商標登録取得のお知らせ

コミュファ光で適用可能なauスマートバリューを徹底解説!毎月のauスマホ代が最大1,100円割引!

コミュファ光で適用可能なauスマートバリューをお調べですね?

auのモバイル契約(携帯電話やスマホなどの契約)をしている方がコミュファ光を契約すると「auスマートバリュー」と呼ばれる割引特典を適用することが可能です。

まずはauスマートバリューの概要を表にまとめてみました。

コミュファ光×auスマートバリュー概要
適用条件コミュファ光の
ネット契約+光電話加入
割引額毎月最大1,100円
au契約プランにより割引額が異なる。
割引対象auモバイル契約
対象者コミュファ光の契約者
+契約者の同居する家族
最大10回線まで
50歳以上なら別居でも可
適用方法My au、電話、auショップ

auスマートバリューはコミュファ光のインターネット契約に加えて「光電話」への加入が条件です。

auスマートバリューの割引対象はコミュファ光ではなくau携帯スマホ代が毎月割引され、毎月割引額は最大1,100円です。但し、割引額はauモバイル契約のプランによって違いがあります。

auスマートバリューの割引対象者はコミュファ光の契約者、そしてコミュファ光の契約者と同居する家族のau携帯スマホ10回線までとなっています。

この記事ではau携帯スマホを契約中でコミュファ光を契約予定の方に向けて、毎月の携帯スマホ代が割引になるauスマートバリューの適用条件や割引額などを詳しく解説します。

※以下、表示金額はすべて「税込」です。

コミュファ光で適用可能なauスマートバリューとは

「コミュファ光を契約するとauスマホ代が割引になる」という認識の方が多くいらっしゃいます。

その認識通りでauモバイル(携帯電話やスマホなど)を契約中の方がコミュファ光を契約すると毎月のau携帯スマホ代が割引となるauスマートバリューと呼ばれる割引が適用可能です。

そこでまずは、auスマートバリューの知識を深めるために知っておくべき基礎情報を解説します。

コミュファ光でなくau携帯スマホが割引対象

auスマートバリューの割引対象を勘違いしている方がいます。

auスマートバリューは「コミュファ光契約」と「auモバイル契約」のセット契約で適用可能となる割引制度ですが「どちらの契約が毎月割引されるの?」という疑問を持っている方もいます。

auスマートバリューは契約中のau携帯スマホが割引対象です。

ワンポイントアドバイス
auスマートバリューはauが提供する割引制度なので、コミュファ光の料金が割引される制度でなく「auモバイル契約」が毎月の割引対象であることを覚えておきましょう。

コミュファ光でauスマートバリューが適用できる理由

コミュファ光は愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県の5県のみで提供されているインターネット接続サービスです。

コミュファ光のサービス提供会社は中部テレコミュニケーション株式会社(通称、ctc)です。

一方、auはKDDIが提供している携帯スマホサービスです。

サービス名提供会社
コミュファ光
(ネットサービス)
中部テレコミュニケーション
KDDIグループ会社
au
(モバイルサービス)
KDDI

コミュファ光を提供する中部テレコミュニケーション株式会社はサービス開始当初は中部電力グループ会社でしたが、2008年にKDDIの子会社(グループ会社)となりました。

そうです、KDDIとはauを提供している会社です。

コミュファ光はauを提供するKDDIのグループ会社という訳です。

その為、au携帯スマホ契約者がコミュファ光を契約すると「auスマートバリュー」という割引を適用できるのです。

ワンポイントアドバイス
コミュファ光を提供する中部テレコミュニケーションはKDDIグループ会社です。
auを提供するKDDIのグループ会社が提供しているコミュファ光なので、au携帯スマホ代が毎月割引になるauスマートバリューが適用可能なのもうなずけますね。

