコモ光と契約します。
その理由はドコモ光の方が以下のようにメリットが多いように感じるからです。

ドコモ光の3つのメリット

  1. ドコモ光セット割でスマホ代が割引になる
  2. ドコモ光の方が月額料金が安くなる場合がある
  3. ドコモ光なら契約後にキャッシュバックがもらえる

メリット①ドコモ光セット割でスマホ代が割引になる

携帯電話やスマホをNTT docomoで契約中のドコモユーザーならフレッツ光よりドコモ光を強くおすすめします。その理由は「ドコモ光セット割」という割引が適用されるからです。

フレッツ光はセット割がない

ドコモユーザーが「フレッツ光」を契約しても特に割引されません。

ドコモ光セット割で毎月のスマホ代が割引される

しかし、ドコモユーザーが「ドコモ光」を契約すると「ドコモ光セット割」という割引が適用されて、ドコモの携帯電話代・スマホ代が毎月割引になります。

ドコモユーザーがドコモ光を契約する最大のメリットが「ドコモ光セット割」です。

「ドコモ光セット割」の割引額は契約中のNTT docomoの携帯・スマホプランによって違いがあります。詳しい「ドコモ光セット割」の割引額については以下に記載しています。

※以下の割引額は「税抜」です。

「ギガプラン」契約の場合の割引額

NTT docomoの「ギガプラン」を契約中でドコモ光を契約した場合、「ドコモ光セット割」が適用後のスマホ代の毎月割引額は以下です。

NTT docomo
契約プラン
ドコモ光セット割
毎月の割引額
5Gギガホ1,000円割引
ギガホ1,000円割引
5Gギガライト
/ギガライト
  • ステップ4:~7GB
    1,000円割引
  • ステップ3:~5GB
    1,000円割引
  • ステップ2:~3GB
    500円割引
  • ステップ1:~1GB
    割引なし

出典:ドコモ光セット割

「カケホーダイ&パケあえる」契約の場合の割引額

NTT docomoのパケット通信量を家族で分け合える「シェアパック/パケットパック」を契約中の場合、「ドコモ光セット割」が適用後のスマホ代の毎月割引額は以下です。

パケットパックドコモ光セット割
毎月の割引額
ウルトラ
シェアパック100
3,500円割引
ウルトラ
シェアパック50
2,900円割引
ウルトラ
シェアパック30
2,500円割引
ベーシック
シェアパック
  • ステップ4:~30GB
    1,800円割引
  • ステップ3:~15GB
    1,800円割引
  • ステップ2:~10GB
    1,200円割引
  • ステップ1:~5GB
    800円割引
ウルトラデータ
LLパック
1,600円割引
ウルトラデータ
Lパック
1,400円割引
ベーシック
パック
  • ステップ4:~20GB
    800円割引
  • ステップ3:~5GB
    800円割引
  • ステップ2:~3GB
    200円割引
  • ステップ1:~1GB
    100円割引

出典:ドコモ光セット割

質問者
NTT docomoのスマホを契約しているならドコモ光を契約すると「ドコモ光セット割」って割引が適用されるからお得なんですね。
監修者長井
そういう事です。コモユーザーがドコモ光を契約すると「ドコモ光セット割」という割引が適用されて、毎月のドコモの携帯電話代が割引されるのがフレッツ光にはない最大の魅力です。
ドコモ光セット割

ドコモ光セット割の適用条件と割引額を解説!毎月スマホ代はいくら割引になるの?

メリット②ドコモ光の方が月額料金が安くなる場合がある

ドコモ光かフレッツ光のどちらと契約するか悩んでいる人、そして既にフレッツ光は契約中でドコモ光へ転用(契約乗り換え)したい人など、毎月支払う月額料金は気になる所ですよね。

フレッツ光よりドコモ光の方が月額料金が安くなる可能性があります。

ドコモ光は24社あるプロバイダの中から1社を契約時に選択します。
24社あるプロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分けられています。

タイプAタイプB
  • ドコモネット
  • ぷらら
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • ic-net
  • タイガースネット
  • ビッグローブ
  • アンドライン
  • シナプス
  • エキサイト
  • エディオンネット
  • SIS
  • 楽天ブロードバンド
  • TikTik
  • hi-ho
  • ネクス
  • コアラ
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • アサヒネット
  • WAKWAK
  • ちゃんぷるネット

出典:プロバイダ一覧

利用するプロバイダが「タイプA」か「タイプB」でドコモ光の月額料金が違います。

タイプAタイプB
戸建住宅5,200円5,400円
集合住宅4,000円4,200円

※以下の金額は「税抜」です。
出典:ドコモ光料金プラン

「タイプA」のプロバイダを利用した方が「タイプB」よりも月額200円安いです。その為、ドコモ光を契約する人の9割以上が「タイプA」のプロバイダを選択しています。

もし、現在フレッツ光を契約中の人は上記のドコモ光の月額料金と比較してみてください。また、フレッツ光と契約を悩んでいる人は、フレッツ光で契約した場合の月額料金を洗い出してドコモ光の月額料金と比較してみてください。
フレッツ光よりドコモ光と契約した方が月額料金が安くなる人が多いはずです。

