商標登録取得のお知らせ

コミュファ光と楽天ひかりを徹底比較!様々な違いを理解して契約先を決めよう!

コミュファ光と楽天ひかりのどちらが良いかお悩みですね。

コミュファ光も楽天ひかりもサービス名に「光(ひかり)」と付く事からお解りのように光回線を利用してインターネットに接続するサービスで共有しています。

しかし、契約時に発生する工事費などの初期費用、毎月の支払いとなる月額料金、契約できる都道府県(提供エリア)、そして契約時の特典内容など様々な違いがあるためどちらと契約するか悩む人も多いです。

この記事では様々な違いを比較しながらどっちと契約するか解説していきますが、「コミュファ光と楽天ひかり」どちらと契約するか判断する簡単な方法を冒頭にご紹介します。

サービス名おすすめの方
コミュファ光
  • auのスマホ契約者の方
  • 東海地方(長野県含む)の方
  • 速度を重視する方
楽天ひかり
  • 楽天会員の方
  • 楽天モバイル契約者の方
  • 東海地方(長野県含む)以外の方

au携帯スマホを契約中で東海地方(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県)にお住まいで、インターネットの速度を重視されているは「コミュファ光がおすすめです。

また、楽天市場をよく利用する楽天会員で楽天モバイルの契約している方には「楽天ひかりをおすすめします。

上記のおすすめ理由を含めて以下では、コミュファ光と楽天ひかりの2社で契約を悩んでいる方に、サービスの提供会社の違いや使用している回線の違い、そして契約可能な提供エリア、速度、月額料金に至るまで知っておくべき違いを比較しながら解説していきます。

※以下、表示金額はすべて「税込」です。

何が違う?コミュファ光と楽天ひかりを徹底比較!

コミュファ光と楽天ひかりのどっちと契約しようか悩んでいる方は、それぞれの違いをよく理解すると契約すべきサービスがどちらかが自然と見えてくるものです。

コミュファ光と楽天ひかりの違いについては以下を最低限理解しておきましょう!

契約前に知っておくべき違い
  1. サービスを提供している会社が違う
  2. インターネットに接続する回線が違う
  3. 契約できる都道府県(提供エリア)が違う
  4. 利用可能な最大通信速度が違う
  5. 契約時に発生する初期費用が違う
  6. 毎月支払う月額料金が違う

上記6つの違いを理解できれば、おのずと契約すべき方が解ってきます。

それでは以下で各違いを詳しく解説します。

違い① サービスを提供している会社が違う

大前提として理解しておくべきコミュファ光と楽天ひかりの違いはサービス提供会社の違いです。

サービス名提供会社
コミュファ光中部テレコミュニケーション株式会社
(KDDIグループ)
楽天ひかり楽天モバイル株式会社
(楽天グループ)

コミュファ光を提供しているのは中部テレコミュニケーション株式会社です。

中部テレコミュニケーション株式会社は携帯スマホで有名な「au」を提供しているKDDIグループ会社でもあるため、auユーザー限定で「auスマートバリュー」などのセット割が適用可能です。

一方、楽天ひかりを提供しているのは楽天モバイル株式会社です。

楽天ひかりを契約している楽天会員が楽天市場で買い物をするとポイントが+1倍される特典があります。

ワンポイントアドバイス
auスマホ契約者がコミュファ光のネット契約+光電話加入でauとのセット割「auスマートバリュー」が適用でき、適用後はauスマホ代が毎月最大1,100円割引になる特典があります。

楽天ひかりと楽天モバイルのセット割はありません。
しかし、楽天ひかりと楽天モバイルの両方を契約すると楽天市場での買い物でポイントが3倍になるほか、1年間は楽天ひかりが無料で利用できるなどの特典があります。

詳しくは後ほど解説します。

違い② インターネットに接続する回線が違う

コミュファ光も楽天ひかりもインターネット接続に利用する回線は「光回線」です。

コミュファ光と楽天ひかりではインターネット接続する「光回線」に違いがあります。

サービス名ネット接続する
光回線
コミュファ光コミュファ光が自社で持つ光回線
(独自回線)
楽天ひかりNTT東西の光回線を借りている
(NTTフレッツ光回線)

