ピカラ光ネットの工事費(初期費用)や工事内容について

ピカラ光ネットのインターネット契約をすると自宅では回線工事が行われ、その工事費は契約者が負担しなければなりません。ピカラ光ネットを契約する前には工事費などの初期費用や工事内容を理解しておいた方が良いと思います。

そこで今回はピカラ光ネット契約後に実施される工事内容や工事費(初期費用)について、初心者の人でも理解出来るようにご紹介したいと思います。

ピカラ光ネットの工事費(初期費用)と無料になる条件

ピカラ光ネットを契約すると、インターネット接続で利用する「光回線」を自宅へ引き込む工事(開通回線工事)が必ず必要です。ピカラ光ネットの開通回線工事の工事費はピカラ負担ではなく契約者負担となっています。

そこでまずは、ピカラ光ネットの工事費や工事費が無料になる条件についてご紹介します。

※以下でご紹介する金額はすべて税別です。

工事費(初期費用)について

ピカラ光ネットでは開通回線工事の工事費の事を「初期費用」と呼んでいます。確かに工事費はピカラ光ネットを開通させる為の初期費用ですからね。

住宅タイプ 工事費
(初期費用)
戸建て住宅 25,000円
マンション
アパート
25,000円

上記のように、ピカラ光ネットの工事費は「戸建て(一戸建て)」や「マンション・アパート」の住宅タイプは区別されずに一律25,000円の工事費です。

契約事務手数料は無料

フレッツ光やauひかりなどのピカラ光ネット以外のインターネット契約には通常「契約事務手数料」という手数料(3,000円程度)が工事費とは別に初期費用として必要です。

しかし、ピカラ光ネットの場合は「契約事務手数料」は不要です。

その為、ピカラ光ネットの場合は工事費以外に契約事務手数料などの初期費用を考える必要がありません。ピカラ光ネットの契約時の初期費用は「工事費のみ」と基本考えていて良いでしょう。

管理人
ピカラ光ネットの開通回線工事費は25,000円で契約事務手数料は不要なんですね。

工事費(初期費用)が無料になる場合あり

上記でご紹介したように、ピカラ光ネットの工事費は25,000円です。

しかし、ピカラ光ネットの工事費が「無料」になる場合があります。

「ピカラ光ネット」「ピカラ光でんわ」同時契約で工事費無料

工事費が無料になる条件とは、ピカラのインターネット接続サービス「ピカラ光ネット」と同時に、自宅の固定電話サービス「ピカラ光でんわ」も契約すれば25,000円の工事費が無料になります。

「ピカラ光でんわ」を簡単に説明すると、ネット接続で利用する「光回線」を使用する固定電話サービスで、NTT一般加入電話よりも通話料や月額基本料金が安いのが特徴です。「ピカラ光でんわ」の詳しい内容については関連記事をご覧ください。

ピカラ光電話の通話料や初期費用、オプションについて。今までの電話番号は変わるのか?

2019.01.09

ただし、ピカラの公式サイトなどには以下のような文言があります。

一部のエリアでは、協業するケーブルテレビ会社からの別途工事費の請求が発生する場合があります。
引用:https://pikarahikari.net/point/cost.php

工事内容や一部のエリアでは上記のように別途工事費が請求される場合があるようです。しかし、基本的な工事(標準工事)に関しては「ピカラ光ネット」と「ピカラ光でんわ」同時契約で工事費無料です。