コミュファ光でauスマートバリューを適用する為の2つの条件

auスマートバリューを適用予定のauユーザーによっては適用条件を理解しておく必要があります。

auスマートバリューは「コミュファ光のネット契約だけで適用できる」と勘違いしている方もいます。

auスマートバリューを適用する為の条件は以下です。

auスマートバリュー適用条件
  1. auの対象プランに契約していること
  2. コミュファ光「ネット+光電話」を契約していること

上記の2つがauスマートバリュー適用条件となります。

以下で詳しく解説します。

条件① auの対象プランに契約していること

auスマートバリューはau携帯スマホ代が割引されるので、当然ながらauモバイル契約者が対象です。

しかし、auモバイル契約中でもauスマートバリューが適用可能なプランで契約している必要があります。

以下のau契約プランがauスマートバリューを適用できるプランです。

以下の契約プランの中には現在契約できない過去のプランもありますが、以下に表示してあるどれかの契約プランでauを契約していればauスマートバリューが適用可能です。
auスマートバリュー対象プラン
スマートフォン(5G/4G LTE)
ピタットプラン 5G
1GBまでは対象外
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
1GBまでは対象外
新auピタットプラン
1GBまでは対象外
使い放題MAX 5G
・ALL STAR パック
・テレビパック
・Netflixパック(P)
・Netflixパック
・with Amazonプライム
使い放題MAX 4G
・テレビパック
・Netflixパック(P)
・Netflixパック
データMAX 5G
・ALL STAR パック
・テレビパック
・Netflixパック(P)
・Netflixパック
・with Amazonプライム
データMAX 4G LTE
・テレビパック
・Netflixパック
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランProauフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20Nauフラットプラン7プラスN
auデータMAXプランauフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラスauフラットプラン5
(学割専用)
ピタットプラン 5G(s)ピタットプラン 4G LTE(s)
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcpU18データ定額20
LTEフラットISフラット
プランF(IS)シンプルデータ定額
1/2/3/5/8/10
1320/303cp/5cp
auスマートバリュー対象プラン
ケータイ(4G LTE)
データ定額(ケータイ)
1/2/3/5/8/10/13
auスマートバリュー対象プラン
ケータイ(3G)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
auスマートバリュー対象プラン
4G LTEタブレット/4G LTE対応PC
タブレットプラン20LTEダブル定額
for Tab/Tab(i)
「ゼロスタート定額」
LTEフラット
for DATA(m)
LTEフラット
for Tab/Tab(i)/Tab(L)

参照:auスマートバリュー

ワンポイントアドバイス
上記のプランがauスマートバリューを適用可能なau契約プランです。

契約中のauの携帯やスマホなどがauスマートバリュー適用可能なプランかも確認しておきましょう。

条件② コミュファ光「ネット+光電話」を契約している

auスマートバリューはコミュファ光のインターネット契約だけでは適用できません。

コミュファ光のネット契約に加えて固定電話オプション「光電話」への加入auスマートバリューの適用条件です。

上記の条件①で解説したauの契約プランで契約している方がコミュファ光のインターネット契約と光電話契約をするとauスマートバリューを適用できます。

ちなみに、既にコミュファ光の「ネット+光電話」を契約中で他社からauの携帯スマホへ乗り換えた場合もauスマートバリューを適用することが可能です。
ワンポイントアドバイス
auスマートバリューはコミュファ光のインターネット契約だけでは適用することができません。

auスマートバリューを適用するには必ずコミュファ光の固定電話オプションサービスである「光電話」も加入することが条件になっていますので注意しましょう。

固定電話オプション「光電話」とは

auスマートバリュー適用条件でもあるコミュファ光の「光電話」とはインターネットに接続する光回線を利用した固定電話オプションサービスのことです。

ひと昔前の固定電話の回線は「電話線」を利用していましたが、インターネットの普及に伴い「光回線」を利用した固定電話サービスも増えてきおり、現在では光回線を利用した固定電話サービス「光電話」が一般化しつつあります。

主なコミュファ光の「光電話」の費用は以下です。

コミュファ光電話
月額基本料金月額330円
+通話料
主な通話料
  • auケータイスマホ宛
    通話料無料
  • コミュファ光電話宛
    通話料無料
  • 一般加入電話宛
    ⇒8.8円/3分
  • au以外の携帯電話宛
    ⇒19.8円/1分
初期費用開通工事費
3,300円

コミュファ光電話の月額基本料は330円です。
コミュファ光電話で通話しなければ月額330円の支払いのみです。

コミュファ光電話で通話した際は月額基本料に加えて通話料の支払いが発生します。

但し、auの携帯電話やスマホへ通話しても通話料は無料です!