コミュファ光でインターネットに接続するための「光回線」は、サービス提供会社でもある中部テレコミュニケーション株式会社(ctc)が独自で所有している光回線を利用します。

※コミュファ光は自社の光回線(独自回線)を利用している。

一方、楽天ひかりはどうでしょうか…

楽天ひかりで利用する「光回線」はNTT東日本・NTT西日本が所有する光回線を借りて提供されています。

※楽天は光回線を所有していないためNTT東西からフレッツ光の回線を借りている。

このようにNTT東日本・NTT西日本の光回線を借りて提供しているサービスを「光コラボ」と呼びます。

光コラボについて
楽天のように自社で回線を所有しておらず、NTT東西から回線を借りて自社サービスとして提供している「光コラボ」は楽天ひかり以外にも、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光、ニフティ光、ソネット光などが数十種類のサービスがあります。
ワンポイントアドバイス
楽天ひかりはNTT東西の回線を他社光コラボと共有して利用しているため、どうしてもインターネットの利用者が増加する時間帯や曜日には速度が低下する現象が発生する場合があります。

しかし、コミュファ光はどのサービスとも共有していない独自回線を利用してインターネットに接続するため、コミュファ光は光コラボ(楽天ひかりなど)よりも速度が速く安定している傾向にあります。

後ほど詳しく解説します。

違い③ 契約できる都道府県(提供エリア)が違う

コミュファ光と楽天ひかりは契約可能な都道府県(提供エリア)に大きな違いがあります。

サービス名契約可能な都道府県
(提供エリア)
コミュファ光5県限定
※愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県
楽天ひかり全国

コミュファ光のサービスを提供する中部テレコミュニケーションは以前は中部電力の子会社でした。(現在はKDDIグループ会社です。)その為、中部電力管轄の愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県の合計5県のみでコミュファ光を提供しています。

一方、楽天ひかりは全国に広げられてたNTT東西の回線を利用しているため、楽天ひかりを契約できる都道府県(提供エリア)は全国です。

※NTT東西の回線は全国カバー率は約95%と言われています。

ワンポイントアドバイス
コミュファ光の提供エリアは愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県なので、東京都では契約することはできません。また、コミュファ光を愛知県で契約後に東京都へ引越しする場合は解約するしか方法がありません。

後ほど詳しく解説します。

違い④ 利用可能な最大通信速度が違う

インターネットをする上で通信速度は重要なポイントです。

コミュファ光の場合は契約プランによって最大通信速度に違いがあります。
一方、楽天ひかりはどの契約プランも最大通信速度が1Gbpsです。

「戸建住宅用プラン」と「集合住宅用プラン」に分けて最大通信速度の違いを比較してみます。

戸建住宅用プランの最大通信速度

戸建住宅用プランはコミュファ光の場合は5つ、楽天ひかりの場合は1つです。

コミュファ光
契約プラン最大通信速度
10Gホーム EX10Gbps
5Gホーム EX5Gbps
1Gホーム1Gbps
300Mホーム300Mbps
30Mホーム30Mbps
楽天ひかり
契約プラン最大通信速度
ファミリー
プラン
1Gbps

コミュファ光の最も速度が速い「10Gホーム EX」の最大通信速度は10Gbpsです。また、一般的なプラン「1Gホーム」の最大通信速度は1Gbpsです。

※300Mホーム、30Mホームは最大通信速度が遅いのでおすすめしません。

また、楽天ひかりの戸建住宅用プランは1つで「ファミリープラン」です。
ファミリープランの最大通信速度は1Gbpsです。

集合住宅用プランの最大通信速度

集合住宅用プランはコミュファ光の場合は6つ、楽天ひかりの場合は1つです。

コミュファ光
契約プラン最大通信速度
10GマンションF EX10Gbps
5GマンションF EX5Gbps
1Gマンション1Gbps
300MマンションF300Mbps
30MマンションF30Mbps
100MマンションV/L100Mbps
楽天ひかり
契約プラン最大通信速度
マンション
プラン
1Gbps

