コミュファ光のプロバイダをニフティにすると料金が高いからデメリット!?

コミュファ光のプロバイダは「一体型」と「選択型」があります。コミュファ光で選択型にするとニフティ(@nifty)をプロバイダとして利用する事が可能となります。しかし、私個人的にはコミュファ光でニフティにすると料金が高くなりおすすめしません。

そこで今回は、コミュファ光のプロバイダを選べる選択型でニフティにすると料金はどうなるのか、その他ニフティにするとデメリットはないのかなどをご紹介したいと思います。

コミュファ光新規契約で
現金30,000円キャッシュバック中!
▼2019年11月30日終了予定▼
キャンペーンサイトはこちら

コミュファ光でプロバイダをニフティで契約可能

コミュファ光を新規契約する際にはプロバイダを「一体型」にするか「選択型」にするか契約者が選ぶ事が出来ます。「選択型」でコミュファ光を契約すればニフティ(@nifty)をプロバイダとして利用する事ができます。

そこでまずは、そもそもプロバイダとはどんな役割をしているのか、コミュファ光の「一体型」と「選択型」の違い、そしてコミュファ光のプロバイダをニフティが利用する方法をご紹介します。

プロバイダとはインターネット接続事業者のこと

インターネット回線の契約をした事がある人なら一度は聞いた事があるであろう「プロバイダ」という言葉。しかし、初心者の人はプロバイダがどんな役割をしているのかをまったく理解していない人もいます。

プロバイダとは日本語で言い換えれば「インターネット接続業者」です。その名の通り、インターネットに接続する為に重要な役割をしているのがプロバイダなのです。

プロバイダがネット接続している

上記のイメージ図を見て頂ければ解りやすいかもしれません。

自宅とプロバイダは光回線などで繋がっています。そして、プロバイダがインターネットに接続してくれています。プロバイダを介さなければインターネットには接続出来ませんので、大変重要な役割をしているのです。

管理人
プロバイダはインターネットに接続してくれている重要な役割を担っているんですね。

コミュファ光のプロバイダは「一体型」と「選択型」

少し本題に戻すと、コミュファ光のプロバイダは大きく分けると「一体型」と「選択型」の2つに分かれます。「一体型」と「選択型」の違いが解らない人が多いので、以下で簡単にご紹介します。

コミュファ光の「一体型」とは

コミュファ光の契約時に「一体型」を選ぶと、コミュファ光の光回線は「コミュファ」、プロバイダも「コミュファ」を利用する契約となります。「一体型」のイメージ図は以下です。

一体型のイメージ

自宅とプロバイダまでを繋ぐ「光回線」はコミュファを利用します。そして、インターネットに接続する「プロバイダ」もコミュファを利用します。コミュファ光の「一体型」とは「光回線」も「プロバイダ」も一体でコミュファを利用する契約という訳です。

コミュファ光の「選択型」とは

一方、コミュファ光の契約時に「選択型」を選ぶと、コミュファ光の光回線は「コミュファ」ですが、プロバイダは「好きなプロバイダを選択できる」契約となります。「選択型」のイメージ図は以下です。

選択型のイメージ

自宅とプロバイダまでを繋ぐ「光回線」はコミュファを利用します。しかし、インターネットに接続する「プロバイダ」はコミュファではなく好きなプロバイダを選択出来ます。

しかし、選択できるプロバイダは以下の10社のみです。

  1. au one net
  2. エディオンネット
  3. ソネット
  4. ニフティ
  5. ビッグローブ
  6. ODN
  7. TNC
  8. hi-ho
  9. IIJ
  10. MediaCat

上記10社以外のプロバイダはコミュファ光の「選択型」で契約しても利用出来ません。あくまでも選択型で選択できるプロバイダは上記10社のみとなります。

ここで「ニフティ」の言葉がようやく出てきましたね。

そうです、コミュファ光を「選択型」で契約するとプロバイダはニフティが利用できるのです。

管理人
コミュファ光はプロバイダもコミュファになる「一体型」の契約以外にも、プロバイダが選べる「選択型」という契約も可能なんですね。選択型で契約すれば、コミュファ光のプロバイダはニフティも利用できる訳ですね。

