ピカラ光は光コラボレーションではない!事業者変更できない理由とは?

四国電力の子会社である株式会社STNetが提供しているピカラ光ネットというインターネット接続サービスが光コラボレーション(以下、光コラボ)と勘違いしている人もいるようです。その為、ピカラ光から事業者変更で光コラボへ乗り換えを検討している人もいます。

そこで今回は、ピカラ光ネットは光コラボでない理由、そもそも光コラボとはどんなインターネット接続サービスなのか、事業者変更で契約を乗り換えられない理由をご紹介したいと思います。

ピカラ光ネットは光コラボでない理由と事業者変更できない理由

ピカラ光ネットは四国の4県限定で提供されているインターネット接続サービスです。その為、四国に住んでいる人にはピカラ光の存在は知られています。しかし、既にピカラ光ネットを契約中の人も、これからピカラ光ネットを契約予定の人も「光コラボ」と間違った認識の人もいるようです。

そこでまずは、インターネット回線の初心者にもご理解頂けるように光コラボとはどんなインターネット接続サービスなのか、ピカラ光ネットが光コラボでない理由をご紹介します。

そもそも光コラボとは何か

ピカラ光ネットは「光コラボ」ではありません。では、なぜピカラ光ネットは光コラボではないのかをご理解頂く為に「光コラボ」というサービスについて解りやすくご紹介します。

「光コラボ」とは、NTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて提供しているインターネット接続サービスの事を言います。

まずは、以下のイラストをご覧ください。

光コラボはNTTの光回線を借りて提供しているサービス

NTT東日本・NTT西日本は、自社で「光回線」を所有しており、フレッツ光というサービスも提供しています。元々NTTは国営企業なので「光回線」を全国に張り巡らす財力があります。しかし、他の企業は全国に「光回線」を張り巡らす財力はありません。そこで、NTT東日本とNTT西日本は自社所有する「光回線」を他社へ貸し出しています。

このNTT東日本とNTT西日本の全国に張り巡らされている「光回線」を借りて提供している業者のサービスの事を「光コラボ」と言います。

大手の光コラボ
ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ニフティ光、OCN光、楽天ひかり、などなど
管理人
光コラボとは、NTT東日本と西日本の光回線を借りて、自社サービスとして提供しているインターネット接続サービスの事なんですね。

ピカラ光ネットは光コラボでない

上記で光コラボをご理解頂いたと思いますので、ここから本題となります。

ピカラ光ネットも光コラボ同様に「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。しかし、ピカラ光ネット光コラボではありません。

ピカラ光ネットの光回線はNTTのものではない

上記でもご紹介したように、光コラボはNTT東日本とNTT西日本の「光回線」を借りて提供されているインターネット接続サービスです。しかし、ピカラ光ネットで利用される「光回線」はサービス提供会社であるSTNet社の「光回線」を利用して提供されています。

要するに、ピカラ光ネットで利用する「光回線」はNTT東日本とNTT西日本の「光回線」を借りていないので「光コラボではない!」という訳です。

事業者変更で乗り換えできない

光コラボ事業者間の契約乗り換えは「事業者変更」という手続きをすれば、改めて工事をする必要がなく契約だけを乗り換える事ができる手続きです。

しかし、ピカラ光ネットを契約中の場合、光コラボではないので他社光コラボへ「事業者変更」で契約を乗り換える事ができません。

事業者変更は、光コラボから光コラボへ工事不要で乗り換えが可能な手続きです。

例えば、光コラボの「ソフトバンク光」を契約中なら同じ光コラボである「ドコモ光」へは事業者変更で工事不要で契約乗り換えが可能です。

光コラボ同士なら光回線が同じだから事業者変更が可能

ソフトバンク光とドコモ光は、NTT東日本・NTT西日本から光回線を借りて提供している「光コラボ」です。その為、ソフトバンク光とドコモ光は、光コラボ同士なのでまったく同じ「光回線」を利用している事になりますね。

その為、同じ光コラボ同士であるソフトバンク光からドコモ光へ契約を乗り換える場合は「事業者変更」という手続きをすれば「光回線」を再利用できるので工事不要で契約だけを乗り換えられます。

一方、ピカラ光ネットは「光コラボ」ではないので事業者変更が出来ません。

光回線が違うので事業者変更できない

例えば、ピカラ光ネットを契約中で光コラボの「ドコモ光」へ契約を乗り換えるとします。ピカラ光ネットとドコモ光で利用する「光回線」に違いがある事はご紹介した通りです。

その為、ピカリ光ネットで利用してきた「光回線」は、光コラボであるドコモ光では再利用できませんので事業者変更手続きもできない訳です。

ピカラ光ネットから光コラボへ乗り換える場合は、ピカラ光ネットを解約して、光コラボで利用する光回線を自宅へ引き込む開通工事が必要になります。
管理人
光コラボ同士の契約乗り換えなら「光回線」が同じなので光回線を再利用して工事不要で乗り換えられる「事業者変更」ができるけど、ピカラ光ネットで利用する光回線は、光コラボとは別の光回線だから光回線を再利用する事業者変更ができないんですね。

事業者変更でもお得なキャンペーンを比較しよう!事業者変更でもキャッシュバックがある?(2019年11月版)

光コラボ間の事業者変更(再転用)が可能に!光コラボ間の乗り換えが簡単に!