コミュファ光の最も速度が速い「10GマンションF EX」の最大通信速度は10Gbpsです。また、一般的なプラン「1Gマンション」の最大通信速度は1Gbpsです。

※300MマンションF、30MマンションFは最大通信速度が遅いのでおすすめしません。

また、楽天ひかりの集合住宅用プランは「マンションプラン」のみで最大通信速度は1Gbpsです。

ワンポイントアドバイス
インターネットの速度は「最大通信速度」と呼ばれる回線提供事業者が提示している最大速度の数値で「ベストエフォート方式」です。ベストエフォート方式は理論上の数値であり通信速度を保証していません。

実測は最大通信速度の3~6割程度です。

違い⑤ 契約時に発生する初期費用が違う

インターネット契約では初期費用として登録料(手数料)や開通工事費などの支払いが発生します。

コミュファ光と楽天ひかりも例外なく初期費用の支払いが契約時に発生しますが、契約事務手数料(初期登録料)と工事費に違いがあります。

※2021年9月1日現在

サービス名契約事務手数料
(初期登録料)
開通工事費
コミュファ光770円
今なら無料!
27,500円
今なら無料!
楽天ひかり880円
  • 戸建住宅の場合
    月々550円×36回
    (総額19,800円)
  • 集合住宅の場合
    月々458円×36回
    (総額16,488円)

参照:初期費用無料料金表

コミュファ光の契約時に支払いが発生する「契約事務手数料(770円)」と「開通工事費(27,500円)」は現在どちらも無料なので初期費用の負担なく契約可能です!

一方、楽天ひかりの契約事務手数料は880円です。
また、開通工事費は月々36回分割払いで支払っていくシステムで、戸建住宅の工事費は550円の36回払い(19,800円)、集合住宅の工事費は458円の36回払い(16,488円)です。

違い⑥ 毎月支払う月額料金が違う

最後に解説する違いは月額料金です。

コミュファ光は契約するプランによって最大通信速度と月額料金に違いがあります。

以下、コミュファ光と楽天ひかりの月額料金を「戸建住宅用プラン」と「集合住宅用プラン」に分けて解説します。

コミュファ光は自動更新あり(2年定期契約)した場合の月額料金です。
楽天ひかりの契約期間は3年間(自動更新あり)です。

戸建住宅用プランの月額料金

コミュファ光
契約プラン月額料金
10G
ホーム EX
1年目:4,980円
2年目以降:5,280円
5G
ホーム EX
1年目:4,780円
2年目以降:5,715円
1G
ホーム
1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
300M
ホーム
5,225円
30M
ホーム
4,191円
楽天ひかり
契約プラン月額料金
ファミリー
プラン
  • 楽天モバイル契約者の場合
    1年目:0円
    2年目以降:5,280円
  • 楽天モバイル契約者以外
    1年目:3,080円
    2年目以降:5,280円

集合住宅用プランの月額料金

コミュファ光
契約プラン月額料金
10G
マンションF EX
1年目:4,980円
2年目以降:5,280円
5G
マンションF EX
1年目:4,780円
2年目以降:5,715円
1G
マンション
1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
300M
マンションF
5,225円
30M
マンションF
4,191円
100
マンションV/L
1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
楽天ひかり
契約プラン月額料金
マンション
プラン
  • 楽天モバイル契約者の場合
    1年目:0円
    2年目以降:4,180円
  • 楽天モバイル契約者以外
    1年目:1,980円
    2年目以降:4,180円