ワンポイントアドバイス
auスマートバリューの適用条件でもあるコミュファ光電話は固定電話ですが、auスマートバリューを適用したいがために光電話へ加入して固定電話は設置しない人もいます。(光電話に加入しているだけ)

もちろん、設置してもいいです!

また、既に固定電話を利用中の場合は現在の電話番号をそのままコミュファ光電話で利用することも可能です。

\コミュファ光が未契約の方/
コミュファ光のネット契約はこちら
最大35,000円キャッシュバック中

auスマートバリューの毎月割引額

auモバイル契約者がコミュファ光のインターネット+光電話の両方を契約すると適用可能なauスマートバリューですが、毎月のau携帯スマホ代の割引額は契約プランによって違いがあります。

そこでここからは、auスマートバリュー適用で毎月いくら割引になるのかを解説します。

auの契約プランは現在契約可能な「現行プラン」と過去に契約できた「受付終了プラン」がありますが、もちろん「受付終了プラン」であっても契約中ならauスマートバリューを適用可能です。

以下、「現行プラン」と「受付終了プラン」に分けてauスマートバリューの割引額を解説します。

「現行プラン」のauスマートバリュー割引額

以下は、現在契約可能な「au現行プラン」auスマートバリュー適用可能なプラン毎月の割引額です。

au契約プラン
(現在契約可能な現行プラン)
割引額
(毎月)
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
  • 1GBまで
    割引対象外
  • 1GB超~7GBまで
    550円割引
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
1,100円割引
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで
550円割引
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円割引
タブレットプラン201,100円割引

参照:auスマートバリュー

現在、上記の契約プランでauを契約している方、そしてこれから上記契約プランでauを契約予定の方は、auスマートバリューを適用すると上記割引額が毎月割引されます!

「受付終了プラン」のauスマートバリュー割引額

以下は、現在契約できない過去のauプラン(受付終了プラン)です。

現在契約できませんが以下のauプランを契約中ならauスマートバリューを適用可能です。

以下は、「au受付終了プラン」auスマートバリュー適用可能なプラン毎月の割引額です。

au契約プラン
(現在契約不可の受付終了プラン)
割引額
(毎月)
  • データMAX 5G
    ALL STARパック
  • データMAX 5G
    テレビパック
  • データMAX 5G
    Netflixパック(P)
  • データMAX 5G
    Netflixパック
  • データMAX 5G
    with Amazonプライム
  • データMAX 5G
  • データMAX 4G LTE
    テレビパック
  • データMAX 4G LTE
    Netflixパック
  • データMAX 4G LTE
  • auデータMAXプラン
    Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン25
    NetflixパックN
  • auフラットプラン20N
  • auフラットプラン7プラスN
  • auデータMAXプラン
  • auフラットプラン30
  • auフラットプラン25
    Netflixパック
  • auフラットプラン20
  • auフラットプラン7プラス
  • auフラットプラン5
    (学割専用)
1,100円割引
  • auピタットプランN(s)
  • auピタットプラン
  • auピタットプラン(s)
  • 2GBまで
    550円割引
  • 2GB超~20GBまで
    1,100円割引
データ定額1
  • 最大2年間
    1,027円割引
  • 3年目以降
    550円割引
  • データ定額2/3
  • データ定額3cp
  • ジュニア
    スマートフォンプラン
  • シニアプラン
  • LTEフラットcp
1,027円割引
U18データ定額201,551円割引
  • データ定額5/8/20
  • データ定額5cp
  • LTEフラット
  • ISフラット
  • プランF(IS)シンプル
  • 最大2年間
    1,551円割引
  • 3年目以降
    1,027円割引
データ定額10/13/30
  • 最大2年間
    2,200円割引
  • 3年目以降
    1,027円割引
データ定額1
(ケータイ)
  • 最大2年間
    1,027円割引
  • 3年目以降
    550円割引
データ定額2/3
(ケータイ)
1,027円割引
データ定額5/8
(ケータイ)
  • 最大2年間
    1,551円割引
  • 3年目以降
    1,027円割引
データ定額10/13
(ケータイ)
  • 最大2年間
    2,200円割引
  • 3年目以降
    1,027円割引
LTEダブル定額
for Tab/Tab(i)
「ゼロスタート定額」
1,100円割引
  • LTEフラット
    for DATA(m)
  • LTEフラット
    for Tab/Tab(i)/Tab(L)
  • 最大2年間
    1,551円割引
  • 3年目以降
    1,027円割引

