【初心者向け】auひかり ホームの回線撤去義務化と工事費値上げ!拒否すると賠償金請求!?

一戸建てをメインとしたKDDIの「auひかり ホーム」を解約した際、利用してきた光回線の撤去工事費が高いのではないかとネット上で議論されています。撤去工事費の支払いを拒否すると賠償金も請求されてしまうようです。

これから「auひかり ホーム」を申し込もうとしている人には気になるニュースですよね。

そこで今回は初心者の人にも解りやすいように「auひかり ホーム」を解約した後に支払わなくてはならない撤去工事費やなぜ回線を撤去しなければいけないのかなどを解説してみたいと思います。

まず「auひかり ホーム・マンション」のおさらい

「auひかり ホーム」の撤去工事費などについて解説する前に、auひかりのプランの違いを理解していた方が解りやすいです。

そこで、まずKDDIが提供しているインターネット接続サービスauひかりのプランについて説明します。

  • auひかり マンション
  • auひかり ホーム

auひかりのプランを大きく分けると「auひかり マンション」と「auひかり ホーム」の2つのプランがあります。

この2つのプランは選べる訳ではなく、auひかりでインターネットをする建物によって分けられます。

スポンサーリンク

auひかり マンションが利用できる建物

「auひかり マンション」は、マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの人向けのプランです。

集合住宅の建物の共有部分に【接続装置】がある場合のみ加入できるプランが「auひかり マンション」です。

集合住宅の接続装置があれば「auひかり マンション」に加入できる

まず、上記のイラストをご確認ください。
電柱から引き込まれたauひかりの光回線は、一旦集合住宅の共有部分にある【接続装置】と結ばれ、そこから各部屋へと回線が結ばれていますね。

管理人
このような装置があるマンションやアパートにお住まいの人であれば「auひかり マンション」に加入出来るんですね。

auひかり ホームが利用できる建物

今回、撤去工事費や賠償金で問題となった「auひかり ホーム」というプランは一戸建てにお住まいの人向けのプランです。

「一戸建て」以外にも、上記でご説明したように集合住宅に【接続装置】がない場合にも「auひかり ホーム」が適用されるプランです。

auひかり ホームは「一戸建て」か「集合住宅に装置がない場合」に加入する

まず、上記のイラストをご確認ください。
「auひかり ホーム」は基本的に一戸建ての建物が対象のプランで、一戸建ての建物に光回線をダイレクトに引き込みます。

また、住んでいる集合住宅に各部屋へ回線を結ぶ【接続装置】がない場合「auひかり ホーム」になります。理由は、一戸建てと同じようにauひかりを利用する部屋へ光回線をダイレクトに引き込むからです。

管理人
「auひかり ホーム」というプランは、光回線をダイレクトに引き込まなくてはならない一戸建てや接続装置がない集合住宅に住んでいる人向けなんですね。

と、ここまでauひかりの2つのプランについて解りやすく説明しました。
以下、本題であるauひかり ホームの撤去工事や費用について説明していきます。

auひかり ホームの解約時には回線撤去が義務?

上記でご説明したように「auひかり ホーム」に加入するのは、光回線をダイレクトに建物へ引き込まなくてはならない「一戸建て」や「装置がない集合住宅」に住んでいる人です。

今回ニュースになりネット上で議論されているのは、そんな「auひかり ホーム」の解約時に利用してきた光回線を撤去の義務化や工事費についてなのです。

以前は回線を撤去するか残すか選べた

2018年2月末までに「auひかり ホーム」を契約した人が解約した場合、ダイレクトに電柱から自宅へ引き込まれた光回線を「撤去する」か「そのまま残す」かを選択する事が可能でした。

今までは回線を残すか撤去か選択出来た。

auひかり ホームの解約時に「回線の撤去」を選択した人は、光回線を撤去するための撤去工事費10,000円を支払っていました。

管理人
以前は回線を「残す」か「撤去」か選べたけど撤去工事費を払わないといけないから、「auひかり ホーム」を解約する人のほとんどが、回線を残す「残置」を選択していたんですね!そりゃそうだ…。

回線撤去の義務化と工事費値上げ

上記で説明したように一戸建ての建物に住んでいる人向けのプラン「auひかり ホーム」は、解約する時に光回線をそのまま残すか撤去するかを選べたんです。

しかし!

2018年3月以降に「auひかり ホーム」を契約する人は、撤去するかしないかを選択できず「回線撤去は義務化」されました・・・。

さらに!

回線撤去をする際の撤去工事費が10,000円から28,800円の約3倍に値上げしたんです。

 2018年2月末までに
契約した人
 2018年3月1日以降に
契約した人
解約に伴う
回線
撤去するか残すか
選択可能
 撤去義務
撤去工事費  10,000円
(回線を残す場合は不要)
 28,800円
  1. 解約時の回線撤去工事の義務化
  2. 撤去工事に伴う工事費の値上げ
管理人
光回線の撤去を義務化して、さらに撤去工事費を値上げした事がニュースになっていたのね!