コミュファ光でニフティの利用は料金が高いなどデメリット多数

上記でご紹介したように、コミュファ光で利用するプロバイダは「一体型」と「選択型」があり、選択型で契約するとニフティ(@nifty)をプロバイダとして利用可能だとご理解頂けたと思います。

しかし、個人的にコミュファ光を契約で「選択型」にしてプロバイダをニフティを利用する事はメリットがなくデメリットだと思います。

そこでここからは、私が個人的にコミュファ光でニフティをプロバイダとして利用する事をおすすめしない理由をいくつかご紹介したいと思います。

選択型にしてニフティを使うと料金が高い

コミュファ光でプロバイダ「ニフティ」を利用したい場合には「選択型」で契約する必要がありますが「一体型」に比べて料金が高いというデメリットがあります。

プロバイダをニフティにすると料金が高くなる

例えば、プロバイダも「コミュファ」になる「一体型」で契約した場合のコミュファ光の月額料金は以下のようになります。

コミュファ光
一体型
月額料金
戸建プラン
(1ギガホーム)
5,250円
(プロバイダ料込)
集合住宅プラン
(1ギガマンションF)
5,250円
(プロバイダ料込)

上記表はコミュファ光を「一体型」で速度が速い「1ギガプラン」で契約した場合の月額料金です。一体型の場合は、プロバイダも「コミュファ」を利用する為、コミュファ光の月額料金の中にプロバイダ料が含まれています。

続いてご紹介するのが「選択型」の月額料金です。プロバイダ「ニフティ」で利用したい場合には「選択型」でコミュファ光を契約しなければなりません。

コミュファ光
選択型
コミュファ光
月額料金
ニフティ
プロバイダ
月額料金
合計
月額料金
戸建プラン
1ギガホーム
セレクト
3,830円
1,560円5,390円
集合住宅プラン
1ギガマンションF
セレクト
3,830円
1,560円
5,390円

上記表はコミュファ光を「選択型」でプロバイダを「ニフティ」を利用して、速度が速い「1ギガプラン」で契約した場合の月額料金です。選択型の場合は、コミュファ光の月額料金とは別にニフティのプロバイダ料を支払う必要があります。

一体型の場合は月額料金5,250円ですが、「選択型」でコミュファ光を契約してプロバイダ「ニフティ」を利用する場合は月額5,390円です。コミュファ光でニフティを使うだけで、毎月140円も高い計算になります。
管理人
どうしてもプロバイダをニフティで利用したい人は別として、コミュファ光でニフティにすると月額料金が140円も高くなるのでおすすめしませんね。

ニフティにすると請求が2ヶ所になってしまう

コミュファ光のプロバイダをニフティにすると毎月の支払いの管理が面倒です。

コミュファ光を「一体型」で契約するとプロバイダも「コミュファ」になるので請求が1ヶ所からとなり管理しやすくなります。しかし、コミュファ光を「選択型」でプロバイダを「ニフティ」で契約をする請求が2ヶ所からになり管理が面倒です。

解りやすく説明する為に以下のイラストをご覧ください。

ニフティを利用すると請求が2ヶ所から来る

プロバイダが「コミュファ」になる一体型でコミュファ光を契約したAさんの場合、請求はコミュファ光の1ヶ所からの請求となり管理がしやすいです。

一体型の場合、コミュファ光の月額料金にプロバイダ料も含まれているので請求が1ヶ所からとなります。

一方、プロバイダを「ニフティ」を利用したいBさんの場合、コミュファ光を選択型で契約しています。請求はコミュファ光とニフティからの2ヶ所からの請求となり管理が面倒です。

選択型の場合、コミュファ光の月額料金にプロバイダ料は含まれていません。利用するプロバイダ(今回の場合はニフティ)と個別に契約するので請求が「コミュファ」と「ニフティ」からの2ヶ所からとなります。

このように、コミュファ光で利用するプロバイダは「選択型」で契約すればニフティにする事も可能ですが、請求先が2ヶ所からとなり毎月の支払い管理がスッキリしません。

管理人
コミュファ光のプロバイダを「ニフティ」で利用すると、コミュファ光の料金のプロバイダ料が含まれない選択型で契約するから、プロバイダ「ニフティ」からも請求が来てややこしいですね。