参照:料金メニュー料金表

コミュファ光と楽天ひかりのメリットで契約先を判断しよう

上記では最低限知っておくべきコミュファ光と楽天ひかりの6つの違いを比較しながら解説しました。

このコミュファ光と楽天ひかりの違いからメリットとデメリットが見えてきますので、契約申込前の方でどちらの契約するかを悩んでいる方は判断材料としてください。

メリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
コミュファ光
  • 独自回線で実測が速い
  • au契約者ならセット割が適用可能
  • 初期費用の負担なく契約できる
楽天ひかり
  • NTT東西の回線でエリアが広い
  • 他社光コラボへ工事不要で乗換可能
  • 楽天モバイル契約者は1年間無料
デメリット
コミュファ光
  • 提供エリアが5県限定
  • 他社への乗換は工事が必要
楽天ひかり
  • セット割がない
  • 回線共有で速度が遅い可能性

上記のようなメリット・デメリットから以下のような方にコミュファ光と楽天ひかりをおすすめします。

おすすめ回線はコレ!
  • インターネットの速度を重視する方は「コミュファ光」
  • 契約後に他社へ工事不要で乗り換えたいなら「楽天ひかり」
  • auスマホ契約者ならセット割がある「コミュファ光」
  • 楽天モバイル契約者なら1年間無料の「楽天ひかり」
  • 初期費用の支払いなしで契約したいなら「コミュファ光」
  • 転勤族など引越しが多い方は「楽天ひかり」

以下で詳しく解説します。

インターネットの速度を重視する方は「コミュファ光」

インターネットの速度を重視している方楽天ひかりより「コミュファ光」がおすすめです!

「違い① サービスを提供している会社が違う」でも解説したように、コミュファ光はどこのサービスとも回線を共有せずに独自回線でインターネットに接続しています。

一方、楽天ひかりはNTT東西の回線を他社光コラボサービスと共有して利用しています。

その為、独自回線を利用するコミュファ光の方が速度が速い傾向にあります。

以下は、コミュファ光と楽天ひかりの利用者が直近3ヶ月に計測してインターネットの「平均実測」です。

※2021年9月1日現在のものです。

サービス名平均実測
コミュファ光456.39Mbps
楽天ひかり191.22Mbps

出典:みんなのネット回線速度

数値の単位が大きければその分インターネットの速度が速いことを示しています。

コミュファ光の平均実測は456.39Mbps、楽天ひかりの平均実測は191.22Mbpsです。

楽天ひかりよりもコミュファ光の方が約2.4倍の速度でインターネットが利用できることが解ります。

こんな方はコミュファ光!
インターネットの速度重視ならコミュファ光で決まり!

契約後に他社へ工事不要で乗り換えたいなら「楽天ひかり」

契約後に他社へ乗り換える可能性がある方コミュファ光より「楽天ひかり」がおすすめです!

楽天ひかりはNTT東西の回線を利用した「光コラボ」です。

他社光コラボも同様にNTT東西の回線を利用しているので、楽天ひかりから他社光コラボへの乗り換えは「事業者変更」という手続きで工事不要で乗り換えることが可能です。

事業者変更とは
他社光コラボも同じNTT東西の回線を利用しているので既に利用している回線を再利用して開通工事をすることなく契約だけを簡単に乗り換えることができます。光コラボ間を工事不要で乗り換える手続きを「事業者変更」と言います。

例えば、楽天ひかり契約後に同じ光コラボである「ソフトバンク光」へ契約を乗り換える場合には「事業者変更」手続きを行うだけで工事不要で簡単に乗り換えることができます。

こんな方は楽天ひかり!
契約後に簡単に他社へ乗り換える可能性があるなら楽天ひかりで決まり!

auスマホ契約者ならセット割がある「コミュファ光」

auのスマホを契約している方なら楽天ひかりより「コミュファ光」がおすすめです!

auユーザーがコミュファ光のネット契約に加えて光電話も加入することで「auスマートバリュー」と呼ばれるセット割が適用できます。

auスマートバリュー
適用条件コミュファ光
ネット+光電話契約
対象者
  • auモバイル契約者
  • auスマートバリュー
    適用者の家族
    最大10回線まで適用可
割引額auのスマホ請求額から
毎月最大1,100円割引!
契約中のauプランで異なる

対象者であるauモバイル契約者がコミュファ光の「ネット+光電話」を契約することでauスマートバリューが適用可能となり、auスマホ代が毎月最大1,100円割引されます。