スポンサーリンク

なぜ、auひかり ホームは回線撤去を義務化したのか

KDDIがauひかり ホームの解約の際に利用してきた光回線の撤去を義務化したのには理由があるようです。

様々なニュースにも理由が書いてありましたが、初心者にも解りやすく説明したいと思います。

残された回線の保守・管理コストが限界

「auひかり ホーム」の解約時に回線撤去を義務化した理由の1つに、残された回線の保守や維持管理のコストはKDDIが負担しているからです。

上記でもご説明しましたが、auひかり ホームを解約した家庭は、利用してきた回線を「残す」か「撤去」するか選択出来た。しかし、撤去するには撤去工事費が必要なのでそのまま回線を残す家庭が多かった。

auひかり ホームを解約しても回線を撤去せずに残した場合、電柱から建物へ結ばれた残された回線は、雪の重みで切れたり、地震などの自然災害で緩んだりする度に、保守や維持管理をしなくてはなりませんでした。

残された回線の保守維持管理はKDDIが負担していた

この保守・維持管理の費用は、auひかり ホームを解約した人に請求出来る訳がないので、KDDI側が支払って負担していたんです。

回線の再利用を見込んでいたKDDI

では、なぜ、auひかり ホームを解約した家庭にコストを払ってまで、解約して利用しない回線を残せる選択をさせていたのでしょうか???

理由は簡単です!
auひかり ホームを解約した後でも、再契約をして欲しいKDDIの狙いがあったからです。

auひかりの再契約しれくれれば・・・

auひかり ホームを解約した家庭は、回線を撤去すると撤去工事費が必要だったため、工事費を支払う必要がない「回線を残す」という選択をしやすいようにしていました。

しかし、残った回線の維持管理費はKDDIにとっては負担となりますが「また、auひかりを再契約して欲しいな」という狙いがあってコストをかけて負担していたんです。

しかし、auひかりを再契約する家庭は少なく、コストをかけてまで残していた回線の再利用が進まなかったのです。

その為、「回線の撤去を義務化した」という訳です。

管理人
回線の撤去を義務化した理由が解ってきましたね。
結局、解約して利用しない回線を維持費を払ってまで残す事でKDDIは再契約を狙っていたけど、再契約する人が少ないからコストだけが膨らんでいたんだねー!

auひかり ホームの回線撤去工事費が高い!

回線の撤去を義務化した以外にもう1つ「回線撤去工事に伴う工事費の値上げ」が物議を呼んでいます。

回線撤去工事の値上げ対象者は2018年3月1日以降に「auひかり ホーム」を契約した人です。

 2018年2月末までに
契約した人
 2018年3月1日以降に
契約した人
撤去工事費  10,000円
(回線を残す場合は不要)
 28,800円

改定前に「auひかり ホーム」を契約した人は、解約後の回線撤去工事費は10,000円でした。しかし、改定後の2018年3月1日以降に「auひかり ホーム」を契約した人は解約後の回線撤去工事費が28,800円に値上げされたんです。

ネット上でも「高すぎ!」との声が上がっています。

撤去工事費28,800円の根拠とは

auひかり ホームの解約に伴う回線の撤去を義務化した上に、撤去工事費も10,000円から28,880円に値上げされました。では、この28,800円の根拠はあるのでしょうか?

全国平均の撤去費用が28,800円だった

KDDIの広報部によると、
auひかり ホームの回線撤去工事費の「平均は1件あたり約2万8800円」だったそうです。

それが28,800円の根拠となっているそうです。

という事は、改定前は解約者が撤去工事費を10,000円負担していた事から、KDDIは18,800円を代わりに負担していた事になります。

管理人
そのコストを軽減するためにKDDIが平均の撤去工事費用を計算して解約者に負担してもらう事になったんですね。

撤去工事を拒否すると賠償金!

2018年3月からauひかり公式サイトの「auひかり ホーム」を説明するページには、以下のような小さく書かれた文言が追加されました。

引用:https://www.au.com/internet/auhikari/charge/home/

また、本工事を拒否され、撤去できなかった場合は賠償金を請求いたします。

管理人
何だか「賠償金」って高額で怖いイメージ(笑)

auひかり ホームを解約して、電柱から建物までの回線を撤去する工事費が高いという理由で工事を拒否すると賠償金が請求されちゃうんですよ。

後から「賠償金という表現は適切ではなく維持費が正しい」とKDDI広報が訂正しています。

使わない回線も維持費がかかっている

実は解約した後でも回線を残したままにすると「回線を維持する費用」がかかっているのです。

知らない人もいると思いますが、auひかりの光回線は「KDDIの所有回線」「NTT東日本の所有回線」「NTT西日本の所有回線」の3つの回線を利用して提供されています。

回線撤去工事を拒否した場合、
auひかり ホームで利用してきた回線によって賠償金(維持費)が毎月請求されることになります。

利用してきた
回線種類
 賠償金(維持費)
KDDI  月額99円
 NTT東日本  月額341円
NTT西日本  月額577円

まとめ

今回はKDDIが一戸建てに住んでいる人に提供する光回線インターネット接続サービス「auひかり ホーム」を解約した際に改定された「回線撤去工事の義務化」と「工事費用の値上げ」を解りやすく解説してみましたがいかがだったでしょうか?ご理解いただけましたか?

例えば、auひかり ホームを解約して他のインターネット接続サービスへ乗り換えたい人ならソフトバンク光などがおすすめですよ。auひかりを利用してきた人がソフトバンク光へ乗り換えると、解約金や撤去工事費を最大10万円までソフトバンクが負担してくれるキャンペーンを実施しています。

auひかりからソフトバンク光へ
乗り換えるならコチラ
キャンペーンサイト 

苦情続出?auひかりの評判は本当に悪いのか徹底調査してみた!2018年最新版

2018.05.23

【エリア確認】auひかりの提供エリアを検索するチェック方法

2018.03.27

2018年10月版!auひかり新規加入キャンペーンを比較して最大限お得にしよう!

2018.02.02

【料金明細】auひかりの料金内訳を確認してみた。明細や請求書はどうする?

2016.04.15

スポンサーリンク