auひかりは事業者変更で乗り換え・再転用は可能なのか?

2019年7月1日より開始された「事業者変更」という手続きはauひかりでも可能なのか調べている人が多くいるようです。「事業者変更」は、現在契約しているインターネット契約から他社へ工事不要で手続きのみで乗り換えが可能な手続きです。

そこで今回は、事業者変更はKDDIが提供するインターネット接続サービス「auひかり」でも手続き可能かを中心に初心者向けにご紹介してみたいと思います。

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

アナログ戻しが不要!ドコモ光やソフトバンク光など光コラボ間の乗り換えでアナログ戻しがいらなくなる!

光コラボ間の事業者変更(再転用)が可能に!光コラボ間の乗り換えが簡単に!

事業者変更はauひかりでも手続き可能か

2019年7月1日から「事業者変更」という工事不要で他社へ乗り換えられる手続きが開始され、これを機に「auひかりでも事業者変更ができるの?」という人も増えてきています。

例えば、以下のような人です。

  • (契約中)auひかり ⇒(乗り換え先)光コラボ
  • (契約中)光コラボ ⇒(乗り換え先)auひかり

※「光コラボ」の正式名称は「光コラボレーション」です。

上記のように、現在auひかりを契約中で他社の光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)へ工事不要の「事業者変更」は出来ないのか?その逆で現在は光コラボを契約中でauひかりへ「事業者変更」出来ないのか?と考えている人がいるようなのです。

auひかりは事業者変更が不可

結論から先に申しますと、auひかり事業者変更は出来ません。

事業者変更は「契約中の光コラボ」から「他社の光コラボ」へ、又は「契約中の光コラボ」から「フレッツ光」へ工事不要で契約を乗り換える事ができる手続きの事です。

契約中 ⇒ 乗換先事業者変更
光コラボ ⇒ 光コラボ可能
光コラボ ⇒ フレッツ光可能
光コラボ ⇒ auひかり不可
auひかり ⇒ 光コラボ不可

例えば、光コラボである「ソフトバンク光」から同じく光コラボである「ドコモ光」へは事業者変更が可能です。また、光コラボである「ソフトバンク光」からNTTの「フレッツ光」へも事業者変更が可能です。

しかし、光コラボである「ソフトバンク光」から「auひかり」へは事業者変更できません。また、「auひかり」から光コラボである「ソフトバンク光」へも事業者変更ができません。

要は、auひかりは事業者変更が一切不可能という訳です。

管理人
なぜ、auひかりだけ工事不要で契約を乗り換えられる事業者変更が出来ないのかは、下記で詳しくご紹介します。

auひかりだけ事業者変更ができない理由とは

上記でご紹介したように、auひかりは工事不要で契約を乗り換えられる「事業者変更」の手続きが一切できません。しかし、インターネット契約の初心者の人にとっては「なぜ?」と疑問を持たれた人もいると思います。

そこでここからは、なぜauひかりは事業者変更が出来ないのかを初心者の人でもご理解頂けるようにご紹介したいと思います。

光コラボから光コラボ・光コラボからフレッツ光へ事業者変更できる理由

インターネット契約の初心者の人でも「NTTフレッツ光」というインターネット接続サービス名を一度は聞いた事があると思います。

フレッツ光はNTT東日本・西日本の「光回線」を利用

フレッツ光は「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスです。この「光回線」は簡単に言えばNTT東日本・NTT西日本が所有している光回線です。

では、光コラボレーションはどんな「光回線」を利用しているのでしょうか?

光コラボもNTT東日本・西日本の「光回線」を利用

光コラボレーションはドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光など約600社が提供しているインターネット接続サービスです。実はこれら光コラボレーションは自前の光回線を利用しておらず、フレッツ光でも利用されるNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて提供しているサービスです。

光コラボレーションの光回線 = NTT東日本・NTT西日本の光回線

要は、ドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボレーション」と呼ばれてるインターネット接続サービスで利用する「光回線」はNTT東日本・NTT西日本の「光回線」という訳です。

上記の説明をまとめると、以下のようになります。

  1. フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本の「光回線」利用している
  2. 光コラボもNTT東日本・NTT西日本の「光回線」利用している
  3. 光回線が同じだから「光コラボ」から「フレッツ光」へ工事不要で事業者変更が可能
  4. 光回線が同じだから「光コラボ」から「光コラボ」へ工事不要で事業者変更が可能
管理人
「フレッツ光」や「光コラボ」の光回線は同じだから、それぞれに契約を乗り換える際は「光回線」を再利用できる!だから、工事不要の「事業者変更」という手続きだけになる訳か!

auひかりが事業者変更できないのは光回線の違い

上記でご紹介したように、フレッツ光と光コラボ各社はNTT東日本・NTT西日本のまったく同じ「光回線」を利用してインターネットに接続しているサービスです。その為、光回線を再利用出来るので工事不要で事業者変更手続きだけで契約を乗り換える事が可能な訳です。

では、auひかりはどこの「光回線」を利用しているのでしょうか?

auひかりはKDDIの「光回線」を利用

auひかりでインターネット接続に利用される「光回線」はフレッツ光や光コラボ各社とは違い「KDDI」が所有する「光回線」を基本的に利用しています。

サービス名光回線
NTTフレッツ光NTT東日本・NTT西日本
所有の「光回線」
光コラボ各社
(ドコモ光やソフトバンク光など)
NTT東日本・NTT西日本
所有の「光回線」
auひかりKDDI所有の「光回線」

