eo光の固定電話サービス「光電話」の基礎知識。電話料金やナンバーディスプレイなどのオプションについて。

eo光は関西電力の子会社である株式会社オプテージが「光回線」を使って提供しているインターネット接続サービスですが、「eo光電話」という固定電話サービスも提供しています。NTT一般加入電話を利用中の人はeo光電話にすると基本料金や通話料金が安くなるのでおすすめです。とはいえ、eo光電話ってどんなサービスか解りませんよね。

そこで今回は、eo光電話をこれから契約予定の人向けに、どんな固定電話サービスなのかをご紹介した後に、電話料金や導入する際の初期費用などの費用面、ナンバーディスプレイなどのオプション、利用可能な電話番号などについても詳しくご紹介してみたいと思います。

eo光の固定電話サービス「eo光電話」の基礎知識

eo光電話の電話料金(通話料や基本料金など)や初期費用、利用可能な電話番号などなど詳細をご紹介する前に、「eo光電話ってどんなサービスなの?」という人もいるかもしれません。

そこでまずは、初心者の方向けに、最低限知っておくべき「eo光電話」という固定電話サービスの基礎知識を解りやすくご紹介してみたいと思います。

光回線を利用した固定電話サービス

携帯電話やスマートフォンを一人一台持っている時代となり、自宅に固定電話を設置していない家庭も増えてきました。しかし、まだまだ固定電話の需要はありますが、NTTの一般加入電話のまま契約している人も多いように見受けられます。

以前は一般的に「電話回線」が利用されていた

以前、固定電話で通話する際に利用されてきた回線は、アナログ回線やISDN回線などいわゆる「電話回線」を利用して通話をしていました。

これらアナログ回線やISDN回線などの「電話回線」でインターネットに接続している時代もありましたが今と比較すると速度も大変遅いものでした。しかし、今では一般的に利用されているインターネットに接続する回線は「光回線」で、以前に比べて速度が速くて安定しています。

eo光電話は「光回線」を利用している

eo光も「光回線」を利用したインターネット接続サービスです。インターネットに接続する為に利用されている「光回線」を利用した固定電話サービスが今回ご紹介する「eo光電話」です。

詳しく解説
eo光電話は、IP電話と呼ばれるサービスです。このIP電話とは、電話回線(アナログ回線)を利用せずに「光回線」などのインターネット回線(デジタル回線)を利用します。音声をデジタル信号へ変換します。そして、デジタル信号をインターネット回線を通じて相手に送り、音声データに復元する事で通話が出来る仕組みです。
管理人
eo光電話というサービスは、電話回線を利用せずにインターネットに接続する際にも利用される「光回線」を利用して通話ができる固定電話サービスの事なんですね。

eo光電話のみ契約は可能なのか

多くのインターネット接続サービスでもeo光電話のように固定電話サービスを提供しています。しかし、ほとんどの場合はインターネット契約をしていないと光電話は契約できません。

しかし、eo光はインターネット契約をしていなくてもeo光電話のみ契約も可能です。
eo光電話のみの契約も可能

もちろん、eo光の「インターネット契約」と「光電話」の両方の契約も可能です。しかし、「光電話」のみの契約も可能なのがeo光の特徴でもあります。

しかし、注意が必要なのが月額基本料金です。

eo光の「インターネット契約」と「光電話」の両方契約している場合は「光電話」の月額基本料金は無料で0円です。しかし、「eo光電話」のみ契約の場合は、月額基本料金の支払いが必要です。この件については下記で詳しくご紹介します。

管理人
eo光電話の場合は光電話のみの契約も可能なんですね。ただし、ネット契約もしている場合は光電話の月額基本料金は無料だけど、eo光電話のみの契約なら月額基本料金が必要なんですね。

