eo光でWi-Fi接続する方法!ルーターはレンタルするのか購入するのか?

eo光を契約後には自宅をWi-Fi環境にしたいですよね。eo光の回線でWi-Fiが利用できるようになれば、自宅でスマホやタブレットでインターネット接続する際にデータ通信量を気にせずに動画などの楽しむ事ができます。しかし、インターネット回線の初心者の人には、eo光が開通後に自宅でWi-Fiが利用できるようにする方法が解らないと思います。

そこで今回は、eo光を契約して開通後に自宅をWi-Fi環境にする方法、必要なWi-Fiルーターについて、そしてルーターはレンタルするのか購入するのかなどをご紹介したいと思います。

eo光でWi-Fiを利用する方法と必要なWi-Fiルーターについて

eo光のインターネット回線を利用して自宅をWi-Fi環境にすれば、自宅でデータ通信量の上限を毎月気にせずにスマホでも動画が楽しめます。しかし、eo光のインターネット契約だけではWi-Fiを利用する事が出来ません。

そこでまずは、eo光の回線で宅内をWi-Fi環境にする方法、そしてWi-Fiを利用する為に必要なWi-Fiルーター(無線LANルーター)という機器についてご紹介します。

開通工事後に回線終端装置が設置される

eo光の開通工事が終了すると「回線終端装置(ONU)」と呼ばれる機器がリビングなどの部屋に設置されます。また、eo光電話も契約している人は「光電話アダプター」という機器も設置されます。

開通工事後に設置される「回線終端装置」「光電話アダプター」

eo光の開通工事後に設置される「回線終端装置」や「光電話アダプター」でWi-Fiが利用できる機器だと思っている人がいるようですが、この機器でWi-Fiが利用出来ません。

「回線終端装置」は、デジタル信号をパソコンなどでも利用できるようにアナログ信号へ変換する為の機器です。また、「光電話アダプター」はアナログ電話でeo光電話でも利用できるようにする機器です。

「回線終端装置」(ONU)や「光電話アダプター」ではWi-Fiが利用出来ませんので、「回線終端装置」とパソコンをLANケーブルで直接繋げる方法しかありません。また、スマホなどはLANケーブルを挿す差込口がありませんので、この状態ではインターネットが利用できません。

管理人
eo光の開通工事後に部屋に設置される「回線終端装置」や「光電話アダプター」ではWi-Fiが利用できないんですね。

「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」が必要

上記でご紹介したように、eo光の開通工事後に設置された「回線終端装置」や「光電話アダプター」ではWi-Fi接続する事が出来ません。では、このような場合、どうすればWi-Fiが利用できるようになるのでしょうか?

eo光のインターネット回線でWi-Fiを自宅で利用する場合には「Wi-Fiルーター」(別名:無線LANルーター」という機器が必要です。

Wi-Fiが利用できるようになるWi-Fiルーター

eo光の開通工事後に設置された「回線終端装置」と別途用意した「Wi-Fiルーター」をLANケーブルで繋げるとWi-FiルーターがWi-Fiを発信します。

このWi-Fiルーターが発信するWi-Fiをスマホなどで繋げる事でeo光の回線でもスマホやタブレットなどでインターネットが利用できるようになる訳です。

管理人
「回線終端装置」と別途用意した「Wi-Fiルーター」を繋げる事でeo光の回線でもWi-Fiでインターネットが利用できるようになるんですね。

eo光でWi-Fiを利用する為のWi-Fiルーターはレンタル?購入?