また、auスマートバリューを適用したコミュファ光契約者の家族のauスマホも最大10回線までなら申請すれば割引適用可能なので、auスマホユーザーが多い家族はお得です!

auスマートバリューの割引額はauモバイル契約プランによって異なっています。

au契約プラン割引額
  • ピタットプラン 5G
  • ピタットプラン 4G LTE
    (新auピタットプランN)
550円
※1GBまでは対象外
  • 使い放題MAX 5G
    ALL STAR パック
  • 使い放題MAX 5G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 5G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 5G
    with Amazonプライム
  • 使い放題MAX 5G
  • 使い放題MAX 4G
    テレビパック
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック(P)
  • 使い放題MAX 4G
    Netflixパック
  • 使い放題MAX 4G
1,100円
  • ピタットプラン 5G(s)
  • ピタットプラン 4G LTE(s)
550円
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円
タブレットプラン201,100円

その他のauプランの割引額

こんな方はコミュファ光!
auスマホを契約中の方、そしてauスマホの家族が多い方ならコミュファ光で決まり!

楽天モバイル契約者なら1年間無料の「楽天ひかり」

楽天モバイルでスマホを契約している方ならコミュファ光より「楽天ひかり」がおすすめです!

楽天モバイル契約者が楽天ひかりを契約すると1年間無料で楽天ひかりを利用できる点はメリットです。

楽天ひかり
契約プラン月額料金
ファミリープラン
(戸建住宅)
楽天モバイル契約者の場合
1年目:月額料金が無料!
2年目以降:月額5,280円
マンションプラン
(集合住宅)
楽天モバイル契約者の場合
1年目:月額料金が無料!
2年目以降:月額4,180円

楽天モバイル契約者が楽天ひかりを契約すると「ファミリープラン」「マンションプラン」ともに1年間は月額料金が無料でインターネットを利用できてしまいます!

こんな方は楽天ひかり!
楽天モバイルを契約中で1年間無料で利用したいなら楽天ひかりで決まり!

初期費用の支払いなしで契約したいなら「コミュファ光」

契約時の初期費用のコストを抑えたい方なら楽天ひかりより「コミュファ光」がおすすめです!

コミュファ光は2021年9月1日現在、キャンペーンを実施中でコミュファ光のインターネット契約をキャンペーン期間中に契約すると本来支払いが必要な契約事務手数料と開通工事費が無料です。

コミュファ光
契約事務手数料無料!
開通工事費無料!

コミュファ光は契約時の初期費用として契約事務手数料770円、開通工事費27,500円の合計28,270円の支払いが発生しますが現在は初期費用負担なく契約することができます。

こんな方はコミュファ光!
初期費用の負担なく契約したい方ならコミュファ光で決まり!

転勤族など引越しが多い方は「楽天ひかり」

コミュファ光が契約可能な都道府県は以下の5県です。

コミュファ光提供エリア
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県

上記の都道府県にお住まいならコミュファ光もおすすめです。

しかし、契約後に上記5県以外へ引越しするかもしれない方コミュファ光より「楽天ひかり」がおすすめです!

コミュファ光を契約後に提供エリア外(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県以外)へ引越しする場合にはコミュファ光を解約して、引越し先で違うインターネット契約をする必要があります。

しかし、楽天ひかりはNTT東西の回線を利用しているため提供エリアは全国です。
その為、引越しが決まっても楽天ひかりを解約することなく引越し先でも継続契約可能です。

※但し、引越し先がNTT東西の提供エリア外の場合は楽天ひかりも解約が必要です。

こんな方は楽天ひかり!
インターネット契約後に引越しの可能性がある方なら楽天ひかりで決まり!