利用してきた電話番号は変わるのか

NTT一般加入電話を利用してきた人は、eo光電話に変更する事で長年利用してきた電話番号が変わるのか気にしている人が多くいるようです。確かに、今まで利用してきた電話番号が変わると面倒なので継続利用したいと思う気持ちが痛いほど解ります。

eo光電話は今まで利用してきた電話番号は継続利用が可能です。

NTT一般加入電話で発番された電話番号は「番号ポータビリティ」(ナンバーポータビリティ)という手続きをNTTにお願いする事でeo光電話でも電話番号を継続利用する事が出来ます。

ただし、他社の光電話で発番された電話番号や050などの電話番号は継続利用が不可です。

簡単にまとめてご紹介すると、

  • eo光電話で継続可能な電話番号
    ⇒NTT一般加入電話で発番された電話番号
  • eo光電話で継続利用できない電話番号
    ⇒他社光電話で発番された電話番号
管理人
NTT一般加入電話で発番した電話番号は「番号ポータビリティ」の手続きをすればeo光電話でも変わることなく継続利用可能だけど、他社の光電話サービスで発番した番号はeo光電話では継続利用できず電話番号が変わってしまうんですね。

eo光電話の月額基本料金や通話料金など電話料金について

eo光電話の事を調べてみると、NTT一般加入電話よりも料金が安いという口コミを見かける事があります。確かにeo光電話はNTT一般加入電話よりも電話料金が安いのが特徴です。しかし、どのくらい安くなるのか具体的に知りたいですよね。

そこでここからは、eo光電話の月額基本料金や通話料金、海外へ国際通話をした際の通話料などについてまとめてご紹介してみたいと思います。

※以下でご紹介する金額はすべて税抜です。

月額基本料金について

まずは、通話をしない月でも支払いが必要な月額基本料金についてご紹介します。

月額基本料金
NTT一般電話
(アナログ回線)
月額基本料
1,600
eo光電話ネット契約+光電話契約で
月額基本料
0円

NTT一般加入電話の月額基本料金は毎月1,600円です。もちろん、基本料なので通話をしなかった月でも1,600円の支払いが必要です。

一方、eo光電話の月額基本料金は「eo光ネット」と「eo光電話」の両方の契約をしていれば毎月支払う月額基本料金は0円で無料です。要は、通話をしなかった月には何も支払う必要がありません。

但し、eo光電話のみ契約をする場合は月額基本料金の支払いが必要です。(戸建住宅の場合は月額1,325円)
管理人
eo光のインターネット契約と光電話契約をすれば、光電話の月額基本料は無料になるので、NTTの一般加入電話よりも年間で19,200円も節約できる計算ですね。

eo光多機能ルーター(eo光電話アダプター)利用料

eo光電話で通話する際は「eo光多機能ルーター」もしくは「eo光電話アダプター」という機器が必要になります。この機器は毎月利用料が必要です。

eo光多機能ルーター
もしくは
eo光電話アダプター
月額利用料
286円

eo光電話は「光回線」を利用して通話が可能な固定電話サービスです。「光電話」で通話が出来るようにするためには、この「eo光多機能ルーター」もしくは「eo光電話アダプター」という機器が必要で利用料が毎月286円です。

eo光のインターネット契約と光電話契約をするとeo光電話の月額基本料金は無料ですが、この機器利用料の支払いが必要となる点は覚えておきましょう。

eo光多機能ルーターでWi-Fiが利用可能になる

eo光電話で必要な機器「eo光多機能ルーター」は、eo光のインターネット契約もしている人ならWi-Fiが利用できるようになる無線LANルーター機能も内蔵されています。

Wi-Fiが利用可能な無線LANルター機能付き

eo光電話で利用する「eo光多機能ルーター」は月額利用料が286円もしますが、Wi-Fiが利用できる無線LANルーター機能が付いています。その為、別途無線LANルーターを購入する必要がなく、ノートパソコンやスマホ、タブレットなどでもインターネットが利用できるようになります。