ピカラ光ネットと光コラボではどちらがおすすめか

上記でご紹介したように、ピカラ光ネットで利用する「光回線」はNTT東日本・NTT西日本から借りて提供されている光コラボではありません。しかし、四国に住んでいる人にとっては、ピカラ光ネットと光コラボではどちらと契約した方がよいのか解りませんよね。

私でしたら、ピカラ光ネットよりも光コラボと契約する方をおすすめします。

そこでここからは、なぜピカラ光ネットよりも光コラボと契約する事をおすすめするのかの理由も含めてご紹介したいと思います。

光コラボ間なら工事不要で乗り換えが可能

上記でもご紹介したように、光コラボ同士の乗り換えなら光回線を再利用して工事不要で契約だけを乗り換えられる「事業者変更」という手続きが可能です。

例えば、「光コラボA」を契約中で何かの不満があり「光コラボB」に乗り換えたいと思った場合、面倒な開通工事をする事なく「事業者変更」で契約を乗り換えられます。

しかし、ピカラ光ネットを契約中で光コラボなどの他社へ乗り換える場合は、「解約手続き」や「開通工事の立ち合い」など面倒な事が多いです。

管理人
ピカラ光ネットよりも工事不要で契約だけを乗り換えられる「光コラボ」を契約する事をおすすめします。

四国から引っ越しする場合は解約しか方法がない

ピカラ光ネットは四国限定で提供されているインターネット接続サービスです。よく言えば「地域密着型」のサービスかもしれません。しかし、四国から引っ越しする場合はどうなるでしょうか?

ピカラ光ネットを契約中で四国以外に引っ越しする場合解約するしか方法がありません。

しかし、光コラボの場合は、利用する光回線は全国に張り巡らされたNTT東日本・NTT西日本に光回線を利用します。その為、四国から引っ越ししたとしても引越し先のエリアが「光コラボ」の提供エリアなら解約する事なく継続して契約が可能です。

管理人
光コラボは全国に引かれたNTTの光回線を利用するから、四国以外へ引っ越ししたとしても解約せずに引っ越し手続きをすれば引っ越し先でも継続利用できる可能性があるんですね。

ピカラ光ネットより契約すべき光コラボとは

上記でご紹介したように、ピカラ光ネットを契約するよりも光コラボと契約する事をおすすめします。しかし、光コラボと呼ばれるインターネット接続サービスはたくさんあるのでどの光コラボと契約したら良いのか解りませんよね。

そこでここからは、ピカラ光ネットよりも契約した方が良い光コラボをご紹介します。

ドコモ・ソフトバンクのスマホを契約ならこの光コラボ

もし、「ドコモ」か「ソフトバンク」のスマホや携帯電話を契約中ならピカラ光ネットよりも以下の光コラボと契約する事をおすすめします。

契約中の
スマホ・携帯電話
おすすめの
光コラボ
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光

現在、ドコモのスマホや携帯電話を契約中なら「ドコモ光」と契約する事をおすすめします。また、ソフトバンクのスマホや携帯電話を契約中なら「ソフトバンク光」と契約がおすすめです。

その理由は「セット割」があるからです。

ドコモユーザーが「ドコモ光」も契約する事で「ドコモ光セット割」という割引が適用可能ですし、ソフトバンクユーザーが「ソフトバンク光」も契約する事で「おうち割 光セット」という割引を適用可能になります。

各セット割の詳細は以下の関連記事にてご確認ください。

解りづらい!ドコモ光のセット割とずっとドコモ割プラスを初心者向けに詳細を解説!

【改定版】解りづらい!「おうち割 光セット」でスマホ代が毎月最大1,000円割引は嘘!?

auのスマホを契約中ならビッグローブ光

auのスマホを契約中の人がピカラ光ネットを契約すると「auスマートバリュー」というセット割が適用可能となります。

しかし、光コラボである「ビッグローブ光」もauスマートバリューが適用可能なのです。

契約中の
スマホ・携帯電話
おすすめの
光コラボ
auビッグローブ光

ビッグローブ光は光コラボでありながら、auユーザーが契約するとピカラ光ネットでも適用可能な「auスマートバリュー」という割引が適用可能となります。また、ビッグローブ光ではピカラ光ネットにはない「auセット割」という割引を適用する事も可能です。

ビッグローブ光のauセット割とは?

まとめ

今回はピカラ光ネットが光コラボでない理由を詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。光コラボとはNTT東日本と西日本の光回線を借りて提供しているインターネット接続サービスの事ですが、ピカラ光ネットで利用する光回線はSTNet社が所有しているものを利用します。その為、ピカラ光ネットは光コラボではありません。ピカラ光ネットは光コラボではないので、他社光コラボへ事業者変更する事もできません。今後、工事不要で乗り換える可能性がある人、四国以外に引っ越しの可能性がある人、ドコモやソフトバンク、そしてauを契約しているならセット割が可能な光コラボと契約した方が良さそうです。


NURO光は事業者変更できるの?工事不要で乗り換えられる再転用は可能なのか?

ソフトバンク光へ事業者変更する方法を徹底解説!初心者でも失敗なくソフトバンク光へ乗り換えよう!

auひかりは事業者変更で乗り換え・再転用は可能なのか?

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!