コミュファ光と楽天ひかりのお得な申込方法

この記事ではコミュファ光と楽天ひかりの違いを比較してメリットとデメリットからどちらと契約した方が良いかまでを詳しく解説してきました。

そこで最後にコミュファ光と楽天ひかりをお得に申し込む方法をご紹介します。

コミュファ光の契約で最大60,000円が受取れる代理店

コミュファ光の契約申込を受け付けている正規代理店は多く存在していますが、特におすすめするのが正規代理店NNコミュニケーションズです。

正規代理店NNコミュニケーションズではコミュファ光の契約を受け付ける申込受付サイトを自社運営しています。

NNコミュニケーションズの申込受付サイトでコミュファ光を契約するNNコミュニケーションズ限定特典として契約者に最大35,000円がキャッシュバックされます。

代理店NNC
限定特典
  • 集合住宅プランで
    35,000円キャッシュバック
  • 戸建住宅プランで
    30,000円キャッシュバック
コミュファ光
公式特典
最大25,000円キャッシュバック

正規代理店NNコミュニケーションズでコミュファ光の集合住宅プランを契約すると35,000円、戸建住宅プランを契約すると30,000円がキャッシュバックされます。

また、コミュファ光契約者全員を対象とした公式特典も併用受取が可能で、コミュファから最大25,000円がキャッシュバックされます。

コミュファ光をNNコミュニケーションズの申込受付サイトで契約するだけで最大60,000円が受取れるチャンスです!

\最大60,000円受取可能/
コミュファ光の申込受付サイト
正規代理店NNコミュニケーションズ

楽天ひかりの契約申込は公式サイトがおすすめ!

楽天ひかりは、楽天モバイルショップや一部の家電量販店でも契約申し込みが可能ですが来店するのが面倒です。

楽天ひかりはサービス提供会社の楽天モバイル公式サイトで申し込みしましょう!

もちろん、公式サイトで楽天ひかりを契約しても最大1年間無料特典も付いてきます。

特典内容楽天ひかりの月額基本料
最大1年間無料!
※開通月を含む12ヶ月間
対象
サービス
  • 楽天モバイル
    Rakuten UN-LIMIT VI
  • 楽天ひかり
    ファミリープラン、
    マンションプラン
対象者
適用条件
  • 楽天ひかりを
    公式サイトで申し込む
  • 楽天ひかりを申込月から
    4ヶ月以内に開通する
  • 楽天ひかり申込時点で
    楽天モバイル利用開始済み

楽天モバイル未契約者でも「楽天ひかり」の申し込み翌月15日23:59までに楽天モバイルを契約すれば楽天ひかり最大1年間無料特典の対象となります。

また、楽天モバイルを契約しなくても楽天ひかりの月額料金は1年間ファミリータイプは月額3,080円、マンションタイプは月額1,980円で利用できます!

\最大1年間無料/
楽天ひかりの申込はこちら
楽天モバイル公式サイト

まとめ

この記事ではコミュファ光と楽天ひかりのどちらと契約すべきか悩んでいる方向けに、様々な違いを比較しながら解説して、その違いから導き出したメリットとデメリットからおすすめの契約先をご紹介しました。

コミュファ光と楽天ひかりの違いは以下でした。

コミュファ光と楽天ひかりの違い
  1. サービスを提供している会社が違う
  2. インターネットに接続する回線が違う
  3. 契約できる都道府県(提供エリア)が違う
  4. 利用可能な最大通信速度が違う
  5. 契約時に発生する初期費用が違う
  6. 毎月支払う月額料金が違う

これらの違いを整理した上で契約した方が良いおすすめの回線はこちらです。

  • インターネットの速度を重視する方は「コミュファ光」
  • 契約後に他社へ工事不要で乗り換えたいなら「楽天ひかり」
  • auスマホ契約者ならセット割がある「コミュファ光」
  • 楽天モバイル契約者なら1年間無料の「楽天ひかり」
  • 初期費用の支払いなしで契約したいなら「コミュファ光」
  • 転勤族など引越しが多い方は「楽天ひかり」

何となくコミュファ光と楽天ひかりのどちらと契約するかが見えてきたのではないでしょうか?

コミュファ光を正規代理店のNNコミュニケーションズの受付サイトで契約すれば最大60,000円が受取れます。また、楽天ひかりは公式サイトで契約すれば楽天モバイル契約者なら1年間無料で楽天ひかりを利用することができます。