管理人
ピカラのインターネット契約「ピカラ光ネット」を契約する際に同時に「ピカラ光でんわ」も契約すれば、工事費(初期費用)が無料になるんですね。

ピカラ光公式サイトよりもお得に申し込めるキャンペーンサイトはこちら

ピカラ光ネットの工事内容とは

上記ではピカラ光ネットの工事費(初期費用)についてご紹介しました。

ここからはピカラ光ネット契約後に自宅で行われる工事内容を「戸建て」と「マンション」に分けて、基本的な工事内容を簡単に解りやすくご紹介します。

まずは提供エリアを確認しよう

ピカラ光ネットの工事内容をご紹介する前に、契約するご自宅の住所でピカラ光ネットを提供しているのかのエリア確認をする必要があります。

もし、提供エリア外だった場合はピカラ光ネットを利用したくても契約出来ません。

ピカラ光ネットの工事内容を知った所で提供エリア外だったら意味がありませんので、契約住所が提供エリア内かを前もって確認しておきましょう。

管理人
ピカラ光ネットの提供エリア確認方法は以下の関連記事に詳しく記載しておりますので参考にしてみてください。

【エリア確認】ピカラ光ネット利用可能なエリア検索方法

2018.05.24

戸建て住宅の基本的な工事内容

まず、ここでは戸建て住宅(一軒家)のピカラ光ネットの工事内容を簡単に説明します。

ピカラ光ネットはインターネットに接続する為に「光回線」を利用します。

戸建住宅へ光回線を繋がる工事

ピカラ光ネットを契約する前は、まだ戸建て住宅(一軒家)には「光回線」が繋がっていない状態です。その為、まずは電柱と建物の間に「光回線」を繋げる工事が必要です。

屋外工事で建物に「V-ONU」を設置する

この工事の事を「屋外工事」と言います。「屋外工事」は近くの電柱まで来ている「光回線」を建物と繋げる工事で、建物の外壁などに「V-ONU」と呼ばれる装置を設置します。

出典:http://www.tv-anan.jp/cabletv/

「V-ONU」という機器装置は、上記写真のように箱型で外壁に設置されます。

なるべくエアコンダクト穴を利用している

エアコンダクトなどで宅内へ引き込む
出典:http://diy-ie.com/

電柱と建物の間に繋がった「光回線」は宅内へ引き込まれます。基本的に外壁に穴を空けないようにエアコンダクトなどの穴を使って宅内へ引き込まれる事が多いです。

「屋外工事」が終了すると、続いて「宅内工事」になります。

宅内に「ONU」を設置する

屋外工事で「光回線」を宅内へ引き込む工事が終了すると、自宅の部屋などに「ONU」と呼ばれる機器を設置する「宅内工事」になります。

ONUと呼ばれる機器が部屋に設置する工事
出典:https://air.ap.teacup.com/vitz/578.html

引き込まれた回線と自宅に設置した「ONU」を工事業者が接続し、インターネットに接続出来る状態かを確認します。問題なければピカラ光ネットの工事は終了です。

管理人
一戸建ての場合のピカラ光ネットの回線開通工事は、電柱から建物へ光回線を繋げる「屋外工事」と、自宅内へ回線を引き込みONUという機器を設置する「宅内工事」が必要なんですね。

マンションの基本的な工事内容

続いて、マンションなどの集合住宅でのピカラ光ネットの工事内容をご紹介します。

集合住宅の場合、建物内の共有部分にピカラ光ネット専用の「装置」が必要です。もし、お住まいのマンションなどの集合住宅にピカラ光ネット専用の「装置」がなければ利用したくても契約する事が出来ない可能性があります。

専用装置があれば屋外工事は不要

お住まいのマンションの共有部分にピカラ光ネット専用装置が既に設置されている場合「屋外工事」をする必要がありません。上記イラストのように、ピカラ光ネット専用装置があるマンションは各部屋へ既に回線が繋がっている状態になっている為「宅内工事」だけとなります。

契約する部屋での宅内工事のみ

ピカラ光ネットを契約するあなたの部屋に工事業者が訪問してきます。

そして、部屋に「ONU」と呼ばれる装置を設置します。既に引き込まれている回線とONUを接続してインターネットが利用出来る状態かを確認して工事は終了です。

管理人
ピカラ光ネットの専用装置があるマンションなどの集合住宅の場合は、電柱から光回線を引き込む「屋外工事」は不要で、契約する部屋に「ONU」を設置してネット接続出来る状態にする「宅内工事」だけなんですね。

まとめ

今回はピカラ光ネットを契約した後に行われる工事内容や工事費について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?ピカラ光ネットの工事費(初期費用)に関しては基本標準工事であれば一律25,000円です。しかし、固定電話サービス「ピカラ光でんわ」も契約すれば工事費は無料になります。ピカラ光ネットの工事内容もご紹介したように一戸建てとマンションとでは違いがあります。今回は初心者の人でも解りやすいように工事内容をご紹介しましたので若干の違いはあるものの参考程度に理解しておきましょう。

ピカラ光の新規契約はこちら
高額キャッシュバック中

評判は悪い?ピカラ光ネットの利用者の口コミから評判を確認しよう

2018.12.05

ピカラ光ネットのWi-Fi利用方法!無線LANルーターはレンタルと市販、どちらがおすすめ?

2018.11.15

ピカラ光ネットの料金は高い安い?月額料金表や長期割引ずっトク割について

2018.01.15

ピカラ光ネットのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較(2019年1月版)

2017.09.27

スポンサーリンク