メリット③ドコモ光なら契約後にキャッシュバックがもらえる

インターネット契約で嬉しい特典と言えば現金のキャッシュバックです。せっかくインターネット契約をするのですからお得に契約可能なキャッシュバック特典は魅力の1つです。

ドコモ光フレッツ光
キャッシュバックあり
申込窓口によって
キャッシュバック額に違いがある
なし
現在、フレッツ光を契約してもキャッシュバックはありません。しかし、ドコモ光は申込窓口によって契約後にキャッシュバックがあるのでメリットです。

以下ではドコモ光の契約申込でキャッシュバックがある「タイプA」に属するプロバイダのキャンペーンページをご紹介します。

プロバイダDTIなら15,000円キャッシュバック

プロバイダ「DTI」では「タイプA」に属しているドコモ光の対応プロバイダの1社です。

そんなプロバイダ「DTI」では、ドコモ光を申し込みして契約が成立すると15,000円もキャッシュバックしてくれるシークレットなキャンペーンページが存在しています。

プロバイダDTIの秘密のキャンペーンページ

プロバイダ「DTI」の「通常キャッシュバック額」と「シークレットページ限定のキャッシュバック額」は以下のように大きな違いがあります。

DTI通常ページ
  • ドコモ光契約に加えて
    +ひかりTV for docomo
    +DAZN for docomo
    2つのオプション同時契約で
    20,000円キャッシュバック
  • ドコモ光契約に加えて
    +スカパー!同時契約で
    15,000円キャッシュバック
  • ドコモ光契約のみで
    10,000円キャッシュバック
シークレット
ページ
ドコモ光契約のみでも
15,000円キャッシュバック

プロバイダ「DTI」の公式サイトでドコモ光を契約すると、「ひかりTV for docomo」と「DAZN for docomo」の有料オプションの2つ同時契約すると20,000円キャッシュバック。ドコモ光契約と「スカパー!」に同時契約すると15,000円キャッシュバック。ドコモ光のネット契約のみなら10,000円キャッシュバックです。

しかし、プロバイダ「DTI」の公式シークレットページでドコモ光のネット契約のみでも15,000円もキャッシュバックしてくれます。

\ドコモ光ネット契約で15,000円還元中/
シークレットページはこちら
プロバイダ「DTI」公式サイト

GMOとくとくBBなら5,500円キャッシュバック

上記でご紹介した「DTI」と同じくドコモ光の「タイプA」に属しているプロバイダ「GMOとくとくBB」でも公式サイトでドコモ光の契約可能です。

プロバイダ「GMOとくとくBB」のページでドコモ光を契約するとプロバイダ独自の特典としてキャッシュバックを実施しています。

プロバイダ「GMOとくとくBB」の公式ページ

プロバイダ「GMOとくとくBB」の公式サイトでもドコモ光を契約するとキャッシュバックが貰えますがドコモ光の契約のみなら、たった5,500円キャッシュバックです。

プロバイダ
DTI
シークレット
ページ限定
ドコモ光の
ネット契約のみ
15,000円
キャッシュバック
プロバイダ
GMOとくとくBB
公式サイト
ドコモ光の
ネット契約のみ
5,500円
キャッシュバック

プロバイダ「GMOとくとくBB」の公式サイトには20,000円キャッシュバックと記載がありますが、ドコモ光の契約以外にも「ひかりTV for docomo」と「DAZN for docomo」の2つの有料オプション加入が条件です。ドコモ光の契約だけなら5,500円キャッシュバックと減額されます。

しかし、上記でご紹介したプロバイダ「DTI」ならドコモ光契約だけで15,000円もキャッシュバックしてくれるのでどちらがお得にドコモ光に契約できるかは小学生でも解りますね。
監修者長井
ドコモ光ではプロバイダの申込可能なページから契約するとプロバイダ独自のキャッシュバックが貰えますが、フレッツ光の場合はキャッシュバックが貰えません。

まとめ

この記事ではドコモ光とフレッツ光を比較しながら違いをご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。ドコモ光とフレッツ光は同じ「光回線」を利用したインターネット接続サービスで共通しています。ドコモ光で利用する「光回線」はフレッツ光で利用されているNTT東日本・NTT西日本の光回線をNTTdocomoが借りて提供されている「光コラボレーション」です。

ドコモ光とフレッツ光は「提供会社」に違いがありました。ドコモ光を提供しているのはNTT docomo、フレッツ光を提供しているのはNTT東日本・NTT西日本です。その為、ドコモ光の契約先はNTT docomo、フレッツ光の契約先はNTT東日本もしくはNTT西日本になります。

また、ドコモ光の契約は光回線とプロバイダのセット契約です。しかし、フレッツ光は光回線契約とプロバイダ契約はそれぞれ個別に契約しなければならない違いがあります。ドコモ光は光回線とプロバイダのセット契約なので月額料金にプロバイダ料が含まれていますが、フレッツ光は光回線利用料とプロバイダ料をそれぞれ支払わなくてはなりません。

ドコモ光とフレッツ光の最大の違いは初期費用です。特に新規契約後に実施する工事費には大きな違いがあります。ドコモ光は現在キャンペーン中で工事費無料ですが、フレッツ光は16,500円~19,800円もの高額な工事費を支払う必要があります。

ドコモ光とフレッツ光を比較するとドコモ光の方がメリットが多いように感じます。

スポンサーリンク



ABOUT US

トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。