参照:auスマートバリュー

上記の過去に契約できたauプランを現在も契約中の方でauスマートバリューを適用すると上記の割引額が毎月au携帯スマホ代から割引されます!

コミュファ光契約者の家族でも適用可能なauスマートバリュー

ここからはauスマートバリューを適用できる対象者を解説します。

auスマートバリュー適用対象者
  1. コミュファ光のネット+光電話の契約者
  2. コミュファ光の契約者と同居する家族
  3. コミュファ光の契約者と別居する50歳以上の家族

上記の方々はすべてauスマートバリューを適用できます。

ただし、当然ながらauスマートバリューを適用できるauプランに契約していることが条件です。

また、auスマートバリューはau契約回線が最大10回線まで適用できる点も覚えておきましょう。

以下でauスマートバリューを適用可能な対象者を詳しく解説します。

対象者① コミュファ光のネット+光電話の契約者

auスマートバリューはコミュファ光のインターネット契約+光電話契約をしている契約者が適用対象です。

ワンポイントアドバイス
上記の適用条件でも解説しましたが、auスマートバリューはコミュファ光のインターネット契約だけでは適用することができません。必ず「光電話」への加入も条件であることを注意してください。

対象者② コミュファ光の契約者と同居する家族

auスマートバリューはコミュファ光の契約者でauスマートバリューを適用した方と同居する家族(同じ住所に住む家族)も適用可能な点は最大の魅力の1つです。

コミュファ光の契約者を含む家族のau携帯スマホは最大10回線まで適用できます。

しかし、コミュファ光契約者と同居していない家族(別住所に住む家族)はauスマートバリューの対象外です。

コミュファ光の契約者(auスマートバリュー適用者)と同居する家族が契約するau携帯スマホも合計10回線までauスマートバリューを適用することができますが、別住所でau携帯スマホを契約する家族はauスマートバリューの対象外です。

別住所でも適用可能なau契約プラン

家族が別住所でauを契約中であってもauスマートバリューを適用可能なau契約プランがあります。

別住所の家族でも以下のau契約プランならauスマートバリューを適用可能です!

以下のプランなら
別住所の家族でも適用可
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 4G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G
    ALL STARパック
  • データMAX 5G
    テレビパック
  • データMAX 5G
    Netflixパック(P)
  • データMAX 5G
    Netflixパック
  • データMAX 5G
    with Amazonプライム
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 5G(s)
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE
    テレビパック
  • データMAX 4G LTE
    Netflixパック
  • auデータMAXプラン
    Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン
    25NetflixパックN
  • auフラットプラン
    20N
  • auフラットプラン
    7プラスN
  • ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
  • auピタットプランN(s)

参照:auスマートバリュー

例えば、コミュファ光契約者と別住所に住む家族がauの「使い放題MAX 5G」で契約している場合には、別住所であってもauスマートバリューを適用できる対象となります。