ニフティにすると問い合わせ先も2ヶ所に

上記でも何度もご紹介していますが、コミュファ光を「一体型」で契約するとプロバイダも「コミュファ」になります。その為、問い合わせ先の窓口もコミュファ光のみとなります。

一体型の場合は問い合わせ先はコミュファ

コミュファ光の「一体型」の場合、光回線はコミュファ・プロバイダもコミュファになるので、回線の不具合やネット接続の速度などの問い合わせ先はすべてコミュファ光の1ヶ所になります。

一方、コミュファ光の「選択型」で契約してプロバイダを「ニフティ」にした場合には、問い合わせ先が2ヶ所になってしまします。

選択型にすると問い合わせ先が2ヶ所に…

コミュファ光の「選択型」の場合、光回線はコミュファですが、プロバイダは今回の場合ニフティになるります。その為、回線の不具合などは問い合わせはコミュファへ、ネット接続の速度などの問い合わせはニフティへ・・・と問い合わせ先が2ヶ所になります。

こうなるとトラブルが発生した場合にインターネット初心者の人はコミュファ光へ問い合わせすべきか、ニフティへ問い合わせすべきか解りませんよね。

管理人
コミュファ光のプロバイダを「ニフティ」で利用すると、問い合わせ先が「コミュファ」と「ニフティ」の2ヶ所になり、トラブル発生時にどちらに問い合わせして良いか悩んでしまいますね。

コミュファ光でプロバイダ「ニフティ」よりも一体型の方がお得!

コミュファ光を契約する際にせっかくならお得なキャンペーン時に申し込みたいと思う人がほとんどでしょう。そんなコミュファ光をお得に申し込みたいと考えている人は、コミュファ光のプロバイダも「コミュファ」になる一体型で契約しましょう。

そこでここからは、コミュファ光の一体型で契約すると高額の現金キャッシュバックが貰える正規代理店のキャンペーンサイトをご紹介します。

ニフティよりもお得なキャンペーンサイト

コミュファ光を一体型で契約出来る正規代理店のキャンペーンサイトがお得です。

限定で30,000円キャッシュバック中

上記のキャンペーンサイトは、コミュファ光から正式に申込受付の代行を認められている正規代理店の株式会社NEXT自社運営するキャンペーンサイトです。

このキャンペーンサイト限定でコミュファ光を一体型(プロバイダもコミュファ)で契約申し込みをすると現金30,000円を正規代理店がキャッシュバックしてくれますので、お得にコミュファ光を契約する事が可能です。

申込先キャッシュバック額
コミュファ光
正規代理店NEXT
キャンペーンサイト
30,000円
キャッシュバック
ニフティ
公式サイト
20,000円
キャッシュバック

コミュファ光で利用するプロバイダをニフティにしたい場合にはニフティ公式サイトで申し込めますが、ニフティ公式サイトでコミュファ光の選択型を申し込むと20,000円キャッシュバックです。(2019年5月現在)

しかし、コミュファ光を一体型で契約出来る正規代理店NEXT社のキャンペーンサイトなら30,000円キャッシュバックです。ニフティ公式サイトよりも正規代理店キャンペーンサイトの方10,000円もキャッシュバック額が多いです。

管理人
コミュファ光を申し込むならニフティ公式サイトよりも正規代理店キャンペーンサイトの方がキャッシュバック額が多いのでお得ですね。
コミュファ光正規代理店の
限定キャッシュバック中
キャンペーンサイトはこちら

まとめ

今回はコミュファ光で利用するプロバイダはニフティにする事も可能なのかを初心者の人でも理解出来るように詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。結論から言えば、コミュファ光でもニフティをプロバイダとして利用は可能です。しかし、プロバイダもコミュファとなる一体型でコミュファ光で契約するよりも、プロバイダをニフティに出来る選択型でコミュファ光を契約する方が月額料金が高くなります。また、プロバイダをニフティにすると毎月の料金支払い請求や問い合わせ先も2ヶ所になりややこしくなります。その為、個人的にはコミュファ光は選択型でプロバイダをニフティにするよりも一体型で契約した方をおすすめします。

コミュファ光はエディオンネットでの契約をおすすめしない理由

コミュファ光のプロバイダに関する料金や比較!一体型と選択型とは?

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!