電力系会社の光インターネット回線とは?評判やサービス内容を調査した

光ファイバーを自宅に引いて高速のインターネットが利用できるサービスは様々ありますが、その中で電力会社系列の会社が光ファイバーのインターネット回線を提供しています。

電力系と他のインターネット接続サービスとの違いはあるのでしょうか?また、どの電力会社がインターネットサービスを提供しているのでしょうか?様々な点を切り取って調べてみました。

電力系インターネットよりもお得
auひかりなら高額キャッシュバック中
詳細はこちら

光インターネットを提供する電力系会社はどこ?

電力会社のグループ会社が光ファイバーのインターネット接続サービスを提供してます。すべての電力会社が一般家庭へのインターネット接続サービスを提供しているのではなく、現在は中部電力や関西電力、中国電力、四国電力、九州電力のグループ会社が提供しています。

どこの電力系会社がどんなサービス名でどこのエリアで提供しているのかを見ていきましょう。

電力系インターネットサービス一覧

サービス名 電力系 提供エリア
コミュファ光 中部電力系グループ
中部テレコミュニケーション
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
eo光 関西電力系グループ
ケイオプティコム
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県
メガエッグ 中国電力系グループ
エネルギアコミュニケーションズ
広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
Pikara 四国電力系グループ
ST Net
香川県、愛媛県、徳島県、高知県
BBIQ 九州電力系グループ
九州通信ネットワーク
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

上記表が現在一般家庭の光インターネット回線を提供している会社になります。

直接、電力会社がインターネットサービスを提供しているのではなく、各電力会社がグループ会社を作って、その会社が提供しているのです。その為、「電力系インターネット回線」と呼ばているのです。

撤退した電力系インターネット

過去には自社ブランド名でインターネット接続サービスを提供していた電力系会社がありました。以下のサービス名が既に撤退している電力系インターネット接続サービスです。

TEPCOひかり

東京電力系の「TEPCOひかり」というサービスがありましたが、2006年に撤退しています。撤退後は「ひかりone」というサービス名でKDDIが引き継ぎ、その後「auひかり」と名前を変えています。今ではauひかりは全国的に提供する光インターネットサービスとなっています。

ひかりふる

沖縄電力系の沖縄通信ネットワークが以前提供していたサービスが「ひかりふる」です。現在は新規申し込みを中止しています。現在は、沖縄セルラーの子会社となり「auひかり ちゅら」の光ファイバー回線を提供しています。

電力系インターネットを公式サイトで申し込むな!

現在、電力会社グループが提供しているインターネットサービスは、コミュファ光、eo光、メガエッグ、ピカラ、ビビックです。もちろん、各サービスには公式ホームページがあります。しかし、公式ホームページから申し込むと損します!

公式サイトから申し込むと損ですよ!

実は、申し込みの代行を行っている「正規代理店」のホームページから申し込んだ方がお得なのです。公式サイトで行っていないキャンペーンをやっていたり、キャッシュバック額が公式サイトよりも多かったりするので代理店のホームページから申し込むことを強くオススメします!

お得!電力系インターネット代理店

現在、ビビック以外の電力系インターネットの代理店サイトがありますので、そちらをご紹介します。電力系インターネットの正規代理店のホームページから申し込めば公式キャンペーンとは別に代理店独自のキャッシュバックキャンペーンなどがありお得に申し込むことができますよ。

電力系のプロバイダは必要なのか

上記で紹介している電力系のインターネット回線の契約時にプロバイダも契約しないといけないのでしょうか?そもそもプロバイダとはどのような役目をしているのでしょうか?

そもそもプロバイダとは

プロバイダはインターネット接続業者

プロバイダはインターネット接続業者

NTTのフレッツ光で例えると解りやすいと思います。

プロバイダはインターネット接続業者で、プロバイダまで結んでいるの回線がフレッツ光という光ファイバー回線です。フレッツ光でインターネットを利用する際の契約は、フレッツ光の「回線」+So-netなどの「プロバイダ」の両方と契約しなければなりません。

電力系回線とプロバイダはセット

回線もプロバイダも一緒

回線もプロバイダも一緒の会社(図例はeo光)

では、電力系の場合はどうでしょうか?

フレッツ光の場合は「回線」+「プロバイダ」の両方の契約が必要でしたが、電力系の場合は「回線」も「プロバイダ」も両方自社で持っているので1つの契約で済むのです。

ただし、中部電力系のコミュファ光はプロバイダも自社で持っていますが、提携している好きなプロバイダを選ぶこともできます。好きなプロバイダを利用する場合は別途プロバイダと契約が必要です。

電力系のインターネットは安い?高い?

毎月の利用料金は気になるところです。様々な光インターネットサービスがある中で電力系の料金は比較的安いと言われています。他社が高いと言われている理由としては、フレッツ光などの場合はフレッツ光回線料をNTTに、プロバイダ使用料をプロバイダ会社にそれぞれ支払わなくてはならないためです。

電力系は回線とプロバイダが込みの料金

電力系は回線とプロバイダが込みの料金

上記でも説明したように電力系のインターネット会社は「回線」も「プロバイダ」も持っているのでセットで提供しているため月額料金も安いと言われています。

ただ、フレッツ光やその他のサービスでも電力系よりも安くなる場合もありますのでよく比較した方がよいでしょう。

auひかりと電力系インターネットの関係

電力系のインターネットを調べていると各社のホームページに必ず「auスマホが安くなる」というような表示がされています。電力系各社とauはどんな関係があるのでしょうか?

auのスマホを使っているなら割引される

電力系各社とKDDIは提携関係にあります。

その為、auのスマホを利用している人が電力系各社のインターネットサービスを契約すると「auスマートバリュー」という割引が適用になるのです。

auの料金が割引に

auの料金が割引に

auの契約しているプランによって割引額は異なりますが、電力系のインターネットを利用するとauスマートバリューが適用になり最大で毎月2,000円もauの料金が割引されます。

auひかりも同様にお得に

今回は電力系のインターネットサービス「コミュファ光」「eo光」「MEGA EGG」「Pikara」「BBIQ」をご紹介しましたが、KDDIが提供する光ファイバーインターネットサービス「auひかり」もおすすめです。

auひかりは電力系同様にプロバイダ込みの月額料金ですので安いですし、auスマホなどの料金が割引になるauスマートバリューも適用になります。

お得なキャッシュバック

auひかりの正規代理店のホームページでauひかりを申し込むと最大7万円近くのキャッシュバックキャンペーンも行っているので、auひかりは電力系よりもお得に申し込むことができますよ。

電力系インターネットよりもお得
auひかりなら高額キャッシュバック
▼詳細はこちら▼

ピカラ光ネットのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較(2018年12月版)

2017.09.27

メガエッグ光キャッシュバックキャンペーンは公式だと損!?(2018年12月最新版)

2017.09.22

九州エリア限定ビビック光!フレッツ光より料金格安で評判もよし!

2016.07.22

関西電力のeo光は長割で料金割引!?auスマホ通話料金が毎月2000円引き!?

2016.06.06

コミュファ光のプロバイダ評判や速度、キャンペーン比較!auスマホも安くなる?

2016.03.31