このように、フレッツ光と光コラボ各社が利用する「光回線」と、auひかりが利用する「光回線」には違いがあるのです。

auひかりが事業者変更できない理由
「光コラボ」から「auひかり」へ乗り換える、また「auひかり」から「光コラボ」へ乗り換える場合、「光回線」が違うので「光回線」を再利用できず、工事不要の事業者変更ができないのです。

auひかりから光コラボへ事業者変更できないならどうする?

auひかりを契約中の人が光コラボレーション事業者へ乗り換える場合、上記のような理由から工事不要の「事業者変更」という手続きができません。では、「auひかり」から「光コラボ」へ乗り換える場合にはどんな手続きが必要になるのでしょうか。

そこでここからは、「auひかり」から「光コラボ」へ乗り換える方法をご紹介してみたいと思います。

Step1. 乗り換え先の光コラボを新規契約する

auひかりから光コラボへ乗り換える場合には、auひかりで利用してきた「光回線」が光コラボでは再利用できないので事業者変更の手続きで乗り換えられません。

その為、まずは乗り換え先となる光コラボ新規契約をします。

光コラボと新規契約する

乗り換え先となる光コラボが開通してインターネットに接続出来る前にauひかりを先に解約してしまうと、インターネットに接続できない期間が生まれてしまいます。その為、auひかりを解約する前にまずは乗り換えしたい「光コラボ」の新規契約する申し込みをしましょう。

主要な光コラボのお得に新規契約できるキャンペーンサイトは以下です。

光コラボの申し込みの際、または契約内容の確認電話があった際に「auひかりからの乗り換え」である旨を伝えるとスムーズでしょう。
管理人
auひかりから光コラボへ乗り換えは事業者変更手続きができないので、まずは乗り換える光コラボへ新規契約の申し込みをするんですね。

Step2. 開通工事日の日程調整と工事の実施

光コラボへの新規契約の申し込みが成立すると、次はNTTの委託工事業者から電話があります。

上記でもご紹介しましたが、光コラボで利用する「光回線」はNTT東日本・NTT西日本の光回線を利用してインターネットに接続します。その為、光コラボの新規契約の申し込みが成立した後は、NTT東日本とNTT西日本の委託工事業者が自宅へ来てから「光回線」を引き込む開通工事を実施します。

光コラボで利用する光回線の工事

開通工事には立ち合いが必要となる為、開通工事の日程調整の電話があるのです。

開通工事が終了するとパソコンなどで光コラボでインターネットが接続できるように設置したら無事に終了です。

管理人
光コラボで利用するNTTの委託工事業者から電話があり開通工事をする日程調整があり、当日に1時間程度の工事が行われます。工事後は設定をして無事に光コラボでのインターネット接続が完了します。

Step3. auひかりを解約する

無事に光コラボへ乗り換えられたら、次に今まで契約していたauひかりを解約します。

光コラボが開通したらauひかりの解約手続き

auひかりの解約方法は、auひかりで利用していた「プロバイダ」へ電話で連絡します。どのプロバイダをauひかりで利用していたか解らない人は、契約書などで確認してください。

auひかりで
契約していた
プロバイダ
auひかりの
解約の申し出先
au one net0077-777
もしくは0120-22-0077
受付時間:9時~20時
@nifty0570-03-2210
もしくは03-6625-3232
受付時間:10時~19時
@TCOM0120-805-633
受付時間:
10時~19時(平日)
10時~18時(土日祝)
ASAHIネット0120-577-108
もしくは03-6631-0856
受付時間:10時~17時
BIGLOBE0120-86-0962
もしくは03-6385-0962
受付時間:9時~18時
DTI0570-00-4740
受付時間:10時~17時(平日)
So-net0120-80-7761
受付時間:9時~18時

auひかりを解約する際には、契約期間や契約内容によって違約金(解約金)の支払いが必要な場合があります。また、レンタルしていた機器を返却する手続きも必要です。更には、auひかりで利用してきたオプションサービスやメールアドレスなども解約により利用出来なくなります。

Step4. 場合によってはauひかりの回線撤去工事が必要

上記のStep3までが通常の「auひかり」から「光コラボ」への乗り換えは完了です。

auひかりの回線撤去工事が必要な場合あり

しかし、場合によってはauひかりで利用してきた「光回線」を撤去する回線撤去工事を義務として実施なくてはならない場合があります。

詳しくは以下の関連記事にてご確認ください。

【初心者向け】auひかり ホームの回線撤去義務化と工事費値上げ!拒否すると賠償金請求!?

上記ように、auひかりから光コラボへの乗り換えは、工事不要で簡単な事業者変更手続きはできず、光コラボを新規契約して光コラボで利用する光回線の開通工事をし、その後auひかりを解約。場合によってはauひかりの解約後に回線撤去工事までしなくてはなりません。
管理人
auひかりって光コラボとは違って事業者変更手続きのように簡単には乗り換えが出来ずに面倒ですね・・・。

まとめ

今回はauひかりは事業者変更が可能かを中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。工事不要で光回線を再利用して乗り換えができる事業者変更の手続きは、光コラボ間、もしくは光コラボからフレッツ光への契約の乗り換えで手続きが可能です。簡単な事業者変更手続きだけで乗り換えができる理由は、光コラボ各社とフレッツ光は全く同じNTT東日本・NTT西日本の光回線を利用しているからです。一方、auひかりは基本的にKDDIの光回線を利用しています。その為、光コラボとauひかりの光回線はまったく違う為、事業者変更のように光回線が再利用できず開通工事を伴う面倒な乗り換えになってしまいます。

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!