スマホにアプリを入れるとが子機として使える

eo光電話で必要な機器「eo光多機能ルーター」は、スマホにアプリを入れる事でスマホが子機として利用できるようになる機器でもあります。

スマホが子機替わりになる

上記では「eo光多機能ルーター」でWi-Fiが利用できるようになる、とご紹介しましたが、このWi-Fiが届く範囲内ならスマホが子機替わりとして利用可能となります。

本来はeo光電話に電話が掛かってくると固定された電話機まで行かないといけません。しかし、スマホに専用アプリをインストールしておけば、スマホで通話可能となります。

通話料(電話料金)も安い

上記でご紹介したように、eo光電話はNTT一般加入電話よりも月額基本料金が毎月抑えられるので節約する事ができますがそれだけではありません。

eo光電話で相手に電話した際の通話料はNTT一般加入電話よりも安いです。

主なeo光電話の通話料は以下です。

区分通話料
eo光電話、
オフィスeo光電話、
光電話オフィスへの通話
通話料
無料
近畿2府4県と福井県の
固定電話への通話
7.4円
(3分)
上記エリア以外
固定電話への通話
8円
(3分)
海外への国際電話
(固定電話)
アメリカなら
6.0円
(1分)
他社IP電話8円
(3分)
携帯電話向け18円
(1分)

eo光電話の通話料ですが、相手もeo光電話だった場合は通話料が無料です。また、他社の固定電話や国際電話、携帯電話への通話料もNTT一般加入電話よりも安いです。

このようにeo光電話の通話料の安さも魅力の一つです。

管理人
eo光電話同士の通話料は無料だし、他の電話への通話料もNTT一般加入電話と比較しても格段に安く事が解りますね。

eo光の工事費や契約事務手数料などの初期費用

上記ではeo光電話の月額基本料金や通話料などの毎月の費用についてご紹介しました。しかし、eo光電話を契約する際の初期費用も理解しておく必要があるでしょう。

そこでここからは、eo光電話の契約時に必要な初期費用である工事費や事務手数料についてご紹介してみたいと思います。

契約事務手数料について

eo光電話を契約する際には「契約事務手数料」という手数料の支払いが初回のみ必要です。

契約事務手数料初回のみ
3,000円

この契約事務手数料は、eo光のネット+光電話を同時契約しても3,000円ですし、既にeo光のインターネット契約中で後からeo光電話を契約しても3,000円です。もちろん、eo光電話のみ契約する場合でも契約事務手数料は3,000円です。

ちなみに、この契約事務手数料はeo光だけが請求しているのではなく、携帯電話やスマホの契約の際や他社インターネット契約の際などにも支払いが必要な手数料です。
管理人
eo光電話は、契約時に初期費用として契約事務手数料3,000円が必要なんですね。

開通工事費について

上記でもご紹介しましたが、eo光電話は「光回線」を利用した固定電話サービスです。その為、eo光電話を契約した後に「光回線」を引き込む工事が実施されます。この工事費は契約者負担です。

標準工事費27,000円
(900円×30回)

eo光電話の標準工事費は一括払いの場合は27,000円、分割払いだと月々900円の30回払いです。ただし、この工事費27,000円はeo光電話のみ契約した場合です。

標準工事費27,000円
(900円×30回)
ネット+光電話
同時契約
もしくは
ネット契約中で
光電話を追加契約
30ヶ月間
毎月900円割引
実質工事費無料

現在、eo光は未契約これから「インターネット契約」+「光電話契約」をする人は、標準工事費相当額キャンペーンで工事費が実質無料となります。また、既にeo光のインターネットを契約中eo光電話を追加で契約する人も対象となります。

管理人
eo光電話だけど契約した場合の工事費は27,000円なんですね。しかし、eo光ネットとeo光電話を同時契約した場合、eo光ネットを契約中の人が追加でeo光電話を契約した場合は工事費が実質無料なんですね。

eo光電話に機能を追加できるオプションについて

eo光電話では様々な機能を追加できるオプションも可能です。もちろん、eo光電話のオプションは任意契約ですので不要な人は契約しなくてもいいし、必要な人は契約すればよいのです。