対象者③ コミュファ光の契約者と別居する50歳以上の家族

上記ではコミュファ光契約者と同居していない家族はauスマートバリュー適用外と説明しました。

しかし、別居する家族でも50歳以上ならauスマートバリューが適用可能です。

ワンポイントアドバイス
本来はコミュファ光と別住所に住む家族はauスマートバリューの対象外ですが、別住所に住んでいる家族が50歳以上が契約するauスマートバリュー適用可能プランであれば適用可能です!

auスマートバリューの申し込み方法(申請方法)

auスマートバリューはコミュファ光の「ネット+光電話」の両方の契約で適用可能です。

注意ポイント
しかし、コミュファ光の「ネット+光電話」を契約したとしても自動でauスマートバリューが適用される訳はなく必ず申し込み(申請)をしなければ適用されません!

そこで以下ではauスマートバリューの申し込み申請方法を解説します。

申し込み方法は3つある

auスマートバリューはコミュファ光でなくauで適用申請の申し込みをします。

auスマートバリューの申し込み申請方法は全部で3通りありますが、適用する回線数によって申し込み方法に違いがあります。

適用回線数申し込み方法
(申請方法)
4回線まで
5回線以上auショップ

auスマートバリューを適用する回線が4回線までなら「My au」「電話」「auショップ(店舗)」で申し込みが可能です。

しかし、適用する回線が5回線以上になると申し込み方法が「auショップのみ」となります。

例えば、auスマートバリューを適用できる家族が5人いたとした場合、4人(4回線)は「My au」「電話」「auショップ」のいずれかの方法で申し込みができますが、あと1人(1回線)は「auショップ」での申し込みとなります。
ワンポイントアドバイス
コミュファ光の契約者家族が契約するau携帯スマホをauスマートバリューに適用する場合には、コミュファ光の契約者が申し込むのではなくau携帯スマホを契約する各家族自身それぞれに申し込みをしてください。

「My au」でauスマートバリューを申し込む方法

以下ではMy auでauスマートバリューを申し込む(申請する)方法です。

My au申込の注意点
  • My auでauスマートバリューを申請できるau携帯スマホは4回線まで
  • コミュファ光とau携帯スマホの契約者と「同一姓・同一住所」ならMy auで申し込み可能

上記の注意点を理解した上でMy auでauスマートバリューを申し込む流れを解説します。

以下のボタンからMy auにログインしてください。

ログイン後に注意事項を確認して【同意】を押します。

固定通信サービス情報で3つ選択が可能です。
「コミュファ光・ケーブルテレビサービス・ひかりJ」を選択します。

すると、以下のような入力画面になります。

固定電話番号にはコミュファ光の光電話で利用する電話番号を入力します。
また、コミュファ光の契約者氏名を全角カタカナで入力します。

入力したら【登録】を押します。

auスマートバリューを申し込むau携帯スマホの電話番号を確認します。

間違いなければ電話番号の横にある【追加】を選択して【次へ】を押します。

auスマートバリューを登録したい電話番号が表示されない場合には下にある「他サービスを追加する」を選択します。

登録内容をよく確認して間違いなければ【この内容で申し込む】を押します。

以上でMy auでauスマートバリューの申し込むは完了です。
申込月の翌月から割引が開始されます。
ワンポイントアドバイス
上記の手順で申し込みしてもエラー等が発生する場合、以下の電話番号へ問い合わせしてください。
電話番号:157(au携帯からのみ)
※au携帯以外は0077-7-111
受付時間:9時~20時まで

「電話」でauスマートバリューを申し込む方法

以下では電話でauスマートバリューを申し込む(申請する)方法です。

電話申込の注意点

  • 電話でauスマートバリューを申請できるau携帯スマホは4回線まで
  • コミュファ光とau携帯スマホの契約者と「同一姓・同一住所」なら電話で申し込み可能

電話でauスマートバリューを申し込む場合には、以下の情報を準備しておくとスムーズです。

  1. auスマートバリューを申し込む「auの電話番号」
  2. auを契約した際に登録した4桁の「暗証番号」
  3. コミュファ光の「光電話の電話番号」
  4. コミュファ光の契約者情報