上記でご紹介したように、eo光の回線を利用して自宅でWi-Fiを利用する為には「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」が必要です。しかし、Wi-Fiが利用できるようになる「Wi-Fiルーター」はどこで準備すればいいのか解りませんよね。

  • 自分でWi-Fiルーターを購入する
  • eo光多機能ルーターをレンタルする

上記でご紹介したように、eo光の回線でWi-Fiを利用する場合は自分で「Wi-Fiルーター」を購入して設置するか、もしくはeo光から「eo光多機能ルーター」をレンタルするかの2つから選択する事になります。

自分でWi-Fiルーターを購入する方法

eo光回線でWi-Fiを利用する方法としては、自分で「Wi-Fiルーター」を購入して設置する方法です。

Wi-Fiルーターを別途購入して設置する

「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」を設置するとeo光の回線を利用してWi-Fiでインターネットに接続できるようになるので、スマホも毎月のデータ通信量を気にせずに動画などが自宅で楽しめるようになります。

初心者におすすめのバッファロー製のWi-Fiルーター

私が個人的におすすめする市販Wi-Fiルーターは、初心者の人でも使いやすい「BUFFALO(バッファロー」というメーカーのWi-Fiルーターです。

Wi-Fiルーターには種類がたくさんあるので、どれを選べばよいか解らない人も多いと思います。そこで、BUFFALO製の市販Wi-Fiルーターでおすすめの種類を2機種ご紹介しておきます。ちなみに、Amazonで購入すると家電量販店よりも安く購入する事が出来ます。

管理人
eo光の回線でWi-Fiルーターを設置してWi-Fi接続したい初心者には、BUFFALO製のWi-Fiルーターが使いやすくて高機能で安いのでおすすめなんですね。

eo光多機能ルーターをレンタルする方法

上記では自分でWi-Fiルーターを購入して設置してWi-Fiが利用できるようになる方法をご紹介しましたが、もう1つ方法をご紹介します。

eo光から「eo光多機能ルーター」という機器をレンタルが可能です。

多機能という名前が付いている機器なので何となくお解りになると思いますが「eo光多機能ルーター」をレンタルすると様々な機能が利用できるようになりますがWi-Fiも利用できるようになります。

eo光多機能ルーターをレンタルするとWi-Fiが利用可能になる

eo光多機能ルーター自体のレンタル料は無料です。しかし、eo光多機能ルーターでWi-Fiを利用できるようにするには月額利用料金の支払いが必要です。

※以下の金額はすべて税別です。

eo光多機能ルーター
利用機能
月額利用料金
有線ルーター機能無料
無線ルーター機能
(Wi-Fiが利用できる機能)
96円
eo光電話アダプター機能286円
有線ルーター機能

eo光電話アダプター機能
286円
無線ルーター機能
(Wi-Fiが利用できる機能)


eo光電話アダプター機能
382円

eo光のインターネットを契約中で光電話は未契約で利用していない人の場合、eo光多機能ルーターでWi-Fi機能を利用する場合の月額利用料金は96円です。また、eo光のネット契約+光電話契約をしている人でWi-Fi機能を利用する場合の月額利用料金は382円です。

管理人
eo光から無料でレンタルできる「eo光多機能ルーター」という機器でもWi-Fiが利用できますが、Wi-Fiが利用できるようにする為には月額利用料金が必要なんですね。

まとめ

今回は、eo光のインターネット回線を使って自宅でWi-Fiを利用できるようにする方法や必要な機器についてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。eo光を契約後に実施される開通工事が終了すると「回線終端装置」や「光電話アダプター」と呼ばれる機器が設置される事があります。これらの機器ではWi-Fiを利用する事ができません。eo光の回線でWi-Fiを利用したい場合は、Wi-Fiルーター(無線LANルーター)と呼ばれる機器を自分で購入して設置するか、eo光多機能ルーターをeo光からレンタルするかのどちらかの方法が必要となります。自分でWi-Fiルーターを購入する初心者の人にはBUFFALO製というメーカーの市販Wi-Fiルーターをおすすめします。eo光多機能ルーターをレンタルしてWi-Fiを利用する場合には、ネット契約のみの人は月額96円、ネット契約+光電話契約の人は月額382円の利用料が必要となります。

eo光新規契約で
最大10,000円商品券プレゼント
▼詳細はこちら▼
キャンペーンサイトはこちら

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!