ピカラ光電話の通話料や初期費用、オプションについて。今までの電話番号は変わるのか?

ピカラ光と言えば「インターネット接続サービス」だけだと思っている人もいるようですが、固定電話サービス「ピカラ光電話」も提供しています。自宅にNTT電話加入権がある固定電話を利用中でピカラ光のネット契約も考えている人なら「ピカラ光電話」に変更すると通話料や月額料金が安くなるのでおすすめです。

そこで今回は初心者でも解るように「ピカラ光電話」のサービス内容をご紹介すると共に、月額料金や通話料、初期費用などの費用面、そして、現在の固定電話番号はそのまま使えるのかなどをご紹介したいと思います。

ピカラ光ネット新規契約で
現金25,000円キャッシュバック中!
▼2019年6月30日まで!▼

ピカラ光ネットのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較(2019年6月版)

2017.09.27

ピカラ光の固定電話サービス「光でんわ」とは

ピカラ光電話の通話料などのサービス内容をご紹介する前に「一体、光でんわと一般加入電話の違いは何?」という初心者の方も多くいる事だと思います。

そこでまずは、ピカラ光電話とはどんなサービスなのかを初心者向けに解りやすくご紹介したいと思います。「そんなの知っている」という人は読み飛ばして頂いても構いません。

ネット接続でも利用する「光回線」を使った固定電話サービス

現在、携帯電話やスマホの普及で自宅に固定電話を置く家庭も少なくなってきていますね。以前は使われていた電話回線は「アナログ回線」や「デジタル回線(ISDN)」が一般的でした。

一昔前はアナログ回線やデジタル回線で通話していた

この「アナログ回線」や「デジタル回線」は15年ほど前にはインターネットに接続する為にも利用されてきましたが速度が大変遅かったです。しかし、現在はインターネットの速度が速い「光回線」が普及しました。

ピカラ光電話は「光回線」を利用する

そもそも「ピカラ光」というサービスは「光回線」を使って高速のインターネットが利用出来るサービスです。今回ご紹介する「ピカラ光電話」もインターネットに接続する為の回線「光回線」を利用した固定電話サービスなのです。

管理人
要はピカラ光電話は以前使っていた「アナログ回線」「デジタル回線」ではなく、インターネット接続にも利用される「光回線」を使った固定電話サービスなんですね。

光電話だけの契約は出来ない

後でご紹介しますが、ピカラ光電話はNTT一般加入電話(固定電話)よりも月額料金や通話料が安いので「ピカラ光電話だけを契約したい。」と考えている人もいるようです。

しかし、ピカラ光電話のみの契約は不可です。
ピカラのインターネット接続サービス「ピカラ光ネット」の契約が必要です。

そもそも「ピカラ光電話」はインターネット接続サービス「ピカラ光ネット」のオプションです。その為、「ピカラ光ネット」を契約していなければ固定電話サービスである「ピカラ光電話」は契約出来ないのです。

管理人
「ピカラ光電話」は「ピカラ光ネット」のオプションサービスなので、「ピカラ光電話」のみの契約は出来ないんですね。

電話番号は変わるのか

既に電話加入権ありのNTT一般加入電話を契約中で、長年同じ電話番号を使っている人は「ピカラ光電話にしてしまうと電話番号が変わるのでは?」と思っている人が意外に多いです。

ピカラ光電話を契約しても今までの電話番号は基本的に継続して利用可能です。

ピカラ光電話でもNTT加入電話で発番した電話番号は「番号ポータビリティ」という申請をNTT西日本に行う必要がありますが、ピカラが申請代行してくれるので面倒な手続きは必要ありません。

しかし、現在利用している電話番号を発番先によって継続利用できない場合があります。

【発番先】NTT西日本加入電話(電話加入権)ピカラ光電話でも継続可能
【発番先】他社の光電話ピカラ光電話でも継続不可

NTT西日本の一般加入電話(電話加入権あり)で発番された電話番号は、ピカラ光電話でも変わる事なくそのまま継続して利用可能です。

しかし、ピカラ光以外のインターネットサービスの光電話で発番した電話番号は継続して利用する事が出来ません。他社の光電話サービスからピカラ光電話へ契約を変更する場合は電話番号が変わってしまいます。

