商標登録取得のお知らせ

事業者変更が出来ないビビック光へ光コラボから乗り換える方法!

ビビック光は九州電力グループであるQTnetが提供している九州エリアのみで提供されているインターネット接続サービスです。KDDIのauスマホとの「auスマートバリュー」や九州電力との「九電セット割」のセット割が適用可能なので、ビビック光は九州に住んでいる人に人気があります。

その為、ドコモ光やソフトバンク光など代表する光コラボを契約中の人がビビック光へ事業者変更で契約を乗り換えを検討している人も多いです。

光コラボ間で契約を乗り換えられる「事業者変更」手続きは、ビビック光は光コラボではないので事業者変更が不可です。

監修者長井
アクセスありがとうございます。
「トクハヤネット」監修者の長井です。

この記事では、事業者変更が出来ないビビック光へ光コラボから契約を乗り換える方法を中心に解説しています。

光コラボではないビビック光は事業者変更が不可

「事業者変更」とは、2019年7月から開始されたインターネットの契約乗り換え手続きの事です。事業者変更で契約の乗り換えが可能なのは「光コラボ間」の契約のみです。

事業者変更の例
ソフトバンク光⇒ドコモ光
ドコモ光⇒ソフトバンク光
ソフトバンク光やドコモ光は「光コラボ」です。その為、例えばソフトバンク光を契約中ならドコモ光へ事業者変更手続きで工事不要で契約を乗り換える事が可能です。

事業者変更不可!
ビビック光は光コラボではありません。
その為、ビビック光は事業者変更で契約を乗り換える事が出来ません。

そこで以下では、ビビック光は事業者変更が出来ない理由を更に詳しく解説します。

事業者変更が可能な「光コラボ」とは

上記でご紹介したように、事業者変更は光コラボ間の契約を乗り換える手続き方法で、ビビック光は光コラボではないので事業者変更が出来ません。

光コラボとは
事業者変更可能な「光コラボ」とは、NTTフレッツ光の「光回線」を借りて提供されているインターネット接続サービスの事です。

ソフトバンク光やドコモ光など「光コラボ」と呼ばれているインターネット接続サービスは、NTTが所有しているフレッツ光の「光回線」を借りて提供されています。

光コラボの「光回線」はNTTが所有する「光回線」です。
光コラボは同じ「光回線」を利用しているので、光コラボ同士の契約の乗り換えは事業者変更という手続きをすれば「光回線」を再利用可能となるため工事不要となります。
監修者長井
事業者変更を簡単に説明すれば、NTTフレッツ光の光回線を再利用して乗り換える手続きの事なんです。

ビビック光が事業者変更不可の理由

ビビック光は独自回線
ビビック光で利用する「光回線」はビビック光を提供するQTnetが所有する独自の光回線を利用して提供されています。

ビビック光のインターネット接続で利用される「光回線」はQTnetが所有する回線が利用されています。上記で解説したように、光コラボはNTTのフレッツ光の光回線を借りて提供されています。

このように光コラボとビビック光で利用されている「光回線」に違いがあります。

質問者
光コラボとビビック光の光回線に違いがあるんですね!
監修者長井
事業者変更はNTTフレッツ光の「光回線」を利用しているサービス間の乗り換え手続きの事で、ビビック光はNTTフレッツ光の「光回線」ではないので事業者変更が出来ません。

契約中の光コラボから事業者変更不可のビビック光へ乗り換える方法

上記で解説したように、事業者変更でビビック光へ乗り換えが出来ません。では、契約中の光コラボからビビック光へ契約を乗り換えるにはどのような手続きが必要なのでしょうか?

光コラボからビビック光へ乗り換える大まかな流れは以下のようになります。

まず、ビビック光は事業者変更が出来ませんので「新規契約」の申し込みを行ってください。すると、ビビック光で利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が実施されます。

契約中の光コラボを最初に解約するとインターネットに接続出来ない期間が出来ますので、ビビック光の開通工事が実施されてビビック光が開通した後に光コラボを解約します。

以下で詳しく手順を解説します。

Step1.ビビック光を新規契約で申し込む

現在光コラボを契約中の人がビビック光へ契約を乗り換える場合、ビビック光の「新規契約」で申し込みを行います。

ビビック光は正規代理店の株式会社NEXTが運営しているキャンペーンサイトで新規契約の申し込みをすることをおすすめします。

キャッシュバック
株式会社NEXTのキャンペーンサイトでビビック光のインターネット契約を申し込み、さらに「指定オプションサービス2つ以上」契約する事で最大30,000円のキャッシュバックをゲットする事が出来ます!
\最大30,000円キャッシュバック/
正規代理店NEXT
キャンペーンサイトはこちら

Step2.ビビック光の開通工事を実施する

ビビック光の新規契約の申し込みが完了すると、次にビビック光で利用する「光回線」を宅内へ引き込む開通工事が実施されます。

工事が必要な理由はビビック光の「光回線」は光コラボの「光回線」とは別物だからです。光コラボで利用していた「光回線」をビビック光で再利用する事業者変更が出来ません。

その為、光コラボからビビック光へ乗り換える場合は、ビビック光で利用する「光回線」を新たに引き込む開通工事が実施されます。

ビビック光(BBIQ)の工事費について。初期費用の開通工事はいくら?

開通工事の実施時期

開通工事は申し込みから約1ヶ月後に実施されます。

監修者長井
申し込みが混み合っている時期では2ヶ月後になる場合もあるため、なるべく早く申し込みをすることをおすすめします。

開通工事の日時が決定したら

ビビック光の開通工事を実施する日時が決定したら、現在契約中の光コラボへ解約したい旨の連絡を前もって行っておきましょう。

監修者長井
光コラボによっては事前に解約の予約を行う事が可能です。解約の予約が可能な場合は、ビビック光の開通工事日や翌日に解約する予約をしておきましょう。

Step3.契約中の光コラボを解約する

ビビック光の開通工事が完了して、契約者自身でパソコンなどを使ってビビック光の回線でインターネット接続が出来るように初期接続設定を実施します。

無事にビビック光の回線でインターネットに接続出来れば、今まで契約していた光コラボを解約すれば乗り換えが完了です。

監修者長井
光コラボの契約内容によっては解約時に違約金などの解約費用を支払う必要があります。ビビック光へ乗り換えに伴う解約費用も以前に光コラボへ問い合わせしておく事をおすすめします。

まとめ

事業者変更不可のビビック光へ光コラボから契約を乗り換える方法を解説してみましたがいかがだったでしょうか。

光コラボはNTTの光回線を借りて提供されています。その為、光コラボ間の契約乗り換えは光回線を再利用可能な事業者変更手続きが可能です。しかし、ビビック光はNTTの光回線でなく、サービス提供しているQTnetの独自光回線を利用しているため、契約中の光コラボから事業者変更で契約を乗り換える事が出来ません。

契約中の光コラボからビビック光へ乗り換える場合には、ビビック光を新規契約して開通工事を実施する必要があります。

ビビック光の新規契約は正規代理店NEXT社が自社運営しているキャンペーンサイトで申し込むと最大30,000円のキャッシュバックを受けられるのでおすすめです!

ビビック光新規契約で
総額30,000円還元中
▼詳細はこちら▼
キャンペーンサイトはこちら