そこでここからは、eo光電話に機能を追加できるオプションの内容や月額オプション料、そしてパックオプションについてご紹介します。

eo光電話のオプション内容

eo光電話のオプションサービスは10個もありますが、各オプションサービスの内容も理解しておく必要があります。そこで、以下の表にeo光電話のオプションサービス内容をまとめました。

eo光電話
オプション
オプション内容
発信者番号表示
サービス
相手の電話番号が表示される
電話通知サービス。
(ナンバーディスプレイ)
転送電話
サービス
電話が合った場合、指定した電話番号へ
自動で転送するサービス。
複数電話
サービス
通話中の際に着信があった場合に
お知らせしてくれるサービス。
非通知着信拒否
サービス
非通知で電話してきた相手に、
通知するようにメッセージを伝え、
着信拒否するサービス。
転送電話選択
サービス
指定した電話番号から着信があった場合、
転送するか着信にするかを選択できる。
迷惑電話拒否
サービス
迷惑電話の電話番号を登録しておくと、
着信があった場合に着信拒否する。
指定番号着信選択
サービス
指定した電話番号を
「着信」「非着信」を設定できる。
割込電話
サービス
通話中に着信があった場合に
通話相手を保留にしてから
通話できるサービス。
通話明細送付
サービス
通話時間や通話した電話番号、
通話料金の明細を郵送してくれる。
050
ナンバープラス
eo光電話で050の電話番号を
追加で利用できる。

eo光電話では、ナンバーディスプレイのように相手で電話番号を表示できるオプションだったり、電話を転送できるサービス、着信拒否できるサービスなど10個のオプションが有料で利用できます。

eo光電話オプション利用料

上記でご紹介したように、eo光電話には様々な機能をオプションとして追加する事が可能です。しかし、これらのオプションを利用する場合は利用料が必要です。

eo光電話
オプション
オプション
月額利用料
発信者番号表示
サービス
200円
転送電話
サービス
200円
複数電話
サービス
200円
非通知着信拒否
サービス
200円
転送電話選択
サービス
200円
迷惑電話拒否
サービス
200円
指定番号着信選択
サービス
200円
割込電話
サービス
200円
通話明細送付
サービス
200円
050
ナンバープラス
267円

上記表のように、eo光電話のオプションを利用する場合はオプション毎に毎月の利用料が必要です。しかし、何個もオプションを利用すると毎月の支払いが気になりますよね。

そこで、利用される事が多いオプションをまとめて契約できる「パックオプション」がお得です。

パック
オプション
オプション
内容
月額利用料
eo光電話
パック3
  1. 発信者番号表示
  2. 転送電話
  3. 複数電話
400円
eo光電話
パック7
  1. 発信者番号表示
  2. 転送電話
  3. 複数電話
  4. 非通知着信拒否
  5. 転送電話選択
  6. 迷惑電話拒否
  7. 指定番号着信選択
600円

例えば、「発信者番号表示」「転送電話」「複数電話」を個別で契約してしまうと月額600円のオプション料が必要ですが、「eo光電話パック3」で契約すれば3つのオプションが月額400円で利用可能となります。

まとめ

今回はeo光電話が未契約の人向けに、eo光電話について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。eo光電話はインターネット接続でも利用する「光回線」を利用したIP電話と呼ばれる固定電話サービスです。他の光電話サービスの場合は、インターネット契約をしていないと光電話の契約ができませんが、eo光電話の場合は光電話のみの契約も可能です。また、NTT一般加入電話で利用してきた電話番号はeo光電話でも継続利用が可能なので、電話番号が変わる事はありません。eo光電話の特徴と言えば電話料金でしたね。月額基本料金も通話料もNTT一般電話に比べると安い事が解りました。

eo光新規契約で
最大10,000円商品券プレゼント
▼詳細はこちら▼
キャンペーンサイトはこちら


忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!