管理人
ピカラ光電話で利用する電話番号はNTT一般加入電話で発番されたものであれば継続して利用する事が出来るんですね。

ピカラ光ネット契約で25,000円キャッシュバック中

ピカラ光電話の通話料や月額料金について

上記でも少し書きましたが、ピカラ光電話の通話料や月額基本料金はNTT一般加入電話よりも安くなります。しかし、どのくらい安くなるのか知りたいですよね。

そこでここからは、ピカラ光電話で相手に通話した際の通話料、そして月額基本料金をNTT加入電話と比較もしながらご紹介したいと思います。

※下記に記載する金額はすべて税別です。

月額基本料金はたった500円

まずは、ピカラ光電話の月額基本料金をご紹介します。

ピカラ光電話
月額基本料金
1電話1回線につき
500円

ピカラ光電話の月額基本料金はたったの500円です。
この月額基本料金は通話料とは別に毎月支払いが必要な料金です。

この500円の中に「ナンバーディスプレイ」も標準で付いています。通常「ナンバーディスプレイ」をNTT一般加入電話で行う場合には月額400円が必要でがピカラ光電話では標準装備されているので無料で利用可能です。

「ナンバーディスプレイ」とは、電話が掛かってきた際に相手の電話番号を電話機に表示するオプションサービスの事です。

以下の表は「ピカラ光電話」と「NTT一般加入電話」の月額基本料金を「ナンバーディスプレイ」付で比較したものですのでご確認ください。

ピカラ光電話 NTT一般
加入電話
月額基本料 500円 1,660円
(プッシュ回線の場合)
ナンバー
ディスプレイ
400円
支払合計 500円 2,060円

NTT一般加入電話の「月額基本料金」と「ナンバーディスプレイ料」の合計支払い金額は毎月2,060円です。しかし、ピカラ光電話の「月額基本料金」はナンバーディスプレイ料込みで毎月500円です。

ピカラ光電話の方が毎月1,560円も安い計算です。年間にすると18,720円も安くなりますので、NTT一般加入電話を契約している人は、ピカラ光のインターネット契約と同時にピカラ光電話も契約するとお得になります。

管理人
ピカラ光電話とNTT一般加入電話の月額基本料には「ナンバーディスプレイ」も含まれているから、断然ピカラ光電話の方が毎月の支払いが節約出来ますね。

通話料もピカラ光電話は安い

上記でご紹介したように、ピカラ光電話の月額基本料金はNTT一般加入電話よりも安い事がご理解頂けたと思います。相手に電話をすると支払いが必要な通話料もピカラ光電話は安いです。

ピカラ光電話同士なら通話料無料です。

ピカラ光電話のすべての通話料をご紹介すると長くなるので、以下では知っておいて欲しい通話料のみを選別してNTT加入電話の通話料と比較してご紹介しています。

発信相手 NTT
加入電話
通話料
ピカラ光電話
通話料
固定
電話
向け
県内区域内 8.5円
(3分)
7.5円
(3分)
県内区域外
隣接~
20kmまで
10円
(90秒)
7.5円
(3分)
県内区域外
20km超
60kmまで
10円
(1分)
7.5円
(3分)
県内区域外
60km超
10円
(45秒)
7.5円
(3分)
県外
隣接~
20kmまで
10円
(90秒)
7.5円
(3分)
県外
20km超
30kmまで
10円
(1分)
7.5円
(3分)
県外
30km超
60kmまで
10円
(45秒)
7.5円
(3分)
県外
60km超
100kmまで
10円
(30秒)
7.5円
(3分)
県外
100km超
10円
(22.5秒)
7.5円
(3分)
携帯
電話
向け
四国内 10円
(26秒)
9円
(30秒)
四国外 10円
(22秒)
9円
(30秒)
国際
電話
アメリカ
本土
6円
(6秒)
8円
(1分)

上記の通話料を比較しただけでも、NTT加入電話よりもピカラ光電話の方が安い事がご理解頂けると思います。例えば、遠方の四国県外(100km超)に住む家族などに、NTT加入電話で通話をすると22.5秒毎に10円ですが、ピカラ光電話なら3分(180秒)毎に7.5円です。安いですね。

管理人
ピカラ光電話の通話料はNTT一般加入電話よりも断然安いですね。

ピカラ光新規契約で高額キャッシュバック実施中

ピカラ光電話の初期費用(工事費)とその他手数料について

上記ではピカラ光電話を契約後に支払いが必要な月額基本料金や通話料についてご紹介しました。

ここからはピカラ光電話を契約する際に必要な初期費用や工事費、現在の電話番号をそのまま継続して利用する為の手続きに必要な手数料についてご紹介します。

初期費用はピカラ光ネット同時契約で無料に

「ピカラ光電話」はインターネット接続サービス「ピカラ光ネット」のオプションサービスです。その為、「ピカラ光電話」は「ピカラ光ネット」を契約中の人が申し込めますし、「ピカラ光ネット」と同時契約する事も可能です。

初期費用
ピカラ光ネットと
ピカラ光ネット
同時契約の場合
無料
ピカラ光ネット契約後に
ピカラ光電話を後から
契約する場合
10,000円

上記の初期費用を見て頂ければお解りになると思いますが、「ピカラ光ネット」と「ピカラ光電話」を同時契約すれば初期費用は無料です。しかし、既に「ピカラ光ネット」を契約中で後から「ピカラ光電話」の契約を追加する場合には10,000円の初期費用が必要です。