上記4点を事前に準備しておくと良いでしょう。

auスマートバリューを申し込む電話番号は以下です。

KDDIお客様センター
au携帯電話から:局番なし157
au以外の携帯電話、一般電話から:0077-7-111
(受付時間 9:00~20:00 年中無休/通話料無料)

「auショップ」でauスマートバリューを申し込む方法

以下のような方がauスマートバリューを適用する場合はauショップがおすすめです!

auショップがおすすめの人
  • コミュファ光の契約者と家族だが同一性でない方
  • コミュファ光の契約者と家族だが同一住所でない方
  • コミュファ光の契約者とパートナーシップ関係の方
  • auスマートバリューの適用回線が5回線以上の方

上記のどれかに当てはまる方はauショップでauスマートバリューを申し込みましょう。

コミュファ光契約者本人がauショップで手続きする場合は、本人確認書類(運転免許証など)とコミュファ光電話の電話番号など契約内容が解る書類を持参して来店しましょう。

コミュファ光契約者以外の家族等がauショップで手続きする場合には以下の家族関係証明書が必要です。

家族関係証明書
  1. 対象固定通信サービスと同一住所にお住まいで、かつ、同一姓であれば家族関係証明書は必要ありません。
    • au携帯電話のご契約者が満50歳以上の場合に限り、同一住所にお住まいでなくても受付可能!
      ただし、家族関係証明書が必要です。
  2. 同一世帯で姓が異なる場合、
    健康保険証(有効期限内)もしくは住民票(続柄記載/発行日より3カ月以内)が必要!
  3. 単身赴任などで同一住所にお住まいであることの確認が取れない場合、
    遠隔地用健康保険証(有効期限内)が必要!

    • 遠隔地用健康保険証に割引適用となる家族全員が記載されている場合「遠隔地用健康保険証」1通
    • 家族全員が記載されていない場合「遠隔地用健康保険証」1通 +「健康保険証」1通
    • 上記以外の親子(義理を含む)の場合「戸籍謄本」

上記①②③以外の場合

  • 申込者と家族割相手との続柄が1親等(配偶者および親子(義親子含む))の場合
    家族関係を証明できる「戸籍謄本(発行日より3カ月以内)」または相手のご本人様確認書類(コピー可)+相手の「家族関係申告書」でも受付可能です。
    家族関係申告書
  • パートナーシップ関係
    「地方自治体などで発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書」が必要となります。

まとめ

この記事ではau携帯スマホを契約中の方がコミュファ光を契約すると割引が適用可能なauスマートバリューについて解説しました。

冒頭でもご紹介しましたが、最後にauスマートバリューの適用条件や割引額、対象者などをまとめた表は以下です。

auスマートバリュー概要
適用条件コミュファ光の
ネット契約+光電話加入
割引額毎月最大1,100円
au契約プランにより割引額が異なる。
割引対象auモバイル契約
対象者コミュファ光の契約者
+契約者の同居する家族
最大10回線まで
50歳以上なら別居でも可
適用方法My au、電話、auショップ

au携帯スマホを契約中の方がコミュファ光のインターネット契約に加えて「光電話」へ加入することでauスマートバリューが適用可能となります。

auスマートバリュー適用条件はこちら

auスマートバリュー適用されるとau携帯スマホ代が毎月最大1,100円割引されます。
しかし、毎月の割引額は契約中のau携帯スマホのプランによって異なります。

auスマートバリュー割引額はこちら

auスマートバリューはコミュファ光の契約者以外でも同居する家族や離れて暮らす50歳以上の家族も割引が適用可能です。

ABOUT US

長井
トクハヤネットの監修者・執筆者です。フレッツ光をはじめ各社プロバイダやソフトバンク、イーモバイル(現ワイモバイル)のインターネット回線の元販売員として活動していた経験多数。