管理人
ピカラ光ネットを契約すると同時に自宅の固定電話を「ピカラ光電話」にすれば、初期費用は無料なんですね。

同じ電話番号を使う為に必要な手数料

今まで利用してきたNTT一般加入電話の電話番号をピカラ光電話でも継続して利用する場合「番号ポータビリティ」という申請をしなければなりません。

番号ポータビリティを申請すると今までのNTT一般加入電話の利用を休止しなければなりません。その手数料(正式には「利用休止工事費」)の支払いが必要です。

利用休止工事費 2,000円

ピカラ光電話でも同じ電話番号を使うには今まで利用してきたNTTの契約を一旦休止する手数料として2,000円の支払いが一度だけ必要です。この料金はピカラへ支払うのではなくNTTが請求してきます。

管理人
電話番号を継続利用する為には、NTTへ2,000円の利用休止工事費という手数料のような支払いが必要なんですね。

ピカラ光電話の有料オプションサービス

インターネット接続サービス「ピカラ光ネット」にも有料オプションがありますが、「ピカラ光電話」にも電話特有の有料オプションが以下の4つあります。

  1. 番号通知リクエスト
  2. 迷惑電話撃退
  3. 割込通話
  4. 電話転送

上記4つのオプションサービスの内容は以下です。

番号通知
リクエスト
非通知で電話してきた相手に、
通知して電話するように伝える
迷惑電話撃退 迷惑電話がかかってきた場合、
その番号を登録しておけば、
次回から着信拒否する。
割込通話 通話中に違う相手から電話があった場合、
通話中の人を待たせて掛かってきた相手と
通話できる
電話転送 電話がかかってきた場合に
予め指定しておいた電話番号へ転送する

これら4つのピカラ光電話のオプションは任意です。
必要であれば契約すればいいだけです。

各オプションの月額料金は以下。

番号通知
リクエスト
200円
迷惑電話撃退 200円
割込通話 300円
電話転送 500円
管理人
ピカラ光電話のオプションサービスは、本当に必要な分だけ契約すればいいですね。必要ないと思った人はオプションを付けないでもOKでしょう。

ピカラ光電話の契約期間と解約について

最後にピカラ光電話を契約するにあたり、最低限知っておいた方が良い最低契約期間や解約に伴う解約金についてご紹介したいと思います。

最低契約期間と解約金

ピカラ光電話の最低契約期間は1年間です。

ピカラ光電話を契約してから、最低契約期間内の1年以内(12ヶ月以内)に解約すると解約金の支払いが必要です。

ピカラ光電話のみ
解約する場合
最低契約期間内の解約で
5,000円の解約金

ピカラ光電話を契約して最低契約期間を超して12ヶ月以上経っていれば、いつピカラ光電話だけを解約しても解約金の支払いは必要ありません。

解約してNTT加入電話へ戻す場合

NTT加入電話からピカラ光電話へ契約し同じ番号を利用していた人は注意が必要です。

ピカラ光電話を解約して再度NTT加入電話へ戻す場合には116へのNTTへ連絡をして休止していた利用を再開する手続きをする必要があります。

もし、利用してきた固定電話番号をもう利用しない場合には、ピカラがNTTへ廃止手続きを代行してくれます。

まとめ

今回はインターネット接続サービスである「ピカラ光ネット」の固定電話サービス「ピカラ光電話」について初心者にも解るようにご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?「ピカラ光電話」はアナログ回線やデジタル回線などの回線ではなくネット接続でも利用する「光回線」を使った固定電話サービスであることがご理解頂けたと思います。ピカラ光電話の最大の特長は月額料金と通話料の安さです。NTT一般加入電話の月額基本料金と通話料を比較してみましたがその安さもご理解頂けたと思います。ぜひ、ピカラ光のインターネットを契約する際には自宅にあるNTT加入電話をピカラ光電話へ同時契約してみてはいかがでしょうか。

ピカラ光の新規契約はこちら
お得なキャンペーンサイト

ビビック光電話とはどんなサービス?気になる電話番号や通話料金、無線ルーターについて。

2019.04.09

メガエッグ光電話とは?気になるルーターや月額料金、通話料、電話番号について。

2019.03.14

コミュファ光の「光電話」とは?電話料金(通話料)や転送・ナンバーディスプレイなどオプションについて

2018.07.04

ドコモ光の「光電話」の電話料金や電話回線、工事費、ルーターなどの基礎知識

2018.06.20

ソフトバンク光の電話オプションであるホワイト光電話、光電話(N)、BBフォンの違い

2018.01.18

スポンサーリンク